ご健勝とは。 ご健勝のビジネス例文|ご健勝とご多幸をお祈り申し上げますの意味は?

「ご健勝」の読み方と意味!「ご多幸」「ご清祥」との違いは?類語や英語も紹介

ご健勝とは

「ご健勝」の意味は体が丈夫で元気なさま、すこやか、です。 「健勝」の意味は健康がすぐれて元気なこと、すこやか、です。 「健勝」と「ご健勝」の意味は文面を見ると少し異なる感じもしますが、実際は同じです。 「健勝」に丁寧語の「ご」が付き、目上にも用いる手紙用語が「ご健勝」となります。 「ご健勝」はビジネスの挨拶の場でよく目にする語です。 「ご健勝」と同じように用いる「ご清栄」「ご清祥」「ご隆昌」と無論、違う意味です。 「ご健勝」とは意味が異なる限り、併用はできても、言い換えはできません。 基本的にビジネス文書で手紙用語を用いるとき、意味を考える必要性には問われません。 ですが、「ご健勝」のような相手の状態を祝うときに使う語となると話は別です。 「ご健勝」「ご清栄」「ご清祥」「ご隆昌」、意味の微差の再認識に取り組みましょう。 「ご健勝」の使い方は? 「ご健勝」の使い方は、ビジネス文書の手紙文においての定形語句です。 つまりは手紙文の前文で時候の挨拶、末文で相手の繁栄や健康を願う言葉としての使い方です。 「ご健勝」「ご清栄」「ご清祥」「ご隆昌」、どれもビジネス文書では同じ使い方となっています。 手紙文の前文での「ご健勝」は、「早春の候」など季節を表す言葉に続く使い方です。 相手の発展を喜ぶ言葉としての使い方が定例です。 また、「ご健勝」の前に「時下ますます」を置けば季節を問わない使い方となります。 手紙文の末文での「ご健勝」は、用向きのとりまとめと今後へのお願いに続く使い方です。 末文での「ご健勝」はカンタンに言うと、返事を求める文の一歩手前の使い方です。 なお、「ご健勝」に続く返事を求める文は相手を気遣う言葉を付ける使い方をします。 「ご健勝」を用いる手紙文はどこ向け? 「ご健勝」や「ご清祥」は手紙文の前文では個人向けの使い方です。 ただし、ビジネス文書の手紙文の末文においては個人や企業関係のない使い方が可能です。 「ご健勝」などを用いる際の正しい使い方として覚えておいて損はありません。 「ご健勝」はビジネスの個人向けの手紙文では前文と末文で定形語句の使い方をする語です。 もっとも、ビジネス文書の手紙文は前文と末文だけではありません。 換言すれば「ご健勝」はビジネスの個人向けの手紙文では前文と末文にしか用いることができないということです。 また、個人向けの手紙文の前文の使い方では「ご健勝」の前に個人名を書くこともあります。 言ってみれば「ご健勝」などの語を置くだけではなくてダイレクトな使い方です。 「ご健勝」などの語の使い方はそのまま、個人名が貴兄や貴殿となる点に注意しましょう。 企業向けの手紙文の前文に「ご健勝」は不適切 「ご健勝」は、ビジネスのさまざまなシチュエーションの挨拶などで見受けられます。 どのような語でも、よく使われている形というのはあります。 そこで例文を元に「ご健勝」という語の理解を深めましょう。 ご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます 「ご健勝」と「ご多幸」とをセットで用いる例文です。 「多幸」には非常に幸福なこと、良いことが多くあること、そのさまなどの意味があります。 そして、「ご」は「ご健勝」と同じく、丁寧語です。 言葉の見た目は何となく似ていますが、「ご健勝」の方は手紙用語です。 ゆえに、ビジネス文書の手紙文においては「ご健勝」の方がわずかに高い頻度の語です。 どちらも、ビジネス文書でよく目にする言葉であることに変わりはありません。 もっとも、適当な置き換えは禁物です。 「ご健勝」と「ご多幸」とは、使分けるような言葉でもないですが、強いて言えば、健康を祝うときには「ご健勝」を、幸せを願うときには「ご多幸」を用いるようにしましょう。 今後ますますのご健勝をお祈り申し上げます 「今後ますますのご健勝をお祈り申し上げます」は、閉店の挨拶文などで見かける文です。 「お祈り申し上げます」は「ご健勝」の後に続くことの多いフレーズです。 「ご健勝」の前には「今後ますますの」と、あります。 「今後ますますの」は、「今後」と「ますますの」に分けられます。 「ますますの」は漢字で書くと「益々の」です。 「ます」を重ねたものが「益々」、なおいっそうというような意味合いとなります。 「今後」も、「益々の」同様、「ご健勝」と一緒に使われることの多い言葉です。 「今後」の意味は、今からのち、こののち、以後などです。 なお、「今後ますますのご健勝をお祈り申し上げます」は挨拶文の末文でよく見かけます。 と言うことは、ビジネス文書の手紙文において個人企業関係なく使えます。 「ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」は主に前文で使用します。 ただし、「ますます」から始まり、「のことと」と続き、「お慶び申し上げます」で締める形は「ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」だけではありません。 「ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」と使われることも多いです。 皆様のご健勝をお祈りしています 「皆様のご健勝をお祈りしています」では読む人のすこやかさを願うことができます。 ちなみに、ここでの皆様は企業の皆様というよりも、一般の皆様の意味合いが強いです。 「皆様のご健勝をお祈りしています」は、年頭や閉店や閉業の挨拶の末文などで使いましょう。 皆さまのご健勝と益々のご発展をお祈り申し上げます 「皆さまのご健勝と益々のご発展をお祈り申し上げます」には、皆様ならびに企業の一層の「ご発展」を祈っています、というような意味があります。 ここで皆様が示唆するのは個人の皆様です。 年頭の挨拶の末文などで個人の「ご健勝」と企業の「ご発展」を願うのに使いましょう。 ご健勝とご繁栄をお祈り申し上げます よく、「ご健勝とご繁栄をお祈り申し上げます」が使われるのは年頭の挨拶です。 前文においては「ご健勝」は個人向け、「ご繁栄」は個人あるいは企業向けの使い方をします。 しかしながら、「ご健勝とご繁栄をお祈り申し上げます」は末文での使用が顕著です。 ところで、「ご繁栄」の「ご」は「ご健勝」と同じで丁寧語となります。 手紙文の結びの挨拶はたとえ、ビジネスでなくても、丁寧さを欠くのはマナー違反です。 ビジネスでは特に、「繁栄」や「健勝」などと、丁寧語を省略するのは絶対に禁止です。 「ご健勝とご繁栄をお祈り申し上げます」は、年頭の挨拶などで用いる文です。 いい加減な「ご健勝」や「ご繁栄」などの語は信頼関係に影響を及ぼします。 幸先がいい一年のスタートを切れるよう、文の微妙なニュアンスにまで気を配りましょう。 益々のご健勝とご発展を祈念いたします 「益々のご健勝とご発展を祈念いたします」と「皆さまのご健勝と益々のご発展をお祈り申し上げます」とは、ほとんど同じです。 暗に、「ご健勝」は個人、「ご発展」は企業の皆様へと向けられています。 「ご健勝」と「ご発展」との祈念は、年頭の挨拶の末文などで使うのがベストでしょう。 皆様ご健勝で新年を迎えられたことと存じます 「皆様ご健勝で新年を迎えられたことと存じます」は年頭の挨拶に用いる文です。 手紙文の前文で時候のことばに続く文としての使い方をします。 主に会社の代表などが用いる文で皆様が示唆するのは、一般の皆様です。 それにしても、「存じます」は「存じ」に丁寧語の「ます」が付いた言葉で「存じ」の意味は承知などです。 ゆえに、年明けの皆様の変わらぬ「ご健勝」が大変にうれしいですという意味に取れます。 「ご健勝」を用いる場合に限らず、敬語は正しく使うようにしましょう。 皆様の益々のご活躍とご健勝をご祈念申し上げます 「皆様の益々のご活躍とご健勝をご祈念申し上げます」はあまり例を見ない使い方です。 具体例を強いて挙げるとすれば創立記念式典などです。 そして、用いるのは末文です。 「皆様の益々のご活躍とご健勝をご祈念申し上げます」では、「ご活躍」と「ご健勝」が祈念されています。 「活躍」の意味はめざましく活動することで「ご」は丁寧語です。 が、「ご活躍」は「ご健勝」のように相手の状態を祝うときに用いる語ではありません。 とはいうものの、祝いの言葉として用いることの禁止されている語ではないです。 もっと言えば「ご健勝」と「ご活躍」とを用いる例は多く見受けられます。 「ご健勝」と「ご活躍」を祈念していることが伝わるよう、上手に例文を活用しましょう。 末筆ながら益々のご健勝ご活躍をお祈り申し上げます 「末筆ながら益々のご健勝ご活躍をお祈り申し上げます」は、退任の挨拶などのシチュエーションで使用します。 末文の「ご健勝」の前に置かれ、「まっぴつながら」と読む「末筆ながら」には、手紙などの最後に書き添える文句としての意味があります。 が、実は、「末筆ながら」は失礼にあたるとの見方もあります。 それゆえに、「最後となりましたが」などに置き換えるのもベターです。 皆様ご健勝にてお過ごしくださいませ 「皆様ご健勝にてお過ごしくださいませ」を用いるのは、お見舞いやお悔やみなどの末文です。 被災地の人や被災者に向けての一文であることが多いです。 文の前には心から丁重に頼み込む気持ちを表す「どうか」などが置かれることもあります。 皆様が「ご健勝」に過ごせることを祈るような気持ちで使用するのがベストでしょう。 「ご健勝」と「ご清祥」の違いは? ここでは「ご健勝」と「ご清祥」の違いについて見ていきます。 そればかりでなく、「ご健勝」と「ご清祥」のベストな使い方について思索します。 ぜひとも、「ご健勝」や「ご清祥」を自然に使い分けられるビジネスパーソンを目指しましょう。 「ご健勝」は健康を「ご清祥」は健康と幸せを祝う語 「ご健勝」は相手の健康を祝う、「ご清祥」は相手の幸せと健康を喜ぶ、挨拶の言葉です。 「ご健勝」も「ご清祥」も相手の状態を祝うときに使う語となります。 おまけに、「ご健勝」も「ご清祥」も個人向けの手紙文で用いる語です。 「ご健勝」と「ご清祥」は似ています。 が、厳密に言えば別物です。 その証拠に「ご清祥」の類語は「ご清栄」や「ご多祥」、「ご健勝」のそれとは異なります。 「ご健勝」と「ご清祥」の使い方に微差があるとすれば、「ご清祥」は「こととお慶び申し上げます」と続くことの多い語です。 方や「ご健勝」の後に続くフレーズには幾分の幅があります。 「こととお慶び申し上げます」と続けたい場合に「ご清祥」を用いてみるのも良いでしょう。 「ご健勝」の類語は「ご清勝」 「ご健勝」の類語は「ご清勝」、「ごせいしょう」と読みます。 「ご清勝」はビジネス文書でよく目にする語ですけれども、「ご健勝」ほどではありません。 「ご健勝」や「ご清勝」の使いどころを間違えないように気を付けてビジネス文書のスキルアップを図りましょう。 「ご健勝」を無理に類語に置き換えるのは止めるべき 「ご健勝」の類語は「ご清勝」ですが、無理な置き換えは禁物です。 「ご清勝」は「ご健勝」と比較して使用頻度の低いと言っても過言ではない語です。 しかし、類語なので意味や使い方はほとんど同じです。 手紙用語は類語を有する語が少なくありません。 その際、むやみやたらに置き換える必要はないです。 ただ、文がおかしくなるようならば用いた方が良いでしょう。 ちなみに、「ご清勝」の「ご」は、「ご健勝」などと同じ丁寧語です。 そして、「清勝」は手紙文で相手が元気なことをよろこぶ挨拶語です。 「ご健勝」も「ご清勝」も相手を祝うときに用いる点において共通しています。 手紙文で「ご健勝」や「ご清勝」を何度も使いたくなることもあるでしょう。 それでも、繰り返し同じ語を登場させてしまうのはどうかと思われます。 「ご健勝」と「ご清勝」などの類語こそ、きっちりと使い分けられてなんぼのもんです。 「ご健勝」は手紙によく使う用語の一つと覚えよう 「ご健勝」は手紙でよく使う用語の一つで体が元気で丈夫なさまなどを意味します。 手紙でよく使う用語には、「ご健勝」の他に「ご清祥」などがあります。 「ご健勝」や「ご清祥」は前文においては個人向けの手紙にしか、使うことができません。 「ご健勝」、「ご清祥」、「ご清栄」、「ご隆昌」は相手を祝うときに使う語です。 例えば「ご自愛」などは相手に求める行動や態度に使う語です。 手紙でよく使う用語には丁寧語の「ご」が付くことが多いですが、付かないのもあります。 「僭越」などが、それに当たります。 「ご健勝」は数ある手紙用語の一つなどで深く悩まずにさらっと流すのが得策です。 とは言え、ビジネス文書に適当で済ませていい仕事は存在しません。 そこで「ご健勝」など手紙によく使う用語を始めから知っておくのがおすすめです。 ビジネス書を読むのも手紙の書き方の本に目を通してみるのも良いでしょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

「ご活躍」とは?目上に人に使える?ご活躍とご健勝の違いは何?例文や英語表現を徹底解説!

ご健勝とは

「ご健勝」を用いると、相手の健康を祝ったり願うことを表現できるのです。 前文では「ご健勝のこととお慶(よろこ)び申し上げます」のように「お慶び」を後に続けるパターンが多く用いられ、末文では「ご健勝をお祈りします」のように「祈(いの)る」と後に続けるパターンが多く用いられます。 「ご健勝」の文例(末文)• 皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。 皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたします。 皆様のご健勝とますますのご発展をお祈り申しあげます。 皆様のご健勝とますますのご活躍をお祈り申し上げます。 末筆ではございますが、今後の皆さまのご健勝とご多幸を陰ながらお祈りしております。 末文では、「ご健勝」に加えて「ご健勝とご多幸」「ご健勝とご発展」「ご健勝とご活躍」のような表現も好まれます。 天皇陛下のお言葉の中で用いられる「ご健勝」 「ご健勝」という言葉は、天皇陛下のお言葉の中でも用いられます。 以下の文章は、天皇陛下が晩餐会で述べられたお言葉からの抜粋です。 この度の私どもの訪問が、両国国民の相互理解と友好の絆を一層強めることに資することを深く願い、ここに大統領閣下並びに御姉上の御健勝と、フィリピン国民の幸せを祈り、杯を挙げたいと思います。

次の

ご清栄、ご盛栄?お喜びお慶び?ビジネス文書、正しい言葉の使い方

ご健勝とは

「ご多幸」は目上に使うのは失礼? 「ご多幸」は、「多幸」に丁寧な接頭語の「御(ご)」がついた表現です。 相手の幸せを願う表現が「ご多幸」ですが、上司や目上の人に使うのは失礼になるという意見もあります。 上から目線での表現と思われているようですが、 「ご多幸は」あくまでも相手の幸せを願う気持であり、上下の関係はありません。 「ご多幸」の使い方 「ご多幸」は、スピーチ、乾杯の挨拶、年賀状・新年の挨拶、誕生日や退職・送別の言葉などで使うことが多いでしょう。 フォーマルなシーンでは、一般的な「ご多幸をお祈りします」を「ご多幸をお祈り申し上げます」や「ご多幸を祈念いたします」のように、 「ご多幸」に続く表現をよりかしこまったものにするのが良いでしょう。 「ご多幸」+「祈念する」は、「神仏に目的を達成することを願う」意味で、大袈裟のように感じるかもしれませんが、公式な文書などでは一般的に使われるものなので、覚えておくと便利です。 「ご健勝」「ご活躍」との違い 「ご多幸」と同じように文末などに使われるのが、「ご健勝」と「ご活躍」です。 それぞれ意味合いが違う部分があるので、違いをみてみましょう。 「ご健勝」とは? 「ご健勝(ごけんしょう)」とは、「体が健康で丈夫なこと(健勝)」の丁寧な表現です。 「皆様のご健勝をお祈りします」のように使われます。 また、「ご健勝とご多幸をお祈りいたします」のように、「ご多幸」と一緒に使われることも少なくありません。 「ご健勝」も相手の健康を願う気持なので、「ご多幸」同様に上下の関係を気にする必要はありません。 語尾を丁寧な表現にすれば大丈夫です。 「ご活躍」とは? 「活躍(活躍)」の意味は、「めざましく活動すること」「勢いよく躍りはねること」で、「ご活躍」はその丁寧語です。 ビジネスにおいては「社会の第一線で活躍する」意味で使われます。 「ご多幸」や「ご健勝」のように「ご活躍をお祈りいたします」と使われてパターンが多くなっています。 「ご多幸」「ご健勝」「ご活躍」の使い方での注意点 「ご多幸」は、様々なケースで使用できる表現ですが、転勤などの人への文面としては、「ご多幸」よりは「ご健勝」の方が相応しい場合もあります。 「ご健勝」は、相手の健康を願う表現なので、ほとんどの文面には使えます。 ただし、 注意しなければならないのは「ご健勝」に似た表現で「ご清栄」との混同です。 「ご清栄」は、個人や会社などに対して使用できますが、「ご健勝」は、あくまでも個人に対しての表現なので、会社や団体に対しては使えません。 「ご清栄」は、どちらかと言えば会社向けに使った方が良いので、「ご健勝」は個人、「ご清栄」は会社と区別した方が良いでしょう。 「ご活躍をお祈りいたします」は、上下の関係なく使えますが、注意したいのが、 「ご活躍をご期待しています」という表現です。 この場合、どうしても上から目線のイメージが強くなり、相手に不快感を与える恐れがあります。 「ご活躍をお祈りいたします」でも抵抗を感じる人がいるかもしれませんので、目上の方には「ご健勝」や「ご多幸」を使った方が無難でしょう。

次の