日立製作所 株価。 日立製作所(日立)【6501】株の基本情報|株探(かぶたん)

日立製作所 (6501) の株価・株式|QUICK Money World

日立製作所 株価

現在は【強気買い】 予想株価 4,910円 と判断されています。 プロの証券アナリストによる売買予想・予想株価を掲載しています。 「日立製作所の2021年の業績予想」では、証券アナリストによる業績予想を掲載しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

日立製作所 (6501) : 株価/予想・目標株価 [Hitachi,]

日立製作所 株価

Contents• 日立製作所の基礎知識 日立製作所は 日本の電機メーカーであり、 日立グループの中核企業です。 主に 情報通信システムや 電力・産業システム、 民生機器などの製造・販売を行っています。 産業エレクトロニクスとしては 国内最大の日立製作所の 売上構成は、 情報・通信システム21%、 社会・産業システム25%、 電子装置・システム12%、 建設機械10%、 高機能材料18%、 オートモティブシステム11%、 生活・エコシステム6%、 その他6%、となっています。 日立製作所の株価の過去10年の変化 2009 年から2014年までは、上下しながらも 株価は 順調に上昇していきました。 2009 年に 200円台だった株価は、 2014 年に 900円をつけています。 その後 2015年、2016年と株価は 下落していき、 400円台にまで戻っています。 400円台に戻ってしまった株価ですが、 その後は 順調に回復しています。 2017 年には再び 900円をつけ、 現在は 800円前後を推移しています。 設立 :1920年2月1日 売買単位 :100 株 上場市場名 :東京証券取引所1部 名古屋証券取引所1部 発行済み株式数:4,833,463,387 株 ここからは、 2009年〜現在までの日立製作所の 始値、 高値、安値、終値、累積売買高を見ていきましょう。 日立製作所の株価に興味があれば、 是非 チャートをチェックしてみてくださいね。

次の

[6501]日立製作所の株価・配当金・利回り

日立製作所 株価

2 特色 総合電機・重電首位で事業広範囲。 総合路線見直し、インフラ系重視の戦略に。 海外事業を拡大 URL 時価総額 3,320,814百万 PER 9. 90 発行済株数 968百万 PBR 1. 05 最低購入代金 343,100 ROE 2. 73 単位株数 100 EPS 346. 57 売上高成長率 -19. 36 0. 65 MACDとSIGN ストキャスティクスS 53. 32 0. 59 雲との位置関係 サイコロジカルライン 33. 20 0. 73 遅行線と26日前の引値 ボリュームレシオ 65. 16 0. 64 基準線と転換線 HV20日 25. 01 26週移動平均 3,457 -0. 掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。 当サイトのデータは、東京証券取引所、FactSet Research Systems ,Inc. 、日本経済新聞社、東洋経済新報社、ストックウェザー等から提供を受けています。 当サイトは投資勧誘を目的としたものではなく、あくまで情報提供を目的としたものですので銘柄や市場の選択の最終決定は、ご自身で判断されるようお願いいたします。 当サイト上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の責任を負いかねます。

次の