青い彼岸花。 青い彼岸花は中国に実在するの?花言葉や藤の花との関係は?【鬼滅の刃】

青い彼岸花は中国に実在するの?花言葉や藤の花との関係は?【鬼滅の刃】

青い彼岸花

鬼滅の刃 本誌ネタバレ情報 青い彼岸花伏線回収が雑な件 無惨の努力 今回は鬼滅の刃、青い彼岸花について 物語を盛り上げた伏線 鬼滅の刃の中で最大の謎とされていた 青い彼岸花問題。 物語が進み完結間近となっても回収される事はありませんでした。 平安時代に無惨を鬼化させた物語の元凶でもあり、鬼が太陽を克服する為のキーでもあります。 無惨が1000年探しても見つからなかったとされ、存在するかどうかも怪しいシロモノ。 このまま見つからずに終わるかもという心配も。 とにかく様々な考察が飛び交っていました。 最終回にて回収 遂に回収。 とりあえず安心。 と言いたいところですがどこか雑な気も、、 本当に当初からここで回収する構想があったとは思えません。 なんだか打ち切り作品の最後に無理矢理ねじ込んだ様な。。 最終回205話に現代が描かれた中で言及された情報ですと 年に2、3日。 しかも昼間にしか咲かない花の様です。 無惨が必死に探しても見つからないのは納得。 夜の捜索努力は無駄だったわけですね。 答えが分かれば単純。 出すタイミングはどうあれ作品の中では面白い要素でした。

次の

【青い彼岸花】の力を求めて…藤の花と鬼の関係も!

青い彼岸花

青い彼岸花とは?【鬼滅の刃】 青い彼岸花とは 鬼が太陽の光を克服するために必要な薬と言われています。 この薬は病気で20歳までしか生きられないと言われていた鬼舞辻をなんとか助けようとした医者が作成していた薬で、わかっていることは調合に青色の彼岸花が必要ということだけです。 青い彼岸花の存在を知っていたのは医者だけだった この医者は処方された薬を飲んでも病状が一向に良くならないことに腹を立てた 鬼舞辻によって殺されています。 医者を殺した後に鬼舞辻は死なない体(鬼)になっているのに気付くのですがそれと同時に陽の光に当たると死んでしまうことにも気づきました。 そして陽の光を克服するため、この医者が残した情報をもとに青い彼岸花を探し始めます。 しかし原料の場所を知っている者はいくら探してもこの医者しかいなかったようで、 1000年以上仲間を増やしながら探したが見つかることはなかった のです。 何故なら1000年以上もかけて配下の鬼を増やして大人数で探しても見つからないなんてことは普通はありえないからです。 ということは 青い彼岸花とは文字通りの青色の彼岸花が存在している訳ではなく 何かの比喩表現 だと考えられます。 似たような言葉で 青い薔薇というものがありますね これは薔薇は本来赤い物であり、青い薔薇なんてものは作ることが出来ず存在しないことから 「 存在しない」、「 不可能」という意味を持っています。 (現在では品種改良で作ることが出来ます。 ) つまり青い彼岸花も青い薔薇と同じく、本来は赤くて存在しないものであるため存在しないもの、つまり 何か矛盾した存在を表す比喩と考えられます。 禰という文字あまりみなれない漢字ですよね。 これは 形成文字といって既存の文字である 示 しめす と 爾 なんじ の二つの文字を組み合わせてできた文字です。 この二つの漢字は象形文字で何かの形を元にして作られた文字です、その成り立ちを調べると面白そうな展開が想像できます。 示 神にいけにえを捧げる台から形をとって作られた文字• 爾 美しく輝く花から形をとって作られた文字 実は禰豆子の名前には花という意味を持つ漢字が含まれているのです。 さらに禰豆子は鬼でありながら太陽を克服した存在つまり 矛盾した存在です。 太陽を克服するのに太陽を克服した鬼が必要というのも矛盾していて 禰豆子自身が青い彼岸花という可能性があるのではないでしょうか。 そして 禰豆子の名前にはさらに面白い意味があって 禰は単体で「 父のおたまや」わかりやすく言うと 父の霊をまつる場所という意味があります。 つまり全ての鬼の父である鬼舞辻の死に場所となるのではないでしょうか。 そして神にいけにえをささげる台が禰豆子だとしたら生贄は青い彼岸花につられた鬼舞辻無惨ということになりますね。 たびたび鬼舞辻を鬼にした医者こそが黒幕なんじゃないかとも言われていますがもし本当に医者が黒幕だとしたら、この展開を望んでいて鬼舞辻が禰豆子を取り込んだ時に何かが起きるのかもしれないですね。 ちなみに禰豆子の漢字に使われている豆、これは鬼が嫌いなものの代名詞ですね。 鬼が豆を嫌うとされているのは魔(ま)を滅(め)するという当て字からなんですよ。 だから禰豆子に血で鬼を燃やす能力があるのも名前に隠されていたと考えることができますね。 まとめ 今回の考察はいかがだったでしょうか 禰豆子の禰という文字が面白い意味を持ちすぎていてもっといろんな考察パターンがありそうですよね。 炭治郎や他の兄弟に比べて禰豆子一人だけ難しい漢字が使われているので絶対何かしらの意味を持って付けられてる気がします。 この記事を見て別の意見や考察が浮かんだという人がいたらぜひお聞かせください!.

次の

【鬼滅の刃】青い彼岸花はどこにあった?伏線がついに回収された。

青い彼岸花

青い彼岸花とは? 青い彼岸花は、鬼舞辻無惨を鬼にした 薬に使われていた花の名前です。 普通の彼岸花は赤いことで知られています。 しかし、この薬に使われた彼岸花は、実際に青い花を咲かせていたことから 青い彼岸花と呼ばれています。 その昔、平安時代に鬼舞辻無惨が人間であったころ、無惨は病弱で病に打ちひしがれていました。 そんな時に善良な医師が病気を治すために使用したのが 青い彼岸花です。 鬼舞辻無惨はこの薬で病気を克服しますが、鬼になってしまいます。 一生日陰で暮らすことになったことに腹を立てた衝動で、病気を治療した医師を殺してしまいます。 しかしこの青い彼岸花は、鬼舞辻無惨を治療した医師しか正体を知っている者がいませんでした。 そのため、鬼舞辻無惨に使われた青い彼岸花は謎に包まれることになります。 鬼舞辻無惨が青い彼岸花を探す理由 鬼舞辻無惨が 青い彼岸花を探す理由は一つです。 日の光を克服して完全な生命体となるためです。 鬼は寿命がありません。 また日輪刀で首を切る以外に倒す方法もありません。 弱点は太陽の光と藤の花です。 太陽の光さえ克服してしまえば、弱点はなくなり、完全な生命体となります。 そのため、鬼舞辻無惨は執拗に青い彼岸花を探しているのです。 1000年探しても見つからない 作中で鬼舞辻無惨は上弦の鬼たちに 青い彼岸花を探すよう指示を出しています。 しかし、 平安時代から1000年以上、青い彼岸花は手がかりすら見つかっていません! 1000年以上見つかっていない現状に、鬼舞辻無惨は上弦の鬼たちに怒りをぶつけます。 1000年という時をかけても探せないほど、青い彼岸花は謎に包まれているのです! 青い彼岸花の予想は?伏線を考察! いくつか「青い彼岸花」の謎について、予想してみました。 鬼舞辻無惨が人間であった平安時代には、彼岸花の記録はほぼありません。 そのため 中国から持ち込まれた青い彼岸花を薬として使用しているとの説があります。 鬼滅の刃は大正時代の日本の物語です。 当時は外国へも今ほど自由には渡航できません。 そのため鬼舞辻無惨は中国までは調べていなかったため、青い彼岸花が見つからなかったという説です。 理由は花の意味です。 彼岸花は死者に弔いの意を込めて贈る花とされています。 しかし藤の花は 「不死」の花として、決して死ぬことのないとたとえることができます。 赤い彼岸花と反対に不死になることから、 藤の花を青い彼岸花と呼んでいたとの考察です。 藤の花に鬼は近づくことができないため、1000年以上も見つからなかったのかもしれません。 1つ目の理由は鬼舞辻無惨が 竈門家を襲い、禰豆子を鬼にしていることです。 竈門家が住む場所はまだ 青い彼岸花の調査を行っておらず、鬼を配置したかったため、竈門家を襲ったという考察です。 2つ目の理由は 炭治郎の走馬灯です。 下弦の伍・累との戦いの中で炭治郎は走馬灯を見ます。 なんとその中に 彼岸花が描かれているのです。 これからヒノカミ神楽のように、竈門家の過去が描かれていく内に青い彼岸花についての謎も明かされるかもしれません。 そのため、日中は常に日の光を浴びないように生活しています。 そんな鬼の弱点を突くように、 青い彼岸花は 昼間にだけ咲く花ではないかとの考察があります。 鬼舞辻無惨や他の鬼たちも昼間は活動できないため、見つけることができません。 1000年以上探しても見つかっていないため、 彼岸の昼、 夏至の昼など期間限定で咲く花の可能性も高いです。 今もどこかで青い彼岸花は咲いているのかもしれません。 彼岸花は死者に贈る花であり、死者の血を吸って成長し、花が赤くなったという逸話があります。 対する禰豆子は鬼でありながらも、一人の人間も傷つけていません。 人を傷つけず、血を流さない鬼が赤と対比した青で例えられ、禰豆子を青い彼岸花と呼んでいる考察です。 今後禰豆子が 人間に戻るのか、鬼として炭治郎と一緒に 鬼舞辻無惨と戦うのかにも関わってきそうな考察です。 青い彼岸花まとめ 鬼舞辻無惨が追い求める「 青い彼岸花」についての考察を紹介しました。 鬼滅の刃の「青い彼岸花」の考察は、かなり色々な考察がありましたが、皆さんが予想していたものはありましたか? 原作漫画では、既に「青い彼岸花」のことに触れられています。

次の