毎日 かあさん お父さん。 『毎日かあさん』予告編

毎日かあさんは映画だとお父さんは亡くなる所まで描いてあり...

毎日 かあさん お父さん

朝刊に10月よりまで週1回連載された。 概要 [ ] 物語は西原家を舞台に、主婦の日常生活や子育て等を描く。 には第8回優秀賞、には(短編マンガ部門)、に「」BOOK OF THE YEAR 2007「泣けた本」第1位、には第40回参議院議長賞を受賞する。 出版局から単行本8巻が出版されている。 西原によると、連載開始当初は「絵や字が汚い」「非常に下品」といったクレームも受けたが、保育園で親を待つ娘を描いたエピソードで同様の境遇にいる母親から多くの共感が寄せられたという。 2004年には長男が通学していた武蔵野市立小学校の担任教員に西原が呼ばれて「迷惑している」「学校を描かないでほしい」といった注意を受けたことがあり、編集部を通さずに作者を呼んだことに毎日新聞と西原が抗議、その後西原に対してPTA活動を控えるような動き(市側は否定)を巡って西原と市の間で文書のやりとりがあり、2005年9月2日には武蔵野市議会で議員の質問という形で取り上げられた。 4月より系にてテレビアニメが放送された。 2月5日に全国系にてが公開。 2012年には『』とのコラボレーション漫画を掲載している。 2月2日にソチ五輪観戦の仕事が入ったため 、初の代筆が行われることが発表された。 が2月17日分、が2月24日分を代筆した。 西原は、「独り立ち」のタイミングと決めていた16歳に下の子(長女)が達した(2017年4月より高校2年生)ことで「母」を卒業したことが終了の理由と述べている。 また同じ記事で、作中の息子や娘のエピソードは、周囲の母親たちからもたらされた複数の子どもの話を元にしたフィクションであったことを明かしている。 最終回当日の毎日新聞は、終了について社説で「『毎日かあさん』卒業 いろんな家族を励ました」というタイトルで取り上げた。 終了発表に際して西原は10月から毎日新聞に新たな漫画を連載する予定と告知され 、8月28日に「最強のおばさん」を主人公とした『りえさん手帖』の連載を10月2日に開始することが発表された。 登場人物 [ ] 家族の名字・子供の名前はアニメ化された時につけられたもので、「声」はアニメ版で声をあてている声優。 いつもお団子頭に簪をさし首に手ぬぐいを巻き、割烹着を着た姿で描かれている(独身・新婚時代の回想では『鳥頭紀行 ジャングル編』の「おかっぱ頭にモンペ」で、子供時代は「おかっぱ頭にスカート」の姿で描かれている)。 育児は放任主義の面が強く、酒好きのため子供たちが幼いころは晩酌しながら2人を寝かせていた。 また、取材で海外に行く事が多いため、5巻〜8巻の時期で海外に出るときは必ず子供を連れて出かけていた。 【原作】離婚しても何度体を壊して入院しても断酒できぬ鴨志田に怒りを募らせていたが、自らの主治医・高須克弥の助言を聞いてから 彼への態度が優しくなり、最終的には再同居して彼の最期を看取った。 娘を溺愛している。 「一日一麺」をモットーにするほどラーメンが好きで、結婚前のデートでもラーメン屋に行ったことがある。 理恵子とは、彼女の言った「じゃあまたね」を真に受け彼女の家に押しかけてきてそのまま結婚した (アニメ版ではタイのジャングルで会ったことになっている)。 【原作・実写映画版】の悪化によって理恵子と離婚。 数年間入退院を繰り返した後(その間も子供の行事を見学にきたり母子が見舞いに行ったりしていた) 、依存症の克服に成功し西原家に帰ってきたが 、娘の保育園卒業と同時期に癌により他界した。 没後は遺影や生前の回想が描かれている。 【アニメ版】普通の酒好きとなっていて、子供達との交流がより多く描かれている。 外遊びが大好きでよく出歩くが勉強は大の苦手。 小学校時代は空手教室に通っていた。 イラストの髪型は幼少期から高校2年生になった11巻(連載収録分)まで「坊主頭に何本か毛が生えている」様に書かれていたが、9巻目次掲載の「実際の子供達に似せた似顔絵」と11巻表紙・書下ろしからは年相応の髪型になっている。 9巻表紙からは帽子を被った姿で描かれる事が多くなった。 アニメ版の名前「文治」は原作で飼っている猫の名前で、父が生前次男か初孫につけようとしていた名から来ている。 また、原作5巻巻末でカメラ担当として名前が載った時は「西原ガンちゃん」となっていた。 大雑把な両親と兄に比べて世渡り上手の面があり、少女らしいお洒落によく挑戦している。 原作10巻で中学校に進学してからはキャラクターデザインが大人びたものに変化している。 共働きで忙しい娘の子育てを手伝うため故郷の高知から連れてこられた。 かつて2回結婚したが2回とも(夫の駄目さが原因で)破綻したため、理恵子と兄は40代になるまで実父の名も知らずに過ごし 、義父の仏壇の供養も母本人が話を振るまで放置されていた。 家族の一員だがなぜか単行本表紙の「家族絵」では10巻時点で一度も書かれたことがない。 モデルは作者の母方の祖父。 ジョン 声 - アニメ版にのみ登場する鴨原家の飼い犬で、名前は作者の母がかつて飼っていた犬から 、姿は原作での飼い犬「桃ちゃん」(離婚前後の苦痛や疲労で飼育にまで手が回らず、愛ちゃんの飼い犬になった )から来ている。 菊美(菊)がメスで文治(トラ)がオスで、品種は。 原作:猫好きな娘が友達の家から「菊美」をもらい、次にペットショップで売れ残っていた「文治」に子供たちが同情したためつがいで飼うことにした。 その後猫夫婦は4匹の子をもうけ 、1匹だけ残して後は里子に出している。 『西原理恵子の人生画力対決』(小学館)2巻の「・」編では家に残した子猫は「こぶ吉」と命名され、『人生画力対決』時の3匹のデザインは10巻表紙・書下ろし漫画でも使われている(つぶらな目の「菊美」・白目がちの「文治」・眠そうな目の「こぶ吉」)。 「文治」には「文田文治」というフルネームがあり 、「文田さん」とも呼ばれている。 アニメ版:ジョンがいなくなった後ふみの頼みで飼いだした子猫。 かあさんの兄 声 - 高知に住む理恵子の兄で、モデルは作者の兄(イラストは『』の「おにいちゃん」を老けさせた様な姿)。 妹と同じく一男一女の子供がいて、息子はアニメオタクと化している。 かあさんのまわりの人々 [ ] 愛ちゃん 声 - かあさんのアシスタントで、モデルは作者のアシスタント麓愛。 水沼くん 声 - アニメ版にのみ登場するかあさん担当の編集者。 子供たちの友達・親仲間 [ ] 麦ちゃん以外の名前・個人設定はアニメ版でのみ描写されている。 大地くんと家族:(大地くん)、(大地くん(代役))(ママ)、(パパ)• 権田家:(権田くん、権田さん)• 麦ちゃんと家族:(麦ちゃん)、岩崎征実(夫)• 西原(鴨原)家の近所に住む子沢山家族。 息子が5人いて(末息子は双子)、作品中では「麦ちゃん5(ファイブ)」と呼ばれている。 岩村家:(岩村さん)、(夫)、・など(岩村4兄弟)• 千夏ちゃんと家族:(千夏ちゃん)、(ママ)• ひこくんと家族:中尾衣里(ひこくん)、山口由里子(ママ)• タカくんと家族:(タカくん)、湯屋敦子(ママ)• ババ友:(サキエさん)、(イヨさん) 西原の友人・知人 [ ] 原作にのみ登場する作者の友人(注:彼らは実在の人物だがギャグ調に言動・キャラがデフォルメされている)で、作者が同時期に連載している『』・『週刊鳥頭ニュース』(週刊新潮連載)・『』等に登場している。 加ト吉• 岩手県在住の。 オネエ言葉で話すであり、西原の子供達を可愛がっている。 みっちゃん• 西原がよく行くホルモン屋の店主。 関西出身の元高校・大学球児(センパツ出場歴がある)で、サラリーマン経験の後店を開いた。 大阪で飲食店を営む兄「ひで兄さん」がいる。 西原の主治医(本職は整形外科医)。 本作では『できるかな』等でネタにされている「富豪」の面や、『週刊鳥頭ニュース』・『ダーリンは70歳』での「西原との男女交際」はほぼ描かれず、彼女の良き助言者となっている。 作家で西原の友人。 鴨志田を気に入っていて、彼の没後西原にある言葉を掛けた。 西原と同じ高知県出身のベテラン漫画家。 3巻で「同郷対談」が行われ、他界後11巻収録の「アンパンマン先生」で追悼漫画が描かれた。 この他にも12巻で作家の が登場し、13巻ではの追悼漫画が描かれ西原の友人でもある編集者が登場した。 その他の登場人物 [ ] 早期教育の精霊 声 - 情操教育の精霊 声 - 松山タカシ ゆとり教育の精霊 声 - ラブの精霊 声 - 田口浩正 バッタマン 声 - ぴにゃりくん 声 - あそちゃん(Z) 声 - 文治ので、の様な形をしている。 モデルは原作でのイマジナリー・フレンド(『』に出てくる)「いけちゃん」。 白ふみ、黒ふみ、カラフルふみ、グレーふみ 声 - 藤井結夏 イ・ヤンジュン 声 - 北沢力 えみりちゃん 声 - ナレーション 声 - 関連作品 [ ]• 「あぁ息子」• 「あぁ娘」• 「あぁ夫」• 「あぁ妻」• 子供・家庭を持つ毎日新聞読者から募集した苦労話に西原自らのコメントを添えて紙面に掲載したもので、毎日新聞社出版局より単行本にもなっている。 「あぁ息子」と「あぁ娘」は既刊、「あぁ夫」と「あぁ妻」は現在本紙連載中。 『毎週かあさん』()全3巻• 小学館のモバイルサイト「コミック小学館」連載のカット集。 西原曰く「自分の著作権を自分で侵害」した本 で、帯に「バチモン」と記されている。 また、2巻の「まえがきまんが」には「リアル目に書いた子供達のイラスト」が掲載されている。 『西原理恵子と枝元なほみのおかん飯』 2014年12月• 『親子でがっちょりおかん飯』 2015年12月• 毎日新聞「おんなのしんぶん」欄に連載中のとの共著作品。 「おかん飯」のレシピを紹介している。 テレビ放送・アニメ [ ] 2007年1月13日(東京地区)にでこれを原作としたテレビ番組が放送された。 新聞連載とそれに関連したVTRを見ながら西原やらが会話した。 アニメ版は2009年からにかけて、系列にて放送された。 4話で構成されていて 、ナレーションはが担当している。 また、開始当初からではである。 アニメーション制作はが担当していたが、63話からはのとの共同制作となり、97話からはと同友アニメーションの共同制作となっている。 テレビ東京系列での放送枠は、開始から2011年2月23日までは毎週水曜日19:00 - 19:26に放送されていた。 2011年4月3日より毎週日曜日17:30 - 18:00に変更された。 2011年3月中の放送は休止となった。 なお、この枠にアニメを放送するのは『』以来から約8年半振り。 原作との相違点• 家族の名字が原作の「西原 」から「鴨原」に、とうさんの名前の読みが「穣(ゆたか)」から「穣(じょう)」に変更された。 また、原作では(モデルが一般人であるため)名前で呼ばれていない子供たちに名前がついている。 また、原作は基本的に「作者の日常をデフォルメして漫画化」したもので、作者が同時期に連載している作品で描かれている「西原家」とキャラクター設定・起こった出来事を共有している。 このため西原の回想シーンで鴨志田の亡き師匠が描かれたことがある が、アニメ版では「実際の西原家」とのリンクが切られている。 原作のとうさんとの離婚(1巻)から再同居、死別(4巻)に関する部分が削除され、普通の父親として描かれている。 原作では基本的にリアルタイムで時が流れている が、アニメ版は3年で終了したせいか兄妹が保育園児から小学生になった所で終わっている。 スタッフ [ ]• 音響監督 -• 音楽 -• 副監督 - 片貝慎• 監督 -• 作画チーフ - An Jai Ho• レイアウトチーフ - Jeoun Byung Cheul• 背景監督 - Lee Hoi Young• 映像編集 - Lee Young Min• シリーズディレクター - Nam Jong Sik 実写パート [ ] レギュラー出演• (アナウンサー)• () 過去の出演者 [ ]• (テレビ東京アナウンサー) かあさんと行く! 回 サブタイトル 放送日 回 サブタイトル 放送日 回 サブタイトル 放送日 1 べっちょり 2009年 4月1日 47 どこから 3月17日 95 ここから先が 4月24日 受けた お蔵だし ケンカ 太陽にほえろ バッタマンごっこ ジョンとかあさん ごあいさつ こどもの扉 寝る カニ母 48 パーマ屋さん 3月31日 96 ビヨンセ 5月1日 メール ヤシの実売り 麦マイナス1 2 漫画家かあさん 4月15日 トイレザップン湖 ボルシチ 漫画家かあさん大忙し カンボジア大好き お蔵だし かんろく 49 4対1 4月7日 97 ぴにゃりとうさん 5月8日 びゅっ おにもつれんさ 男のコ女のコ 3 精霊降臨 4月22日 すいぞくかん おかあさんの必殺技 精霊の逆襲 魚は肴 とうさんVSかあさん わたしをみて! 50 学校への道 4月14日 98 ホント 5月15日 兄妹 給食 うそうそ 4 バザーは大変 4月29日 まずいラーメン屋 オヤジのたしなみ どとーの保育園 ぴーぴーあな 雨の日の笑顔 もうしません 51 ちまき騒動 4月21日 99 みどりのおじさん 5月22日 てのひら うちゅうのほうかい プロデュース 5 オレは帰るぜ 5月6日 春とドロドロ ボタン そもそもね おたまレスキュー隊 スナックとうさん うまいぞ 52 お泊まり会 4月28日 100 なりきりふみ 5月29日 いっしょ 父のうどんあらため、母のすいとん なりきりぶんじ 6 じいちゃん 5月13日 つめ放題 とうさん改造 基本です 好き みじかい しゅき 53 うんどうかい 5月5日 101 ぴにゃり333 6月5日 ばっしん 逃げろ! ぶり屋さん 7 ゴボゴボ 5月20日 目でころす とうさんの出番 わるくない はしれはしれ! アソちゃんとぼく かいじゅう 54 ザリガニ 5月12日 102 フリマ 6月12日 プッツン 父の純心 フリフリママ 8 お片付け 5月27日 宇宙飛行士 かあさんの逆襲 九九 宇宙飛行士になる とうさんの休日 やる気 55 初恋・・・、ふみ 5月19日 103 おっぱい 6月19日 やる気出す 初恋・・・、ぶんじ セレブ・・・? 9 しるがでた 6月3日 おたまぴょん スーパーとうさん やっぱり、ムリ! 夫婦愛 ジョンとメリー ランドセル 56 伝説のカリー 5月26日 104 茶柱 6月26日 ゆめ ばあちゃんの恋 カメラマン 10 脱走 6月10日 歯がぬけた 男どうし いぬはそと 二人でおつかい お宝ショップ わがはいはいぬである 57 朝ごはん 6月2日 105 悪夢 7月3日 また脱走 サッカーさま 男の減量 11 いそがしい 6月17日 父の日・・・、って 恐竜博へGO! 男の子のおかあさん 雨の日 おばあちゃん、と そう、それ! 58 バザー 6月9日 106 ぴにゃりの惑星 7月10日 台所 職人技 麦ちゃん怒る! 12 さあ食え 6月24日 つわもの 麦ちゃんの逆襲 解禁 打ち上げ 夏休み お前がわるい 59 いけいけブンジマン4 6月16日 107 指輪の値段 7月17日 親の背中 白か黒か おまねき 13 してやったり 7月1日 仲直り 白と黒と兄 めっ スランプかあさん 桃タロ子 うつるんです 60 大地くんちでお勉強 6月23日 108 ウトウト 7月24日 夜道 もってかえれ ヘトヘト 14 ひと工夫 7月8日 停電 プカプカ この日だけは! まだ停電 ヒヤヒヤ もうイヤ 61 サファリパーク 7月7日 109 ねむい 7月31日 セミの声 とうさんvs沖田くん 絵日記 15 夏休みは終わらない 7月22日 兄と妹 ゆかた まだ夏休みは終わらない 帰り道 お祭り まだまだ夏休みは終わらない 62 こどもの世界 7月14日 110 ミニトマト 8月7日 まだまだまだ夏休みは終わらない はるかなる山のおたけび ひとり旅 16 ふるさと 7月29日 家族大作戦 より道名人 あずき洗い 夫婦の会話 ぴにゃり大喜利 父の名前 63 テストのヤマ 7月21日 111 精霊の政令 8月14日 青いところ せいれいさん かえり道 17 ツイてる? 8月5日 姫のこころ 幸せになりたい 似てる? もったいない君 ごきげん ほめどころ? 64 おちた 7月28日 112 ワイハー 8月21日 うしろ姿 動物 ワイハー最高 18 さとり 8月12日 まえがみ はじめました 脂をのせて 夏の知らせ さんぽ バーベキュー 65 親子ゲンカ 8月4日 113 未来の姿 8月28日 親友 蚊 時間旅行 19 さくせん 8月19日 娘の要求 男って・・・ しおひがり 机の中 小1の夏休み おたますくい 66 こそこそ 8月11日 114 特別な日 9月4日 小かあさん 夏休み 成長 20 あしたから 8月26日 浜辺の教育 わかれ ちゃんとあしたから 海賊船 ねこむすめ 夜のおはなし 67 恐怖の合宿 8月18日 115 うちのカミさん 9月11日 ぜいたくな悩み ぐへー ガールズ 21 チョップ 9月2日 甘いぞ ボクの弟 なりたい ぶんぶん ババ友 かあさんの知恵袋 68 ムエタイ少年 8月25日 116 レディースパック 9月18日 んぎゃー、がばっ カブトガニ メガネ 息子のにおい 鉄道かあさん フレキシブル 22 どけどけどけ 9月9日 ぶんじのお嫁さん 一年生 ビーム 69 頭上注意 9月1日 117 成長したか? 9月25日 たからもの ヌタ弁 流行りもの 仲良くしよう 愛ちゃん監督 夢は、はかなく 23 雨上がりの像 9月16日 親子バカップル パパ似 くちげんか 70 映画館 9月8日 118 馬と鹿 10月2日 消えたかあさん お仲間 塾 祭りの夜 5バカ 君の瞳に、完敗 24 ぶんじのヒミツ 9月23日 いつまでも ボクの靴、知りませんか? ぶんじ、一年生 71 恐怖の夜 9月15日 119 ネコの性格 10月9日 最後のカニ母 ケータイって・・・ バス遠足 ああ保育園 じっけん コンプリート 25 男子たるもの 10月7日 にがおえ ウンポコピー 三バカ 72 女の子パワー 9月22日 120 小さなペンタゴン 10月16日 女の単位 スナックかあさん ハートのペンタゴン うたたねへの道 続スナックかあさん 夢の彼氏 26 じゃりっパゲ 10月14日 ゲージツの秋 ひとり寝 ヘソのゴマ 73 女子部ダイエット 10月6日 121 レギンス男子 10月23日 すぅすぅ 女の子トーク パジャマ ボーイズトーク 棒 三角折り 27 傘をさせ! 10月21日 石 わり算 しりとり 74 かきあげ 10月13日 122 学級新聞 10月30日 ハロウィン むぎ式ダイエット プレゼント? なじまず 母のウソ 昼下がり 28 大地くん 10月28日 おなかの中身 人生・・・って? ああ、漢字 75 ちょいワル 10月20日 123 授業参観 11月6日 逃避 できる男 だっこ 恥じらい ぷりぷり からあげ力 29 麦ちゃん5登場! 11月4日 遺伝 フクザツ ピクニック 76 ぴにゃりくんの逆襲 10月27日 124 ババは強し 11月13日 麦ちゃんの秘密 こどものカゼ 転校生 死ななきゃいいんです おとなのカゼ 一年生と六年生 30 読書時間 11月11日 ケッコンの条件 みんなそろって 漢字 77 女の友情 11月10日 125 占い 11月20日 忍法娘 おしゃべり お弁当 おつかい お風呂 イチゴ一会 31 いけいけブンジマン 11月18日 おこりんぼかあさん DNA 息子よ、どこに… 78 ぐるぐる 11月17日 126 イチバン 11月27日 ガサ入れ おやこ ゆきおんな ぶんじの突撃友達んちの晩ご飯 気持ちはわかる きづかい 32 こどもの時間 11月25日 メロン 集中 続こどもの時間 79 おみあい 11月24日 127 夫婦喧嘩 12月4日 のれた! およばれ けいたい! おとうと? ブーム セクシーデュオ ひきざん 秋の空 アルバム ひきざんの逆襲 80 ふりーだむ 12月1日 128 アルバイト 12月11日 33 ザッツ・スーパー銭湯 12月2日 おそうしき 女みがき おままごと 兄嫁 京都へいこう! 君が頼りだ ただいま 猫とかあさん まんが家さん 81 コッセツ 12月8日 129 トラウマ 12月18日 34 白ふみちゃん黒ふみちゃん 12月9日 かっこようて おばあちゃんのケータイ 晴れぶたい まんが家ぶんじ 事実は小説より奇なり 大間違い ひそひそ ネジまわし バカ大将 82 一日一善あらため一日一麺 12月15日 130 一日の恋 12月25日 35 いけいけブンジマン2 12月16日 消えたぶんじたち おすもうサンタ 母たちのお茶会 キラケシ おばあちゃんの味 男の休日 ふみ、ギャルになる? 子離れ 欲望ツリー 83 食虫植物 12月22日 131 お年玉 2012年 1月8日 36 逃げろかあさん! 12月23日 公園デビュー さけび初め 天才芸 さむ〜い 今年も、一日一麺 雪合戦 サンタクロースへお願い おとな? こども? 年の終わりに 84 舞族 2011年 1月5日 132 胃袋 1月15日 37 元旦 2010年 1月6日 弁当選手権 おかん はねつき レッツ、ディスカッション! 娘よ モチうまいね 家出少女ふみ 乙女の会 マズイ 85 麦家のなぞ 1月12日 133 九州へ 1月22日 38 動物園 1月13日 ドレス 長崎にて 野生のさけび ドリルやれドリル 座敷わらし 男の早期教育 ラーメンの歳月 ただいま 大好物 86 小姑 1月19日 134 小さなプライド 1月29日 39 いけいけブンジマン3 1月20日 熟睡中 子は親の鏡 ぷーちゃん、ぴーちゃん 尊敬 素直で元気 社会見学 同志 スタイル かんさつ日記 87 犬も歩けば 1月26日 135 おるすばん 2月5日 40 ぶんじの突撃! ウインナちゃん 白いスカート 赤トンボ かあさん誕生日 名じょゆう 91 赤ずきん 2月23日 139 ネコの手 3月4日 44 ぴにゃりくん 2月24日 からあげ 子の心、親知らず おねえちゃん あいあいがさ しりとり ハイヒール 0点記念 おじいちゃんのめがね 理系度 92 帰る時間 4月3日 140 肉食系男子 3月11日 45 朝っぱらから 3月3日 世話チョコ ロンリー・ドライバー カレー カツカレー 危機到来! 亀レース おかえりなさい隊 犬も食わない ホワイトデー騒動 93 キューピッドの矢 4月10日 141 男が生まれた日 3月18日 46 禁酒 3月10日 だれ・・・? 男のハンバーグ ゆとり からいっ! (2009年4月1日 - ) - 同時ネットで放送していた。 (2009年 - ) 夜の毎日かあさん [ ] 2010年10月4日から2011年6月6日までテレビ東京で放送された。 純粋な再放送ではなく、本放送から好評を博したエピソードをよりぬいて放送している。 下記の通り、放送時間は曜日によって異なる。 放送時間 [ ] 曜日 放送時間 火・水・金曜(月・火・木曜深夜) 0:53 - 1:00 木曜(水曜深夜) 1:13 - 1:20 土曜(金曜深夜) 1:53 - 2:00 Hello! 毎日かあさん [ ] 2011年4月4日からテレビ東京系列で毎週月曜 - 金曜6:40 - 6:45放送。 アニメ版の一場面を英語吹き替えにして、実用的なワンフレーズを覚える趣旨の子供向け英語教育番組。 2013年4月から、同年3月まで平日夕方に帯で放送中の『』を枠移動・短縮して放送することとなったため、当番組は終了した。 出演者 [ ] 先生• (テレビ東京アナウンサー) 生徒• (テレビ東京アナウンサー)• 放送局(Hello! 毎日かあさん) [ ] 放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 放送の遅れ 関東広域圏 テレビ東京 - 月曜 - 金曜 6:40 - 6:45 テレビ東京系列 同時ネット 大阪府 テレビ大阪 愛知県 テレビ愛知 北海道 テレビ北海道 岡山県・香川県 テレビせとうち 福岡県 TVQ九州放送 前番組 番組名 次番組? 実写映画 [ ] 毎日かあさん 監督 脚本 真辺克彦 原作 製作 瀬川治水 渡辺大介 製作総指揮 中尾哲郎 那須野哲弥 出演者 音楽 主題歌 「ケサラ〜CHE SARA〜」 撮影 斎藤幸一 編集 製作会社 「毎日かあさん」製作委員会 配給 公開 上映時間 114分 製作国 言語 興行収入 6. 5億円 2011年に全国ロードショーされた実写版映画。 監督は小林聖太郎。 主演は小泉今日子で、永瀬正敏との元夫婦での共演となる。 テレビアニメとはある程度宣伝の連携をしているが、基本的には独立した一般向けの映画作品として作られている。 同時期に鴨志田が著した自伝的小説の映画化作品『』も公開された(2010年12月4日。 監督)が、こちらとは特に宣伝上の連携はされていない。 2011年1月29、30日にテレビ東京でテレビ特番が放送。 2011年2月2日放送のテレビアニメでは、札幌のロケ風景という形で小泉今日子がゲスト出演している。 キャッチコピーは「泣いてるヒマがあったら、笑おう。 」、「本音で生きるかあさんと、ちょっと変わった家族の感動の実話」。 全国134スクリーンで公開され、2011年2月5-6日初日2日間で興収7,911万2,400円、動員は6万5,367人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第4位となった。 また、初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第2位になるなど幅広い世代から好評となった。 また、2011年6月に開催された第14回アジア新人賞部門にノミネートされ、最優秀作品賞を受賞したほか、日本批評家大賞では永瀬正敏が主演男優賞を受賞している。 ストーリー [ ] 漫画家業と2児の子育てで大忙しのサイバラリエコ。 そして元戦場カメラマンの夫ユタカはアルコール依存症で入退院を繰り返し、作家を志すと宣言しても結局は酒に溺れる日々。 そんな夫に遂にリエコは離婚届を渡し、ユタカは隔離病棟へ転院することを決意する。 そしてつらい日々の末、ユタカはようやく依存症を克服したが、今度はガンの発症が発覚した。 キャスト [ ]• サイバラ リエコ -• カモシダ ユタカ(夫) -• ブンジ(長男、6歳) - (子役)• フミ(長女、4歳) - (子役)• トシエ(祖母) -• 愛ちゃん(アシスタント) -• サイバラのママ友• 麦田 -• 粟田 -• 稗田 -• 米田 -• シマダ(担当編集者) -• ゴンゾ(友人で編集者) -• サイバラの兄 -• カモシダに絡まれる母親 -• 、、、、、、、 ほか スタッフ(実写映画) [ ]• 監督 -• 脚本 -• 音楽 -• 原作 - (毎日新聞連載・毎日新聞社刊)• 撮影 - 斉藤幸一• 美術 - 丸尾知行• 照明 - 豊見山明長• 録音 - 白取貢• 編集 -• ヘアメイク - 青木映子• 制作担当 - 斉藤大和• 助監督 - 吉村達矢• スクリプター - 阿保知香子• VFX - 金魚事務所• アニメーションパート - 、• エンドロールスチール - 永瀬正敏(中盤までのモノクロ)、鴨志田穣(ラスト部のカラーパート)• エグゼクティブプロデューサー - 中尾哲郎、那須野哲弥• 企画 - 青木竹彦、原公男• プロデューサー - 、渡辺大介• 制作プロダクション - ツインズジャパン• 製作 - 映画「毎日かあさん」製作委員会(テレビ東京、、毎日新聞社、、、、ツインズジャパン、、、)• 配給 - 松竹• 助成 - 文化芸術復興費補助金 主題歌(実写映画) [ ]• 「ケサラ〜CHE SARA〜」(JUST LUCK RECORDS/HIP LAND MUSIC CORPORATION) 児童書籍 [ ] 2011年1月15日ににて『小説 毎日かあさん おかえりなさいの待つ家に』が刊行された。 2011年11月15日に角川つばさ文庫にて『小説 毎日かあさん 2 山のむこうで、空のむこうで』が刊行された。 脚注 [ ]• 鴨志田穣の死後一時期休載していた(途中、2007年3月25日分から同年6月10日分まで休載)。 全文を読むには会員登録が必要)• 「『毎日かあさん』論争、表現の自由か教育的配慮か」読売新聞2005年8月31日• 武蔵野市議会のにて確認可能。 毎日かあさん9巻P57「いらっしゃい」。 なお作者同士は『西原理恵子の人生画力対決』6巻収録回で初対面している。 『西原理恵子の人生画力対決』8巻に観戦記が収録されている。 また代筆を担当した2人はいずれも『西原理恵子の人生画力対決』4巻での対決者であり、コンドウアキ代筆回には『人生画力対決』での編集者が登場している。 毎日新聞 毎日新聞社. 2014年2月2日. の2014年2月3日時点におけるアーカイブ。 2014年2月2日閲覧。 [ ] 毎日新聞. 2017年5月22日• 毎日新聞. 2017年6月26日. 2017年6月26日閲覧。 毎日新聞. 2017年8月28日. 2017年8月28日閲覧。 3巻P53「ボロボロですが」• 4巻P30「オレは帰るぜ」。 1巻P58「ためいき」、1巻P62「かるい」• 3巻P80「病院遠足」。 4巻P35「仲なおり」、4巻P41「おかえり」• 4巻P79「さいごに」• よりぬき毎日かあさんP89「ボクの弟」• 鴨志田がから息子の名前を付けたため(西原理恵子・『とりあたま事変』P77〈新潮文庫 2013年〉)。 8巻P5「苦労話」など。 またのウェブ漫画『田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-』第5話でも西原の娘は「ぴよ美」と呼ばれている。 3巻P81「父の名前」。 9巻P55・56「かあさん家の一族」。 3巻P35「突進小僧」。 10巻P63「犬の名前。 6巻P73「ねこの出産」。 10巻P69。 西原は基本的に自身担当の編集者を実名でキャラ化しており、『毎日かあさん』を担当している編集者「志摩和生」のイラストもエッセイ『怒涛の虫』(サンデー毎日連載)・『』(朝日新聞社)で既に書いている(『毎週かあさん』(小学館)1巻の冒頭でも志摩は登場している)が、水沼くんのイラストは志摩のものとは異なる。 9巻P27「岩手の海」。 5巻P41「鴨ちゃんのこと」。 9巻P41「命」。 12巻P32「ちのみーず 2 」。 13巻P30・31「あばよ」。 6巻P38「いけちゃんのこと」。 『毎週かあさん』一巻P4(2008年 小学館)• ただし、最終回は3話構成だった。 西原が鴨志田と結婚していた時は「鴨志田」だったが、離婚後は西原姓に戻り、夫との再同居後も籍を入れなかったため(4巻P42「さんま」、4巻P74「パスポート事件」)。 8巻P61「途中で」。 4巻の書きおろし「オレは帰るぜ」がアニメ5話で使われているなど、とうさんに関する話は「離婚」・「アルコール依存症」に関する要素を抜いてアニメ化されている。 10巻時点で息子は高校一年生、娘は中学一年生。 にを東経110度CS放送からBS放送に移行。 毎日かあさん元気広場 2010年10月4日• ORICON STYLE 2011年3月28日• - ORICON STYLE 2013年3月4日閲覧。 まんたんウェブ 毎日新聞デジタル. 2011年5月18日. の2012年7月10日時点におけるアーカイブ。 、シネマトゥデイ、2011年2月9日• 毎日jp 毎日新聞社. 2011年2月7日. の2011年2月8日時点におけるアーカイブ。 2011年2月9日閲覧。 外部リンク [ ]• - 毎月第1・3週日曜の掲載分を転載• - (2017年9月17日アーカイブ分)• - テレビ東京毎日かあさん公式サイト• - テレビ東京Hello! 毎日かあさん公式サイト• - 実写映画公式サイト•

次の

迎えた里子18人 「かあか」が歩み続ける代え難い人生:朝日新聞デジタル

毎日 かあさん お父さん

マンガの方ではお父さんと別居 アル中が原因 、離婚、一旦家に戻ってくるも暴れて追い出される。 ガンを発病してお母さんが最後まで看取るまで描かれています。 ふと思うに、アニメは子供向けにマイルドな表現 家の表札が鴨原になってたり してますね。 放送時間もゴールデンタイムだったりして、あまりシリアスな話はカットされてたりしてますね。 だからお父さんの死は表現できなかったのじゃないかな? ゆえにアニメも終了してしまったし、二期目はないんだろうな~と推測します。 映画すごく良かったですね。でも小学校低学年~幼児向けではないと感じました。 どっちかというと高学年~中学生に見て欲しい。家族の在り方、絆を考えながら見て欲しい作品だと思いました。 映画とアニメとでは、目的が違ってます。 映画の中で、かあさんが仕事で漫画を描いてますが、その時に描いた漫画がテレビのアニメです。 どこにでもありそうな子供や家族の面白い話を描いており、内容も子供向けです。 一方、映画ではなぜお母さんが漫画家になり、生計を支えなくてならなかったか…夫との愛情はどんなものだったのか…家族とは…と人間の根本的な問題にふれていて、大人でも感動する内容になってますよね。 ただ、どちらとも共通しているのは、アルコール中毒の夫を「ダメ夫、怠け者」と見下してしまった夫に対して、病気がそうさせただけで、本当は家族思いで、素晴らしい人だったということを伝えたいという作者の切々と伝わりますね。 素晴らしい作品だと思います。

次の

毎日かあさん

毎日 かあさん お父さん

感動のベストセラーついに映画化!涙も笑いも規格外。 でも、これは本当にあった家族の物語 シリーズ累計150万部突破。 感動のベストセラーついに実写映画化! うわべだけのキレイごとを嫌い、現代女性の本音の生き様を描き続ける漫画家、西原理恵子。 鋭い毒とその陰に忍ばせた優しい愛が女性たちの心を捉え、大ブレイク。 「毎日かあさん」は、そんな彼女自身の人生をもとにした物語です。 主人公の夫婦を演じるのは、小泉今日子と永瀬正敏。 また、正司照枝、古田新太、大森南朋、田畑智子、光石研など、個性派俳優が顔をそろえました。 監督は、デビュー作『かぞくのひけつ』 06 で日本映画監督協会新人賞を受賞した期待の才能、小林聖太郎。 2011年、「いろいろあるけど、人生は楽しい」心からそう思える映画を贈ります。 『毎日かあさん』は2011年2月5日、全国ロードショーです。

次の