モナー コイン 半減 期。 暗号資産(仮想通貨)の半減期の一覧【半減期とは何か?も解説】

ビットコインの半減期後の値動きを考察&モナコインの買い場探し

モナー コイン 半減 期

半減期とは ビットコイン半減期の本質を解説 ビットコインの仕組み 半減期という仕組みを理解するにはまず、ビットコインの ブロックチェーンと マイニング(採掘)というシステムを理解しなければなりません。 ここでは簡単に説明しましょう。 ビットコインには中央管理者がいないため、ビットコインが誰の口座から誰の口座に流れたかの記録が必要です。 この取引記録のまとまりを ブロックチェーンと呼びますが、ブロックチェーンに正確に取引記録を記入できた人には 報酬としてビットコインが与えられます。 このようにブロックチェーンに取引記録を書き足して報酬をもらうことを、マイニングといいます。 世界中の人々はまだ世の中に出回っていないビットコインをマイニング 採掘 するために、ブロックチェーンを繋いでいくのです。 ブロックチェーンの詳しい仕組みについてはこちら。 ビットコインの半減期とはなにか 半減期とはずばり、 マイニングにおける報酬が半分になってしまうタイミングのことです。 ビットコインの1回のマイニング報酬は当初50BTCでした。 しかし2012年の半減期で25BTCに、2016年の半減期で12. 5BTCになりました。 ビットコインの半減期が訪れるタイミングはあらかじめ決められています。 ブロック ブロックチェーンの最小単位のようなもの)は約10分に1個生成されるように設定されているのですが、 半減期は21万ブロックが生成された時に訪れると決められているのです。 「ビットコインは4年に1回!」のように書いてあるサイトも散見されますが、これは結果としてそうなっているだけであって、本質的には ブロックの生成速度で決まっています。 実際にブロックの生成速度はブロックの計算難易度や、マイナー マイニングする人 たちの競争に影響を受けるので、10分ぴったりではありません。 これまでの傾向からいくと、 半減期は4年よりも少し早まる傾向にあります。 なぜ半減期は必要なのか 例えば、 円やドルなどは中央銀行がその発行量を管理しているので、インフレになったら発行量を減らし、デフレになったら増やすなどの コントロールができます。 しかしビットコインには中央管理者がいないので、 発行量をコントロールすることができません。 一方、ビットコインの発行上限はあらかじめ 約2100万BTCと決められています。 発行上限が決まっているなら、誰もが上限に達する前にビットコインが欲しいと思うでしょう。 そのため同じペースでビットコインがマイニングされると、 急激なインフレがおきてしまう可能性が高いのです。 そこで考えだされた仕組みこそが 半減期なのです。 ビットコインにおけるマイニングはビットコインの新規発行とみなせるので、マイニング報酬を半分にするタイミングを設けることで、ビットコインが新規発行されすぎるのを防いでいるのです。 こうすることで、緩やかにビットコインの価値を上げることができるのです。 半減期とは 3回目の半減期はズバリ、2020年5月 ビットコインは今まで2012年と2016年の2回半減期が訪れました。 現在のマイニング報酬は12. 5BTCなので、 次の半減期では6. 25BTCになるわけですね。 では、3回目の半減期はいつ来るのでしょうか。 ビットコインが初めて発行されたのが2009年なので、だいたい3〜4年ごとに半減期が訪れているのがわかります。 ですがすでに述べたように、半減期は決して「〇年おきにくる」というものではなく ブロックの生成速度に依存しています。 これをもとに次の半減期を予想してみましょう。 ブロックの生成速度は約10分に1個で、半減期は21万ブロックに1回訪れます。 さらに現在のマイニングの計算競争なども考慮すると、 次の半減期は2020年5月に訪れます。 2回目の半減期が2016年7月だったので、やはり 4年よりは若干早くなっています。 価格はどうなる? 2012年と2016年の半減期を分析してみた ビットコイン半減期 in 2012 ビットコインの初めての半減期は2012年11月にありました。 しかし、実はこの時には 特に目立った値動きはありませんでした。 2013年に入ってビットコインは確かに値上がりしましたが、これにはキプロス危機などの要因がからんでいて半減期の影響はさほど大きくなかったと思われます。 このようになった理由としては、 当時はまだ ビットコイン利用者自体が少なかったことが挙げられるます。 2012年時点ではビットコインの認知度は低く、半減期にあまり注目が集まらなかったのかもしれません。 では次に、ビットコインユーザーが増えた2016年の値動きを見てみましょう。 ビットコイン半減期 in 2016 より 2016年の2回目のビットコインの価格変動は2013年に比べて特徴的です。 まず青い矢印に注目しましょう。 半減期は7月でしたが5月くらいからじわじわと ビットコインが値を上げてきました。 そして6月末に一旦価格が急降下し再び持ち直しています。 5月から値が高騰した理由は断言できませんが、半減期という一大イベントを前にビットコインに注目が集まったからだと思われます。 この高騰である程度の利益を得た人が、半減期を前に利益確定しようとしたのが青い矢印の急降下の理由だと思われます。 では 長期的な目で見た場合はどうでしょうか。 赤い矢印 が長期的な変動。 短期的には乱高下がありますが、半減期を経てビットコインの 価格帯は一段階上がっていることがわかりますね。 マイニング報酬が半分になるということは、新規発行されるビットコインが減るというわけですから、需要と供給の関係でビットコインの価格は上がるのです。 価格はどうなる? 次の半減期にビットコインの価格は上がるの? 次の半減期にビットコインはどのような値動きをするのでしょうか。 様々な角度から考察してみましょう。 ビットコイン過去2回の半減期 さきほど解説した過去2回の半減期を振り返ってみます。 1回目の半減期はビットコイン利用者が少なく、特徴的な値動きもないので判断材料としては物足りませんが、半減期を経ても価格が下がらなかったことは確かです。 では次のビットコインの半減期にも価格は上昇し、さらに2回目の半減期のような特徴的な値動きをするのでしょうか? 実は、そう言い切るにはまだ早いです。 より正確に予想するためにも、ビットコイン以外の暗号資産 仮想通貨 が半減期の前後にどのような値動きをしたのか見てみましょう。 暗号資産 仮想通貨 ライトコインの半減期 より これはライトコインの2015年8月の半減期のチャートです。 よく見ると ビットコインの半減期と同じような動きをしていますね。 価格はどうなる? ビットコインは半減期を繰り返すとどうなる? ビットコインが採掘されつくした世界 半減期とは、ビットコインの新規発行を抑制するためのシステムだと先ほど説明しました。 しかしビットコインには発行上限があり、新規発行が抑制されたとしてもいつか上限に達する日が来るはずです。 もし今のペースを保ったままビットコインが順調にマイニングされた場合、 最後のビットコインがマイニングされるのは2140年ごろだと言われています。 これを機に、ビットコインを新規発行するためのマイニングが行われることはなくなります。 しかし ビットコインのエコシステムを稼働し続けるためには、マイニング作業を続けることが必須です。 これまでマイニングによる報酬として新規発行分のビットコインを獲得する権利を得られていましたが、 2140年以降はトランザクション手数料のみがマイナーの利益となります。 ビットコインのトランザクションでは、取引手数料が高いモノを優先的にマイニングプールから取り出して選ぶことができるので、高いモノから順に処理されていきます。 ひとたび流通量が一定量に達すると、インセンティブを取引手数料として払うことが可能になり、ビットコインは規定以上流通することはないのでインフレから完全に解き放たれることになるのです。 半減期という巧妙なシステムに敵はいるか? 半減期というシステムはビットコインの新規発行を抑制するという目的以外に、 マイナーのインセンティブ 誘因 を抑えるという役割もあります。 マイニングには膨大な計算量を要すため、マイナーたちは計算処理能力の高いコンピュータを駆使して計算を行っています。 しかしこれには電気代がかなりかかるので、マイニング報酬よりもコストが上回る場合にはマイニングをしません。 半減期で報酬を減らすことにより、うまくマイニングまでコントロールしているわけです。 しかし近年、 量子コンピュータというものが注目されています。 量子コンピュータとは、今までのコンピュータとは違った方法で演算ができる次世代のコンピュータのことで、 計算能力は従来よりも飛躍的に向上します。 もしこれを使って低コストでマイニングができるようになったら、半減期というシステムは機能するのでしょうか? そしてそもそも、それだけの演算速度があればブロックチェーン上の記録まで改ざんできてしまうかもしれません。 もしかしたら ビットコインの価値が新たな技術によって脅かされる日が来るのかもしれません。

次の

むしろ今、モナコインが買い時だという話

モナー コイン 半減 期

Contents• モナーコイン(Monacoin)とは? モナーコインは日本で最初に生まれた仮想通貨であり、皆さんご存じの「2ちゃんねる」から誕生しました。 モナココインは2013年12月に発表され、リリースは2014年1月1日に発行。 発行当初はライトコインと同等の属性でありましたが、現在は独自に仕様改良を繰り返しています。 2017年10月にbitFlyerへ上場し大きく話題になりました。 この秋より取引所は金融庁の承認登録が必要になったこともあり、大変厳しい審査を経て登録の承認がされることもあり、業界内でのコインにと取引所に対する評価が以前よりも高くなったと言えましょう。 モナーコインの特徴とは? モナコインの特徴は5つあります• 総発行枚数:1億512万枚• Segwitが仕様に組み込まれている• マイニング(採掘)と半減期について• ツイートするだけでMonaの送金が可能• 取引スピードが速い:ブロック生成間隔が90秒程 総発行枚数について ビットコインの2,100万BTCに対して、Monacoinの総発行枚数は1億512万枚、約5倍です。 ライトコインは8,400万LTCなので、1. 25倍ほどですね。 後述しますが、モナコインはブロック生成スピードが比較的に他通貨よりも速いので、総発行数も多くなるということです。 Segwitが既に組み込まれている モナコインは早くにSegwitが組み込まれています。 Segwitは2017年4月27日にアクティヴェートされ、実はMonacoinが最初に実装した世界で初めてのコインなのです。 Segwit(セグウィット)とは取引処理向上には不可欠な技術的アップデートで、ブロックチェーン技術の根幹です。 一つのブロックに入れる「取引データ」(transaction を圧縮する技術のことを指します。 Segwitを実装しているのはビットコイン、ライトコインとこのモナーコインです。 取引スピードを速くすることでビットコインが以前から抱えている問題をいちはやく解消するために導入したと言われています。 モナーコインの採掘とは? モナーコインの採掘、いわゆる「マイニング」はビットコインと同じを採用しています。 マイニング、採掘作業は計算能力の高いPCが報酬を得る仕組みなので、企業などがインフラをきっちり整えて採掘をする以外に、自宅で簡単に高性能PCを設置してマイニングすることは非常に難しいと考えられます。 マイニングプールに属するか、クラウドマイニングなどで採掘する方法しか現時点では選択肢が無いと考えて頂ければとおもいます。 モナーコインの半減期とは? モナーコインの半減期は1,051,200ブロック枚と設定されており、3年に1度の計算です。 一回目の半減期は今年の7月16日に終了しており、次回は2020年の東京オリンピックの年に予定されています。 傾向として半減期を迎える仮想通貨は直前に、価格を大きく上げていることも明記しておきます。 半減期は仮想通貨のインフレ防止のための措置という見方が適当でしょう。 市場に出回る、通貨の枚数が減るので半減期を迎えると、通貨そのものの価値が上がるため価格が上昇する傾向にあります。 1回目の半減期ではマイニング報酬は25MONA、2回目の3年後はその半分の12. 5MONA、そして3年ごとに半分ずつに減っていくということです。 1回目の半減期前までは50MONAも報酬があったわけです。 モナーコインの取引スピードは速い! 何よりも特筆すべき点ではないでしょうか。 モナーコインの処理スピードは毎90秒ごとにブロックが生成されます。 このスピードがもたらす恩恵は、決済手段として大変有効なものになるということです。 現在はビットコインもビックカメラなどの大手家電量販店などで決済手段として選択可能ですが、取引処理のスピードが10分程かかるということで、なかなか普及しないという現状があります。 実用的は面においてライトコインは2. 5分ごとにブロックが生成されるということで、ビットコインよりもすぐれている点として業界内では評価が高かったのですが、モナーコインはさらに1分速いということで今後注目されるとおもいます。 ただ、セキュリティ面を考慮した上で、ブロックの生成間隔が10分と設定された背景もあり、モナーコインの普及は「90秒という取引処理に関連する不正防止のための仕様改良」がカギになるのではと考えます。 課題の一つとして明記しておきます。 ツイートするだけでMONAが送金できる モナーコインはTweetのみで送金が出来る仕組みがあります。 twitter上でモナコインをtipmonaというbotが管理をしており、このtipmonaへMONAを送金することにより「残高確認」「入出金」などが可能なのです。 tipmonaの利用方法 モナーコインをTwitter上で送金する方法などのからどうぞ。 tipmonaで残高確認 Twitter上で tipmona balanceまたは tipmona 残高とツイートすると、残高確認が可能です(スペースは半角) tipmonaのアカウントに入出金する方法 自身のtipmonaアカウントへ入金するには tipmona depositもしくは tipmona 入金とツイートすると、モナコインちゃん( tipmona から 入金用のモナコインアドレスがリプライで届きます。 出金の場合は「 tipmona withdraw 金額 アドレス」または「 tipmona 出金 金額 アドレス」で出金することが可能です。 tipmonaからMonaの送金をする tipmonaからMonaを送金する場合ですが、「 tipmona tip 相手のtwitterID 金額 半角数字 コメント」で特定の相手(送金相手もtwitterアカウントが必要です)にMonaを送金することが可能です。 コマンドが成功すると tipmonaから自動返答がきます。 たったこれで送金が完了するという革命的なシステムです。 実は、いいね!やお気に入りを推すのと同じように、モナコインをその相手に送金することも可能なんですね。 これがMONAのおもしろいところです。 銀行口座を開示しているようなものですが、匿名性の高いTwitter上でのことですから、ブロックチェーン技術の「哲学」に沿ったアイデアですよね。 何よりも個人情報が守られていることが、仮想通貨の非中央集権型システムの素晴らしいところでしょう! モナーコインのチャートはこちらで モナーコインのチャートはオススメしているbitFlyerのサイトで見ることが可能です。 BitFlyerはこちら モナーコイン爆上げの背景 2017年7月は70円程度で推移していたモナーコインですが、10月にBitFlyerへ上場したことにより一気に騰がりました。 ビットフライヤーに対する評価、そしてこの取引所で取引が可能になったという事実により、モナーコインへの評価が上がったと言えるでしょう。 Bittrexでも取引高1位を記録したことは、海外の投資家が注目し買い注文が一気に入ったとみられています。 モナーコインの今後とまとめ モナーコインは日本で最初に生まれた日本発の仮想通貨として、個人的に応援したい気持ちがあります。 アルトコインの中でもイーサのように評価が高くなること、ビットコイン同様に世界で取り扱ってもらえるかどうかが、今後の焦点になるのではと考えます。 取引スピードが速いことで、日常生活における決済手段として広まること、またその利便性とセキュリティの問題がクリアすれば、少なくとも国内では一気に普及する可能性を秘めていると感じています。 仕方の無いことではりますが、世の中の「傾向」として、中央集権型の管理組織に「依存」していることには間違いなくそれは感覚的にも、これまでの経験としてもしがみついてしまうものだとおもいます。 ブロックチェーン技術とはそもそも中央集権型管理組織を否定するところから始まりました。 不正が横行する現行の制度に対する批判と、民主的な在り方を言及するためのものでした。 しかしながら、まだまだ我が国だけでなく世界の人々の「マインド」、その行動ロジックや感覚的な捉え方というのは「国=安心」や「銀行=信用」という概念に支配されています。 ブロックチェーン技術やビットコインなどの仮想通貨を評価するときに、難しいのはこの点だとおもいます。 ですから、ビットコインなどの仮想通貨そのものを全否定するJPモルガンのCEOなどの発言を聴くと「組織に依存する側の立場」からの言葉であり、仮想通貨に対する評価と、社会になかなか浸透していかない「マインド」が存在することは、頭の片隅においておくべきでしょう。 投資家的な発想で考えれば、既存の在り方、金融機関の存在などと共存しながら、あらなた世界や技術に目を向け、モナーコインなどの夢のある仮想通貨に投資をし、ロングを購入することが今後の発展の起爆剤になるのでは、と当サイトは考えています。 私もこれを機に、モナーコインを購入したいとおもいます。 取引所を登録するならこちら.

次の

モナーコインとは 購入方法や取引所のおすすめ 相場推移と今後の将来性|仮想通貨(暗号資産)投資入門

モナー コイン 半減 期

タップできる目次• 半減期って何? 半減期がある仮想通貨として代表的なのが ビットコインです。 ビットコインはおおよそ4年に一度半減期を迎えマイニングの報酬が半分になって行きます。 半減期を知る前に少しマイニングの概要についておさらいしておきましょう。 ビットコインのマイニングというのは、簡単に言うと「取引の承認作業を行うこと」ですが、その承認作業をするにはパソコンを何百台を使って、計算する必要があります。 もちろん、電気代がめちゃかかります。 マイナー(マイニングを行う人)は取引承認作業の対価として新規に発行されたビットコインを手に入れることができます。 そして、マイナーはビットコインを売却することにより、利益を得たり、電気代を払ったりします。 マイナーは昔は個人もいたみたいですが、今はちゃんとした企業が行っている大規模なものです。 その マイナーが新規にもらえるビットコインが、ビットコインの場合は4年に一度半減します。 2019年現在ではマイニングの報酬として12. 5BTCがもらえますが、次の半減期2020年7月頃には6. 25BTCに減ってしまいます。 マイナーはマイニング報酬が減ってしまいますが、我々一般投資家からすれば マイナーがビットコインを市場に供給する量が減ることになり、価格が上がる材料の一つとなります。 では、リップルに半減期はあるのでしょうか? リップルに半減期はない 結論から言うと、リップルに半減期はありません。 なぜ半減期がないのかですが、理由の一つとして リップルはビットコインと違い発行上限枚数1,000億XRPをすべて発行しています。 ビットコインも発行枚数は2,100万枚と上限は決まっていますが、マイニングされるたびに新規に発行される仕組みになっています。 また、ビットコインとでは、取引の承認形態も事ななります。 ビットコインでは上で説明したようにマイナーと呼ばれる人達が膨大な計算を行って報酬をもらうことにより取引を承認するPOW(proof of work)という仕組みを採用していますが、 リップルでは取引の承認形態としてPOC(proof of consensus)という仕組みを採用しています。 そして、POCではValidatorという人が取引を承認します。 マイクロソフトやセコム、金融機関などの選ばれた人がなれます。 そのValidatorのうち80%以上が承認することにより取引が有効なものとされチェーンに記録されます。 このようなリップルの特徴によってリップルには半減期がありません。 がっかりしたかもしれませんが、リップルにはビットコインにはない特徴があるのでガチホしておくといいことがあるかもしれません。 その理由を次に説明していきます。 リップルには発行枚数が減少していく仕組みがある リップルの特徴として 発行枚数すなわち市場に流通している枚数が減少していくという仕組みがあります。 リップルをリップルのネットワークで送金しようとした場合、手数料が取られます。 これは、ビットコインやネムとかでも同じですよね。 ビットコインの場合、その手数料はマイナーに支払われますが、 リップルの場合、取引を承認するValidatorには支払われず、そのまま使われなくなるという仕組みとなっています。 リップルが普及し取引が活発に行われれば、 手数料分だけ少しずつリップルは市場から減少していき価格があがることになります。 ですので、ガチホしておけばリップルの価格が上がるかもしれません。 MEMO リップルから仮想通貨投資を始めてみたい人は、仮想通貨投資をする前に知っておきたいリスク、リップルの取引所での買い方などをまとめたこちらの記事をご覧下さい。 ビットコインなどその他の通貨の半減期 リップルに半減期はないのですが、ビットコイン等その他の通貨には半減期があります。 半減期はみんな知ってるので価格に織り込まれているとあがりませんが、上手く波に乗れれば儲けることができるのでチェックしておいて損はないでしょう。 以前、モナコインが半減期を迎えた時にどれくらい前から仕込んでおけばよいのか分析した記事があるのでよかったら読んでみてください。 【半減期を予定している通貨(時期はおおよそなので注意)】 Bitcoin 2020年5月 Bitcoin Cash 2021年8月 Litecoin 2023年8月 Zcash 2020年10月 Vertcoin 2021年12月.

次の