かんぽ生命 2ch。 郵便局とかんぽ生命に多額のお金をだまされ訴訟中です!

かんぽ生命、新型コロナで死亡は保険金倍増

かんぽ生命 2ch

郵便局とかんぽ生命に多額のお金をだまされ訴訟中です! 最初は働いたお金をコツコツと郵便局で貯金していましたが、局員の言葉巧みな勧誘に「10年後はお金が戻るから」と言われてかんぽ生命保険にも入っていました。 10年後に郵便局員から電話があって「満期の手続きをしないとアンタのお金を国庫に入れるからな!」と何度となく電話で脅されて満期の手続きの強く催促をされました。 まだ満期日を迎えていない前の年の暮れに 私の家族が体調不良だったのに 無理矢理郵便局員等が4人もうちに手続きにやって来ました。 私はそれは満期の手続きだと思ってい仕方なく応じました。 当時は局員等がうちへ来て私に背を向け何をやっているのかわかりませんでしたが、郵便局の満期の手続き上なのだから大層なんだろうと思って見ていましたが、とにかく預けたお金を返してもらいたくて、急かされるままに、住所と名前を記入しました。 金額を記入する欄は一切ありませんでした 局員に「ここに丸をつけて早く早く!」と促された手続きとは、満期の手続きではなく新規保険の手続きだったのでした。 年末の慌ただしい当時に局員等がまさかそんなことをしているとは私は夢にも知りませんでした。 その後、かんぽ生命保険の証書が届いたので、私は驚いて「保険には入らない!」と郵便局に電話をしたのですが、局員から「ちょっと待ってて!手続きが遅れてるからこっちから連絡するから待ってて」と言われたので電話を切りました。 その後、間もなく家族が危篤の急病になり緊急入院をして私はかんぽ生命保険のことをうっかり忘れてしまいました。 結局クーリングオフをさせてもらえず、現在、私の貯金を返してもらうために郵便局と訴訟中です。 郵便局はこの裁判で5人の弁護士等をたずさえて、ナニがなんでも私のお金をむしり取ってやるという意気込みです。 金融庁には再三苦情文を出したけど無視されていますので裏で金融庁も応援しているのかと勘ぐってしまうほど恐ろしいです。 国は郵便局を使ってこうして障害者のお金すら取り上げて生活に困窮させ、結局は施設にぶち込む手立てを企てて秘密裏に殺される?と思うほどの恐怖を感じています。 一生懸命に真面目に働いて貯金していたのに騙されて取り上げられて日々恐怖に晒されて眠れず、パニック発作にも襲われて苦悩する日々です。 私は生まれつき聴覚 難聴 と視覚 片目ほぼ失明で見える目も手術して危険状態 と他にも身体的障害を有する身障3級の重複障害者です。 しかし私は障害者年金はもらっていませんが、ずっと働いて自立生活のために真面目にコツコツ貯めたお金を郵便局にだまされて取り上げられてしまいすごく恐怖です! それも年末の慌ただしい当時に私には多額の新規保険加入を郵便局にされたという認識が全く無かったのです。 新規保険手続きだと知りませんでした。 その上その時に、局員がやらかした私の貯金を勝手に解約して新規保険に充てがった差額のお釣りのお金までも私に調達させたのでした。 局員等から新規保険の説明が無く、仁王立ちの局員等から指示され書類に名前と住所と丸をつける状態でした。 法廷では郵便局員が私に新規保険の説明をしたと主張していますが、満期の手続きをしに来たとの名目で年末の慌ただしい時に満期日前にドサクサに紛れて現在は無職の重複障害者の私に貯金を降ろさせ新規多額保険を締結させたというのは無謀過ぎです。 詐欺以外の何者でもないのではないですか? その後、局員等がされたことがわけがわからなくて私が怖がって、他の局員から促されていた新しい普通貯金口座を作ることを拒否すると、その局員から「満期の保険を普通貯金に入れろ!」と、まるでヤクザまがいに恫喝され、現在裁判では局員等が法廷で自分達はちゃんと証拠がそろっているのだ!と強気で主張していますが、私をだまして取り上げたお金です! なのにもし裁判に負けたらすごくショックで生活する気になれません! 同じ目に合った方々の体験があるので以下のURLをどうかご覧ください。 私がジャーナリストの田畑光永さんの「かんぽ生命の詐欺」のブログを知らなくて郵便局が詐欺をしていると世間的に認識されなかったから、私は詐欺に引っかかってしまって、もしこの裁判に負けて貯金が返って来なかったら?障害者の私ひとりを犠牲にさせ貯金を巻き上げる国の陰謀かと思います。 恐ろし過ぎます。 なんとかして被害者が団結できないでしょうか? ショックで体調壊して、怖い状況にあるので、味方になってくださる方にお知恵いただきたくどうかよろしくお願いします。 字数制限有るので詳細書けずなので支離滅裂な文章でごめんなさい。 お許しください。 私的な意見ですが・・・。 裁判を弁護士でとありますが弁護士は裁判で勝てなくても損をしません。 負けた場合質問者さんは相手の分も含め裁判費用を全額負担しなければなりません。 別件ですが私の知人は財産を搾取され裁判を起こしました。 相談した弁護士は100%勝つと自信をもって答えたそうです。 しかし裁判が始まると先方の弁護士が不知と答えただけで終了したそうです。 結果は敗訴ではなく調停の形になったようです。 被害者で団結するなら訴訟を起こす前に団結したほうがよかったのでは? なんでも争議と名の付くものは時間と労力が必要です。 もし依頼した弁護士が報酬のみが目的だったら。 過去にほとんど無理な裁判を安請け合いした弁護士にお願いして全額負担して泣いた人を知っています。

次の

【悲報】「金融庁かんぽ生命」と「日本郵便」、新規の保険販売業務「三カ月間停止」行政処分検討

かんぽ生命 2ch

みんなはそういう傾向ないのかな??? 先日の「ロート製薬」に引き続き、本日「かんぽ生命保険」の配当金が無事振り込まれました。 6月はまだまだ配当金のご報告ができそうです? さて、…• なお、本日は他にもレジャー関連株には買われている銘柄が目立っています。 金払い良かったし、利率も高かったから、ホントに私も入りたかったけど、条件悪くてやめました。 今は金利が悪いから、保険で金が貯まるとか得するとかないでしょう。 お年寄り騙すのはいけないと思いますが、騙されたかどうか分からない位複雑な外資系ネット系もありますからね。 保険でも金融商品でも理解できないものは買わないのが原則ですよね。 私は中年なので、これから数字や文字の羅列についていけなくなったら取引は控えようと思っています。 高齢者には成年後見人制度がありますよね。 終活はまずは虎の子のお金を守らないといけません。 親が保険に入ったと聞いて騙されたかと疑うかと聞かれたら、疑いませんね。 もう亡くなって認知も入ってたけど、うちの親はお金には特に慎重だったし、同居してたからお金の動きは把握してたから。 90過ぎてたからね。 高齢の親にはちゃんと普段から目は向けておくべきです。

次の

郵便局とかんぽ生命に多額のお金をだまされ訴訟中です!

かんぽ生命 2ch

郵便局とかんぽ生命に多額のお金をだまされ訴訟中です! 最初は働いたお金をコツコツと郵便局で貯金していましたが、局員の言葉巧みな勧誘に「10年後はお金が戻るから」と言われてかんぽ生命保険にも入っていました。 10年後に郵便局員から電話があって「満期の手続きをしないとアンタのお金を国庫に入れるからな!」と何度となく電話で脅されて満期の手続きの強く催促をされました。 まだ満期日を迎えていない前の年の暮れに 私の家族が体調不良だったのに 無理矢理郵便局員等が4人もうちに手続きにやって来ました。 私はそれは満期の手続きだと思ってい仕方なく応じました。 当時は局員等がうちへ来て私に背を向け何をやっているのかわかりませんでしたが、郵便局の満期の手続き上なのだから大層なんだろうと思って見ていましたが、とにかく預けたお金を返してもらいたくて、急かされるままに、住所と名前を記入しました。 金額を記入する欄は一切ありませんでした 局員に「ここに丸をつけて早く早く!」と促された手続きとは、満期の手続きではなく新規保険の手続きだったのでした。 年末の慌ただしい当時に局員等がまさかそんなことをしているとは私は夢にも知りませんでした。 その後、かんぽ生命保険の証書が届いたので、私は驚いて「保険には入らない!」と郵便局に電話をしたのですが、局員から「ちょっと待ってて!手続きが遅れてるからこっちから連絡するから待ってて」と言われたので電話を切りました。 その後、間もなく家族が危篤の急病になり緊急入院をして私はかんぽ生命保険のことをうっかり忘れてしまいました。 結局クーリングオフをさせてもらえず、現在、私の貯金を返してもらうために郵便局と訴訟中です。 郵便局はこの裁判で5人の弁護士等をたずさえて、ナニがなんでも私のお金をむしり取ってやるという意気込みです。 金融庁には再三苦情文を出したけど無視されていますので裏で金融庁も応援しているのかと勘ぐってしまうほど恐ろしいです。 国は郵便局を使ってこうして障害者のお金すら取り上げて生活に困窮させ、結局は施設にぶち込む手立てを企てて秘密裏に殺される?と思うほどの恐怖を感じています。 一生懸命に真面目に働いて貯金していたのに騙されて取り上げられて日々恐怖に晒されて眠れず、パニック発作にも襲われて苦悩する日々です。 私は生まれつき聴覚 難聴 と視覚 片目ほぼ失明で見える目も手術して危険状態 と他にも身体的障害を有する身障3級の重複障害者です。 しかし私は障害者年金はもらっていませんが、ずっと働いて自立生活のために真面目にコツコツ貯めたお金を郵便局にだまされて取り上げられてしまいすごく恐怖です! それも年末の慌ただしい当時に私には多額の新規保険加入を郵便局にされたという認識が全く無かったのです。 新規保険手続きだと知りませんでした。 その上その時に、局員がやらかした私の貯金を勝手に解約して新規保険に充てがった差額のお釣りのお金までも私に調達させたのでした。 局員等から新規保険の説明が無く、仁王立ちの局員等から指示され書類に名前と住所と丸をつける状態でした。 法廷では郵便局員が私に新規保険の説明をしたと主張していますが、満期の手続きをしに来たとの名目で年末の慌ただしい時に満期日前にドサクサに紛れて現在は無職の重複障害者の私に貯金を降ろさせ新規多額保険を締結させたというのは無謀過ぎです。 詐欺以外の何者でもないのではないですか? その後、局員等がされたことがわけがわからなくて私が怖がって、他の局員から促されていた新しい普通貯金口座を作ることを拒否すると、その局員から「満期の保険を普通貯金に入れろ!」と、まるでヤクザまがいに恫喝され、現在裁判では局員等が法廷で自分達はちゃんと証拠がそろっているのだ!と強気で主張していますが、私をだまして取り上げたお金です! なのにもし裁判に負けたらすごくショックで生活する気になれません! 同じ目に合った方々の体験があるので以下のURLをどうかご覧ください。 私がジャーナリストの田畑光永さんの「かんぽ生命の詐欺」のブログを知らなくて郵便局が詐欺をしていると世間的に認識されなかったから、私は詐欺に引っかかってしまって、もしこの裁判に負けて貯金が返って来なかったら?障害者の私ひとりを犠牲にさせ貯金を巻き上げる国の陰謀かと思います。 恐ろし過ぎます。 なんとかして被害者が団結できないでしょうか? ショックで体調壊して、怖い状況にあるので、味方になってくださる方にお知恵いただきたくどうかよろしくお願いします。 字数制限有るので詳細書けずなので支離滅裂な文章でごめんなさい。 お許しください。 私的な意見ですが・・・。 裁判を弁護士でとありますが弁護士は裁判で勝てなくても損をしません。 負けた場合質問者さんは相手の分も含め裁判費用を全額負担しなければなりません。 別件ですが私の知人は財産を搾取され裁判を起こしました。 相談した弁護士は100%勝つと自信をもって答えたそうです。 しかし裁判が始まると先方の弁護士が不知と答えただけで終了したそうです。 結果は敗訴ではなく調停の形になったようです。 被害者で団結するなら訴訟を起こす前に団結したほうがよかったのでは? なんでも争議と名の付くものは時間と労力が必要です。 もし依頼した弁護士が報酬のみが目的だったら。 過去にほとんど無理な裁判を安請け合いした弁護士にお願いして全額負担して泣いた人を知っています。

次の