エクセル 円 グラフ 作り方。 エクセル初心者でもできる!円グラフの作り方と見やすくするポイント

簡単にできる!「伝わる円グラフ」を作る極意3選!

エクセル 円 グラフ 作り方

色を工夫する エクセルで元々設定されている色はグラデーションがかかっており見易いとは言えません。 配色を変えるだけで、円グラフのクオリティーが格段に上がるように見えます。 今回はその方法や筆者がおすすめする配色を紹介します。 すると色を選ぶパレットが出てきます。 今回は、自分で色を設定するので「 その他の色」を選択します。 これで、 「レッド」 「グリーン」 「ブルー」の数値を変化させる事で色を自由に変える事が出来ます。 私がおすすめするのは ポップな色で全部統一させる事です。 下のRGB値を参考にしてみてください。 大分見易くなったのではないですか? さらに、項目間で間を空けるとおしゃれに見えます。 フォントを工夫する まだ今の円グラフのままでは文字が少々読みづらいですよね。 プレゼンテーションで使う場合は特に改善した方が良いですね。 フォントの種類、大きさ、色は全て「ホーム」で変更する事が出来ます。 フォントの色は円グラフに収まっている部分は 「白」、それ以外の部分は 「黒」だと見易いです。 今回だとオレンジ以外の項目は白色に設定します。 また、 「B」を押して 太文字にしましょう。 文字の大きさは枠に収まる範囲で調整しましょう。 割合の高い項目(「りんご」や「いちご」)は、フォントサイズは大きめに、割合の低い項目(「オレンジ」や「バナナ」)は小さく設定した方が奇麗です。 最後に、フォントなのですが、基本的には最初から設定してある 「 MS Pゴシック」でも十分見易いです。 個人的に 「 メイリオ(ボールド)」がおすすめなのですが、自分で良いフォントを見つけてみてください。 これで完成です! 他にも、場面に合わせて円グラフの形やフォントを変化させてみることで、より分かり易い資料を作成する事が出来ます!最後に参考に載せておきます。 【「赤い果物」の果物の割合を強調する場合】 いかがでしょうか? 少し工夫するだけで円グラフのクオリティーが格段に高くなったのではないでしょうか?.

次の

Excelでわかりやすい円グラフを簡単に作るポイント [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル 円 グラフ 作り方

Excelで作れるグラフとは 前回もExcelについて記事を紹介しました。 Excelでは、入力した表を利用して、グラフを作ることができます。 前回、取り上げた餃子の材料の表とグラフをもう一度取り上げます。 表とグラフで見え方はずいぶん異なります。 表では、どちらかというとリストの構成がどうなっているか、などに目が行きがちです。 例えば、材料にぬけがないか、などを確認できます。 しかし、値そのものを比較するのは少し難しいですよね? 一度頭で考えて、ううんと、ああちょっとミンチは高いかなぁとか。 数字のインパクトというのは、桁が変わらない限り、視覚的には納得しづらいのです。 それに対し、グラフの場合、それぞれの項目に対し値を比較できますので、値が妥当であるか、例えば今回の場合、それぞれの材料の値段で極端に高いものがないか?などを確認できます。 視覚的に、一目でわかるわけです。 このように、グラフを使うことで、数値の比較を容易に判断する材料になるため、使い勝手の良いツールになるわけです。 スポンサーリンク Excelで作れるグラフの種類 Excelで 作れるグラフは、 9種類あります。 グラフ作成時に出てくる画面を下の図に示します。 この赤枠で囲われたところが大きく分けた種類です。 赤枠の下にある「組み合わせ」というのは、赤枠内の何種類かを組み合わせたものなので、まだ気にしなくて大丈夫です。 主に使うグラフを取り上げますので、まずそのグラフを学んでいただければと思います。 何度も例に出している、下のグラフをご覧ください。 各項目ごとに、値段がわかります。 例えば、下のグラフをご覧ください。 ある家庭の一年間の水道代と電気代を折れ線グラフで示したものです。 夏場と冬場はどちらも値段が高いですが、電気代のほうが変動が大きく、また特に冬場は高いということがわかります。 この図を見ることで、「あ、エアコン使いすぎたな、ホットカーペットを使って今年はもう少し電気代を節約しよう」とか考えることができるわけです。 例えば、前回からあげている餃子の材料で円グラフを作ったのを下の図に示します。 餃子の材料で全体に占める割合が大きいのは、牛豚ミンチと餃子の皮で、それぞれ3分の1ぐらいずつを占めている、ということがわかります。 この図は、大小関係がはっきりわかるので、例えば、にらの農家からすれば、もう少しにらを買ってもらって全体の比率を上げてもらったほうが儲かるので、店頭でにらをいっぱい入れてもらうキャンペーンをしよう、とか考えることができます。 見栄えによって、こちらのほうがいい場合はこれを使います。 下に横棒グラフを示します。 ちなみに、僕はあまり使いません… これ以降は、あまり使うことがないと思うので、簡単な説明にとどめます。 各項目の合計の移り変わりがわかるように表現したものです。 全体の費用の移り変わりがわかりますよね。 大量のデータで比較する場合に使用します。 Excelのグラフの基本的な作り方はこれ! グラフにしたい表を作ったとしましょう。 これを下の図に示します。 グラフにしたい領域を選択します。 今回はA1セルからB6セルまでを棒グラフにすることを考えますので、一番左上のセル A1セル から、一番右下のセル B6 までをドラックします。 次に、グラフ作成画面を出します。 下の図を見てください。 リボンの「挿入」タブをクリックすると、「グラフ」と書かれたリボンが出てきます。 この中の「おすすめグラフ」を選択します。 おすすめグラフの中に、作りたいグラフがあれば、それを選択し「OK」をクリックします。 すると、グラフが出てきます。 グラフを選択中は「グラフツール」という専用のリボンが表示されます。 デザインの変更などは「デザイン」タブで、グラフの書式を変更したりや図形を挿入したい場合は「書式」タブを使います。 「軸ラベル」と表示されているところを書き換えればOKです。 削除したい場合は、そのエリアを選択し、「Del」キーを押せば削除できます。 このように、簡単にグラフを作ることができます。 まとめ Excelでは様々な種類のグラフを簡単に作ることができます。 グラフを作りたい領域を選択し、グラフの種類を選択するだけで簡単に作れます。 是非参考にしてグラフを作成してもらえたらと思います。

次の

エクセル 1 日のスケジュールを円グラフにする

エクセル 円 グラフ 作り方

さまざまなグラフを実際に作成しながら解説• グラフの名称を紹介• グラフの色をあざやかにして見やすく グラフは、資料やパンフレットなど、さまざまな場面で使われます。 そんなグラフをまずは名称から、そして作成や編集までを紹介しますね。 エクセル初心者の方でも、簡単にグラフ作成ができます。 ほかにもエクセル初心者の方におすすめしたい記事があります。 エクセル関数6個を紹介している記事です。 なので、ぜひチェックしてみてください。 では、本文にてさまざまなグラフを見てみましょう。 ぜひ参考にしてみてください。 スポンサーリンク ショートカットキーで簡単グラフ作成 グラフはショートカットキーでも作成できます。 は、『2-D縦棒の集合縦棒』がさっとできるので大変便利です。 『2-D縦棒の集合縦棒』のグラフは使用頻度の高いグラフなので、ショートカットキーでの作成は時短になります。 エクセルグラフ画面の名称と機能 まず 基本の画面名称と機能です。 すべての名称をきっちり覚えなくても大丈夫です。 タイトルや凡例、軸などのグラフの意味合いを理解するほうが飲み込みやすいです。 グラフの機能は、表示したり非表示にしたりできます。 例えばタイトルが不要であれば、非表示にできます。 さまざなな画面名称と機能をで確認してみてください。 スポンサーリンク エクセルグラフ【まとめ】 今回は、初心者の方が押さえておきたいグラフについて紹介しました。 後半では、 レベルアップを目指す方にも見てほしい 『グラフ操作14個』をまとめています。 エクセルでグラフは、とても使用頻度の高い機能です。 基本のグラフをマスターして、さらにレベルアップを目指しましょう。 ほかにもエクセル初心者の方におすすめしたい記事があります。 エクセル関数6個を紹介している記事 です。 エクセル中級者以上を目指す方にも、紹介した見出しがあるので、ぜひ確認してください。 印刷方法を基礎から応用まで紹介する記事 エクセルでの印刷をスムーズに!しています。 応用的な印刷方法も9個紹介しているので参考にしてください。

次の