歯がうずく。 神経を抜いた歯がうずく・痛い……考えられる原因と対処法 [歯・口の病気] All About

知覚過敏の痛みが治まりません

歯がうずく

歯に違和感を感じることは意外と多い 我慢できないほど痛いわけではないが、歯が何となく疼く、歯が重く感じる、叩くと痛い感じがする……など、歯に違和感が現れることがあります。 歯に違和感があるときに考えられる主な病気について解説します。 <目次>• 虫歯はしみる、鈍くひびく、重いなどの様々な違和感を引き起こします。 特に水や風がしみるなど、冷たい刺激に対して敏感に感じる傾向。 虫歯の細菌が、歯の神経部分の歯髄に侵入した状態。 しみる程度の違和感であったものが、ビーンと響いたり、鈍い痛みに変化した時には歯髄炎の可能性が高まる。 歯周病が歯に与える違和感として最も一般的なのは、「歯が揺れる」こと。 もし歯茎からの出血も伴うようであれば、かなり進行している可能性も。 歯の咬み合わせが問題で起こる。 痛みとなってしまう前の段階で、比較的長期間に渡って噛むと違和感を感じたり、水がしみるなどの症状が現れる。 虫歯などがなくても、冷たい水などがジーンとしみたり、歯磨きの際に毛先が当たると痛くなったり、甘い物がしみたりすることもある。 大きく口を開けた際に耳の周辺から「パキッ」と音が鳴ることがある。 これは顎の関節の一部が骨の一部から滑り落ちる顎関節症の一種と考えられる。 歯の神経の入っていた内部の空間が感染することで起こる。 歯が浮いた感じ、重い感じがあり、歯が骨に固定されている付近を指で押すと何となく痛いような感じがする。 悪化すると寝ている時に脈拍にあわせてズキズキする場合も。 上の歯の内部の感染などが原因で、目と歯の間にある上顎洞と呼ばれる空間が時に炎症を起こす。 慢性化した場合、鼻づまりを起こしたり、蓄膿が続いたりすることも。 詰め物などの脱落 金属性の被せ物やブリッッジなどが、揺れたり、ずれたり、浮き上がったりした場合、違和感となることあり。 外れそうになったものがたとえ一度元に戻ったとしても、しばらくすると外れてしまうのが一般的。 就寝中の歯ぎしりが原因で、朝起きた時に歯が痛い、うずくような感じになる。 このように歯・口の病気の中には、痛みが直接的に起こりやすい歯の神経などのトラブルの他に、歯周病などのように痛みを伴わない違和感程度の状態で、悪化していく病気も多いものです。 しかし、実際の臨床では違和感を若干感じるものの、特に心配するような炎症などが認められないため、そのままで治療せずに経過観察した方が、むやみに治療を繰り返すよりも、その歯の寿命の延命につながるといったこともまた事実です。 違和感は、あくまでその人も持つ感覚という基準で判断することになるため、実は病気の判断材料としては不安定なものです。 実際には目視による状態の確認、レントゲンや検査などで原因の特定が必要で、感覚以外に決定的な問題点の発見が重要となります。 【関連記事】•

次の

1度被せたセラミックは外すのが大変なのですか?母がセラミックの...

歯がうずく

歯がうずく、歯ぐきがムズムズする、噛むと痛い etc… 毎日、上記のような症状を訴えて当院にいらっしゃる患者さんが非常に多く見受けられます。 主訴が「歯がうずく」「歯ぐきがムズムズする」「噛むと痛い」という場合、下記のような原因が主に考えられます。 進行した虫歯により、歯の神経に炎症が起こっている(歯髄炎) 2. 歯周病により、歯周組織に炎症が起こっている 3. 歯ぎしり・食いしばり(ブラキシズム)により、歯根破折や歯根膜炎が起こっている 虫歯 虫歯が進んでしまうと、やがてS. mutans(ミュータンス菌)などのいわゆる虫歯菌が歯の内部にある歯髄という歯の中枢部(神経)にまで到達し、炎症を引き起こします。 その場合、激烈な歯の痛みやうずき・歯がしみるなどの症状が出ることがあります。 治療法としては一般的なや、が挙げられます。 根管治療とは、根管の中の感染してしまった歯髄(神経や血管)や汚染された象牙質を取り除き、根管の中を清掃し、消毒する治療のことを言います。 歯周病 歯ぐきの疾患は、歯肉炎と歯周炎に大別されます。 ・歯肉炎…歯石やプラークなどにより歯ぐきにのみ炎症が起こっている状態 ・歯周炎…歯肉炎がさらに進行して歯を支える歯周組織(歯槽骨といわれる顎の骨や、歯根膜といわれる歯と骨を繫いでいるコラーゲンの膜や、歯のセメント質など)が感染・破壊された状態 歯周炎に関しては、歯のクリーニングだけで症状の改善が期待できるごくごく軽度のものから、最悪の場合、歯の保存が厳しくなってしまうような重度のものまで、その状態により治療法は多岐にわたります。 歯ぐきのうずきを感じる場合は、少し歯周炎が進行してから発症する事が多いのではないでしょうか。 腫れぼったかったり、歯ぐきが重たく感じることもあります。 基本的に歯周炎は無症状のまま非常にゆっくりと進行していくので、自覚症状が出てきたころにはある程度病状が悪化していることが多い油断すると厄介な疾患です。 逆にいうと進行が遅いので正しい知識を持って早めにケアさえしておけばさほど怖くない管理しやすい疾患ということにもなります。 ですから、国立くぼむら歯科クリニックではかかりつけ医での定期的な検診やメインテナンスすることをお勧めしています。 従来のCURE型(痛くなってからの治療)から、これからはCARE型(痛くならない為の予防)の診療を提案できる歯科医院を当院は目指しております。 歯ぎしり・くいしばり(ブラキシズム・パラファンクション) 睡眠時に起こる歯ぎしりは脳の制御をいっさい受けないので非常に強い力が歯や歯周組織にかかります。 それによりしばしば歯根破折や歯根膜炎が引き起こされる原因となることがあります。 症状としては噛むと痛かったり歯や歯ぐきに鈍い痛みが出たりします。 歯根破折とは、治療済みの歯の根の部分が割れてしまうことをいいます。 主に差し歯治療の際に、ことやブラキシズムが原因で引き起こされます。 こうなるとほとんどの場合で歯の保存が難しくなってしまいます。 歯根破折を防ぐには、歯に負担のかからない材質で修復処置を行ったり、歯ぎしりの過大な力から歯を守る為にマウスピースを使用したりします。 歯や歯ぐきがうずく場合や噛むと痛い場合は、さまざまな原因が考えられるため、早めに歯科医院を受診することをおすすめします。 それがあなたのためだから…。

次の

足がうずいて眠れない!ウズウズ・落ち着かない原因と対策とは

歯がうずく

歯がうずく原因と対処法 1-1虫歯 虫歯が進行し「歯髄」という歯の神経にまで達してしまうと、うずくような痛みを感じます。 歯の内部にある神経や血管が集まった歯髄での炎症が、神経を圧迫するからです。 この炎症を「歯髄炎」といいます。 歯髄炎の状からさらに虫歯が重症化すると、歯髄の神経が死んでしまい、痛みを感じなくなります。 一見、症状が改善したかのように錯覚してしまいますが、虫歯が治ったわけではありません。 虫歯菌が「根管」と呼ばれる歯の根っこを伝わり、さらに深い部分にまで侵入すると、今度は歯根を支える骨が溶け、膿がたまっていきます。 歯の神経が死んでしまってからは自覚症状があまりないため、ある日いきなり腫れて強烈な傷みを覚えたり、歯茎や顔面の腫れを引き起こしたりします。 虫歯のときに引き起こされる「歯のうずき」は、虫歯が歯髄にまで達したサインと捉えることができます。 虫歯を治療した歯がうずく 治療した歯のうずきには、2つの理由が考えられます。 1つ目は、歯の神経が過敏になっているため、歯がうずくように感じられる場合です。 これは、虫歯治療を終えたばかりの歯に起こりやすい症状です。 この場合は数日で症状が治まるのが一般的です。 まずは様子をみましょう。 2つ目は、過去に治療した歯に、詰め物や被せものがある場合です。 長い時間が経過することで、詰め物や被せものが劣化し、歯と人工物の隙間から虫歯菌が入り込んでいる恐れがあります。 人工物の経年劣化だけが原因ではなく、治療した際に虫歯部分を取り残しているケースもあります。 菌が入れば虫歯に進行します。 詰め物や被せものの下でできた虫歯が、歯の神経にまで達してしまうこともあります。 夜になると歯がうずく 虫歯が進行し、歯の中心にある「歯髄」にまで炎症が広がってしまっていることが考えられます。 ひどくなると、歯髄の入っている小部屋である「歯髄腔(しずいこう)」に圧がかかり、神経が圧迫されます。 すると、夜間就眠時痛という、夜も眠れないほどの痛みを引き起こすことがあります。 神経まで達した虫歯の治療法 虫歯が進行した部分の神経を取り除き、歯の根っこ(管内)を殺菌してから、被せものでふたをする治療をおこないます。 この方法を、根管治療と呼びます。 進行具合によっては神経を抜く、もしくは抜歯の必要性も出てきます。 このように進行していく段階で、歯がうずきを感じます。 歯周病は成人男性の8割がかかっている病気ですが、軽度のうちは自覚症状があまりありません。 歯がうずきを感じる頃には、歯がグラグラする、歯茎から出血するなど、重症化していることも多くあります。 毎日の歯磨き時に鏡で歯茎をチェックし、赤や紫に変色していたり、歯茎が下がっていたりしたら要注意です。 健康な歯茎の色は、ピンク色をしています。 歯周病の治療法 歯や、歯茎の中にまで入り込んだ歯石の除去が治療の中心です。 重度の場合は歯茎を切開し、歯石を取り除きます。 現在では、歯周組織の再生技術も発展しています。 そのため、歯周組織の再生を促す治療が可能です。 1-3歯ぎしり 寝ている時は、意識がないので歯ぎしりの力加減ができません。 思いっきり食いしばることもあり、歯や周囲の組織に大きな負担をかけてしまいます。 そのせいで歯の根っこが割れ、歯のうずきや強い痛みが生じます。 歯の根っこが割れると、抜歯が避けられないことが多く、噛み合わせの悪さが歯ぎしりの原因の場合もあります。 歯ぎしりの治療法 自分に合ったマウスピースを製作し、就寝時にはめて歯を守ります。 市販のマウスピースだと口に合わずに悪化することもあるので、歯医者さんで作ってもらいましょう。 噛み合わせが歯ぎしりの原因の場合は、歯医者さんで適切な処置を受ける必要があります。 1-4. その他の原因 矯正治療で歯がうずくことも 個人差はありますが、矯正装置を装着してから数日間は、歯のうずきを強く感じることがあります。 矯正装置が歯にゆっくりと力を加えることで、歯の周囲の組織に意図的に緩やかな炎症を起こさせているためです。 この処置は、歯の根っこを支える骨である「歯槽骨」をいったん壊し、再生させることが目的です。 安易に痛み止め(消炎鎮痛剤)を服用すると、治療の効果が薄れてしまいます。 矯正治療中に歯がうずいても薬は服用せず、必ずかかりつけの歯医者さんに相談しましょう。 矯正装置を装着することによる痛みは、一週間程度で自然に治まっていくので、大きな心配はいりません。 親知らずがうずくことも 奥歯の辺りにある親知らずがうずくのは、周囲の歯が炎症を起こしているためです。 現代人は食生活の変化で顎が小さくなっているため、歯のスペースが足りず親知らずがまっすぐに生えてこない人が多くいます。 親知らずがまっすぐに生えてこないと、隣の歯を圧迫して傷つけるほか、歯磨きの際にきちんとブラシを当てられないために、虫歯になってしまいます。 親知らずがきちんと磨けていないということは、隣の歯も磨けていないということです。 自然と虫歯の範囲は広がっていきます。 親知らずの周りの炎症を放っておくことで、喉も炎症を起こす恐れがあります。 さらに広がると、発熱や倦怠感といった全身症状が現れることもあります。 自分で行う対処法 歯がうずくときに絶対にやってはいけない行為と、効果的な対処法を紹介します。 2-1指で触らない 歯がうずくからと言って、指で触ってはいけません。 炎症を起こしている状態なので傷つきやすく、指に付着した雑菌が傷口から入り込み、症状が悪化することがあります。 対処法 炎症の原因は歯に付着した細菌です。 ですので、口腔内の細菌を減らすことで症状が緩和されます。 うがいや歯磨きで口腔内を清潔に保ち、歯と歯茎の間の歯垢(プラーク)を丁寧に磨きましょう。 炎症を起こしているときは、歯茎が出血しやすい状態になっています。 ブラッシングする際に、力を入れ過ぎないよう気をつけてください。 2-2血行を良くしない 血行が良くなると血液が循環し、歯の神経を圧迫するので、歯のうずきがより強くなってしまいます。 激しい運動や入浴は、体温が上がることで血行が良くなる原因です。 避けた方がいいでしょう。 対処法 冷えたタオルや冷えピタなどを使って、患部の外側の頬に当てて冷やしてください。 入浴はシャワーだけにとどめておくのがいいでしょう。 2-3タバコやアルコールを避ける 気持ちを落ち着かせようと、タバコを吸う方がいます。 精神的にリラックスして痛みやうずきが和らぐと思われがちですが、タバコに含まれる有害物質が歯や歯茎に付着し炎症を悪化させます。 さらには、免疫機能を低下させてしまうため、口腔内の細菌の繁殖を助けることになります。 痛みをごまかすためにアルコールを摂取する方がいますが、血行が良くなるのでかえって歯のうずきや痛みが増すだけです。 対処法 タバコやアルコールなどの刺激物は摂取を控えましょう。

次の