拇印 で いい です か。 【公文書に拇印は使えるのか】 - デジタル岡山大百科

住民登録のない海外在住の人が取得する「署名証明」ってどんなもの?

拇印 で いい です か

印鑑を持っていない場合に拇印を押すことがあります。 拇印とは指の先に朱肉などをつけて書類などに押し付けて指紋を残すことをいいます。 時代劇などを見ていると朱肉ではなく自分の指を刀で傷つけて押していますよね。 血判状というものを見たことがあります。 そのほかに書き判というものがありますがそれは手書きでその人の名や姓あるいは頭文字などを書き、書いた字のまわりをかこんでサインすることをいいます。 これらの拇印も書き判も捺印したとは認められないことをご存知でしょうか。 署名の場合はかまわないのですが、記名の場合に拇印を押させたり、書き判をさせたりしたとしても「記名捺印」としての効力というものは一切発生しないのです。 これまでの裁判の例でも、拇印または書き判によるところの手形・小切手の振り出しは無効であると判断されているのです。 それならいったい何のために拇印や書き判が存在するのでしょうか。 実は拇印や書き判も全く意味が無いわけでも無いようなのです。 捺印の無い文書の場合にそれは最終的な意思を表示したものでは無いと言い逃れされてしまう可能性があるのですが、この拇印や書き判があればそういう言い逃れを防ぐことが可能になるのです。 口約束も約束のうち、などという甘いことが通用する時代ではなくなりました。 いつどんなトラブルに巻き込まれるかわかりません。 もし印鑑を身につけていない時に約束を交わさなければならない場合は一時的にでも文書に拇印または書き判を施すことが身を守ることにも繋がるのではないでしょうか。 日本がはんこ社会であるとだいぶ前に学びましたが、欧米のように印鑑では無くてサインの方が重要視される時代は来るのでしょうか。 〔お役立ちサイトのご紹介〕 「象牙や黒水牛などの高級印鑑を安く手に入れたい・・・!」 そんな方にオススメのWEBサイトがあります! では、厳選された高品質の印鑑を、低価格でご紹介! 売れ筋やレビューに基づいているので、安心してお選びいただけます。

次の

借用書の印鑑は三文判でも有効?|借用書マメ知識

拇印 で いい です か

署名が書けない患者さんのサインはどうしたらいい? 患者さんが利き手を負傷されているときや、小さいお子さんで署名ができないときがあります。 そのようなときは 柔道整復師が代筆することが可能です。 代筆可能なのは柔道整復師のみ 無資格者のスタッフや受付の方は代筆できません。 患者の家族(保護者)もできません。 また代筆の署名を誤ってしまった場合、2本線を引いて柔道整復師の印鑑を押印のうえ訂正してください。 患者の印鑑か拇印が必要 柔道整復師が代筆するには療養費支給申請書(レセプト用紙)に患者の印鑑または、拇印の押印が必要です。 患者印があれば保険者は柔整師の代筆とみなします。 やむ負えない場合を除き代筆署名は行わないようにしましょう。 基本的には患者さんの自筆署名をもらうことが必須です。 療養費の支給基準(抜粋) 受取代理人への委任の欄 患者から受領委任を受けた場合は、「受取代理人への委任」欄に患者の自筆により被保険者の住所、氏名、委任年月日の記入を受けること。 利き手を負傷しているなど患者が記入することができないやむを得ない理由がある場合には、柔道整復師が自筆により代理記入し患者から押印を受けること。 (患者が印を有さず、やむを得ず患者のぼ印を受けることも差し支えないこと。 ) なお、委任年月日については、予め、機械打ち出しすることは差し支えないこと。

次の

拇印 指印 違い|ここだけの話

拇印 で いい です か

「拇印とは、印鑑を持ち合わせていないときに、指先に朱肉などをつけて、書類に指紋を残すことをいいます。 一般的には親指を使いますが、人差し指を用いることも多く、指印といわれることもあります。 姓や名前などを手書きし、周りを丸く囲んで印鑑のかたちのようにしたサインを書き判といいます。 拇印や書き判には、一般的には署名(記名押印)としての法的効力はありません。 判例においても、拇印の押捺による手形や小切手の振出しは、指紋による鑑別が肉眼では不可能であり、機械力を借りる特別の技能を要するため無効とされています(大判昭7.11.19民集11巻20号2120頁)。 ただし、拇印や書き判がまったく無意味であるとは言い切れません。 押印のない文書を取り交わしている場合には、相手方から、その文書は最終的、確定的な契約意志を表示したものではないと言い逃れをされるおそれがあります。 しかし、ここに拇印や書き判はあれば、確定的な意思を証明することができます。 なお、自筆証書によって遺言をする場合には、遺言者が遺言の全文と日付、さらに氏名を自筆したうえで押印することが必要ですが(民法966条1項)、遺言者が印章にかえて拇印その他の指頭に墨、朱肉等をつけて押捺すれば有効であるという判例もあります(最判平1.2.16)。 もっとも、後日の紛争を避けるためには、実印を使うのが望ましいでしょう。 「拇印や書き判にしても、署名と同一の効力をもつ「記名押印」の押印として全く同一の効力があるとは言えません。 判例上、拇印による手形や小切手の振り出しは無効とされています。 しかし、民事裁判では、書面に指印をしたと考えられる者の指紋を強制的に採取して書面の指印と照合することは簡単ではありませんから、書面に指印があったとしても、それがだれのものかはすぐには分かりません。 ですから、指印があるから、その書面は指印をした者の意思に基づいて作られたということに直ちにはならず、指印がある書面の証拠としての力は、実印が押してある書面には及ばないと言ってよいでしょう。 なお、法律上、有効となるためには「押印」することが必要とされている文書がいくつかありますが、「指印」が「押印」と認められるかどうかについては、文書の種類ごとに結論が異なります。 この「押印」が指印でもいいのかが裁判で争われたのですが、最高裁判所は、指印による遺言も有効であるとしました。 この「捺印」が「指印」でもいいのか裁判で争われましたが、裁判所は、「指印」を「捺印」として認めませんでした。 このように、指印は、必ずしも押印の代わりになるものではありませんから、ほかに方法がない場合にだけ、限定的に使うにとどめたほうが良いでしょう。 」 との記述がある。 参照はp. 』 アイバス出版,2016,217p. 参照はp. 』 自由国民社,2017,215p. 参照はp. 42-45. NDC分類 NDC分類 324:民法.

次の