ヘルシング ウォルター。 『HELLSING(ヘルシング)』漫画の最終回ネタバレひどい!ドイツ版もあるんだって

HELLSING

ヘルシング ウォルター

「ヘルシング」はされています。 他のヘルシングをお探しの時は以下を参照してください。 HELLSINGとは、の作品である。 の刊「」にてから連載されていた。 は「」号にて。 また、若かりし頃のを役に据えた「THE 」が「」に連載されたこともあったが、雑誌の休刊により6話までで。 化についてはによって化され、その後が、、ので発売された。 概要 本作はに20のをとし、との戦いを描いた作品である。 の王立教団、通称「ヘルシング」を管轄するヘルシングの当と、に従するの、によってとなったの元スの3名が、この作品のである。 基本となる展開は、というム・の作品に沿ったもので、王立教団と・喰()のが中心となっている。 中盤からはの集団「」の戦いがとなってくる。 あらすじ の小村、チェ村でがになる事件が続出していた。 そしてある、その村は喰()によって埋めつくされた。 この事件に王立教団、通称ヘルシングが そこにされたのはヘルシングの処理係の「」、。 喰を操るのは。 は襲われていたのスをもろとも殺し、の手によってスは女となって復活してしまった... - ()• はに仕えるヘルシングの処理係。 「姿形は私にとっては何の意味もない」と言う通り右のように途中で外見が大きく変わる。 形態は通称。 体を数のに変えたり、体がちぎれるような損傷もすぐに(ごと)再生するということもあるが、普段から顔や姿は割と変わる。 制御術式で自らのにリミッターを掛けており、対峙する相手の強さに合わせてリミッターを外して応じる。 においてはでありでもあり、そして意外と傷付きやすい繊細な。 「諦めが人を殺す」「化物を殺すのはいつだって」というのが持論。 普段の専用として、4ースックと対化物専用13mm(の精が宿っている)の2丁のを使用する。 は対用に特注したもの。 - (、幼少期:)• 王立教団(通称ヘルシング)。 ヘルシング当。 円卓の一員であり位を持つ。 先代ヘルシング当の・ヘルシングの死後、督争いで窮地に追い込まれたところを屋敷の地下に封印されていたを解放し従関係となり、対立していたを殺して名実ともに当となる。 以後、ヘルシングを率いてやヘルシングの、スらを使いやと対決していく。 性格はどのような状況下でも冷静沈着にして大胆不敵であるが、時に気性が荒く昂する面も見せる。 からになったばかりで衰弱するスにである自らの血を飲ませるなど気に掛けていたり、とので殉死したヘルシングの部下のために怒りを露わにするなど感情に乏しいわけではないが、一方で非情にしなければならない局面では精的な弱さが垣間見えることもある。 しかし、それを踏まえた上でするべき命を下し、容赦なく行動も実行する。 としてのだけでなく、並のであればやを用いて独で倒せる技量も持つ。 幼少期から付き従うのことは非常に信頼している。 - ()• の属の女(キュリーナ)。 元婦人官。 一般の官として任務中に事件に巻き込まれるわ、に捕らえられるわ、のごと撃ち抜かれ殺されかけるわ(一応撃たれる前ににかどうか確認されている)、のところをに血を吸われて属のになるわと成り行き上なし崩し的にヘルシングに所属し、やとの戦いの渦中に身を置いてゆくことになる。 からとなった性質の変化や遇に戸惑いつつもをとして従い徐々に順応していく。 のヘルシング本部襲撃の際にベに命と引き替えに助けられたことで初めて自らの意志で血を吸い全なとしてする。 専用として、の用意した対化物用「()」コンネン(コンネンの精が宿っている)、 局点防衛用長々撃戦装備コンネンを使用する。 - ()• 集団 SEの。 との襲撃によって壊滅したヘルシング本部の警備兵の代わりとしてヘルシングとし本部の護衛を受け持つ。 ベ自身は、スの南時にも同行しである二人の補佐からまでこなす。 代々を業とする系の生まれ。 - ()• 、最後の大隊(Letzt Ban)の。 - (なし)• 最後の大隊の戦たるヴェアヴォルフ。 一言も喋らない。 やたらと殺すのが大好きなの中にあって、戦う時と相手をきっちり選り分けて行動する的というかな一面を見せる異色の存在。 シュガー准尉 - ()• かもしれないしかもしれない、そもそもどこにでもいるしどこにもいない、なヴェアヴォルフ。 度々頭を撃ち抜かれる、というか吹き飛ばされる担当。 序盤の…のはずだった。 何をどうしたらああなった。 「あっ あいつだ ええとっけ あの あれだ の。 ゾー・ッツ - ()• 幻術が得意なヴェアヴォルフ。 はおろし。 - (:、:)• 第13課特務テの。 堂()。 - (:、:)• 第13課特務テの長。 教(後にに昇進)。 ンケル・ウーフー- ()• の部下である武装隊の一員。 江- ()• の部下である武装隊の一員。 はではなくを使う原抜流の使い手。 - (???)• ニの老人会。。 - (???)• 「全てを裏で操る至高の存在」その知略・は史を垣間見ても規格外の物で本作をたらしめた。 外伝『THE DAWN』 『』の増刊号『』にて連載されていた、HELLSINGの。 のワワをに、若かりし頃のが活躍する話。 の他にもやなどが登場している。 第6話まで描かれたが、雑誌の休刊での状態のままとなっている。 という事情もあってか単行本に収録されていなかったが、『』号にて「 特別 HELLSING」として6話分が一冊の冊子にまとめられた。 恒例の巻末は、号掲載分より再録された「」との掛け合いが収録されている。 TVシリーズとOVA にがしたがなどで放送された。 全13話。 版はにも輸出・配給される事から、にあるやとの対立等はほとんど省かれており、ほぼので進行した。 このため多くのからは不評を買い、者も自身ののや『』の次でとに対して意に満たない旨のことを書いている。 に幾度かの延期を経て、「そのまま」かつ「が終わるまでを」かつ「(以外の)要はそのまま」を謳い文句に新たに描き直された序盤と「」との戦いを取り扱う版のが決定した。 は"Hellsing te "。 なお本作は、品質をかなり重視しているため、1巻はリテイクの上で、2~4巻はそれぞれ当初の予定日より発売が延期された。 平野節 本作では「節」と呼ばれる独特の冒涜的で過な回特徴の一つとして評価されている。 よくや他のでにされることが多い。 代表的な節がこちら(と、とが異なる場合もある)。 「らはの代理人 罰の地上 らが使命はがに逆らう愚者をそのの最後の一片までもすること en」第1巻 -• 「最高にモンだぜ!! こっちだけズルしてだもんな!! 」第2巻 -• 「さあはこれからだ!!! くくく!!! 」第2巻 -• 「さあ行くぞ 歌い踊れ の様な悲鳴をあげろ」第3巻 -• 「用が済んだらちゃっちゃとおッ 野郎(ライミー)」第4巻 -• 「諸君 (「」参照)」第4巻 - ニコニコ動画での扱い でHELLSINGの、はどくが流である。 や、といった一癖ある個性的なのがを博し、の作品にもよく登場しているが、度はあまり高くはく、やや者といった感じである。 関連動画 関連静画 関連商品 原作コミックス.

次の

ヘルシングに出てくるウォルターについて

ヘルシング ウォルター

・C(クム)・ネーズとは、『』の登場人物である。 版でのは、(姿)、(姿)。 例の大百科記事、仕上がっております この項は、 成分を多く含んでいます。 小便は済ませたか?には? のスミでガタガタえてをする心の準備はOK? ・が仕えている、の(ー)。 ・の・先代卿の頃からに仕えている、。 初登場は単行本・1巻の第5話にて連絡係として登場。 その後2巻から本格的な登場となる。 左のと、の長いを後ろで束ねたの容姿が特徴的。 老人らしく物柔らかな性格だが、若い頃は口が悪く粗暴な性格だったらしい。 後述するように、やとも互以上に渡り合えるを持つが、彼は であってではない。 として、やの身辺の世話、及び屋敷内の庶務雑務を行っている。 またスやの専用の用意なども担当、対策として用にした対化物用13mm『』は、に「」と言わしめた。 (後に、等でもの間で「」という褒め言葉が定着する) 作品に登場するの定番として、に負けず劣らない程のを持っており、若い頃からに仕える「処理係」として、を行っていた。 鋼線()を操り、敵対者や対物をっ二つに(いはに)切り裂いたり、時には鋼線を操り糸代わりに用いたり、幾重にも編みこんで弾さえも防ぎ切るとして使うなど作中でも類稀なから、 「」との異名でも呼ばれている。 が部隊を率いて本部を襲撃してきた際もス共々、武装したの部隊を一掃してみせる活躍を果たすが、本人にく「若い頃より衰えた」らしい。 その後、の背後に立つ「最後の大隊()」による第ゼーレヴェーが始まると、当初はの護衛を務めながらの裏切り者を切り捨ててみせるなど変わらない活躍ぶりだったが、本部へ向かう途中に「」との対峙の際、を逃がし単身戦いを挑む。 ・・・しかし、時代にと共闘しながらも、自身の中で燻らせていた「と全で闘いたい」という願望(闘争本)を実現するべく、彼との接触を経てを裏切った彼は側へつく事になる。 (この間、達の前に敵として再び姿を現すまでどのような経緯があったかは描写されていないが。 ) 化の手術を経て、 の姿となった彼はもへ戻り、顔からはシワも消えており、口にはを銜えている。 またも若返る以前とは較にならない程に跳ね上がり、鋼線ではおろかまで輪切りにしてしまうほど。 さらにはの死骸を「」と呼んで踏みにじった事にキレた江が襲い掛かるも、その場から一歩も動かずにの身体をに切り刻んでしまうというやりたい放題ぶりである。 その後、達を見送るととのになるが、と成ったことで以上のを得た為かをも圧倒、やがてはを喰ったも一緒に切り裂くと喰われた時の状態そのままで復活を果たしたを鋼線での如く操ってみせた。 しかし手術のが祟って身体が過負荷により姿を維持できなくなり、やがても衰えの姿へと変化してしまう。 そんな中を鋼線で捕え、息も絶え絶えになりながらもプでを貫くも、その正体は偽装されたの死体であり、はというとを挑発するようにの姿(通称:)となって姿を現す。 元より時代からじみたを持つ彼だったが、作中最大のの塊たるにはやはり敵わず、が再度血を吸い始めた事、そしてシュガーと共にが消滅した事ででのは全にくなったのだった。 の消滅を見届けた後は、に駆られるンケルをやり過ごすと旗艦へ乗り込み、研究成果と共に逃亡を図ろうとした(ドク)を「最期のけじめ」として始末したのち、沈んでいく艦と共に散っていった。 (最期に「おです、・・・」といた時には、本来の老体の姿で描かれていた。 ) 老人やらやらと、作中では様々な姿で登場するばかりか性格や言動もそれぞれ著しく異なる事もあり、やの間でもそれぞれ鮮明に記憶に残っていることだろう。 また「 老いすら楽しむものさ、々人は」「 意地もれぬ繁栄など、こちらから願い下げだ」など等、年老いていったによるものか記憶に残るも多く発している。 ふん・・・ 「釣り動画」すら楽しむものさ。 我々ニコ厨は 意地も張れぬ静画の繁栄など、こちらから願い下げだ あの小僧に、ニコニコ市場(我々)の商品がいかに高額か・・・ 教育してやりましょう 私は私のアカウントでコミュニティへ入っている。 ウォルター・C・ドルネーズとして、コミュニティへ入っている ああ、畜生。 見たかったなぁ、関連項目・・・ 御然らばです・・・ ニコニコ• 最後に•

次の

かっこいい名言でHELLSINGを振り返る!

ヘルシング ウォルター

執事としては 温厚かつ優秀で、ヘルシング家の世話や護衛などを兼ねています。 しかし、ひとたび戦場に立てば 鋼線で敵をバラバラに惨殺する死神と化します。 後にインテグラを裏切り、敵組織・ミレニアムの改造手術を受けて 吸血鬼化した際には 青年、少年の姿に戻っています。 若返ったことによる圧倒的な戦闘能力でアーカードを殺したかに思えましたが、結局は勝つこと叶わず、少佐の部下であるドクを道連れに壮絶な最期を迎えます。 そんな2つの顔を持つウォルターは『HELLSING』でも屈指の人気キャラで、多くの名言を残しています。 それでは、 英国紳士らしい名言、血気溢れる若き日の名言などをご紹介していきます。 ウォルターが青年だった頃、 ヘルシング家の敵の監視、抹殺を請け負うゴミ処理係を担当していました。 この頃のウォルターが 全盛期と言っても過言ではありません。 年老いたウォルターは ヤン・バレンタインとの戦闘の際に 「やはり昔のようにはいかないものだ」と自身の老いを自覚するような発言していますが、それでも十分すぎる戦能力を披露しています……!数多いマンガキャラの中でも絶対に敵にしたくない一人であることがこの台詞からわかりますよね……! 第6位「老いすら楽しむものさ、我々英国人は」 老いすら楽しむものさ、ジョンブルは。 ウォルターの、年老いていくことに対しての余裕が見える名台詞。 ウォルターは自分のことを「英国人」でまとめることが多く、紳士を意識していることがわかりますね。 アーカードとの最終決戦には14歳ごろの年齢にまで若返っていますし……。 「老いすら楽しむ」という言葉に隠されたウォルターの本心を推察するのもファンの楽しみですよね。 第4位「意地も張れぬ繁栄など、こちらから願い下げだ」 出典: 「意地も張れぬ繁栄など、こちらから願い下げだ」。 「これだから英国人は。 そんなだから衰退するのだ」と言ったアーカードに返したものです。 繁栄のために誇りを捨てるくらいなら衰退する方がマシだというウォルターのプライドがうかがえます。 アーカードの辛辣な台詞に見事な切り返しです。 ……しかし、これは後の自身の裏切りに対する台詞なのではないかとも考えられます。 ウォルターの 英国人としての誇り、一人の人間としての誇りが表れている名セリフです。 作中では ヤン・バレンタインが直前に言った言葉を彼に皮肉を込めてそのまま返したものです。 この台詞だけ知っているという人もいるほどの印象的な台詞ですが、平野耕太の迫力のある画と組み合わさると無類のワンシーンに仕上がります! 第2位「勝ちたかったなぁ、あいつに」 あぁ…畜生、勝ちたかったなぁ…あいつに おさらばです。 お嬢様 ヘルシングのこのシーン1番好き — 社畜1号 tabibitozamurai 「勝ちたかったなぁ、あいつに」……。 アーカードとの対決に敗北し、死に際にウォルターが呟いた言葉です。 この時、ウォルターは 吸血鬼化の副作用で少年期に戻っており、かつて共に戦った少女の姿のアーカードと最後の戦いを繰り広げます。 アーカードを倒すことがウォルターの望みでしたが、ついに叶うことはありませんでした。 その顔には諦観と、僅かな達成感……ウォルターは煙草を吸いながら最期の時を過ごします。 第1位「御然らばです、お嬢様」 自分の中のHELLSINGで一番好きなシーン ウォルター「おさらばです・・・お嬢様」 — taka ルキア 6g6tay7a 「御然らばです、お嬢様」。 ウォルターが 死の寸前にインテグラに向けた言葉です。 少年期の姿から老年期の姿に戻り、煙草を吸いながら穏やかな表情で死んでいきます。 インテグラとの長年の付き合いを裏切りという形で終わらせたウォルターですが、本当は裏切りを後悔していたのかもしれません。 最強の執事の迎える最期……。 一瞬だけ若き日のウォルターから普段の老人姿に戻るシーンに、読者は思わず涙を流しました……。 ウォルターは2つの顔を持つ死神! いやあ、もうね、ウォルターは爺もミドルもショタも全て素晴らしいのよおお — こまにゃ リハビリなう comanya いかがでしたでしょうか。 ウォルターは 優秀な執事の顔と血の気の多い戦闘狂の顔を持つ人物でした。 『ヘルシング』をご覧になった際はウォルターの名言を探してみてください。

次の