イオン 銀行 カード ローン 審査 落ち た。 イオン銀行カードローンの審査に落ちる5つの理由と通過基準をローン専門家が解説

イオン銀行カードローンの増額方法。増額審査に落ちたらどうする?

イオン 銀行 カード ローン 審査 落ち た

イオン銀行カードローンは増額できる? 銀行カードローンは金利が低いことで人気を集めていますが、なかでもイオン銀行カードローンは特に金利が低い銀行カードローンです。 具体的に金利を紹介すると、 年3. イオンでショッピングをすることがある人であれば、イオン銀行の口座を持っていて、すでにカードローンBIGを契約しているという人もいるのではないでしょうか。 また、既にイオン銀行カードローンを使っている人のなかには、借り入れ限度額が足りなくなり、限度額をもっと引き上げて欲しい人もいると思います。 果たして、イオン銀行カードローンは増額(増枠)が可能なのでしょうか。 結論から言えば、イオン銀行カードローンで増額をするのは可能です。 ですが、あまりお勧めはしません。 なぜなら、 イオン銀行カードローンの増額申請をして限度枠を増やすよりもお得な方法があるからです。 とはいえ、イオン銀行カードローンの増額にこだわりのある人もいるでしょうから、この記事ではあくまで イオン銀行カードローンの増額に軸足を置いて解説します。 あわせて お得な方法についても紹介するので、よければ参考にしてみてください。 イオン銀行カードローンの増額審査の審査期間は? イオン銀行カードローンの限度額を増額(増枠)したいときに受けなければならない増額審査は、回答までにどのくらいの時間がかかるのでしょうか? 単刀直入に言うと、 「最短でも翌日以降」にしか結果はわかりません。 「最短」というのは、審査作業が立て込んでいないタイミングで申し込み、書類の提出でミスなどがなく、審査中の手続きがすべて順調に、滞りなくスムーズ進んだ場合のことを指します。 そもそも増額申請というのは、言い換えれば、もっとたくさんお金を貸してくれるようにお願いする行為です。 イオン銀行側としても、それまでより多くのお金を貸すとなれば、申請者の利用状況や収入状況といった情報を 慎重に、時間をかけて精査する必要があります。 なので入会時に受ける 初回審査以上に時間がかかるのが普通なのです。 少なくとも、 即日で増額が実現となることは難しいので、急いでいる人は注意が必要です。 イオン銀行カードローンの増額審査は厳しい? イオン銀行カードローンの増額審査に時間がかかることは述べましたが、では審査基準そのものはどうなのでしょうか。 厳しい増額審査のせいで時間を棒に振ることは避けたいですから、気になる人も多いのではないかと思います。 こちらも単刀直入に言うと、 イオン銀行カードローンの増額審査は厳しいと言えるでしょう。 少なくとも、決して甘いとは言えません。 その理由については、上の項を読んだ人ならもうお分かりかと思います。 より多くの金を貸すということは、それだけ リスクも増大します。 利用者が多く知名度も高いイオン銀行ともなれば、その信用を守るための運営には細心の注意を払わねばなりません。 甘い増額審査をして多くの融資をしたものの返済してもらえなかった、なんてとことはあってはならないのです。 ネットバンクとはいえ銀行ですから、その審査基準は消費者金融より厳しいものとなっているでしょうし、規模の大きさからするとメガバンクに準ずるレベルにある可能性もあります。 よほどの自信があれば別ですが、通過できる見込みが十分でないのに勢いで増額審査に挑戦するのは、避けたほうが賢明かもしれません。 イオン銀行カードローンは休日(土日・祝日)の増額は可能? ちなみに、いきなりお金が必要になるときって、平日だけじゃなく休日もあるのではないでしょうか。 友人と遠出をしたり、お酒を飲んだり、彼女とデートをしたりするのって、会社が休みの日ですよね。 でも、そんなときに、イオン銀行では、休日の増額には対応しているのでしょうか。 多くの銀行は、土日・祝日など休日の増額は対応していません。 銀行は、通常、土日・祝日は休みのところも多いですからね。 そのため、休日に申込みをしても、実際の審査が行われるのは翌営業日となるのが実情です。 でも、イオン銀行は、平日だけでなく休日も営業をしています。 よって、イオン銀行は、土日・祝日などの休日も審査を受け付けているので、審査を早めに行うことも可能なんです。 ただ、イオン銀行カードローンも、審査自体は休日にすることができますが、実際の融資となると3~4日程度かかることが多いようですね。 一応、これは余談にはなりますが、 イオン銀行カードローンは、イオン銀行ダイレクトを利用することで、土日・祝日だけでなく24時間いつでもイオン銀行口座に振込キャッシングすることができます。 よって、イオン銀行ダイレクトを利用できるようにしておけば、休日でも現金を借りられるため安心ですよ。 イオン銀行カードローンの増額審査は在籍確認あり? イオン銀行カードローンの増額における審査では在籍確認はあるのでしょうか。 これについては、微妙な問題です。 イオン銀行カードローンの最初の契約の際に、一度、在籍確認は行われているはずなので、 「増額のときは在籍確認はしないでもいいんじゃないの?」 と思われる人の気持ちも分かります。 実際に、イオン銀行カードローンの増額審査においては在籍確認なしだったというケースはあります。 しかしながら、初回の借入からある程度の時間が経過している場合、再度の在籍確認が必要になる可能性がでてきます。 だって、金融機関としては、顧客がまだ以前の職場に勤めていて、きちんと働いているかって気になりますよね。 当たり前の話ですが、お仕事をやめてしまっていれば、お給料をもらっていないため、お金を貸しても戻ってこないリスクがあるわけです。 なので、イオン銀行が金融機関として健全な営業を行っている以上、カードローンBIGの増額審査における在籍確認は行わる可能性も十分ある、と認識しておいた方が良いでしょう。 ただし、イオン銀行カードローンの在籍確認は、会社にバレることはありません。 増額審査の電話連絡では、イオン銀行の担当者は、銀行名を名乗りませんので、キャッシングをすることが職場の人間に発覚する恐れはないでしょう。 銀行の在籍確認は、担当者が銀行名を必ず名乗ることを義務付けられている銀行もあります。 この点については、イオン銀行は臨機応変に対応してくれていると考えても良いかと思います。 「銀行名を名乗られると、会社の人にカードローンを借りるんじゃないか、と勘繰られそうでイヤだ……」という人には、イオン銀行の在籍確認は安心して受けられます。 ちなみに、参考までに説明しておくと、増額(増枠)審査に関しては、初回の審査の時の勤務先情報や自宅の住所が変わっていなければ、行われないことが多いようです。 イオン銀行カードローンの増額審査を受けるリスクとは これはイオン銀行に限ったことではないのですが、安易に増額審査に挑むことがお勧めできない理由は、 増額審査を受けること自体にリスクが潜んでいるという点にもあります。 そのリスクについて、詳細を解説いたします。 先ほどから説明しているように、増額審査は時間をかけ、厳しい基準を設定して進められます。 ということは、そのなかで増額審査の担当者は、申請者のカードローンの利用状況や収入状況の詳細を知ることになりますよね。 万が一、その際に増額審査の担当者にネガティブな印象を与える情報があった場合、限度額は 増額どころか減額されてしまうことがあるのです。 増額を狙っての行動がむしろ減額を招く結果となっては、ガッカリくるのではないでしょうか。 はじめから増額審査なんて受けなければよかった、なんてことにもなりかねないリスクが、増額審査には潜んでいるということなのです。 また、可能性としてはかなり低いことですが、滞納が続いているというようなあまりにもひどい利用状況が明らかになった場合は、その時点で 利用停止にされてしまうことさえあります。 そのようなリスクがあることを理解したうえで、しっかり準備を整えておくことが、増額審査には求められます。 イオン銀行カードローンの増額審査に落ちたらどうする?お得な方法は? 以上で説明してきましたように、高額なキャッシングを低金利で利用できるイオン銀行カードローンは、増額(増枠)するのにもってこいの銀行です。 しかしながら、増額(増枠)審査の基準は、初回の借入よりも借りる金額が増える分厳しくなる傾向があります。 せっかく、申し込んでみたけれど、結局、増額審査で落ちてしまった、なんて方もいらっしゃるでしょう。 そういった方が今後どうすればいいのかということについて、最後に解説していきます。 1、追加融資を急いでいる場合 増額(増枠)審査では信用性が求められますので、ある程度長い期間利用していないとどうしても結果が出ないことが多いのです。 そのため、追加融資をお急ぎでしたらイオン銀行カードローンで増額(増枠)することに固執するのではなく、他社へのお申し込みをお勧めします。 auのユーザーなら、イオン銀行カードローンよりも低金利で利用できるのは、先ほどご説明した通りです。 金利よりも、優先すべきは「スピードだ!」という人は消費者金融がいいと思います。 特に、大手消費者金融のアコムは、最短1時間の融資ができるので、融資の速度はカードローン業界でもトップクラスと言えるでしょう。 アコムより金利が低いところがいいなら、バンクイックもおすすめです。 バンクイックは、最短40分でカードが発行できるため、実は、バンクイックの融資の速度は、カードローン業界随一なんです。 なので、スピード融資を求める人には、バンクイックも併せておすすめします。 2、もう一度イオン銀行カードローンで増額(増枠)を申請しようとしている場合 審査結果が落ちたけれど、どうしてもイオン銀行カードローンで増額(増枠)したい人もいるかもしれませんね。 このような場合は、「この人になら、増額して追加融資してあげても、きちんと返済してくれそうだな」とイオン銀行に信用してもらう必要があります。 どうやって信用してもらうのかと言えば、やっぱり、長期間の利用が不可欠となります。 それなりに長い期間、一度も滞ることなく返済をし続け、返済実績を積むことが必要となるんです。 イオン銀行カードローンの増額は、最低でも6ヶ月〜12ヶ月程度の利用をしていく必要があるでしょう、1年程度は、初期のキャッシング枠で利用を重ねていく必要があります。 このポイントを押さえたうえで、再び、イオン銀行カードローンの増額(増枠)申請を行えば、審査に通過する可能性も高まるでしょう。 イオン銀行カードローンの増額(増枠)審査に落ちてしまった方は、もし良かったら、上記の方法を試してみてくださいね。

次の

イオンカードの審査に落ちてしまった方

イオン 銀行 カード ローン 審査 落ち た

イオンカードが審査に落ちる原因• 他のクレジットカードに滞納・延滞がある• キャッシング枠を設定して申し込んだ• 勤続年数が1年未満である• 一人暮らしでアパートに住んでいる• 総量規制に引っかかった クレジットカードの審査に申し込む前に知っておきたい項目は、これから紹介する3つです。 他のクレジットカードに滞納・延滞がある 他のカードの利用料金を滞納し、そのカードが利用停止になると「クレヒス」と呼ばれる信用情報に傷がついてしまいます。 そうすると、クレジットカードやカードローンの審査に通りにくくなります。 なかでも、 クレジットカードが強制解約になると異動情報として記録され、ほとんどのクレジットカードの審査に通らなくなります。 イオンカードの審査通過率を少しでも上げるためには、滞納しないことが大切。 すでに何らかの料金を滞納している場合は、すみやかに支払いましょう。 任意整理(債務整理)とは? 司法書士が債権者と返済の方法や返済の額について交渉し、支払い可能な条件で成立させる手続きのこと 強制解約、自己破産、任意整理の情報は、信用情報機関であるCICに「異動情報」として記録されます。 異動情報とは、いわゆる「ブラックリスト」です。 ブラックリスト入りになると、生活に大きな影響があります。 思い当たる節があれば、あなた自身の信用情報をCICから取り寄せてみることをおすすめします。 キャッシング枠を設定しない キャッシングとは、カード会社からの借金です。 キャッシング枠は、その借金の上限を指します。 キャッシング枠の上限を高く設定すればするほど、審査難易度は上がります。 そのため、イオンカードの審査に申し込む際は、なるべくキャッシング枠を低く設定しておきましょう。 申し込み時に低く設定しても、審査通過後に増額を申請することができます。 イオンカードの審査時には「キャッシング枠0円」がない キャッシング枠の金額を自由に設定できるクレジットカードもありますが、イオンカードの申込画面には「キャッシング枠0円」の設定がありません。 そのため、 キャッシング枠は最低金額の30万円以上で申し込まなければなりません。 キャッシング枠を0円にしたい場合は、申し込んだ後コールセンターに電話し「キャッシング枠0円で申し込みたい」と伝える必要があります。 イオンカードの問合せ先 キャッシング枠を0円に変更する際の問合せ先は、に載っています。 かけ間違いのないよう、番号を確認したうえで連絡しましょう。 イオンカードの審査通過に必要な3つの条件 大前提となるイオンカードの申し込み条件は、次の3つです。 18歳以上であること• 日本国内在住で電話連絡が可能であること• 本人または配偶者に安定した継続収入があること 大切なのは、安定した継続収入です。 勤続年数が1年以上あり、継続した収入があれば、審査を通過できる可能性が高くなります。 正社員や公務員の方はもちろん、派遣社員やアルバイト、パートの方でも一つの勤務先で毎月の給与所得があれば、安定した継続収入と判断されます。 また、年金受給者でもイオンカードを発行できる可能性があります。 「安定した収入と返済能力がある」と判断されれば、審査に通ることが期待できるでしょう。 なお、未成年がイオンカードに入会する場合は、親権者の同意が必要です。 後日、確認の電話がかかってくるので、あらかじめ親権者である両親に話をしておきましょう。 イオンカードの審査は無職だとほとんど通らない? 無職の方や年収の低い方が、必ずイオンカードの審査に落ちるわけではありません。 次の表をご覧ください。 そもそもイオンなどの流通系カードは、幅広い層にカードを使ってもらうことを目的としています。 そのため、本人に収入がなくても、 配偶者や親権者の年収が審査時に加味されるのです。 イオンの従業員はイオンカードの審査に通りやすい? イオンの従業員だからといって、イオンカードの審査に通りやすくなることはありません。 あくまでも審査で重視されるのは、個人信用情報です。 イオンで勤務したことのある方も、油断せず審査に臨みましょう。 イオンカードの審査状況は?カード申し込みから到着まで イオンカードの審査状況を確認する方法は、今のところ存在しません。 審査結果の通知書は、クレジットカード会社から郵送で届きます。 審査に通過していれば、クレジットカードも同封されています。 審査に落ちた場合は、イオン銀行の口座開設を申し込んでいれば「バンクカード」というクレジット機能のついていないカードが届きます。 残念ながら、審査落ちの理由は記載されていません。 イオンカードの3つの申込方法 イオンカードの申込み方法は3つあります。 どの方法で申し込んでも、審査基準は同じです。 審査にかかる時間もほとんど変わりません。 公式サイトから申込書を請求して郵送• 店頭カウンターで申込• ネットでオンライン申込 イオンでは、店頭でカードを申し込めるイベントがあるときにしか店頭申し込みを受け付けていないので、イベントの日以外はパソコンやスマートフォンで申し込むといいでしょう。 オンライン申し込みの場合は、すべてweb上で完了します。 審査が土日に重なる場合は多少時間がかかるため、 「審査はいつ終わるの?」「遅いなあ…」と感じるかもしれませんが、気長に待ちましょう。 無事審査に通過したら、郵送書留もしくは佐川急便の「受取人確認サポート」や日本郵便の「本人限定受取郵便」でカードが発送されます。 店頭申込だと、イオン店舗で使える仮カードがもらえる イオンカードを店頭で申し込むと、その場で イオン店舗でのみ使用できる仮カードをもらうことができます。 仮カードでもイオンカードの特典を利用できるため、仮カードの使用でポイントを貯められます。 しかし、 仮カードの発行に対応していない店舗もあるので注意が必要です。 続いて、イオンカードの審査申込時に必要な書類について説明します。 イオンカードの本人確認と在籍確認に必要な書類 イオンカードに申し込む際には、必ず「本人確認手続き」があります。 Webから書類の画像をアップロードする方法か、佐川急便の「受取人確認サポート」で確認する方法のいずれかになります。 また、申込内容によっては、在籍確認の電話がかかってきます。 審査に落ちる可能性を少しでも減らすためには、 本人確認書類をしっかり揃えることと、在籍確認に備えることが大切です。 詳しく見ていきましょう。 用意すべき本人確認書類 イオンカードの申し込みに必要な本人確認書類は次の通りです。 いずれか1点を用意しましょう。 運転免許証• 健康保険証• 旅券(パスポート)• 年金手帳• 個人番号カード(マイナンバーカード)など 申し込み時に画像をアップロードするか、カードお届けの際の配達員に書類を見せるかによって、有効な本人確認書類が異なります。 入会前によく確認しましょう。 なお、店頭で申し込む際には 運転免許証とイオンカードの支払いに利用する銀行口座のキャッシュカードが必要になります。 イオンカードは審査時に在籍確認の電話がある イオンカードの審査に通過すると、申込みの内容によっては あなたが勤めている会社に電話がかかってきます。 当然ながら、虚偽の電話番号や架空の勤務先などで申し込むと、高い確率で審査に落ちてしまいます。 審査でかかってくる在籍確認の電話内容について 在籍確認の電話では、イオンカードに限らず次の点を確認されます。 勤務先は実在するのか• 申込者は本当に在籍しているのか クレジットカードを申し込んだ際は、職場で電話をよく取る人に「クレジットカードを申し込んだから、在籍確認の連絡がくる」と伝えておくとスムーズでしょう。 離席中や会議中でクレジットカードの担当者と直接話せなくても、 本人の在籍さえ確認できれば問題はありません。 イオンカードの審査情報まとめ この記事では、イオンカードに代わるカードとイオンカードの審査情報について紹介しました。 クレジットカードは個人と法人の契約により発行されるため、 お互いの「信用」が何より大切です。 クレジットカードを定期的に使い、利用履歴を増やす• クレジットカードの利用歴が浅い場合は、キャッシング枠は申し込まない• 年収の3分の1以上の借り入れは避ける イオンカードの審査に落ちたとしても、焦る必要はありません。 ほかのクレジットカードなどの利用実績を積むことで、クレジットカードの審査に通過する可能性は上がるといわれています。 将来、住宅ローンやマイカーローンなど大きな買い物をするときに備えて、今から意識しておきましょう。 レイクALSA.

次の

<体験談>イオン銀行の住宅ローンに本審査で落ちた!やっとけばよかったと後悔したこと

イオン 銀行 カード ローン 審査 落ち た

イオン銀行カードローンから融資を受けたいと思ったとき、気になるのは「審査に通過できるのか?」「審査時間はどのくらいか」などではないでしょうか? イオン銀行カードローンは、申込者本人に安定かつ継続した収入がないと審査に通過できません。 そのため、 本人に安定した収入がない専業主婦や無職の人は、イオン銀行カードローンの審査に落ちます。 また、過去に自己破産などの金融事故を起こしている人や、イオン銀行以外からの借入件数・借入残高が多い人は、審査担当者に貸倒れを疑われるため、イオン銀行カードローンの審査に通過できません。 この記事では、イオン銀行カードローンの審査に通過するために必要な条件や、イオン銀行カードローンの審査時間について解説します。 イオン銀行カードローンの審査基準 イオン銀行カードローンの審査に通るには、イオン銀行の公式サイトに記載されている申込条件を満たしている必要があります。 イオン銀行カードローンの申込条件は、下記の通りです。 【イオン銀行カードローンの申込条件】• 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方• 契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方• 申込者本人に安定かつ継続した収入の見込める方• イオン銀行カードローンの申込条件には、イオン銀行の普通預金口座を持っているという内容は明記されておりません。 そのため、イオン銀行の普通預金口座を持っていない人でも、申し込み可能です。 学生は収入が合っても申し込み不可 大手消費者金融のアコムやプロミスなどは、満20歳以上で収入があれば学生でも申し込み可能です。 一方でイオン銀行カードローンは、収入があったとしても学生から申し込みは受け付けていないので注意しましょう。 実際に、イオン銀行カードローン公式サイト「よくあるご質問」には下記のような記載があります。 Q:【イオン銀行カードローン】学生ですが申し込めますか? A:誠に申し訳ございませんが、学生の方はお申込みいただけません。 引用元:イオン銀行 イオン銀行カードローンの申込時に必要な書類 イオン銀行カードローンの申込時に必要な書類は以下のとおりです。 イオン銀行カードローンでは、本人確認書類の提出を求められます。 有効期限内のものでないと本人確認書類として認められないため、イオン銀行カードローンに提出する前に確認しておきましょう。 また、イオン銀行カードローンに申し込む際には、源泉徴収票や給与明細といった収入証明書類の提出が必要です。 収入証明書類を事前に用意しておくことで審査が円滑に進むため、本人確認書類とともに用意しておいてください。 イオン銀行カードローンの審査結果が出るまでの時間 イオン銀行カードローンでは、即日融資に対応していません。 イオン銀行カードローンに限らず、 銀行カードローンの審査結果が即日で判明することはありません。 銀行カードローンの審査の際、カードローン申込者の情報を警視庁のデータベースと紹介することが義務付けられているためです。 カードローン申込者の情報を警視庁のデータベースと照会するのにかかる時間は最短で1日、長いと2週間程度かかることがあります。 そのため、イオン銀行カードローンの審査結果を申込当日に知ることは絶対にできません。 申込日当日に審査結果がわかるカードローンを探している人は、消費者金融のカードローンを検討しましょう。 消費者金融なら即日融資を受けられる 申込日当日に審査結果がわかるカードローンを探している人には、消費者金融を利用する方法があります。 なかでもアコムのカードローンでは、審査結果が平日・土日祝日を問わず最短30分で出ます。 また、20時までに申し込みを済ませれば、最短即日融資を受けることが可能です。 30日間の無利息期間を利用すれば、期間中は利息ゼロ円でお金を借りることができるため、アコムは短期の借り入れにも向いています。 イオン銀行カードローンの審査に落ちる理由 下記の条件に1つでも当てはまるとイオン銀行カードローンの落ちやすくなるので注意しましょう。 申込者本人に安定した収入がない• 信用情報に傷がある• 社内ブラックになっている• 他社借入件数が多い 申込者本人に安定した収入がない 申込者本人に安定した収入がない人は、申込条件を満たせないため、イオン銀行カードローンの審査に落ちてしまいます。 安定した収入の意味についてイオン銀行カードローンのコールセンターに問い合わせたところ、 「1つの職場から2か月以上継続してお給料をもらっている」とのことで、年収や雇用形態(正社員、パート・アルバイトなど)は関係ないとのことでした。 つまり、雇用形態に関係なく、申込者本人が特定の勤め先から2か月以上にわたって給料をもらっていれば、イオン銀行カードローンの審査に通過する可能性があります。 一方、現在の勤め先で働きはじめて2か月が経過していない人や日雇い労働の人などは、イオン銀行カードローンの審査に通過できないので注意してください。 申込者本人に安定した収入がない場合の対処法 申込者本人に安定した収入がないと、銀行、消費者金融を問わずカードローンの審査に通過できません。 どのカードローン会社でも、申込条件の中に「申込者本人に安定した収入のある方」という条件を設けているためです。 申込者本人に安定した収入がない場合は、質屋などの金融機関以外からの借入を検討しましょう。 信用情報に傷がある 信用情報に傷があるとイオン銀行カードローンの審査に落ちる原因となります。 信用情報とは、カードローンやクレジットカードなどの利用履歴に関する情報のことです。 「契約日」「返済履歴」「現在の借入額」などが記録されます。 また、過去に自己破産などの返済トラブルを経験している人は、返済トラブルの履歴もすべて登録されています。 信用情報に傷がない申込者はイオン銀行にとって安心してお金を貸せる顧客なので、イオン銀行カードローンの審査に通過できる可能性が高くなります。 逆に、信用情報に傷がある人は、返済能力を疑われるためイオン銀行カードローン含め、すべてのカードローン審査に落ちてしまいます。 信用情報は個人信用情報機関と呼ばれるところに5~10年間記録が残ります。 過去に返済トラブルを起こしていて不安な人は、個人信用情報機関に信用情報の開示請求をしてみましょう。 イオン銀行は「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「シー・アイ・シー(CIC)」という2つの個人信用情報機関に加盟しています。 加えて、イオン銀行が加盟する個人信用情報機関は、「日本信用情報機構(JICC)」と呼ばれる個人信用情報機関とも提携しています。 信用情報を開示する方法を詳しく知りたい人は、の記事を参考にしてください。 社内ブラックになっている 個人信用情報機関から金融事故の記録が消えたとしても、 イオン銀行カードローンの指定する保証会社で金融事故を起こした経験がある人は審査に落ちやすくなります。 金融機関は顧客データを保証会社内で永久的に管理している可能性があるため、過去にイオン銀行カードローンの保証会社で金融事故を起こした人は「社内ブラック」となり審査落ちやすくなります。 例えば、イオン銀行カードローンの保証会社は、イオンクレジットサービスとオリックス・クレジットです。 イオンクレジットサービスとは、イオンカードの審査や顧客管理業務を行っている会社です。 つまり、過去にイオンカードやオリックス・クレジットで金融事故を起こしている人は、個人信用情報機関から金融事故の情報が消えていたとしても、イオン銀行カードローンの審査に落ちる可能が高いです。 他社借入件数が多い イオン銀行カードローンに申し込む際に、他社借入件数が多いと審査に落ちる可能性が高くなります。 イオン銀行は利用者に貸したお金が返済されないことを最も恐れているため、他社借入が多すぎる人を「いずれ破産するのではないか」と警戒します。 そのため、すでに2社以上の金融機関から借り入れしている人は、審査担当者から多重債務者と判断されて、イオン銀行カードローンの審査に落ちる可能性が高いです。 イオン銀行カードローンに申し込みする際は、他社借入件数を減らしてから利用を検討しましょう。 イオン銀行カードローンの審査に通る裏技 イオン銀行カードローンの審査に通る方法は、下記の通りです。 【イオン銀行カードローンの審査に通る方法】• 他のカードローンやクレジットカードを同時に申し込まない• 虚偽申告をしない イオン銀行カードローンの審査に通る方法を解説します。 他のカードローンやクレジットカードを同時に申し込まない イオン銀行カードローンの審査に通過する確率を上げたい人は、イオン銀行カードローンの申し込みと同じタイミングで他社のカードローンやクレジットカードを申し込むのは止めましょう。 同時に複数社のカードローンやクレジットカードの申し込みをすると、審査担当者に「お金に困っている」と判断され、イオン銀行カードローンの審査に落ちる可能性が高いです。 同時に複数社のカードローンやクレジットカードの申し込むことを、「多重申込(申し込みブラック)」といいます。 6か月で3件以上のカードローンやクレジットカードの申し込みを行っていると多重申込とみなされる可能性があります。 6か月で3件以上のカードローンやクレジットカードに申し込みした人は、最後の申し込みから半年が経過してからイオン銀行カードローンに申し込むようにしましょう。 虚偽申告をしない イオン銀行カードローンの審査に通過する確率を上げたい人は、絶対に虚偽申告をしてはいけません。 虚偽申告がバレると、イオン銀行カードローンの審査に必ず落ちるためです。 他社借入件数や他社借入残高などの情報は、個人信用情報機関に登録された信用情報を確認すればわかります。 イオン銀行はカードローン審査の際、審査担当者が申込者の信用情報に必ず目を通すので嘘は必ずバレます。 また、虚偽申告が発覚した場合、イオン銀行カードローンの審査に落ちるだけではなく、詐欺未遂や文書偽造の罪に問われる危険性があります。 イオン銀行カードローンの審査に通過したいからといって、申込時に虚偽申告をすることだけは絶対に避けてください。 イオン銀行カードローン通らない人は消費者金融に申し込む イオン銀行カードローンの審査に通らない人は、消費者金融などのに申し込みましょう。 銀行カードローンと消費者金融ではが異なるため、審査に通る可能性があるからです。 消費者金融カードローンの中でもアコムは、最短30分で審査結果を知れるだけでなく、土日祝日の申し込みであっても即日融資を受けられる可能性が高いです。 本人に安定した収入があればパート・アルバイトの人でも申し込みが可能なため、主婦でも利用できる可能性は十分あります。 専業主婦はアコムを利用できない 専業主婦の人は、配偶者に安定した収入があっても審査に通過できません。 アコムの申込条件のなかで、「申込者本人に安定かつ継続した収入の見込める方」と設定されているからです。 本人に収入のない専業主婦は、申込条件を満たせないことから、イオン銀行カードローンの審査に通過できません。 安定かつ継続した収入を得ている配偶者の同意書があっても、専業主婦はイオン銀行カードローンを利用できないのです。 また、専業主婦は本人に収入がないことから、他行のカードローンを利用しても配偶者に借入額を返済してもらう必要があります。 夫や妻といった配偶者に内緒にしておくことはできないため、お金に困っている専業主婦は、お金がない現状を配偶者に相談してみてください。 収入を得ていない専業主婦は、アコムを利用することができません。 アコムのカードローンは、本人に安定した収入があることを申込条件としているためです。 専業主婦で消費者金融のカードローン利用を希望する人は、の記事を参考にしてください。 FP監修者コメント イオン銀行カードローンは、銀行カードローンであるため、消費者金融のカードローンと比べて金利は安くなっていますが、満20歳を超えていても、学生や専業主婦は借りられません。 また、即日融資はできないため、融資までに数日かかることは確認しておきましょう。

次の