名 探偵 コナン 後藤 淳一。 【最新】名探偵コナンの黒幕、あの方の正体が光彦だと話題に

【最新】名探偵コナンの黒幕、あの方の正体が光彦だと話題に

名 探偵 コナン 後藤 淳一

説明 作中に登場したキャラ一覧です。 後々必要になってくる可能性があるので作りました。 レギュラー(準レギュラー)も入れましたが、モブが一目でわかるようにするためのリスト化なので、情報は簡潔にしています。 年齢が推測できるような箇所もここではめんどうなので省略。 複数回登場しているモブについては、再登場をメモしています。 レギュラーや有名キャラは基本的に初登場のみの紹介。 よくあるファンブックなんかでは、犯人や被害者の一覧はたまにあるのですが、「実はあの人の正体は~」という考察に重要なのはどちらかというと現在生きている人、勾留されていない人です(笑)特に死亡偽装の伏線がない限りは… グレーの背景色が故人や事件で殺害された被害者。 薄紅の背景色が過去の犯罪や事件の犯人で捕まった人です。 また、リストは基本的にフルネーム(一部例外あり)で「登場」している人物です。 名無しのキャラは非常に多いのですが、リスト考察からできることは名前からのアプローチなので。 名前のみのキャラ(名簿など除く)は作中で言及されたキャラについては入れていますが、探すのが大変なのでちょっと抜けがあるかもしれません。 名簿等に名前のみ画として描かれた人物が重要キャラの可能性はあるけれど、結局、読者に犯人に当たる人物を推理させる場合は登場している(これから登場する)必要があるのではないかと。 この場合、変装&偽名で登場している可能性が高い。 原作で名無しのキャラにアニメで名前が付くことも多いのですが(特に警察関係者)、原作重視ということで省略。 もしかしたら、後々逆輸入されるかもしれません。 まぁ、アニメで勝手に名前を付けるようなキャラは大して重要じゃないかも。 例外的に、作中で存在が示唆された人物についてはせっかくなのでメモしています。 主にレギュラーキャラの関係者は過去の例から言っても登場の可能性もあり。 アルファベット表記はちょっと迷いました。 記法は複数あるので、ローマ字の場合はパスポートなどで使用されるヘボン式、それもできるだけ一般的なものを使ってますが、毛利は「Mori」「Mohri」とあるように必ずしも一つじゃなかったり。 単純なアルファベット変換も載せましたが、これも書き方複数あるので、臨機応変に変更、取ったり付けたりして考える必要があるかも。 外国人については、わかる範囲で英語表記にしています。 それから、漢字の読みを変えてから変換くらいなら十分ありえそうだけれど、いくらでもパターンを考えることができそうで、全キャラをちょっと無謀。

次の

アニメ【名探偵コナン】声優一覧

名 探偵 コナン 後藤 淳一

もくじ• 業火の向日葵 あらすじ まずは「業火の向日葵」を振り返りましょう! 芦屋のひまわり ニューヨークのオークションで、ゴッホの歴史的名画「ひまわり」が出品された。 ゴッホが描いた「ひまわり」は7枚あったが、今回出品された2番目のひまわりは第二次世界大戦時の『芦屋の空襲』で焼失したと思われていた。 ところが、全く同じ構図のひまわりがフランスのアルルが発見され、専門家により本物だと鑑定されたのだった。 そして、世界中からゴッホが描いた7枚の「ひまわり」を集め、 『日本に憧れたひまわり展』を開催すると発表。 宮台なつみ(歴史、鑑定担当学芸員)• 東幸二(修復、保存管理担当学芸員)• 圭子アンダーソン(企画担当学芸員)• 石嶺泰三(運搬、運送担当学芸員)• 岸久美子(展示、演出担当学芸員)• チャーリー(ニューヨーク市警)• 騒然とする会場。 警備主任のチャーリーたちが怪盗キッドを追い詰めるが、キッドは閃光弾を放ち窓から逃亡する。 宝石しか狙わないはずのキッドが「ひまわり」を狙っていると知り、パニックになる一行。 それにしてもキッドは新一を利用しすぎである。 大空を舞うひまわり 後日、ひまわりを乗せたジェット機が日本へ向かう空で、貨物室が突如爆発! 飛行機のドアが破壊され、大空を舞った「ひまわり」をキッドに奪われてしまう。 さらに、爆発と同時に火災が発生して第4エンジンが停止。 操縦が効かなくなった機内はパニックに陥り、機体は緊急着陸を余儀なくされる。 制御を失った飛行機は間一髪で空港との衝突を回避。 一歩間違えたらとんでもないことになっていた。 普段のキッドからは想像もできない凶行である。 そのキッドは、ひまわりの絵をなぜかビルの屋上に放置していった。 特に目立った損傷もなく、「ひまわり」は鈴木家の財力が作り上げた大金庫・『鉄狸改』に保管されることになった。 5枚目のひまわり 帰国後、次郎吉と7人の侍たちは「キッド対策」として「ひまわり展」の防犯システムについて会議が行われていた。 「今夜、ラ・ベルスーズの左(最初の模写)を頂きに参ります。 」 その報告を受けた次郎吉たちは、「ラ・ベルスーズの左(最初の模写)」が『5枚目のひまわり』であると断定。 出典: 5枚目のひまわりが展示されている「損保ジャパン日本興亜美術館」へ向かった。 なお、当美術館は実在しており、公式にコナン映画に協力している。 コナンや灰原たち少年探偵団も同美術館へ。 しかし、警備員に変装していたキッドにより、あっさりと「ひまわり」を奪われてしまう。 キッドは美術館館長の胸ポケットにカードを残しており、盗んだ「ひまわりを100億円でお譲りします」とのメッセージが残された。 場所は「東都プラザホテル」が指定されており、次郎吉はキッドに100億円を支払うことを決める。 部屋の「気圧が高くなっている」ことに気づいたコナンとチャーリーが現場に向かうが、取引時刻になると現場の窓に仕掛けられた爆弾が爆発。 部屋に突入したコナンとチャーリーは『5枚目のひまわり』を取り返すが、窓の外にいたキッドは取り逃してしまう。 宝石ではなく絵画を狙い、飛行機を爆破、さらには100億円との交換を要求。 キッドらしくない行動が続く。 ひまわりの絵を守る難攻不落の要塞・レイクロック美術館で 「日本に憧れたひまわり展」が開幕する。 会場には、2枚目の「ひまわり」を見て思わず泣きだすおばあさん ウメノ の姿が。 レイクロック美術館のセキュリティは完璧に思えたが、キッドは工藤新一に変装して会場に潜入。 コナンは館内でキッドカードを発見する。 キッドの侵入に気づいた次郎吉は、キッドをレイクロック美術館に「閉じ込める」作戦に出る。 次郎吉は客とスタッフ全員を退館させることを後藤に命じる。 しかし何者かの手によって電気制御室に火災が発生し、美術館全体が停電となる。 7人の侍の中に裏切り者がいないか中森警部が調べていたところ、1人の容疑者が浮上。 その人物とは修復担当の「東幸二」 東幸二の祖父・東淸助は『芦屋の空襲』から「ひまわり」を救い出していた。 東幸二と兄は、その絵を受け取った使用人の言葉を頼りに『芦屋のひまわり』を探し続けていた。 2人はフランス・アルルの古民家の屋根裏部屋で『芦屋のひまわり』を見つけたが、絵画の扱いを巡って口論となり、東幸二はとっさに兄を殺してしまった。 その事件は自殺と処理されていたが、東幸二は自分が殺害したと主張。 展覧会が終わってから出頭するつもりだった。 壁を破壊する蘭 しかし、ひまわりを狙った真犯人は別にいた。 可燃性の液体でレイクロック美術館に火災を起こす。 すぐに館内に炎が広がったため、次郎吉は「ひまわり」の絵の緊急脱出プログラムを作動させて外へ逃げる。 しかし、2枚目と5枚目のひまわりが残っていることに気づいたキッド(工藤新一に変装)とコナンはひまわりの絵を救出するために残る。 壁の破壊を蘭に託すコナンとキッド。 向かうところ敵なしの彼女の次なる標的は一体!? 迫り来る炎に襲われる3人だが、キッドは後藤に連絡を取り、貯水タンクを破壊するよう依頼。 濁流に飲み込まれた3人は無事火災から逃れるも、蘭は水を飲んで気絶してしまう。 工藤新一の推理ショー ここで工藤新一の推理ショー(コナンの変声器)がスタート。 真犯人は「宮台なつみ」 その目的は2枚目と5枚目のひまわりを破壊することだった。 私はそれほどゴッホの2枚のひまわりを愛しているの あの2枚の贋作がゴッホのひまわりと並んで展示されるくらいなら死んだ方がましよ なかなか常人には理解できない動機。 というか贋作なら、自分でそう鑑定すればよかっただろうになんでそうしなかったんだろうか? あんたは所詮自分に都合の良いように考えることしかできない犯罪者だ 決して学芸員なんかじゃない 犯人の胸に新一の言葉が突き刺さる。 推理ショーを終えたコナンは、ハンググライダーを使えるキッドに気絶した蘭を託す。 1人残されたコナンは、ベルトから出した 『花火ボール』を使って「ひまわり」とともに脱出する。 怪盗キッドの目的 「芦屋のひまわりを見せたい人がいる」 それはキッドがじいちゃんと呼んでいる使用人・寺井黄之助からの依頼だった。 『芦屋の空襲』で「ひまわり」を守った東淸助から絵を託されていた寺井黄之助は、ウメノに恋心を抱いており、ウメノに思い出のひまわりを見せてあげたいとキッドに頼んでいた。 宮台なつみから「ひまわりの破壊」を依頼されていたキッドは、ひまわりを守っていたのだった。 業火の向日葵 感想• とにかくキッドをカッコよく描くために作られた作品 キッドが絶対にしない行動をあえて演出することによって 「キッドが期待通りのキッドだった」ことを際立たせている。 気になったのは犯人の動機。 鑑定士である犯人は2枚目と5枚目のひまわりを「贋作」と主張しているが、それなら贋作だといえば良い。 言えない圧力でもあったのだろうか? 言いづらいのは分かるが… 贋作を嫌うのは理解できるが、贋作ならそもそもひまわり展自体が開催されなかったはず。 少なくとも飛行機のドアを爆破するよりは贋作といった方が簡単じゃないかな? キッドを活躍させるために無理やり設定したかのように見えてしまう。 また、フランス・アルルの殺人事件も後付けにように感じてしまう。 無理に殺人事件をいれなくてもいいんじゃないかな。 本作ではおばあさんが、灰原の心中に触れるが2人の間に進展はなし。 蘭がいるし、大半のコナンファンもそこを期待しているので揺らぎようがないが、それにしても切ない役回りである。 この映画最大の見所は おばあさんとキッドのじいちゃんの関係。 使用人の頼みを聞いて自分に全く関係のないひまわりを必死で守るキッドの器が大きすぎる。 裏方に徹するキッドのおじいちゃんが影の主役を演じていた。 いつか阿笠博士メインの映画もやってほしいな。 連載の方で恋愛はやってしまったけど 修復不可能と思われたキッドの悪評を挽回したのは見事。 ここのストーリーは筋が通っていて違和感なかった。 名探偵コナンはキャラを大事にしているところが改めてわかった19作でした。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

名探偵コナン「業火の向日葵」を徹底的に振り返る ※ネタバレあり

名 探偵 コナン 後藤 淳一

説明 作中に登場したキャラ一覧です。 後々必要になってくる可能性があるので作りました。 レギュラー(準レギュラー)も入れましたが、モブが一目でわかるようにするためのリスト化なので、情報は簡潔にしています。 年齢が推測できるような箇所もここではめんどうなので省略。 複数回登場しているモブについては、再登場をメモしています。 レギュラーや有名キャラは基本的に初登場のみの紹介。 よくあるファンブックなんかでは、犯人や被害者の一覧はたまにあるのですが、「実はあの人の正体は~」という考察に重要なのはどちらかというと現在生きている人、勾留されていない人です(笑)特に死亡偽装の伏線がない限りは… グレーの背景色が故人や事件で殺害された被害者。 薄紅の背景色が過去の犯罪や事件の犯人で捕まった人です。 また、リストは基本的にフルネーム(一部例外あり)で「登場」している人物です。 名無しのキャラは非常に多いのですが、リスト考察からできることは名前からのアプローチなので。 名前のみのキャラ(名簿など除く)は作中で言及されたキャラについては入れていますが、探すのが大変なのでちょっと抜けがあるかもしれません。 名簿等に名前のみ画として描かれた人物が重要キャラの可能性はあるけれど、結局、読者に犯人に当たる人物を推理させる場合は登場している(これから登場する)必要があるのではないかと。 この場合、変装&偽名で登場している可能性が高い。 原作で名無しのキャラにアニメで名前が付くことも多いのですが(特に警察関係者)、原作重視ということで省略。 もしかしたら、後々逆輸入されるかもしれません。 まぁ、アニメで勝手に名前を付けるようなキャラは大して重要じゃないかも。 例外的に、作中で存在が示唆された人物についてはせっかくなのでメモしています。 主にレギュラーキャラの関係者は過去の例から言っても登場の可能性もあり。 アルファベット表記はちょっと迷いました。 記法は複数あるので、ローマ字の場合はパスポートなどで使用されるヘボン式、それもできるだけ一般的なものを使ってますが、毛利は「Mori」「Mohri」とあるように必ずしも一つじゃなかったり。 単純なアルファベット変換も載せましたが、これも書き方複数あるので、臨機応変に変更、取ったり付けたりして考える必要があるかも。 外国人については、わかる範囲で英語表記にしています。 それから、漢字の読みを変えてから変換くらいなら十分ありえそうだけれど、いくらでもパターンを考えることができそうで、全キャラをちょっと無謀。

次の