千と千尋 泥団子。 【その後】千と千尋の神隠し、ハクにまつわる都市伝説

【その後】千と千尋の神隠し、ハクにまつわる都市伝説

千と千尋 泥団子

「承認欲求」の行き着く先「千と千尋の神隠し」 承認欲求が強くなると色々な問題が出てきますがその承認欲求を考える上でわかりやすい映画があります。 今回はあの超有名なスタジオジブリ作品 「千と千尋の神隠し」を通して承認欲求を解説していきます。 千と千尋と神隠し 10歳の女の子、千尋は、無愛想でちょっとだるそうな、典型的な現代っ子。 両親とともに車で引っ越し先の家へと向かう途中に、いつの間にか迷い込んだ「不思議の町」。 町の屋台にあった料理を勝手に食べた両親は、豚に姿をかえられてしまう。 ひとりぼっちになってしまった千尋は、「千尋」という名を奪われ「千」と呼ばれながら、生き残るためにその町を支配する強欲な魔女・湯婆婆の下で働き始める。 湯屋とは、この日本に棲むいろんな神様やお化けが疲れと傷を癒しに通うお風呂屋さんのこと。 そこで、千尋は怪しい神様やお化けに交じって生まれて初めて懸命に働く。 ハクや河の神などと出会い、様々な経験とふれあいを重ねるうちに、千尋は徐々に成長していく。 何重にも守られて育つ現代の子どもたちが、突然ひとりぼっちになったら? はたして千尋は元の世界に帰れるのか…? 引用: 主人公の千尋は迷い込んだ町で両親を豚に変えれてしまいなんとか生きるために町の中心の風呂屋で働きます。 働き始めたすぐにカオナシという背が高く黒い服で全身をまとい、白いお面をつけた登場人物です。 カオナシ=承認欲求.

次の

千と千尋の神隠しの川の神の団子やよきかなのセリフの意味は?考察してみた!

千と千尋 泥団子

こんにちは、小法師です! 2019年8月16日(金)19時56分~22時54分まで、日本テレビ「金曜ロードSHOW! 」で「千と千尋の神隠し」のノーカット放送がありますね!アカデミー賞受賞作品であり、日本歴代映画興行収入第1位に輝き続ける名作を観る機会がやってきました! かわ 2001年7月に日本で公開されて、世界中でも公開されるようになった宮崎駿監督の映画「千と千尋の神隠し」。 毎年のようにテレビで放映もされていますが、やっぱり見てしまうんですよね 笑 不思議な世界での物語なんですが、最近見返していて「どういう意味かな?」というのがありました。 ヘドロの塊のような生物・オクサレ様・・・実は川の神様なんですが、お風呂に入りに来て、主人公の千が面倒を見てとてもきれいになった。 そして最後に綺麗になった川の神様が「よきかな・・・」というセリフを残しつつ、お店を出ていくんですよね。 そして千の手に「団子」が握られていた・・・。 どういう意味があるのかな・・・と思い、色々と調べながら私なりに考察したいと思います! 早速いってみましょう! 千と千尋の神隠しの川の神の団子の意味は? 川の神が立ち去った後、千の手に握られていた黒い団子。 どういう意味があるのか考えてみました。 浄化させる食べ物 今、千と千尋の神隠しに出てくる苦団子食べたら黒〜いの吐き出しそう。 むしろ出して浄化させたい。 この団子、実は大きな役割を担っています。 色々と食い散らかして悪賢く成長してしまった「カオナシ」や、湯婆婆が「ハク」の体に忍ばせた「黒い虫」によって呪われてしまった「ハク」にそれぞれ食べさせたところ、様々なものを吐き出しました。 その結果、カオナシはいつものおとなしい感じになり、ハクは呪縛から解き放たれたわけです。 千も苦団子を口にしたけれど? ジブリ映画「千と千尋の神隠し」思い出した。 髭じ~は、ありったけの薬草を調合し、湯を炊く。 千は御腐れ様の背中に刺さっていたパイプを引き抜き、見事、元の川の神に戻す。 — 氏 家 健 策 Kensaku Ujiie kensaku4737 千も口にはしましたが、思いっきり苦い顔をしただけで、何も吐き出しはしませんでした。 これは、きっと千が欲望に囚われているわけではなく、純粋な心を持っているからではないでしょうか。 川の神様がお風呂に入りに来た時、それはそれはヘドロの塊のような異臭を放ち湯婆婆からは「オクサレ様」と呼ばれていました。 そんな「オクサレ様」を相手にしても千はありったけの薬湯を使って、丁寧に対応をし、きれいにしようと精一杯対応をしていました。 その結果、「オクサレ様」の体に刺さっていた不法投棄されたであろう自転車をも引っこ抜いて、体中に溜まっていたあらゆるゴミをきれいにしたわけです。 そういう気持ちをもった千ですからね。 人間ですから多少の毒っ気はあると思いますが、何かを吐き出すような浄化しなければいけないような不純なものはもっていなかったのではないかと思います。 上のtweetが川の神様ですが、非常にすっきりとした顔をしてお店を出て行かれました。 その時に残した言葉が「よきかな」でした。 「よきかな」=「よくやった」 「よきかな」を辞書などで調べてみると「よくやった」という意味があるようです。 「よき」が「良い」という意味。 「かな」というのは「詠嘆の終助詞」という意味を持っているそうです。 何かに感動した後に「~だなぁ」という言葉となります。 きれいな夕日を見た時「きれいだなぁ~」と感情をこめて思うことあると思いますが、その「だなぁ~」の部分ですね。 川の神様の気持ち=よきかな 川の神様が、千が行った行動に対して「よくやった~ありがとうね~」という意味を込めて『よきかな』といったのでしょうね。 「かな」という言葉がついているから余計に川の神様の気持ちが伝わってきます。 そりゃ~あれだけのゴミやヘドロ、挙句の果てには自転車が身体の中にゴミとして溜まっていたわけですから。 それをきれいにしてくれた人に対しては神様と言えども「よきかな」と言いたくなりますよ。 ここまで書いていると、「よきかな」の一言に、「あ~すっきりした~気持ちよかったよ~ありがとね~」という意味が含まれているのではないかと感じてしまいました 笑 川の神に名前やモデルはあるの? 「よきかな~」というセリフを残して、気持ちよく去っていった川の神様。 名前やモデルはあるのでしょうか。 川の神様の名前は? 調べた結果、正式な名前はありませんでした。 映画の中でも「オクサレ様」と呼ばれて、千がきれいにした後には「名のある川の神」とだけ呼ばれていましたからね。 川の神様のモデルは? 正式な名前がついていませんから、そうなるとモデルとなった川もありません。 しかしながら私が考察する限り「日本の川」がモデルとなったといえるのではないかと思うのです。 高度成長期、日本はとても豊かできれいな自然を犠牲にしてまで経済優先で来ました。 その結果、人の欲望によって、ゴミが不法に投棄されたり、工業排水によって綺麗な川は汚れていきました。 それまで日本の川は自然豊かできれいな水でしたから飲むこともできれば、魚も自由に泳いでいる。 そういう時代があったはずです。 今一度、きれいな川のある生活を目指したいものです。 千が「オクサレ様」と呼ばれていたものを、甲斐甲斐しく磨いていくことによって本来の姿「川の神様」にもどしたように、生活を改める必要があるかもしれませんね。 ハクも川の神様だった? 川の神様からいただあいた「団子(ニガダンゴ)」を口にしたことによって、湯婆婆が操るために体に忍ばせていた「黒い虫」を吐き出したハク。 その結果、そのハクが映画の最後の方で名前を思い出しますね。 それが「ニギハヤミコハクヌシ」という名前。 これは、千が以前に住んでいた町の近くに流れてた「コハク川」という川の神様だったのです。 思いだした時のシーンですね。 目がとてもきれいになっているな~と思いました。 【千と千尋の神隠し】 「千尋。 ありがとう。 私の本当の 名は、ニギハヤミコハクヌシだ。 」 byハク あかっぱのイケメン男子なのか はたまた龍なのかと思いきや 地元の河の神だった。 団子は「浄化させる物であり、よきかなは「よくやってくれたね~」という意味。 もっといえば「よくやってくれたね~ありがとう~」という感謝の気持ちがこもった意味ではないかと思うのです。 川の神様とのやりとりを通じて、ひとつ成長した千。 私もニガダンゴを食べたら、きっと多くの物が身体から出てくるのではないかなと思っています 笑 欲望に身を任せて金を稼ぐために自然を壊すのではなく、川をきれいにしたり、自然を共存しながら生活を送っていこうと思わせてくれた場面でした。 以上が私の考察となります。

次の

『千と千尋の神隠し』の街並み。

千と千尋 泥団子

C スタジオジブリ 性別 男 年齢 不明 正体 蛙 性格 金に目がない 声優 我修院達也 青蛙のそれぞれの項目について解説していきます。 青蛙の見た目・性格 青蛙の見た目は蛙そのものです。 蛙ですが四本の足で跳ねるのではなく、人間のように二本足で歩き、他の従業員と同じように服を着ています。 大きさも普通の蛙そのものですので、と会話するときなどは視界に入るように飛び跳ねています。 性格はとハクに従順で、夜中の浴場を見回りに行ったりと仕事はきちんと行っている真面目さが伝わってきます。 しかし、他の従業員に比べて金に目がない一面があるため、真っ先にカオナシに飲み込まれてしまうという失態を犯してしまいます。 青蛙の正体 青蛙の正体は名前の通り、蛙です。 油屋に来る前の元の姿が何かまでは作中には出てきていません。 油屋の従業員の中では姿そのものが蛙であるため、一際目を引く存在ではありますが、油屋の他の従業員をよく見てみると、人間のような姿の兄役や蛙のような顔をしている番台蛙をしています。 お気付きの方もいるかもしれませんが、そのものの姿の青蛙だけではなく、兄役や番台蛙など油屋で働く男性の正体はほとんどが蛙なのです。 青蛙と父役や兄役の関係 青蛙と父役や兄役のなどの関係は上司と部下にあたります。 父役、兄役は油屋の従業員の中でも湯婆婆やハクと従業員を繋ぐ中間管理職のような役職を与えられています。 地位で表すと父役が一番上、その下に兄役と続いていきます。 そのため青蛙は父役兄役と親しいように見えて、会話をするときは敬語を使っていますし、それぞれ「父役どの」「兄役どの」と呼び、2人を慕っているように見えます。 カオナシから吐き出された青蛙と父役兄役は、湯婆婆に千尋を庇って抗議しに行きますが、ここの3人の役職など関係なく結束力しているような雰囲気から、千尋が油屋に来たことによって、今までの「湯婆婆が絶対」という空気を変えているような印象が伺えます。 青蛙の声優 青蛙の声優を担当したのは、我修院達也(がしゅういんたつや)さんです。 母親が元女優だったこともあり、6歳から子役として活動。 その後は俳優としてドラマや映画に出演しています。 傍らで歌手活動も行っており、歌うだけではなく作詞作曲、編曲家としてクリエイティブな活動も行っています。 声優としては千と千尋の神隠しの青蛙が声優として初めての仕事です。 特徴的な声を生かして、ジブリ作品ではの動く城の役としても出演しています。 青蛙の名セリフと名シーン 青蛙の名シーンや名セリフについて解説していきます。 登場回数は少ないものの声が特徴的な青蛙は、可愛らしくも自分の欲望に忠実なことがよく分かります。 ハクさまー! C スタジオジブリ 千尋がカオナシを招き入れたことで油屋が大損になってしまったことに対して怒りを露わにしている湯婆婆に抗議をするシーンです。 千尋がカオナシに苦団子を食べさせたことで、カオナシに飲み込まれていた青蛙を含む従業員たちは助かることができました。 湯婆婆の魔法だけでは太刀打ちできなかったカオナシから唯一助けてくれたのが千尋だということに素直に感謝をしているのです。 今までは湯婆婆の言うことは素直に聞いていた従業員たち。 人間だからという理由だけで青蛙たちは千尋のことを甘く見ていましたが、初めて千尋を庇って湯婆婆に抗議をしたシーンでは、少しずつ湯婆婆に対する姿勢が変わっていたことが分かります。 まとめ.

次の