阿部 か よこ。 阿部華也子

阿部かよこ『Meia

阿部 か よこ

ボサノヴァボーカリスト&ギタリスト、阿部かよこが活動10年目にして満を持して作った初のカヴァーアルバム。 アントニオ・カルロス・ジョビン作の美しいバラード「Fotografia」、シコ・ブアルキの叙情的な「Samba e Amor」、The Beatlesの「Here,There And Everywhere 」など、ブラジル音楽にとどまらない名曲たち全7曲を収録。 ギター、ピアノというシンプルな構成と深くスモーキーで仄暗い歌声はまさに【Meia-Luz】 薄明かり を連想させる一枚になっている。 【アーティスト紹介】 茨城県出身。 ボーカリスト、ギタリスト。 3歳からクラシックピアノを始め19歳で渡米、様々な音楽に出会い帰国後ボーカリストを志す。 ジャズ、ポップスなどを中心に演奏活動をする中、アントニオ・カルロス・ジョビンや弾き語りで独特の唱法で歌うジョアン・ジルベルトや小野リサ氏のボサノヴァに衝撃を受け、2000年以降ブラジル音楽に傾倒、ポルトガル語でボサノヴァやサンバを歌い始る。 2005年初めてギターを手にし、それ以降弾き語りスタイルで演奏を開始。 ブラジル音楽が持つ繊細さと大らかさ、歓びや悲しみを情緒豊かに歌うことを大切にしている。 深く豊かでスモーキーな声は聴く人を優しく包み、ライブなどでは、風景が見えるような語りや歌にはとても定評がある。 【曲目リスト】 1. Fotografia 2. Samba e Amor 3. Quero Te Assim 4. Maria Joana 5. Pra Todo Efeito 7. Here, There and Everywhere 型番 PRCD-2019 販売価格 2,000円 税込2,200円 購入数.

次の

ボサノバ&サンバ(ブラジル音楽)アーティスト 阿部かよこ

阿部 か よこ

来歴 [ ] 中学3年生の時に在籍していた中高一貫校の文化祭のDVDに出演したことをきっかけにカメラマンにスカウトされ、大分県のグループのメンバーとして活動。 その後、大学受験を理由に高校2年の時に脱退した。 4月よりの子会社のに所属。 の後任として系列の情報番組『』の7代目お天気キャスターを務める。 2017年4月にセント・フォースに移籍した。 人物 [ ] 出身。 を経て 、卒業。 が発表している「第15回 好きなお天気キャスター/天気予報士ランキング」で1位を獲得し 、「第16回 好きなお天気キャスター/天気予報士ランキング」でも1位を獲得。 なお、同ランキングで女性キャスター(天気予報士)が連覇となったのは阿部が初の例となった。 出演 [ ]• 産経デジタル. 2016年6月6日. 2020年6月19日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2016年3月17日. 2020年6月19日閲覧。 早稲田ウィークリー. 2017年4月25日. 2020年6月19日閲覧。 早稲田ウィークリー. 早稲田大学 2019年3月25日. 2020年6月19日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年6月14日. 2020年6月20日閲覧。 ORICON NEWS オリコン. 2020年6月12日. 2020年6月20日閲覧。 フジテレビュー!! 2020年6月13日. 2020年6月20日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 明河尚美• 石山智恵• 梅澤亜季• 小山愛理• 佐藤メリサ• 沢えりか• 志水洋美• 清水明花• 高橋明日香• 高橋志保• 高田昌美• 樋渡香保• 堀切沙織• 村瀬美希• 渡辺ひと美• 旧セント・フォーススプラウト (スプラウト分社化前) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 11 - - - - - 1 放送開始当初から出演中。 2 時期によって曜日変動あり。 3 木 - 金曜担当。 4 月 - 水曜担当。 5 2008年3月まで木 - 金曜担当。 6 「めざまし600ニュース」は担当しない。 7 担当曜日は時期により変動あり。 8 2002年4月から設置、2009年3月で事実上廃止。 9大塚の病気休養により、三宅の総合司会就任までの総合司会代行。 10情報キャスター中継担当。 11木曜パーソナリティー、イノ調として出演。 12月 - 火曜担当。 13月・木曜担当。 14火 - 水曜担当。 15金曜担当。

次の

阿部ここは

阿部 か よこ

トイレにて 正樹は、阿部さんに誘われるままホイホイとトイレの個室に連れ込まれ裸に剥かれ、 阿部さんの口技により 出る寸前まで導かれた所で尿意を思い出す。 すると阿部さんは「 いいこと思いついた お前俺のケツの中でションベンしろ」と正樹に命じると あっという間に裸になり正樹を促す。 戸惑う正樹だが、阿部さんのケツの格好の良さに感じ、意を決して背後から阿部さんの中に侵入し、 ションベンし終ると共に 別の液体も発射する。 これにより作中の台詞「ウホッ! いい男……」「やらないか」などの「ヤマジュン語」が大ブームとなり、 ネットミームとして他のヤマジュン作品の台詞も流行っていくこととなる。 あまりの大ブームぶりから『個人授業II』というTBS系列の番組でも紹介されたり、 後に復刊ドットコムより氏の作品集『ヤマジュンパーフェクト ウホッ!! いい男たち』が発売されたりした。 が、こうした現代ネット上での大人気に反し、ヤマジュン作品がゲイ向け雑誌『薔薇族』に連載されていた当時は非常に評価が低かった。 同誌で80年代に連載されていたゲイ向け成人漫画では男臭く、がっしりとした体つきで濃い男たちが登場するものが好まれていたため、 細身のイケメンが登場するヤマジュン作品は読者からは「絵が淡白すぎる」「キャラ造形が掲載紙と合わない」として酷評されており、 少なくとも同誌読者の嗜好とは噛み合っていなかった。 編集部でもそれを受けてあまり高い評価はなされていなかったとされる。 ヤマジュン作品にはもよく登場し、「少女漫画のようだ」と評されていたが 1990年代に入るとロン毛ブームが起こり、ロン毛のイケメンという図式が一気にメジャーとなった事を考えると先見性がありすぎたのかもしれない。 こうした評価だったためか、1988年には作者である山川氏は『薔薇族』の編集部に姿を現す事もなくなり、消息がわからなくなってしまった。 あまり多くを語るタイプではなく、いつも編集部の玄関先で原稿を渡して原稿料を受け取るとすぐに帰ってしまうという人物だったため、 住所や連絡先どころか、本名すらも定かではなかったため、編集長としてもそれ以上のコンタクトのとりようがないまま数十年が経過する事となる。 『薔薇族』読者の中でも自殺や様々な要因で亡くなってしまった人が多いため、これを受けて 「生きていれば今は50歳前後と思うが、もしかすると亡くなってしまっているのかもしれない」と編集長は死亡説を強く否定しない見解である。 「歌ってみた」動画のコラボ作品においてのアバター(イメージ映像)ではこうした背景から阿部高和が使用されることが多い。 この動画を発端に「踊ってみた」系がバラライカの替え歌「やらないか」一色に染まるというムーブメントも巻き起こった。 ニコでは本家より有名 2:53辺りからいさじの 2014年には「ニコニコ町会議全国ツアー2014 in 宮崎県西都市」において行われた企画、お一人様カラオケの放送カメラ前にいさじ氏が突如として現れ、 上記の替え歌の原曲である「バラライカ」を歌った事で会場とニコ生視聴者は騒然となった。 メイン生放送側で慌てていさじ氏の姿をカメラが追ったものの、 その際には既に現場から姿をくらましており、「神回避」「怪盗」「ヤリ逃げ」などと賞賛された。 多くのファンが感動にむせび泣いた。 MUGENにおける阿部高和.

次の