天草 ジオパーク。 天草保健所管内で初の感染確認|新型コロナ │ 天草どっとこむ

ジオパークに関する研究助成金情報

天草 ジオパーク

概要 [ ] 活動 [ ] ジオパークの活動は以下の3つに要約される。 (conservation) - 大地の遺産を保全する。 (education) - 大地の遺産を教育に役立てる。 (geotourism) - 大地の遺産を楽しむジオツーリズムを推進し、地域のを持続的な形で活性化する。 認定 [ ] 地域が「ジオパーク」と名乗るには、ジオパークネットワークに加盟するための審査および認定を受ける必要がある。 また、4年に1回、現地審査を含む再認定審査があり、加盟認定が取り消される場合もある。 ()( GGN)の審査を受けて同ネットワークへの加盟を認定されているジオパークを、 世界ジオパークと称する。 これは(ユネスコ)の正式事業である。 なお、日本にある世界ジオパークは、すべて日本ジオパーク(後述)でもある。 日本ジオパークは、日本ジオパーク委員会( JGC)の推薦を受けると、世界ジオパークネットワーク( GGN)への加盟申請を行うことができる。 日本にある世界ジオパークは、世界・日本それぞれの再審査・再認定を4年に1回受ける。 国や地域のレベルで認定されたジオパークも存在する。 の場合、( JGN)に加盟している地域を 日本ジオパークと称する。 詳細は後述する。 沿革 [ ]• (12年) - の有志により(EGN)設立。 (平成16年)• 国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の支援により、ヨーロッパとを中心に ()( GGN)設立。 のジオパークとそれを目指す地域により、(APGN)設立。 (平成19年)• - 「日本ジオパーク連絡協議会」発起人会が東京で開かれる。 - 日本ジオパーク連絡協議会を13地域で設立。 (平成20年)• - 日本における国内の審査団体として、が中心となって日本ジオパーク委員会( JGC)が発足。 - 7地域が日本ジオパークに決定。 同時に、 GGN加盟申請への3地域の推薦が決定。 (平成21年)• - 日本ジオパークネットワーク( JGN)設立。 日本ジオパーク連絡協議会は発展的解散。 - ()、()、()が GGNに加盟を認められ、日本初の「世界ジオパーク」となる。 (平成27年) - 世界ジオパークが国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の正式事業として認定される。 ジオパーク教育・学習 [ ] は、や地球のあり方を考え、行動するための教育 であり、ユネスコや・が重視する(Education for sustainable development: ESD)の考え方と一致する。 世界ジオパーク [ ] 日本 [ ] 日本にある世界ジオパークは、以下の通りである。 - 2009年8月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)• - 2009年8月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)• - 2009年8月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)• - 2010年10月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)• - 2011年9月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)• - 2013年9月加盟(日本ジオパークネットワークには2009年10月加盟)• - 2014年9月加盟(日本ジオパークネットワークには2009年加盟)• - 2015年9月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)• - 2018年4月加盟(日本ジオパークネットワークには2012年8月加盟) 日本以外 [ ] ()も参照。 ジオパーク• ジオパーク• ジオパーク• ジオパーク• ジオパーク• 日本ジオパーク [ ] 日本ジオパークは、日本ジオパーク委員会( JGC)により日本ジオパークネットワーク( JGN)への加盟を認定されたジオパークである。 2016年9月現在、43地域が加盟。 なお、日本の世界ジオパークはすべて日本ジオパークとしても認定されている。 2008年12月加盟(7地域)• 洞爺湖有珠山ジオパーク - 2009年8月に世界ジオパークネットワークに加盟• 糸魚川ジオパーク - 2009年8月に世界ジオパークネットワークに加盟• 島原半島ジオパーク - 2009年8月に世界ジオパークネットワークに加盟• アポイ岳ジオパーク - 2015年9月に世界ジオパークネットワークに加盟• 山陰海岸ジオパーク - 2010年10月に世界ジオパークネットワークに加盟• 室戸ジオパーク - 2011年9月に世界ジオパークネットワークに加盟• 2009年10月加盟(4地域)• 隠岐ジオパーク - 2013年9月に世界ジオパークネットワークに加盟• 阿蘇ジオパーク - 2014年9月に世界ジオパークネットワークに加盟• - 2014年10月にジオパークに合併• 2010年9月加盟(3地域)• 2011年9月加盟(6地域)• - 2017年12月22日に認定取消し• 2012年9月加盟(5地域)• - 2018年4月に世界ジオパークネットワークに加盟• 2013年9月加盟(7地域)• 2013年12月加盟(1地域)• (平成26年)加盟(3地域)• - 2014年10月にが合併• 2014年12月加盟(1地域)• 2015年8月加盟(3地域)• 2016年9月加盟(4地域)• 2017年12月加盟(1地域)• 2018年9月加盟 1地域• 日本ジオパーク功労者表彰 [ ] 日本ジオパークネットワークは、日本におけるジオパーク活動に対して大きな貢献をした個人または団体に対して表彰を行っている。 2013年 岩松 暉氏• 2014年 まちこん伊東• 2014年• 2015年 ジオガシ旅行団 糸魚川のジオパーク運動 [ ] 国際的なジオパークの活動とは別に、より糸魚川市ではジオパークという語を用いた活動が行われていた。 糸魚川市は、とというの形成に関わる重要な、など貴重なや多様な・が産出する地域であることから、に市がまとめた「フォッサマグナと地域開発構想」に基づいて、には人工的に糸魚川静岡構造線を露出させたを設置した。 さらに博物館の建設準備と市内の地質見学地のガイドマップや解説板の整備が進められる中、に新設されると調和のとれる名称として、それまでの地質見学地に代わってジオパークという名称が1991年に 博物館のによって造語され [ ]、使い始められた。 ジオパークという言葉を世界で最初に使い始めたのは糸魚川市である。 中央博物館としてのフォッサマグナミュージアムと、野外博物館としてのジオパークの保全や利用の促進と、それらを通じた地域の振興が進められてきたが、これはに始まる国際的なジオパーク活動とは独立に発想され進められてきたものであり、に特化した施設との総称として使われていた。 2008年に世界ジオパークネットワークに加盟し、独自のジオパークという名称の使用を止め、国際的なジオパークへと転換した。 参考文献 [ ]• 田辺裕「On the translation of Geopark(ジオパークの「地質公園」への誤訳)」『観光産業の現状と問題点:経済社会の変化と産業構造に与える影響』田邉裕編、日本産業リサーチセンター〈日本産業リサーチセンター受託研究報告書別冊〉、2009年、263-265頁。 Wolfgang Eder; Margarete Patzak 2004. PDF. Geological Society of India 27 3 : 162-164. (神戸新聞、2015年11月17日)• Global Geoparks Network. 2015年9月23日閲覧。 2014年9月23日. の2014年10月6日時点におけるアーカイブ。 時事ドットコム. 2014年9月23日. の2014年9月23日時点におけるアーカイブ。 2015年9月22日, at the. 2018年4月17日. 2018年4月17日閲覧。 日本経済新聞、2017年12月22日更新、2017年12月22日閲覧。 朝日新聞デジタル、2017年12月22日更新、2017年12月22日閲覧。 朝日新聞社 : p. 朝刊 富山全県版• 読売新聞. 2015年9月4日. の2015年9月7日時点におけるアーカイブ。 Report. 自治労. 第33回愛知自治研集会報告資料. 2017年1月15日閲覧。. 広報資料・プレスリリースなど一次資料 [ ].

次の

天草保健所管内で初の感染確認|新型コロナ │ 天草どっとこむ

天草 ジオパーク

熊本県の天草市と上天草市、苓北町で組織する天草ジオパーク推進協議会(会長、中村五木・天草市長)が今年度末で「日本ジオパークネットワーク」から退会することがわかった。 来年度以降は新たに「海にうかぶ博物館あまくさ」と題した活動を展開することが11日にあった同協議会で決まった。 同ネットワーク会員の退会は全国初。 ジオパークは合成語で「大地の公園」の意。 特徴的な地形や地層を守り、地域振興や教育などにつなげる取り組み。 日本ジオパークは、日本ジオパーク委員会が審査して認定する。 天草ジオパークは2014年、恐竜の化石などで知られる天草市の御所浦地域を対象に認定されていた「天草御所浦ジオパーク」から範囲を天草2市1町に拡大して認定された。 だが、昨年10月にあった初の再認定審査で「御所浦の恐竜化石を中心とした古生物以外の研究支援の導入が必要」と指摘されて「条件付き再認定」となり、2年後の再審査で課題が改善されていなければ認定を取り消される状況だった。 同協議会は、この結果を受けて議論を重ねた。 その中で、ジオパーク活動に2市1町が約10年間で1億円を超す事業費を投じたことについて「費用対効果があまり見られない」といった意見や、「4年に1度の再認定審査を受けるための事業実施になっていかないか」といった疑問点が上がった。 その結果、5月22日の会合で「退会」を全会一致で決めた。 今後は、同協議会の活動終了に….

次の

天草ジオパーク認定返上が話題 │ 天草どっとこむ

天草 ジオパーク

熊本県の天草市と上天草市、苓北町で組織する天草ジオパーク推進協議会(会長、中村五木・天草市長)が今年度末で「日本ジオパークネットワーク」から退会することがわかった。 来年度以降は新たに「海にうかぶ博物館あまくさ」と題した活動を展開することが11日にあった同協議会で決まった。 同ネットワーク会員の退会は全国初。 ジオパークは合成語で「大地の公園」の意。 特徴的な地形や地層を守り、地域振興や教育などにつなげる取り組み。 日本ジオパークは、日本ジオパーク委員会が審査して認定する。 天草ジオパークは2014年、恐竜の化石などで知られる天草市の御所浦地域を対象に認定されていた「天草御所浦ジオパーク」から範囲を天草2市1町に拡大して認定された。 だが、昨年10月にあった初の再認定審査で「御所浦の恐竜化石を中心とした古生物以外の研究支援の導入が必要」と指摘されて「条件付き再認定」となり、2年後の再審査で課題が改善されていなければ認定を取り消される状況だった。 同協議会は、この結果を受けて議論を重ねた。 その中で、ジオパーク活動に2市1町が約10年間で1億円を超す事業費を投じたことについて「費用対効果があまり見られない」といった意見や、「4年に1度の再認定審査を受けるための事業実施になっていかないか」といった疑問点が上がった。 その結果、5月22日の会合で「退会」を全会一致で決めた。 今後は、同協議会の活動終了に….

次の