給与 ファクタリング と は。 給料ファクタリング会社まとめナビ|口コミ評判体験談から10社を比較ランキング

個人向け給料ファクタリング!おすすめ16社の比較、選び方、口コミ(給与・売掛債権の現金化)

給与 ファクタリング と は

個人が働いた給料を請求する権利「給与債権(給料債権)」を給料日よりも前にファクタリング会社に譲渡して、資金を得るサービスのこと を言います。 給料日よりも前に資金が必要な状況は往々にして起こります。 急な病気やケガ• 冠婚葬祭• 介護費用• 海外旅行などの費用 ・・・ しかし、貯金がない、保険に入っていないということで、どうしても資金を調達する方法がない場合に「給料ファクタリング」は有効な解決策になります。 給料ファクタリングの仕組み 3社間ファクタリング• 【会社員(依頼者)】勤務先に勤務する• 【会社員(依頼者)】勤務先に給料債権譲渡の同意を得る• 【会社員(依頼者)・ファクタリング会社】債権譲渡契約• 【ファクタリング会社】ファクタリング手数料を除いた金額を会社員(依頼者)に支払い• 【勤務先】ファクタリング会社の口座に給料を入金 解説 会社員であれば、勤務をしたら、給料日にその月の給料が支払われます。 締め日から給料支払い日までは、最大で1カ月と言われています。 給料ファクタリングの3社間ファクタリングを利用する場合には、勤務先に「給料債権の譲渡の同意書」を書いていただく必要があります。 債権譲渡通知書・承諾書に同意を得られた段階で、会社員(依頼者)はファクタリング会社と債権譲渡契約を締結します。 ファクタリング会社は、契約が完了したら、ファクタリング手数料を除いた給料額を支払います。 勤務先は、給料日に給料債権譲渡の契約書にあるファクタリング会社の入金口座に、本来依頼者に入金する給料を直接入金します。 2社間ファクタリング• 【会社員(依頼者)】勤務先に勤務する• 【会社員(依頼者)・ファクタリング会社】債権譲渡契約• 【ファクタリング会社】ファクタリング手数料を除いた金額を依頼者に支払い• 【勤務先】依頼者に通常通りに給料支払• 【会社員(依頼者)】入金された給料をファクタリング会社に入金 解説 会社員であれば、勤務をしたら、給料日にその月の給料が支払われます。 締め日から給料支払い日までは、最大で1カ月と言われています。 給料ファクタリングの2社間ファクタリングを利用する場合には、勤務先に「給料債権の譲渡の同意書」を書いていただく必要はありません。 会社員(依頼者)はファクタリング会社と債権譲渡契約を締結します。 ファクタリング会社は、契約が完了したら、ファクタリング手数料を除いた給料額を支払います。 勤務先は、給料日に通常通りに会社員(依頼者)の口座に給料を入金します。 会社員(依頼者)は、入金された給料はすでにファクタリング会社に売却済の給料ですので、速やかにファクタリング会社に送金します。 「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の違い 給料ファクタリングの「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の違いは• 勤務先の同意• ファクタリング手数料 の2点です。 3社間ファクタリングの場合 ファクタリング会社にとってみれば、勤務先に債権譲渡の承諾を得られていれば、ほぼ間違えなく、給料はファクタリング会社の口座に入金されます。 貸し倒れリスクがない分、安いファクタリング手数料で「3社間ファクタリング」が提供できるのです。 3社間ファクタリングのファクタリング手数料相場: 3. 0%~5. 0% 2社間ファクタリングの場合 勤務先に債権譲渡の承諾がない「2社間ファクタリング」の場合、勤務先は債権譲渡をしていることを知らないので、通常通りに「会社員(依頼者)」の銀行口座に給料を入金します。 「会社員(依頼者)」は入金された給料は、すでにファクタリング会社に売却済みのお金ですので、ファクタリング会社の口座にそのまま送金しなければなりません。 しかし、「ファクタリング会社の口座に入金する前に自分で使ってしまった。 」「その間に自己破産してしまった。 」などトラブルが起きてしまうのです。 この分の貸し倒れリスクがあるので、「2社間ファクタリング」は、「3社間ファクタリング」よりも高いファクタリング手数料が必要になってしまうのです。 買取希望額 - ファクタリング手数料 = 買取額(支払額) となります。 例 給料:35万円 買取希望額:15万円 3社間ファクタリング ファクタリング手数料:5. 買取額(支払額) = 買取希望額:15万円 - ファクタリング手数料:7,500円 = 14万2,500円 給料:40万円 買取希望額:20万円 2社間ファクタリング ファクタリング手数料:10. 買取額(支払額) = 買取希望額:20万円 - ファクタリング手数料:20,000円 = 18万円 給料全額をファクタリング会社に買い取ってもらう必要はなく、希望額のみの買取が可能です。 給料ファクタリングのメリット メリットその1.審査が甘い 法人向けのファクタリングサービスも同じですが、個人向けの給料ファクタリングも、「審査が甘い」ことが大きなメリットとなります。 返済事故を起こしている• 自己破産や債務整理をしている• 過去に返済遅延を2回以上している• 複数社から借入がある• 総量規制ギリギリまで借りている(給料の3分の1まで借りてしまっている) ・・・ という状況では、どのカードローンやキャッシングサービスに申し込んでも、審査が通らないので借りることができません。 しかし、「給料ファクタリング」では、ブラックであろうと、関係ありません。 給料を支払う勤務先の信用力が高ければ、ファクタリング会社としては問題ないのです。 給料ファクタリングの審査の重要なポイントは「勤務先の信用力」なのです。 「会社員(利用者)」の信用力がなくても、問題ないのです。 メリットその2.借入でないので、常習性が低い カードローンなどでは「枠」を与えられて、いつでも銀行ATMやコンビニATMで借りられる状況ができてしまいます。 本来、必要だった資金を借りた後も、常に借りる「枠」が残ってしまうので、ついつい不要な買い物や旅行などのためにカードローンを借りてしまう状況が起こりやすく、常習化しやすいのです。 給料ファクタリングは、継続利用することもできますが、基本的には一回の取引です。 必要な金額分を買い取ってもらったら、それでおしまいです。 来月以降は、通常の給料支払いに戻ります。 カードローンなどと違って「常習性が低い」こともメリットと言えます。 メリットその3.借入でないので、個人信用情報へ記載されない 個人の方が借り入れをすると「個人信用情報」に借入情報が記載されます。 信用情報機関には• 全国銀行個人信用情報センター(KSC)• シー・アイ・シー(CIC)• 日本信用情報機構 JICC と3社がありますが 例:シー・アイ・シー(CIC)の保有する情報 申込情報• ご本人を識別するための情報:氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等• お申込み内容に関する情報:照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等 クレジット情報• ご本人を識別するための情報:氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号等• ご契約内容に関する情報:契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名等• お支払状況に関する情報:報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況等• 割賦販売法対象商品のお支払状況に関する情報:割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無等• 貸金業法対象商品のお支払状況に関する情報:確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無等 利用記録• ご本人を識別するための情報:氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等• 利用した事実に関する情報:利用日、利用目的、利用会社名等 という形で ローンやクレジットを利用した場合、ほぼすべての情報が、他の金融機関と共有されてしまうため、新規の借入が難しくなってしまうのです。 勤務先が倒産したり、勤務先が給料の支払いを拒否した場合にでも、利用者は、受け取ったお金を返す義務はありません。 そのリスクも含めて、ファクタリング会社に支払うファクタリング手数料に含まれているのです。 メリットその5.即日の買取も可能 「2社間ファクタリング」であれば、勤務先の承諾が不要なので、 即日の買取が可能になります。 「即日の買取ができる」ということは「申込んだその日のうちに資金を手にすることができる」ということです。 メリットその6.勤務先に知られずに利用できる 「2社間ファクタリング」であれば、勤務先の承諾が不要です。 カードローンやキャッシングのような在籍確認もしないため、 勤務先に一切バレずに利用することが可能です。 給料ファクタリングのデメリット デメリットその1.一度利用すると抜け出しにくい ファクタリング手数料は「貸金」と判断されたため、利息制限法の範囲内でしかファクタリング手数料は設定されません。 利息制限法• 元本が100,000円未満の場合:年率20%• 元本が100,000円以上1,000,000円未満の場合:年率18%• 元本が1,000,000円以上の場合:年率15% しかし、仮に15%であったとしても、決して安いファクタリング手数料ではありません。 しかも、毎月一定額しか支払われない「給料」という性質上、一度使ったら、次の月も使わざるを得ないケースが多く、抜け出せなくなってしまうリスクがあるのです。 まとめ 給料ファクタリングとは• 「給料債権」を給料日前に資金化する個人向けのファクタリングサービスのこと を言います。 給料ファクタリングにも• 勤務先に債権譲渡の承諾を得る必要がある「3社間ファクタリング」:ファクタリング手数料は安い• 勤務先に債権譲渡の承諾を得る必要がない「2社間ファクタリング」:ファクタリング手数料は高い があります。 給料ファクタリングのメリットには• メリットその1.審査が甘い• メリットその2.借入でないので、常習性が低い• メリットその3.借入でないので、個人信用情報へ記載されない• メリットその4.会社の給料未払いを回避できる• メリットその5.即日の買取も可能• メリットその6.勤務先に知られずに利用できる 給料ファクタリングのデメリットには• デメリットその1.一度利用すると抜け出しにくい• デメリットその3.提供しているファクタリング会社の数が少ない というものがあります。

次の

個人向け給料ファクタリング会社おすすめ優良ランキング10選|給料ファクタリング会社まとめナビ

給与 ファクタリング と は

1.給料ファクタリングとは? そもそもファクタリングってなに? 実は給料ファクタリングとファクタリングは少し意味が異なります。 給料ファクタリングについて説明をする前に、まずは ファクタリングの仕組みについて解説します。 ファクタリングとは、昔からある現金調達方法の一つです。 簡単に言うと、 企業が代金請求権をファクタリング業者に買い取ってもらうことで、 予定されている代金請求日よりも前に現金を手に入れる方法です。 通常、会社が取引先に対して商品やサービスを提供しても、その対価である代金がその場ですぐに支払われることは稀です。 しかし「どうしても今すぐ資金が必要」という場合に限って、 会社はその代金請求権をファクタリング業者に売り払うことで、手早く現金を調達できるのです。 【注】 企業における 悪質なファクタリングにお心当たりのある方は、 「 」をご確認ください。 給料ファクタリングとファクタリングの違い それでは 給料ファクタリングについてご説明します。 給料ファクタリングとは、 会社員個人におけるファクタリングのことをいいます。 具体的には、会社員が給料を受け取る権利を業者に買い取ってもらうことで、 給料日よりも前に現金を手に入れる方法のことをいいます。 一般的にファクタリングという言葉は、会社(法人)における資金調達を指します。 しかし 給料ファクタリングは 利用者は会社員個人であるということを理解しておきましょう。 以上の点から 「通常のファクタリング」と 「給料ファクタリング」の違いをまとめると、次のようになります。 利用者 相手先 通常のファクタリング 会社(法人) 取引先 給料ファクタリング サラリーマン(会社員) 勤務先(職場) 給料ファクタリングは、個人がすぐにお金を必要とする際に利用されます。 例えば• 急な冠婚葬祭• 突然の入院や手術• 子供の学費を用意することになった• 財布を落としてしまい生活費が足りなくなった などが挙げられます。 このような状況は、みなさんも容易に想像ができるでしょう。 2.給料ファクタリングには種類がある 実は給料ファクタリングには、 「3社間取引によるファクタリング」と 「2社間取引によるファクタリング」の2種類があります。 これらはどのような違いがあるのでしょうか? 3社間取引による給料ファクタリング 【STEP1】 まず利用者である会社員が、勤務先に対して 給料債権譲渡の同意を取り付けます。 この給料債権譲渡と同時に、 ファクタリング会社から会社員への金銭支払いが行われ債権の買取が成立します。 【STEP3】 給料日になると 勤務先から給与ファクタリング会社に対して給料が直接支払われます。 3社間取引における、給料ファクタリング会社にとってのメリットは2つあります。 金銭の回収が非常に楽• 貸し倒れ(未回収)リスクが低い 一方、利用者である会社員にとっては 「職場に事情を相談しづらい」といったデメリットがあります。 2社間取引による給料ファクタリング 2社間取引の仕組みは、先程の3社間取引とほとんど同じです。 ただ一つだけ異なる点があります。 それは、 会社員が 勤務先からの同意を貰わなくても給料債権を譲渡できるということです。 つまり 勤務先から会社員に対して支払われた給料が、利用者の手によってファクタリング会社へ振り込まれるのです。 この仕組みのメリットは、 会社員が自身の勤務先に事情を説明する必要がないという点です。 一方、ファクタリング業者からすれば 貸し倒れ(未回収)のリスクが高いというデメリットがあります。 そのため2社間取引の給料ファクタリングでは、 会社員が給料ファクタリング業者に支払う 手数料が割高となるのが特徴です。 給料ファクタリングには手数料が発生する 給料ファクタリング業者が会社員に対して債権の買取金額を支払う際には、 手数料が差し引かれます。 買取金額は、 買取額= 買取希望額(一般に会社員に支払われる給料の金額)- ファクタリング手数料 となるわけです。 20万円-2万円(手数料10%)= 18万円 給料ファクタリング会社は、会社員に対して18万円を支払います。 そして給料日になると、給料ファクタリング会社は20万円を入手するのです。 ちなみに3社間取引と2社間取引の手数料の割合を比べると、 手数料は2社間取引の方が圧倒的に割高なのです。 3.給料ファクタリングの3つのメリット 給料ファクタリングは当然、利用者にとってもいくつかのメリットが存在します。 個人信用情報への記載リスクを回避できる• ブラック状態でも利用できる• 勤務先の倒産による給料未払いリスクを回避できる つづいて、これらメリットのそれぞれについて詳しく解説していきます。 そしてその情報は、金融機関が融資をする際の判断材料として利用されるのです。 ですが、給料ファクタリングを利用しても 個人信用情報に利用履歴を記載されません。 なぜなら給料ファクタリングは、お金の借り入れではなく、 給料債権の買い取りという位置づけであるためです。 もし個人信用情報に借入事実が記載されると、新規借入が難しくなることがあります。 したがって、 個人信用情報への記載を回避できるということは大きなメリットといえます。 いわゆるブラックな借金漬け状態の人に、お金を貸してくれる金融機関はほとんどありません。 しかし 給料ファクタリングは 利用者本人の与信審査が甘いため、ブラック状態の 人でもカンタンに利用できるのです。 勤務先の信用さえあれば、利用者本人の経済状態は取引に関係ないのです。 勤務先が倒産して給料ファクタリング会社がお金を受け取られないとしても、利用者が責任を負う必要はありません。 4.給料ファクタリングのデメリットとは? とはいえ、給料ファクタリングにもデメリットは存在します。 手数料が非常に割高である これが最大の問題点です。 給料ファクタリングの手数料を金利換算してみると 一般的なカードローンよりもかなり高い利息となることが分かります。 具体的に、数字を使って見てみましょう。 例えば、2社間取引による手数料が20%の場合、年利換算すると240%という驚異的な数字になるのです。 一般的な金銭の貸し借りには利息制限法という法律が適用されており、 最大でも年利は20%までという制限が設けられています。 しかし 給料ファクタリングは貸金業でないため、 この利息制限法が適用されません。 これをいいことに、給料ファクタリング業者の中にはとんでもない 高利で営業をおこなう悪徳業者が数多く存在します。 また、一般的な賃金業には必要な行政の 営業許可も、ファクタリング業は必要ありません。 そのため、 悪徳業者は警察の目を気にすることなく 堂々と営業を続けられるのです。 ファクタリングを利用するなら、悪徳ではない普通のファクタリング業者を利用しましょう。 5.相手が悪徳給料ファクタリング業者であるかを見抜くポイント 悪徳業者であるかどうかを見定めるポイントは4つです。 【注】給料ファクタリングで実際にあった相談事例はこちら 「」 6.闇金対応は弁護士がおすすめ 弁護士に相談したほうがいい理由 警察や消費生活センター、各自治体の相談窓口でも闇金トラブルを相談することは可能です。 警察は闇金から具体的な実害を受けたという証拠がないと動いてくれません。 消費生活センターや自治体の窓口では、悩み相談はできても 根本的な解決にまで至らないことが多いです。 その点において 弁護士であれば、 闇金であるファクタリング業者のしつこい取り立てや嫌がらせをスムーズかつ確実にストップさせることができます。 今まで闇金に払ってきたお金が返ってくることもあります。 ただここで注意していただきたいのは、 弁護士であれば誰でもよいというわけではないということです。 相談するなら 闇金解決の実績が豊富な弁護士を必ず選びましょう。 給料ファクタリング業者の中には闇金などの悪徳業者がいる• 相手が闇金だと思ったらすぐに弁護士へ相談しよう 闇金トラブル、特に 悪徳ファクタリング業者は問題が複雑であるため、なるべく早い対応が大切です。 被害が大きくなる前に、解決に向けて乗り出しましょう。 ファクタリング業者など、闇金でお困りの方は、 今すぐ弁護士に相談をしましょう。 誰かに悩みを打ち明けるだけでも、きっと心が軽くなります。 シン・イストワール法律事務所は、これまでに数多くの闇金問題を解決してまいりました。 闇金問題のノウハウや経験が豊富なシン・イストワールへ、まずはお気軽にご相談ください。 今なら 電話・メールでの無料相談を受け付けております。 闇金トラブルでお困りの方へ 当サイトでは、シン・イストワール法律事務所監修の元、闇金に関する有効な情報を定期的に発信しております。 まずは無料相談をご利用ください。 シン・イストワールがお客様の立場になってアドバイスさせていただきます。 シン・イストワール法律事務所では日頃からお客様と丁寧に寄り添うことを心がけております。 「弁護士事務所に相談するのはちょっと緊張する」 そんな方でも安心してご連絡いただければと思います。 あなたの悩みを解決するため、わたしたちが全力を尽くします。 シン・イストワール法律事務所は連日、闇金をはじめとする金銭問題に悩むお客様と真剣に向き合うことで、これまで数多くの問題を解決してきました。 闇金問題でお困りの方はシン・イストワール法律事務所へお気軽にご相談ください。

次の

給料ファクタリング被害にご注意

給与 ファクタリング と は

将来の給与を事実上の担保として資金を提供し、手数料を要求する「 給料ファクタリング」というサービスをご存じでしょうか? SNSの投稿を見て、給料の前借り感覚で「給料ファクタリング」を利用し、法外な手数料を請求される相談事例が増えているそうです。 「最短5分で融資」。 給与を担保に資金を提供する「給料ファクタリング」の被害相談が相次いでいます。 しかし、「給料ファクタリング」は、自己破産する方もいるような危険な仕組みです。 「給料ファクタリング」とはどのような仕組みなのでしょうか?実際の相談事例や注意すべき点についてご紹介します。 1.給料ファクタリングとは? 給料ファクタリングとは、将来受け取る予定の給与を現金化する仕組みのサービスです。 給料を債権とみなし、「給料債権」をファクタリング業者に買い取ってもらうことにより、給与支給前に現金を手にすることができます。 サービスの流れは下記のようになっています。 給料ファクタリング業者に連絡• 本人確認書類・給与明細を提出• 給料ファクタリング業者より入金• 給与を受け取ったら業者に返済 給料ファクタリングは、将来の給与を現金化するので、消費者金融や銀行カードローンなどの借り入れと違い、 利用者に対する審査なしで利用することが可能です。 給料を支払う勤務先の審査を行います。 仕組みとしては、業者に給与債権を額面の 80%~90%で買い取ってもらうような形になります。 例えば、給与が30万円の場合、24万円から27万円を給料日前に現金化できるということになります。 給料の受け取り後、業者に手数料込みで30万円を返金します。 (出典:) 金融ブラックでも利用できる? SNSで実際に「給料ファクタリング」で検索してみると、「 即日現金化」「 給料買取」「 金融ブラックでも可」などのような謳い文句で勧誘しているアカウントが沢山出てきます。 金融ブラックとは、既に借金があり、信用情報機関のブラックリストに載っていることを意味します。 金融ブラックだと、借り入れに制限がかかりますが、それでも利用できるのが、「給料ファクタリング」です。 バイトやフリーターでも利用可能? 給料ファクタリングの利用条件は、給与が発生することのみです。 雇用形態は、正社員、バイト、フリーター、パートなどを問わず、1万円程度の金額から利用可能です。 現金は即日入金される 給料ファクタリングは必要書類の提出さえできれば、即日に現金が振り込まることがあるようです。 利用者の審査なしで、給料の即日現金化が可能という手軽さがトラブルを生む1つの要因でしょう。 ファクタリングとは? そもそもファクタリングとは、中小企業などが売掛債権を売却して、資金を調達する手法で、日本では1970年代に登場したそうです。 中小企業で利用されているファクタリングの仕組みを個人の給与に当てはめたのが給料ファクタリングです。 2.給料ファクタリングの手数料は? 給料ファクタリングの手数料相場は、 10%~20%程度のようです。 例えば、10万円を現金化したら約1ヶ月後に11万円を返済する形になります。 一見、大した手数料率に感じませんが、手数料を金利と考えると、 年率120%もの法外な金利を取られていることになります。 利息制限法が定める上限(最大20%)を大きく超えています。 スポンサーリンク 3.給料ファクタリングの問題点|違法ではないのか? 給料ファクタリング業者は貸金業者ではなく、取るのは手数料であって金利ではないので、 利息制限法が定める上限(最大20%)を超えても金融庁からのお咎めもありません。 また、利用者に対する審査がないので、金融ブラックの方も利用が可能で、安易な利用により、自己破産に追い込まれるケースも発生しています。 業者によっては、更に法外な手数料を請求するケースもあるようで、10万円の現金化に対して、手数料込みで15万円を返済させる例もあるようです。 この手数料を金利と考えると、なんと 年率600%です。 返済が滞ると、「返済しなければ勤務先の会社に連絡する」と脅される事例もあるそうです。 そもそも、給料ファクタリングは、消費者金融や銀行系のカードローンでお金が借りられない人が利用することが多いと思うので、返済に行き詰まる可能性が非常に高くなるでしょう。 安易に手を出すと、借金で借金を返す、 自転車操業に陥ってしまいます。 給料ファクタリングの仕組みは、給料債権の買取サービスの提供ということになり、金銭の貸し借りには当たらず、 貸金業法や 利息制限法、 出資法にも抵触しないという「法の抜け穴をついた」手法です。 現状では、違法ではないということになります。 スポンサーリンク 4.給与ファクタリング被害110番への相談事例 給料ファクタリングについて、実際にどんな相談事例があるのでしょうか? 一般社団法人日本ファクタリング協会のサイトに『 』というページがり、相談事例と回答が掲載されているので、転載します。 また、NETから申込みをしたので契約書が一切ありません。 個人消費者ですから、貸金業の総量規制に抵触し、出資法、利息制限法で定める上限金利年20%を超過した年400%になりますので、違反になります。 また、契約書面がないことにより、特定商取引法に抵触します。 4日間遅れたら、5万円の遅延損害金を請求されていますが、どうしたらよいでしょうか? 回答 給与は、労働基準法で債権譲渡が認められていません。 また、個人消費者ですから、特定商取引法に抵触し、出資法、利息制限法で定める上限金利年20%を超過した、年600%になりますので、違反になります。 お支払いの必要はありません。 上記ページ内では、給与ファクタリングの手法や違法性について詳しく書いてありますので、興味がある方はご覧ください。 スポンサーリンク 5.給料の前借りサービスとは?給料ファクタリングとの違いは? 「 給料ファクタリング」とは別に、「 給料前借りサービス」というサービスも存在しています。 給料を前借りできるという点では、両者は同様のサービスのように見えるのですが、違いがあります。 「 給料前借りサービス」とは、Fintech業者が給与支払側の企業に提供しているサービスです。 従業員は、給料前借りアプリを使い、給与の前借りを申請し、承認されると銀行やコンビニのATMなどから現金を受け取ることができる仕組みです。 前借りした額は、従業員の給与から差し引かれることになります。 「給料前借りサービス」の利用料は、企業がFintech業者に支払うサービスが一般的です。 企業は福利厚生制度の一環として給料の前借り制度を導入し、新規の求職者の増加につなげることを目的としています。 まとめ 給料ファクタリングは、「借金ではない」「借金ではないので利息なし」という売り文句ですが、 実質的には給与の前借りであり、借りたお金は給料日後に手数料という名の利息を払って返済することになります。 非常に利用しやすい仕組みで、業者側も給与という確実な債権を担保にしているので、提供しやすいサービスです。 「給料ファクタリング」は現状は違法ではありませんが、手数料という名の法外な利息を取られますので、利用すると借金を借金で返すような自転車操業に足を踏み入れることになりかねません。 少額であれば問題ないだろうと思う方もいるかもしれませんが、利用を避ける方が賢明です。 なお、 東京弁護士会では、2019年12月10日(午前10時~16時)に給料ファクタリングで苦しんでいる方向けに相談会(03-3597-5502)を実施するそうです。 詳細は、下記ページをご参照ください。 fp-investor-info.

次の