安西先生 ダンク。 人を動かす! 安西先生の言葉

あきらめたらそこで試合終了ですよ:スラムダンクの名言

安西先生 ダンク

『スラムダンク』 第29巻 シーン解説 リバウンドで活躍する桜木に、山王・堂本監督は河田をつけます。 桜木を観察する河田。 桜木の他の人と違う部分に目をつけます。 「スイブン長ぇこと宙にいるんだな。 そして着地するや速攻の先頭を駆ける あの脚力……!! 」 それを見て、河田は桜木のすごさを感じ取りました。 目立つところではないけれど、なかなか気付かないが尋常ではない能力に。 「ブロックにフルパワーでジャンプしたあと、あれだけのダッシュは並じゃできねえ 誰もそんなとこ見てやしねーだろうが……」 しかしそんな桜木の才能にいち早く、そして誰よりも期待していた人物がいました。 安西先生です。 気持ちを抑えきれないといったように頭を抱えて震える安西先生。 「おい……見てるか谷沢……」 「お前を超える逸材がここにいるのだ……!! 」 監督人生の最後に日本一に育てようとしていた、安西先生の教え子・谷沢。 桜木をそれだけの才能を超えるという逸材であると確信した安西先生。 山王戦でもう一人、光を放ち始めた人物がいました。 「それも……」 「2人も同時にだ………谷沢……」 安西先生の谷沢との件で止まっていた時が動き出したかのようですね。 心残りで前に進めずにいた安西先生をバスケットに繋ぎとめていたのが湘北で、あの時の後悔を取り戻すかのように現れた2人の逸材が桜木と流川なのかもしれません。

次の

SLAM DUNK

安西先生 ダンク

安西先生はバスケ部の監督しかやってないと思います。 安西先生は60歳を超えているように思うんです。 豊玉高校の金平監督 たしか32か33歳 が部員たち 16、17歳くらい に「俺の半分しか生きてない」といい、岸本が「あんたも北野さんの半分しか生きてない」といい、 北野と安西が大学の同期だということからのだいたいの予想で。 それに、安西が大学で監督をしていて、教え子の谷沢が「ほとんどヤクザだ」と思っていた時、すでに安西はスパルタコーチとして名将として《白髪鬼》の異名で知られてた。 ここでもう見た目からして50歳以上ではと思う。 ただしあの作品の登場人物は老けて見える率がかなり高いということも少し気にはなるけれど。 田岡41歳、高頭40歳だなんて・・。 反発した谷沢が勝手に渡米して5年後に死亡。 安西は大学を去り、そのあとにどれくらいの時間を置いたかそれほど置かなかったかはわからないけど、少なくとも三井が中3の時には変身後の姿ができあがった 心も体も丸々となった 状態で湘北高校にいて、その約3年後が桜木高1の夏、という感じですよね? そういうことからも、安西先生もう60はいってんじゃないかなと思います。 教員の定年は基本60歳。 安西先生が教員なら、まず定年のタイミングは超えているように思え、教員として湘北に入り再任用の期間に入っている可能性はあるけど、それでもバスケ部の指導のための特別非常勤職員としてなんじゃないかなと思います。 湘北は公立だから私立のような予算の余裕もなく、あのバスケ部の部費も微々たるものだと思いますが、強豪校のように部活動内容を充実させ成果を上げるためというよりも、現役の教諭にかかる負担を減らすために授業以外のことを補助をしてくれる人員は現実にもわりとあちこちで採用されています。 その報酬はそれこそ雀の涙ほどで、仕事としてわりにあうものではないけど、「ボランティア精神」と「好きだから!」ということでやっている人もいますから、安西先生もそういう人で、元は何かしらの教科をうけもつ教員として入ったのだとしても、もうバスケ部の監督しかやっていないか、あるいはそもそも教員ではなく非常勤職員としてボランティア同然かまさに道楽として監督をやってるかだと思います。

次の

漫画から学ぶ「チーム&リーダー」~スラムダンク編~

安西先生 ダンク

『スラムダンク』 第29巻 シーン解説 リバウンドで活躍する桜木に、山王・堂本監督は河田をつけます。 桜木を観察する河田。 桜木の他の人と違う部分に目をつけます。 「スイブン長ぇこと宙にいるんだな。 そして着地するや速攻の先頭を駆ける あの脚力……!! 」 それを見て、河田は桜木のすごさを感じ取りました。 目立つところではないけれど、なかなか気付かないが尋常ではない能力に。 「ブロックにフルパワーでジャンプしたあと、あれだけのダッシュは並じゃできねえ 誰もそんなとこ見てやしねーだろうが……」 しかしそんな桜木の才能にいち早く、そして誰よりも期待していた人物がいました。 安西先生です。 気持ちを抑えきれないといったように頭を抱えて震える安西先生。 「おい……見てるか谷沢……」 「お前を超える逸材がここにいるのだ……!! 」 監督人生の最後に日本一に育てようとしていた、安西先生の教え子・谷沢。 桜木をそれだけの才能を超えるという逸材であると確信した安西先生。 山王戦でもう一人、光を放ち始めた人物がいました。 「それも……」 「2人も同時にだ………谷沢……」 安西先生の谷沢との件で止まっていた時が動き出したかのようですね。 心残りで前に進めずにいた安西先生をバスケットに繋ぎとめていたのが湘北で、あの時の後悔を取り戻すかのように現れた2人の逸材が桜木と流川なのかもしれません。

次の