アローラベトベトン pvp。 【ポケモンGO】アローラベトベトンのハイパーリーグ最適技と対策ポケモン:幅広いポケモンに対応できる!|ポケらく

【ポケモンGO】ベトベトン(アローラ)の種族値と覚える技

アローラベトベトン pvp

「タチフサグマ」や「シュバルゴ」が増え相変わらず「はがね」ポケモンも多い環境に対応すべく、「かくとう」タイプの 「ニョロボン」を最初に出すパーティです。 「ニョロボン」がフェアリーやエスパーなど 明らかに出し負けたときは、「レジスチル」は温存したいので「ラグラージ」へ交代します。 このパーティは最初に「くさむすび・クレセリア」が来るとかなり厳しいため、これに対応したい場合は「ラグラージ」を「アローラベトベトン」や「カビゴン」あたりにするのもアリです。 定番型・伝説ポケモンありパーティ ハイパーリーグも環境トップクラスの強さを誇るポケモンは伝説ポケモンが使われています。 それら伝説のポケモンをパーティ構成に組み込んだ、幅広いポケモンに対応できるパーティを紹介します。 ラグラージ・レジスチル・ギラティナアナザー 弱点が少なく攻撃範囲の広い 「ラグラージ」を軸とした構成です。 「ラグラージ」が苦手とする 「ギラティナアナザー」や「フェアリー」系ポケモンを「レジスチル」で対処し、「レジスチル」が苦手とする「ラグラージ」や「リザードン」が後ろから出てきた場合は「ギラティナアナザー」で対処します。 最初の「ラグラージ」が出し負けたときはすぐに交代せず、 できるだけ相手にダメージを与えて倒されるか交代受けを狙う立ち回りがおすすめです。 「ギャラドス」に有効打を持つポケモンがいないため要注意です。 技発動回転率が速いギラティナアナザーの「ドラゴンクロー」、ラグラージの「ハイドロカノン」、レジスチルの「ラスターカノン」あたりでHPを削って対応します。 「ギャラドス」への対応として レジスチルを「メルメタル」に変更する構成もアリですが、パーティ全体の耐久力は少し下がります。 レジスチル・ギラティナアナザー・トゲキッス ハイパーリーグ屈指の耐久力を誇る 「ラプラス」を軸としたパーティです。 ラプラスは 相手の「ギラティナアナザー」に対しては圧倒的に強く、「レジスチル」に対しても「なみのり」である程度ダメージを与え、「フェアリー」系ポケモンにも互角以上のバトルができます。 ラプラスが苦手とする「はがね」系やアーマードミュウツーあたりは 「リザードン」でカバーします。 相手が「ニョロボン」を出してきた場合は対処がかなりキツイです。 「ばくれつパンチ」を上手くリザードンで交代受けするなどして乗り切る必要があります。 できればレジスチルを使いたい ここまで紹介したパーティには 「レジスチル」が多く入っています。 「レジスチル」はパーティに確定で入れておきたいぐらい、 ハイパーリーグでは 頭ひとつ抜けた強さを誇っています。 強化や技開放の「ほしのすなとアメ」は多く必要ですが、代わりとなるポケモンは存在しないほどの強さなため、できれば1体はゲット&強化がおすすめです。 手持ちにない場合はフレンドのポケモン交換でもゲットできますが、 図鑑未登録のポケモン交換には非常に多くの「ほしのすな」が必要です。 「アローラベトベトン」も弱点が「じめん」タイプのみ、強力なあく技「あくのはどう」が広範囲のポケモンに有効なため、交代先としておすすめです。 最初に「ラグラージ」を出し、相手の1体が 苦手とする「ギラティナ」あたりを出しきた場合は、「アローラベトベトン」に交代します。 「ラグラージ」と「アローラベトベトン」の2体が苦手とする「フェアリー」系ポケモンは「リザードン」で対処します。 能力ダウン戦略パーティ GOバトルリーグ(PvP)では能力がダウンするデバフ技と能力がアップするバフ技が存在します。 この デバフ技を戦略的に使用してバトルを有利に進めることを目的としたパーティ例を紹介します。 クレセリア・ラグラージ・グランブル.

次の

【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼に「PVPの理屈」をわかりやすく解説してもらった → ズバリ初心者必見!

アローラベトベトン pvp

説明文 たたかうわざ ・・・ あいてを とかす えきたいを はきだして こうげきする。 あいての とくぼうを がくっと さげる。 漢字 相手を とかす 液体を 吐きだして 攻撃する。 相手の 特防を がくっと さげる。 進: 進化時に覚える。 素の威力は低いが追加効果が非常に優秀。 他の特殊技と併せ、耐久型には重宝される。 ダブルバトルでは主流デバフ手段の1つとなる。 ポケモンカードゲームにおけるアシッドボム コインを1回投げオモテなら、相手のバトルポケモンについているエネルギーを1個トラッシュできる。 ポケモン不思議のダンジョンにおけるアシッドボム 威力4、命中75、PP17(初期)。 正面とカドを抜けた斜め1マスの敵を攻撃。 敵ポケモンの特防を2段階下げる。 アニメにおけるアシッドボム ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 右腕の管からオレンジ色の酸の塊を発射する わざの初出 アローラのすがた 紫色の大量の酸を相手に吐きかける リベンジャーズ 備考• の一つ。 がのポケモンには無効化される。

次の

【ポケモンGO】スーパーリーグ(CP1500以下)最強選抜【PvP(対人戦)】

アローラベトベトン pvp

アローラ・ベトベトンの強さ タイプ耐性超優秀 「アローラ・ベトベトン」の大きな魅力の一つは、 弱点タイプが「じめん」のみという点です。 「じめん」技に注意すれば一度の攻撃で大ダメージを受ける場面は少なく、耐久力もそこそこ高いため 多くのポケモンに対応できる耐久汎用型として立ち回ることができます。 「あく」タイプ・技が耐久型のポケモンに刺さる 「アローラ・ベトベトン」は ハイパーリーグでは数少ない 「あく」タイプ技の使い手です。 (他に「あく」技使いはハガネール・ギャラドスがいる) 「あく」タイプの攻撃をタイプ一致で撃つことができ、 ハイパーリーグで耐久が非常に高い 「ギラティナ」「クレセリア」「アーマードミュウツー」の弱点を突くことができます。 これらのポケモンに苦戦している場合は、育成する価値があります! 「どく」技がフェアリータイプに刺さる 攻撃面ではタイプ一致で放つことができる 「どく」タイプ技が、ハイパーリーグを無双している「フェアリー」タイプの 「トゲキッス/ピクシー」に効果抜群です。 このように、ハイパーリーグでは 環境トップのギラティナやトゲキッスに有効技を持ち、 耐久力と耐性の高さでレジスチルにも互角近いバトルができる数少ない優秀なポケモンです!• 威力・ゲージ増加バランス良く優秀• トゲキッス /ピクシーに効果抜群 ノーマルアタックをゲージ増加が速い 「バークアウト」とすることで、 強力な「あく/どく」技を高回転で放つことができます。 耐久力も活かした一番おすすめのノーマルアタックです。 特定の相手を意識した特化型とするのであれば、「かみつく」または「どくづき」も有効です。 ゲージ増加は遅くなりますが、ノーマルアタックだけで相手のHPを削っていくことができます。 汎用型であれば「あくのはどう/ヘドロウェーブ」 ゲージ増加が速い「バークアウト」と相性が良いスペシャルアタックは、 タイプ一致で高威力の 「あくのはどう」と「ヘドロウェーブ」です。 必要エネルギー(ゲージ)が少ない「あくのはどう」を主力技とし、どく技が有効な「フェアリー」や「くさ」タイプには「ヘドロウェーブ」が有効です。 特化型は「アシッドボム」もアリ 「かみつく/どくづき」としてノーマルアタックで攻めていく場合は、 スペシャルアタックに「アシッドボム」を覚えさせるのもアリです。 「アシッドボム」は 確定(確率100%)で相手の攻撃を2段階下げることができるため、中長期戦や「アシッドボム」を撃って別のポケモンにすぐ交代という戦略的バトルもできます。 ただし、ダウン効果を受けた相手ポケモンが交代すると、効果がリセットされる点に要注意です。 「じしん」が効果抜群• 高回転 「ハイドロカノン」も有効 ニョロボン・フェアリータイプポケモンが優秀 「アローラ・ベトベトン」の 「あく」にタイプ耐性がある 「ニョロボン」は対策ポケモンとして優秀です。 「ニョロボン」は「かくとう」タイプの攻撃でレジスチルなど「はがね」タイプにも強く出てるため、ハイパーリーグ育成おすすめポケモンです。 また、 「フェアリー」タイプポケモンも「あく」タイプの攻撃に耐性があり有利にバトルができます。 ラグラージで一気に決める ハイパーリーグで大人気の 「ラグラージ」も互角以上のバトルができます。 ただし「アローラ・ベトベトン」の攻撃にタイプ耐性があるわけではないため、 特化型だったりまともにスペシャルアタックを受けるとそれなりのダメージになります。 弱点を突くことができる「じしん」にこだわらず、 高回転で撃てる強力な「ハイドロカノン」でも攻めて長期戦にならないようにするのがおすすめです! GOバトルリーグ情報 以下にGOバトルリーグ開催スケジュール・報酬・各リーグ情報などのページをまとめています。

次の