は くら マスク。 柏楽、立体構造の抗菌「3D

落ち着いて、マスクは「紙」じゃない

は くら マスク

マスクのパッケージ TwitterなどのSNSで検索すると、トイレットペーパーなどの紙製品が不足するというデマには、「マスクと同じ原料を使っていて、マスクのほうに原料をとられている」や「トイレットペーパーを生産していた中国の工場が止まった」など、複数のパターンがあることが分かりました。 後者についても日本の紙製品は90%以上が国産のため、仮に本当だったとしても深刻な影響はありません。 全国の製紙業者が加盟する日本家庭紙工業会は2月28日付で「トイレットペーパー、ティシューペーパーの供給力、在庫は十分にあります」というお知らせをWebサイトに掲載しました。 これらの商品はほとんど国内工場で生産されていて、現在も通常通りに生産と供給を行っているそう。 原材料も中国に依存しておらず、製品在庫も十分にあるため、今は店頭になくても物流次第ですぐに補充されるとしています。 関連記事• 世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてのマスクの使い方についてのアドバイスを公開した。 マスクを使うことで安心して手指の消毒を怠ったり、誤った使い方をするとマスクの有効性は妨げられると警告している。 新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の影響が各分野で広がっています。 今のところ電車は平常通りに運行していますが、さらに感染が拡大した場合には運行本数が減るかもしれません。 東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは2月29日から3月15日まで臨時休園する。 新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の影響で。 COVID-19」は実際どこまで広がっているのか。 新型コロナウイルスの感染状況を視覚的に確認できる米ジョンズ・ホプキンス大学のWebサイトで1カ月前と比較した。 関連リンク•

次の

マスク通販で、ほぼ毎日「在庫あり」になるアイリスオーヤマがすごい

は くら マスク

なぜ欧米ではマスク着用をめぐって意見が衝突しているのか? 写真:Newsday LLC/Getty Images 世界中でコロナウイルスの猛威が止まりません。 ピリピリした雰囲気のなか、国同士のぶつかり合いも目立ちます。 マスクを入手するためにアメリカが市場価格を大きく上回る値段を中国に支払い、既に契約を結んだ欧州の国から契約を奪い取ったというニュースも報じられました。 フランスの政治家が「中国に発注していたマスクをアメリカに横取りされた」と話し、アメリカの高官が「それは嘘だ」と語る など、まさに国同士の「マスクの奪い合い」が起きています。 しかしコロナウイルスが登場する前から「マスク文化」が根付いていた日本や韓国などのアジア圏とは違い、欧米ではコロナウイルスが登場してからも、初期段階では「マスクをする人」はそれほど多くありませんでした。 マスクで風邪はもとよりコロナウイルスの感染を防ぐことはできない、というのが欧米のコンセンサスだったはずです。 マスクの奪い合いをするまでにはどのような変化があったのでしょうか。 マスクを通して見えてくる海外の習慣や文化にもスポットを当てながら考えてみたいと思います。 「マスク論争」で二転三転する欧米人 当初WHO(世界保健機関)は「マスクの着用は必ずしも新型コロナウイルスの感染予防にはならない」としていました。 ところが4月になってからWHOはマスク着用に関する指針を一部変更し、自分が感染している場合に他の人にうつさないためには効果があるという見解を示しました。 ドイツを含む欧米のメディアも最近は日本や韓国の「マスク文化」を好意的に報じるようになりました。 たとえばドイツのFOCUSという雑誌のオンライン記事の中では、アジアについて「周囲の人を護るためにマスクをする人が多く、それがまわりまわって自分への感染を防ぐことにつながっている」と評価しながら、欧米に関しては「マスクの着用によって他人から感染することを防げないならば、マスクはしなくていいやという自己中心的な姿勢が西洋では目立つ」と非難しています。

次の

ひめくら オーガニックコットンマスク入荷いたしました

は くら マスク

「柏楽(はくら)」は、緊急開発した立体構造のAEROADシリーズ、抗菌「3D-MOLD(スリーディーモールド)」マスクを、4月21日(火)より発売する。 また、「3D-MOLD」インナーマスクも同日発売。 「3D-MOLD」マスクの性能そのままに、お手製の布製マスクなどあらゆるマスクに装着可能。 マスクを衛生に保ち、機能性をアップする。 医療用の高性能マスクも不足していることから、厚生労働省は使い終わったマスクを再利用するよう自治体を通じて医療機関に周知するとの報道発表があり、まさにマスク不足は深刻化している。 このたび新発売するAEROADシリーズ 抗菌「3D-MOLD」マスクは、同社が販売するスポーツマスク「AEROAD(エアロード)」の派生モデル。 生産は、親会社であり、これまで医療業界向けに製造を行ってきた、創業52年の歴史を誇る真空成形・不織布成形の「柏木モールド」。 互いの知識と技術を集積して緊急開発をした製品となっている。 立体形状で口元に十分なスペースを確保した構造で不快な密着感が少なく、口紅もつきにくく呼吸が楽にできる。 詳しくは。

次の