マルチタップ。 マルチユースOAタップ 2ヶ口

マルチユースOAタップ 2ヶ口

マルチタップ

今日はダンドリープロでも取扱いしておりますが、LIXIL(INAX)の修理部品について少し調べていこうとおもいます。 今回ご紹介する商品はLIXILのマルチボールタップ TF-20Bになります。 LIXILマルチボールタップ TF-20B この商品は色々なボールタップをこの品番にてほとんどの商品に対応出来るようになりましたので、ダンドリープロでも沢山ご購入頂く人気商品です。 そして、取り換えについてなども調べていこうとおもいます。 それではLIXILマルチボールタップ TF-20Bの特長について見ていきます。 LIXILマルチボールタップ TF-20Bの特長 マルチに対応 このマルチボールタップは、ほとんどのタンクに取付が可能になっています。 下の表のように対応品番はこのように、大変沢山の種類に対応しています。 ここが大変難しくとらえてしまいますが、最終的には品番で確認が必要となります。 品番を使わずにご説明すると、 密結タイプ INAX製の密結タンクと呼ばれる、便器とタンク部が繋がっているタイプや、 隅付タイプ 先程の密結タンクと対象的な、便器とタンクは、洗浄管と呼ばれる管で繋がっている三角形の建物のコーナー部に取付する隅付タンクや、 平付タイプ この隅付タンクを壁平面に取付出来る平付タンクや、 TOTOの主要タンク TOTO製の主要なタンクにも取り付け出来ます。 手洗い付き、手洗い無にも対応 タンク部で手を洗うことが出来る、手洗い付のタイプにも手洗いの無いタイプにも対応しております。 一般地、寒冷地も対応 そして一般地や寒冷地などの凍結防止対策が必要な場合でもこのボールタップで対応出来ます。 サイホン式などのタンクにも対応 そしてボールタップに補給水管と呼ばれる黒いゴム管のついたボールタップにも対応しています。 給水音が静かに そしてこのボールタップの特長の中で、この商品に交換することによって、給水音がとても静かになります。 通常のボールタップではボールタップ本体の上部から「ジャーッ」と吐水され、水がバシャバシャとタンク内に溜まっていましたが、このボールタップは吐水管の中を通って水を溜めますのでとても静かです。 掃除が容易なストレーナー そして給水管接続口にストレーナーを配置しているので、掃除が大変楽になっています。 LIXIL マルチボールタップTF-21B 同じようなマルチボールタップでTF-21Bという商品もあります。 こちらは隅付タンクでも、三角のフタに大きな長穴が空いており、吐水口がフタに締めつけられておらず、三角の蓋のみを置いたようなこのような場合に使用します。 取付が出来ないタイプ このように取付が出来ないタイプもあるのですが、このTF-20Bの登場でほとんどのトイレに取り付けが出来るようになりました。

次の

マルチタップを選ぶ時の5つのポイント

マルチタップ

今日はダンドリープロでも取扱いしておりますが、LIXIL(INAX)の修理部品について少し調べていこうとおもいます。 今回ご紹介する商品はLIXILのマルチボールタップ TF-20Bになります。 LIXILマルチボールタップ TF-20B この商品は色々なボールタップをこの品番にてほとんどの商品に対応出来るようになりましたので、ダンドリープロでも沢山ご購入頂く人気商品です。 そして、取り換えについてなども調べていこうとおもいます。 それではLIXILマルチボールタップ TF-20Bの特長について見ていきます。 LIXILマルチボールタップ TF-20Bの特長 マルチに対応 このマルチボールタップは、ほとんどのタンクに取付が可能になっています。 下の表のように対応品番はこのように、大変沢山の種類に対応しています。 ここが大変難しくとらえてしまいますが、最終的には品番で確認が必要となります。 品番を使わずにご説明すると、 密結タイプ INAX製の密結タンクと呼ばれる、便器とタンク部が繋がっているタイプや、 隅付タイプ 先程の密結タンクと対象的な、便器とタンクは、洗浄管と呼ばれる管で繋がっている三角形の建物のコーナー部に取付する隅付タンクや、 平付タイプ この隅付タンクを壁平面に取付出来る平付タンクや、 TOTOの主要タンク TOTO製の主要なタンクにも取り付け出来ます。 手洗い付き、手洗い無にも対応 タンク部で手を洗うことが出来る、手洗い付のタイプにも手洗いの無いタイプにも対応しております。 一般地、寒冷地も対応 そして一般地や寒冷地などの凍結防止対策が必要な場合でもこのボールタップで対応出来ます。 サイホン式などのタンクにも対応 そしてボールタップに補給水管と呼ばれる黒いゴム管のついたボールタップにも対応しています。 給水音が静かに そしてこのボールタップの特長の中で、この商品に交換することによって、給水音がとても静かになります。 通常のボールタップではボールタップ本体の上部から「ジャーッ」と吐水され、水がバシャバシャとタンク内に溜まっていましたが、このボールタップは吐水管の中を通って水を溜めますのでとても静かです。 掃除が容易なストレーナー そして給水管接続口にストレーナーを配置しているので、掃除が大変楽になっています。 LIXIL マルチボールタップTF-21B 同じようなマルチボールタップでTF-21Bという商品もあります。 こちらは隅付タンクでも、三角のフタに大きな長穴が空いており、吐水口がフタに締めつけられておらず、三角の蓋のみを置いたようなこのような場合に使用します。 取付が出来ないタイプ このように取付が出来ないタイプもあるのですが、このTF-20Bの登場でほとんどのトイレに取り付けが出来るようになりました。

次の

タップ

マルチタップ

マルチタッチ操作における基本的な操作方法の1つで、指で画面を軽く叩く操作のこと。 ディスプレイに表示されたボタンを押したり、ディスプレイ上の一点を指定したりする際に使用する操作方法である。 1回だけ叩くことをシングルタップ、素早く2回叩くことをダブルタップ、一定時間画面に触れてから指を離すことをロングタップ(長押し)とよぶ。 シングルタップはマウス操作における「クリック」に、ダブルタップは「ダブルクリック」に相当する。 また、スマートフォンやタブレット端末などにおいて、ディスプレイに直接指で触れることで操作を行う操作のことを「マルチタッチ操作」、そのような操作が可能なディスプレイのことを「マルチタッチディスプレイ」とよぶ。 これまでもWindows mobile端末などで、ペン型の入力装置(スタイラス)を使ってディスプレイにタッチする「タッチパネル方式」の端末が存在したが、近年の携帯端末において主流となっている「マルチタッチ方式」は、「同時に複数の箇所に触れることで複雑な操作を可能とする」という点が、従来の1ヵ所だけのタッチによる操作(シングルタッチ方式)のものとは決定的に異なる。 「マルチタッチ方式」では2本以上の指を用いて操作することができ、タッチ操作の組み合わせによって、より多様で複雑な操作を可能とする。 例えば、従来は複数回の操作手順が必要だった拡大や縮小などの操作も、1回の操作で実行できるようになり、画面の移動やページの遷移などもより直感的で素早い操作が可能となった。 「マルチタッチディスプレイ」はApple社が2007年6月に発売したスマートフォン「iPhone」に採用したことで大きく注目され、現在ではAndroid端末やWindows Phoneなど、各社の携帯端末で採用されている。 タッチパネルの方式(原理)には、抵抗膜方式や超音波表面弾性波方式、赤外線走査方式、電磁誘導方式、静電容量方式(表面型と投影型)などさまざまな種類があるが、スマートフォンなどのマルチタッチを実現しているのは、これらのうち「静電容量方式(投影型)」と呼ばれるものである。 静電容量センサー上のガラス(ディスプレイ)と指先の間の静電容量を検知し、タッチした場所の距離や時間を計算しながら滑らかなタッチ操作を実現することができる。 その中でも投影型は、1つのICで膨大な量の演算を行うことで多点検出(マルチタッチ)を実現している。 インラインフレーム対応のブラウザでご覧下さい。 インラインフレーム対応のブラウザでご覧下さい。 カテゴリ: 関連キーワード・合わせて読みたいコンテンツ• Amazon書籍.

次の