イオン カラー ボックス。 【通販モノタロウ】

ファイルボックス徹底比較!無印・ニトリ・カインズ [収納] All About

イオン カラー ボックス

定番の3段タイプを購入。 ニトリとアイリスオーヤマの違いをご紹介 収納用品の人気アイテム「カラーボックス」は、手頃な価格で購入できる家具です。 ニトリや山善、アイリスオーヤマ、カインズなど色んなメーカーがカラーボックスを販売しています。 ツイッターでアンケートを行ったところ、ニトリのカラーボックスを使用している方が多いという結果でした。 手頃な価格で購入できるアイテムですが、一度購入すると長く使用するのでカラーボックス選びに悩みました。 こちらの記事では、カラーボックスの人気メーカー「ニトリ」と「アイリスオーヤマ」の3段タイプを比較しています。 個人的には「アイリスオーヤマ」のカラーボックスが気に入っていますが、使用方法によってはニトリの方が使いやすいことも。 カラーボックスの違いを写真付きでご紹介しているので、カラーボックス選びの参考になれば嬉しいです。 ニトリ:(1,102円)• アイリスオーヤマ: (1,580円) 重たい商品なので通販で購入しました。 どちらも細長いダンボールに入っており、自分で組み立てる必要があります。 (左がニトリ、右がアイリスオーヤマ) カラーボックスをサイドから見た場合 まずはカラーボックスの外観をチェックしていきます。 ニトリのカラーボックスは「ダボ穴」が多く、サイド板の外側にも穴があいています。 近くで見てみると、穴の有無の違いがよくわかります。 右のアイリスオーヤマは穴がなく、ネジが見えないように白いカバーが用意されていました。 背板は薄め。 ニトリは真ん中に線が入っている カラーボックスで使用する上で気になったのが、背板です。 価格が安いカラーボックスは背板が薄く、少し頼りない印象。 特にニトリのカラーボックスは背板の真ん中に透明なテープが貼られており、後ろから見るとテープが目立ってしまいます。 ニトリとアイリスオーヤマでは、背板の形や入れ方が異なります。 こちらは組み立て前のニトリの背板です。 折れないように丁寧に扱うようにしています。 ニトリの背板の裏面です。 縦長の板が2枚使用されており、真ん中部分を透明なテープでとめています。 配送する時に1枚では入らないので、このように2枚の板を合わせて使用しているのかもしれません。 こちらはアイリスオーヤマの背板1枚です。 薄い背板ですが、段ごとに背板がわかれておりテープは使用していません。 アイリスオーヤマの背板は全部で3枚(3段タイプの場合)用意されており、1枚ずつ設置していきます。 ニトリは「ダボ穴」が目立ちやすい ニトリのカラーボックスで気になるのが、ダボ穴の多さです。 このダボ穴があるので使いやすい商品になっているのですが、デザイン面では少し気になりました。 内側にもダボ穴があります。 背板の割れ目がうっすらと見えていました。 こちらはアイリスオーヤマのカラーボックスです。 内側にもダボ穴はなく、背板の割れ目もありませんでした。 ニトリの内部よりもスッキリとした印象です。 パッと見た感じで気になるダボ穴ですが、ニトリはダボ穴が多いので棚位置を変えたり、棚板を追加することができました。 アイリスオーヤマのカラーボックスで棚板を追加する場合は、専用パーツの「レールボード」を購入する必要があります。 アイリスオーヤマのカラーボックスは、両サイドの板からネジを入れます。 ネジが見えないように白いカバーがセットになっていました。 ネジを入れた穴に白いカバーをセットするだけでOKです。 グッと差し込めば完了です。 細かい部分ですが、きちんと目隠しパーツが用意されているのが嬉しいです。 どちらも「縦置き」と「横置き」で使用できる ニトリのカラーボックスを横置きで使用しました。 横置きにする場合は、中の棚板をネジで固定する必要があります。 ネジで固定すると縦置きでもそのまま使用できますが、棚板の移動がしにくくなりました。 ニトリの説明書では、「横置きにする場合は敷物を敷いてご利用ください」と記載されています。 上の写真では床に傷が着くのを防ぐため、クッションシートを敷きました。 横置きにするとサイドの板が上向きになります。 ダボ穴がより目立ってしまうので、100円ショップのダイソーで購入したポイントシール(小)でカバーすることにしました。 白色のポイントシールも入っていました。 白いポイントシールをダボ穴の上に貼ってみました。 遠くから見るとスッキリとした印象に。 近くで見るとシールが貼ってあるのがわかります。 アイリスオーヤマのカラーボックスも横置きにしました。 アイリスオーヤマの場合、ネジで棚板をとめているので向きを変えるだけですぐに使用することができます。 「外寸サイズ」と「内寸サイズ(1段)」が異なる カラーボックス選びで「サイズ」は大切なポイントです。 3段タイプのカラーボックスのサイズは全て1cm以内でした。 4cm・奥行きは0. 8cm、ニトリの方が大きい 耐荷重 (2018年9月時点)• 全体は記載なし・棚板1枚あたり10kg (ニトリ)• 全体80kg・棚板1枚あたり30kg (アイリスオーヤマ) 公式通販サイトで購入した場合の「価格」について ニトリとアイリスオーヤマ、どちらのカラーボックスも公式通販サイトで購入しました。 ニトリの通販サイトは7,000円以上(税抜)で購入した場合、送料が無料になります。 今回ご紹介しているアイリスオーヤマの「CX-3」は、送料無料の対象商品です。 (2018年9月時点) 公式通販サイトはクーポンを配布していることが多いので、2個購入やオプションパーツを一緒に購入すると安くなります。 カラーボックスの本体価格はニトリが少し安いですが、送料やクーポン利用を考えるとアイリスオーヤマもお得です。 ニトリのカラーボックスは、天板と底板の位置を変えることができました。 カラーボックスの天板の位置を下げ、無印良品のメイクボックス大を置きました。 その他にも上部分をランドセル置き場として使用することができます。 底板の位置をあげると、下スペースを収納に利用できます。 体重計など薄い物の収納に向いていました。 ニトリは中の棚板の位置を変えることができる ニトリのカラーボックスはダボ穴がたくさん用意されているので、中の棚板の位置を変更しやすいです。 ニトリのカラーボックスを2個並べました。 左のカラーボックスは棚板の位置を少し変えています。 上スペースを広げ、突っ張り棒を設置すれば子供用の洋服収納に使用することができます。 アイリスオーヤマは中の棚板をネジで固定しているので、ニトリのように動かすことができません。 棚板の位置を動かし、使い方をカスタマイズしたい場合はニトリのカラーボックスがおすすめです。 棚板を追加する カラーボックス用の追加棚板は安い価格で購入することができます。 ニトリ:(324円)• アイリスオーヤマ:(598円) 1枚ずつ棚板を追加した状態で並べてみました。 ニトリは「棚板」のみを購入すればOK ニトリの追加棚板を購入すると、棚板を設置する時に使用するネジやパーツがセットになっていました。 こちらのパーツがあるので、棚板を購入するだけで追加することができます。 左の短いネジと白いパーツを使用すると、棚板の位置を簡単に動かすことができます。 右の長いネジを使用すると、サイドのダブ穴から棚板を固定することができました。 棚板を動かす時に少し手間が掛かりますが、長いネジを使用する方が安定感があります。 棚板を追加することで浅型の収納ボックスが使いやすくなりました。 アイリスオーヤマは棚板を追加する場合、別途「レールボード」が必要 アイリスオーヤマのカラーボックスに棚板を追加する場合、専用のレールボードを使用します。 レールボードは「縦置き」と「横置き」が用意されており、今回は縦置きを使用しました。 レールボードは2枚セットになっており、1個で1段分です。 中には取り付け方の説明書が入っています。 レールボードを付属のネジでとめて設置完了です。 簡単に取り付けることができました。 ネジは前部分にのみ設置します。 縦置き用の追加棚を設置します。 商品パッケージから取り出し、レールボードに差し込むだけでOKです。 レールボードをつければ、棚板の設置や移動が数秒で完了します。 もう1枚の棚板もすぐに設置することができました。 アイリスオーヤマのオプションパーツ「バスケット」もレールボードで取り付けることができます。 簡単に取り付けることができます。 レールボードを使用するこでバスケットの動きがスムーズになり、物の出し入れがしやすくなります。 一度レールボードを設置すれば、棚やバスケットの追加・移動が簡単でした。 カラーボックスの組み立てについて カラーボックスを購入する前に気になるのが、「組み立てが難しいのか・大変なのか」という点です。 「カラーボックスの組み立ては簡単」という記載を見かけることがありますが、決して「簡単・ラク」ではないと思いました。 女性1人でも組み立てることができますが、はじめて組み立てる時は40分前後の時間が掛かりました。 難しくはないのですが、コツを掴むまで少し時間が掛かります。 ニトリのカラーボックスは、商品パッケージの中に組み立て説明書が入っています。 保障証も同封されていました。 アイリスオーヤマのカラーボックスは、ダンボール自体に組み立て方が記載されています。 組み立てる時は、下に大きいサイズのダンボールやクッションシートを敷くのがおすすめです。 ニトリとアイリスオーヤマ、どちらも「プラスドライバー」と「手袋」があれば組み立てが可能です。 アイリスオーヤマのダンボール箱には「インパクトドライバーは使用しないでください。 破損します。 」と記載されていました。 電動ドライバーの方が組み立てがラクですが、手で持って使用するプラスドライバーで組み立てをするようにしています。 ニトリのカラーボックスには「インパクトドライバー不可」の記載はありませんでしたが、説明書や外箱のマークは手で持って使用するプラスドライバーが掲載されています。 ニトリのカラーボックス組み立てで一番苦労したのが、「2枚のサイド板で背板をきちんと挟むこと」です。 背板が沿ってしまうので、サイド板にある溝に入れることが難しいです。 SNSで検索してみると、こちらの設置箇所で苦労されている方が多い印象でした。 スライド板を横から動かし、溝に背板を添わせることできちんと挟むことができました。 アイリスオーヤマのカラーボックスは背板が3枚にわかれています。 溝を使用し、背板を簡単に設置することができました。 ニトリとアイリスオーヤマ、どちらも組み立てには体力を使います。 時間や体力にゆとりがある時に組み立てるのがおすすめです。 どちらかといえば、アイリスオーヤマの方が組み立てやすいと感じました。 オプションパーツはどちらも充実。 デザインは好みがわかれるところ カラーボックスの魅力の一つが「専用収納グッズが充実していること」です。 ニトリとアイリスオーヤマ、どちらのメーカーもオプションパーツを数多く販売しています。 ニトリのカラーボックス用収納グッズは人気が高く、シンプルなデザインが魅力。 アイリスオーヤマは、ボックスだけでなく引き出しパーツや横置き用グッズも豊富でした。 アイリスオーヤマのカラーボックス専用グッズについては、こちらの記事で種類と使用例をご紹介しています。 ニトリの収納グッズは、アイリスオーヤマのカラーボックスでも使用できる? 「カラーボックス本体はアイリスオーヤマが良いけれど、収納グッズはニトリが良い」と思うことも。 ニトリで販売している収納グッズが、アイリスオーヤマのカラーボックスに入るのか試してみました。 (2018年9月時点のサイズ) ニトリの人気商品「インボックス」をアイリスオーヤマのカラーボックスに置くことができました。 インボックスは全部で4サイズを販売していますが、全て入る大きさでした。 アイリスオーヤマのレールボードを設置している場合は、幅が狭くなってしまいます。 レールボードを設置している段にはニトリの収納グッズを入れることができませんでした。 IKEAのトロファスト風として人気が高い「カラボにぴったり 収納ボックス」を入れてみました。 深型と浅型、どちらもアイリスオーヤマのカラーボックスに収納することができます。 ニトリが販売している専用レールは設置できないので、ボックスはスライドではなく置いた状態で使用します。 縦置きのカラーボックスにピッタリと収まる「ポスデコ」シリーズです。 レギュラーサイズとA5サイズ、どちらもアイリスオーヤマのカラーボックスに入れることができました。 100均ダイソーの「スクエア収納ケース」も収納できる大きさ 100円ショップの人気商品「DAISO スクエア収納ケース」もカラーボックスに入れることができました。 5cm」です。 別売りのフタをすると2個重ねて収納することができました。

次の

【通販モノタロウ】

イオン カラー ボックス

豊富なカラーバリエーション モノトーンカラーから黄色やピンク色などのポップなカラーまで、全13色のカラーバリエーション。 家具の色に合わせたり、インテリアの差し色として選んだりと、お好みで楽しむことができます。• 安心・安全の原材料 Yourniture. 小さなお子様やペットがいるご家庭でも安心してご使用いただけます。• 選べる2タイプ Yourniture. の製品は、カラーボックスのようなシンプル収納が目指せる「simple box」 と、本棚のような棚がついているタイプの「MAIN SHELF」の2タイプ。 好みや収納したいものに合わせて選ぶことができます。 Yourniture. /ユアニチャーのsimple box simple boxは、幅、高さ、奥行きのサイズをカスタマイズできる、棚がないタイプの収納家具です。 キューブ型や長方形など異なったサイズで組み合わせると、まるでオブジェのようなおしゃれ家具を手に入れることができます。 既製品では叶えられない「サイズ問題」や、好みの色が見つからないなどの「カラー問題」を見事に解決してくれる革命的な逸品。 時間と頭を使わず、理想の家具を手に入れることができます。 メーカー別に主なカラーボックスのサイズを検証 ここからは、おすすめの4つメーカーの中で特に人気があるカラーボックスのサイズをご紹介。 ニトリの主要カラーボックスサイズ一覧 安くて丈夫なカラーボックスが揃うニトリから、COLOBO/カラボとキューボSRというシリーズをご紹介します。 COLOBO/カラボ 2段 カラボ 2段 DBR 幅41. 9cm 奥行き29. 8cm 高さ59cm カラボ ワイド2段 幅61cm 奥行き29. 8cm 高さ59cm カラボ スリム2段 幅22cm 奥行き29. 8cm 高さ59cm コーナー2段 幅33cm 奥行き29. 8cm 高さ59cm カラボ スリムA4ー2段 幅20cm 奥行き28cm 高さ72cm カラボ A4-2段 DBR 幅41. 9cm 奥行き29. 8cm 高さ71. 8cm カラボ ワイドA4-2段 DBR 幅60. 9cm 奥行き29. 8cm 高さ71. 8cm COLOBO/カラボ 3段 カラボ 3段 DBR 幅41. 9cm 奥行き29. 8cm 高さ87. 8cm カラボ ワイド3段 幅60. 9cm 奥行き29. 8cm 高さ87. 8cm カラボ スリム3段 幅22. 4cm 奥行き29. 8cm 高さ87. 8cm コーナー2段 幅29. 8cm 奥行き29. 8cm 高さ87. 8cm カラボ スリムA4ー3段 幅22. 4cm 奥行き29. 8cm 高さ107cm カラボ A4-3段 DBR 幅41. 9cm 奥行き29. 8cm 高さ107cm カラボ ワイドA4-3段 DBR 幅60. 9cm 奥行き29. 8cm 高さ107cm COLOBO/カラボ 6段 カラボ 6段 DBR 幅41. 9cm 奥行き29. 8cm 高さ174. 2cm カラボ スリム6段 DBR 幅22. 4cm 奥行き29. 8cm 高さ174. 2cm ワイド6段 DBR 幅60. 9cm 奥行き29. 8cm 高さ174. 2cm カラボ45 カラボ45-3C DBR 幅44. 2cm 奥行き29. 8cm 高さ87. 8cm カラボ45-6SH- DBR 幅44. 2cm 奥行き29. 8cm 高さ174. 2cm キューボSR キューボSR 3キューブ 幅36. 6cm 奥行き36cm 高さ105. 4cm キューボSR 6キューブ 幅71. 3cm 奥行き36cm 高さ105. 4cm 2. アイリスオーヤマの主要カラーボックスサイズ一覧 アイリスオーヤマは、安くて丈夫なカラーボックスを取り揃えているメーカー。 テレビ台や机などにDIYする予定の方に特におすすめです。 1段カラーボックス QRボックス 幅cm 奥行きcm 高さcm CBボックス 1段CX-1 幅33. 4cm 奥行き29cm 高さ33. 4cm カラーキュビック(ドア付)CQB-35D 幅41. 5cm 奥行き29cm 高さ30. 5cm 2段カラーボックス CBボックス 2段CX-2 幅41. 5cm 奥行き29cm 高さ59. 5cm CBボックス 2段ECX-2 幅41cm 奥行き29cm 高さ58. 6cm CBボックス 2段 CX-2F 幅41. 5cm 奥行き29cm 高さ68cm 3段カラーボックス CBボックス 3段CX-3 幅41. 5cm 奥行き29cm 高さ88cm CBボックス 3段ECX-3 幅41cm 奥行き29cm 高さ87. 1cm CBボックス 3段CX-3F 幅41. 5cm 奥行き29cm 高さ101. 5cm CBボックス 可動棚タイプ 3段CX-3KD 幅41. 4cm 奥行き29cm 高さ88. 2cm CBボックス 3段コーナータイプCX-3C 幅29cm 奥行き29cm 高さ87. 9cm 4段カラーボックス CBボックス 4段CX-4F 幅41. 4cm 奥行き29cm 高さ134. 6cm CBボックス 4段CX-4 幅41. 5cm 奥行き29cm 高さ116. 5cm 5段カラーボックス CBボックス 5段CX-5F 幅41. 5cm 奥行き29cm 高さ168cm 3. DCMの主要カラーボックスサイズ一覧 ホーマックやダイキなどのホームセンターで有名なDCMグループ。 DCM独自で製造・販売しているDCMブランドの中から人気のカラーボックスのサイズをまとめました。 キューブボックス キューブボックス 幅34cm 奥行き30cm 高さ34cm カラーボックス カラーボックス 2段 幅41. 5cm 奥行き29cm 高さ59. 4cm カラーボックス 3段 幅41. 5cm 奥行き29cm 高さ88. 5cm スリムラック スリムラック 2段 幅35cm 奥行き17. 5cm 高さ37. 5cm スリムラック 3段 幅25cm 奥行き17. 5cm 高さ55cm A4 スリムラック 2段 幅25cm 奥行き29. 6cm 高さ72. 1cm A4 スリムラック 3段 幅25cm 奥行き29. 6cm 高さ107. 1cm 4. カインズホームの主要カラーボックスサイズ一覧 カインズホームのカラーボックスは、落ち着きのある色味とおしゃれな木目調デザインが特徴。 インテリアに馴染む素敵なデザインが人気です。 1段カラーボックス シングルボックス 幅34cm 奥行き29cm 高さ34cm 3段カラーボックス 固定棚収納ボックス3段 幅44cm 奥行き29cm 高さ88cm 可動棚収納ボックスA4 3段 幅44cm 奥行き29cm 高さ107. 2cm スリム収納ボックス3段 幅30cm 奥行き29cm 高さ88cm サイズが決まったらカラボの使い方別のおすすめも要チェック! カラーボックスのサイズがイメージできたら、次はどのように活用するかを考えてみましょう。 そのまま置くのももちろん、少し手を加えてオリジナルの家具を作るのもおすすめ。 ここからは、カラーボックスを使ったリメイクアイデアをご紹介します。

次の

カラーボックス.net

イオン カラー ボックス

7社のカラーボックスを実際に購入&作って比較してみました! 引っ越しや模様替えの際に、カラーボックスの購入を考える方は多いはず。 一口にカラーボックスといっても、さまざまなメーカーから販売されているので、どれを選べばいいのか迷う方は多いですよね。 今回、7社のカラーボックスを実際に取り寄せてみたところ、市販のものよりもオーダーメイドのカラーボックスの方が満足度が高いという結果に。 まずは一番おすすめしたいオーダーメイドのカラーボックスについてご紹介いたします。 そのほか、【ニトリ・コーナン・カインズ・LOWYA ・無印・IKEA】の人気6社のカラーボックスを実際に購入し、組み立てて比較したレビューも掲載。 豊富なカラーバリエーションの中から好きな色を選ぶことができ、置きたいスペースにぴったりサイズのものをオーダーできるので、理想通りのカラーボックスを手に入れることが可能。 非常に満足度の高い結果となりました。 編集部おすすめ!Yourniture. /ユアニチャーのオーダーカラーボックス カラーボックスのオーダーメイドを検索した結果、一番気になったのは、というメーカー。 全13色のカラーバリエーションから好きな色を選び、1cm単位でサイズをオーダーできるため、そのバリエーションはなんと1000万通り。 自分好みにカスタマイズできる自由度の高い製品です。 ユアニチャーの製品は、棚板のないカラーボックス風収納「SIMPLE BOX」と、棚板や列を設置できる本棚収納「MAIN SHELF」の2パターンから選ぶことができます。 「SIMPLE BOX」 画像出典元:Yourniture. /ユアニチャー 画像出典元URL: 各辺10cm〜50cmまで1cm単位でオーダーできるSIMPLE BOX。 棚板がないので何個かオーダーして並べたり、サイズを計算して組み合わせてひとつのまとまりにしてもおしゃれ。 ミニサイズでもオーダーできるので、机やテレビ台の上などに置くこともできます。 ディフューザーや観葉植物のサイズに合わせてディスプレイ収納するのも素敵ですね。 人気6社のカラーボックスを組み立てて比較【本音レビュー】 ここでは、【ニトリ・コーナン・カインズ・LOWYA ・無印・IKEA】のカラーボックスを6個、女性編集部員が実際に組み立てて比較した本音レビューをご紹介します。 今回は、カラーボックスの「梱包」、「組み立てやすさ」、「ホルムアルデヒド(化学物質)の量」、「傷つきやすさ」、「油汚れの浸透ぐあい」に注目して比較してみました。 カラーボックスの梱包について比較 まずは簡単に、【ニトリ・コーナン・カインズ・LOWYA ・無印・IKEA】の6社それぞれの、梱包について比較してみました。 梱包された状態で抱えてみると、ずっしりとした重さを感じました。 これを抱えて階段を登るのは結構たいへんそう…。 梱包をといてみるとこんな感じ。 カラーボックスの横板、上板、下板、背板、中板・ネジ・説明書・保証書が入っていました。 パーツごとに番号シールが貼られているので、それを参考に組み立てることがきます。 ただ、今回パーツ1には貼ってあった番号シールが、パーツ2には貼られていませんでした。 残念なポイントです! カラーボックスを組み立てる際に使う、ネジやプラスチックの細かいパーツは、小さなビニール袋に分けられて入っていました。 重さはやや軽るいように感じました。 コーナンのカラーボックスは梱包が丁寧な印象。 細かいパーツはビニールに小分けになったうえで、さらに小さい箱にまとめられていました。 ダボ穴(中板を固定する際に使う穴)を隠すシールまで入っているのは嬉しいポイント。 説明書も1枚だけで、なくしたりする心配もなさそうです。 小さいお子さんやペットのいるお家では、こうした些細な気遣いが嬉しいですよね。 ちなみに、ダボ穴を隠すシールもシートの中に入っていました。 そのため、梱包は他のメーカーのものより大きくて重いです。 女性が一人で持ち上げるのは、結構難しそう。 開けやすい梱包を広げると、こんな感じ。 ダンボールの四隅には、中の板が運送中に傷つかないよう、板が添えてありました。 カラーボックス2個分の細かいパーツは、種類ごとにまとめられて袋に入っていました。 紙のような素材でできた板は全て軽く、パーツは小さい袋にまとめられていました。 手に取ると、あきらかに他のカラーボックスの板とは触り心地も異なり、堅めのダンボールを触っている感じ。 そのため、梱包も他のメーカーのものより小さく、軽かったです。 IKEAの梱包はしっかりめ。 開けるのに一苦労しました。 爪が長い方やネイルをしている人は、カッターで開けるのがおすすめです!私は手で無理やり開けようとして、爪にヒビが入ってしまいました。 しかも、この梱包は横しか開けられず、パーツや板は横に引っ張って出します。 横板・上板・下板・背板・中板は、どれもぶ厚めで重く、それぞれとてもしっかりとした作りでした。 細かいパーツは、ひとつの袋にまとめられています。 組み立てやすさを比較 ここでは、【ニトリ・コーナン・カインズ・LOWYA ・無印・IKEA】の6社それぞれのカラーボックスを、実際に作って比較したレビューをご紹介します。 途中、説明書の順番が入れ替わってしまい、さらにパニックになってしまいました! ニトリのカラーボックスの説明書はA4サイズで5枚、ホチキスなどで固定されていないため、組み立て始める前に自分でホチキスやクリップでまとめておけばよかったと、後悔しました…。 この説明書の順番が入れ替わったことで、一度間違った順番で組み立ててしまい、大幅なタイムロスに。 一度ネジを外して仕切り直しです。 横板に上板と下板を取り付けるのは、1人だと割とたいへん。 2枚の板を体と手でおさえて、ネジを留めていきます。 ネジをドライバーで押し込んでいくと、板からおがくずがたくさん出てきました。 ほこりに弱い方は、カラーボックスを組み立てる際にはマスクを着けるといいかもしれません。 ちなみに、組み立てた6個のカラーボックスの中でニトリのカラーボックスが一番おがくずが出てきた気がします。 また、ニトリのカラーボックス用のネジは、太くて長いので、ねじ込むのに一苦労。 女性にとっては、結構な力仕事です! 背板を入れて横板で固定します。 これが本当に大変でした。 背板がとても薄く、横板の溝にしっかりと収まっていてくれないので、「あれ?あれ?」といいながら何度も固定し直し、やっとの思いでネジをとめました! 画像を御覧頂いて分かるように、ニトリのカラーボックスの背板はテープで固定されています。 心もとない薄さとテープの貼り方の雑さ(1箇所空気が入っていました)に、残念な感じがいなめません…。 ニトリのカラーボックス完成まで、後少し!中板を乗せるためのプラスチックパーツを小さいネジで固定します。 カラーボックスを横置きしたい場合は中板を全てネジで固定する必要がありますが、縦に置く場合はこのようにプラスチックパーツを固定し板を乗せるだけでOKです。 これで、ニトリのカラーボックスが完成!! 所要時間の目安は15分でしたが、初めてのカラーボックス作りで1時間ちょっとかかってしまいました。 完成して改めて思ったのが、ニトリのカラーボックスはダボ穴がすごい目立つということ。 自分の好きな位置で上板や下板、中板を固定できるメリットはあるものの、見た目は微妙に感じました。 最初の工程はニトリと同じく横板と下板を固定するところから、始めの板の固定はやっぱり難しい…。 手伝ってくれる人が欲しくなる工程NO1です! コーナンのカラーボックスはネジ穴が二段階になっているので、最後までネジを入れ込むと側面がフラットに!細かい部分ですが、床や壁を傷つける心配がなくなるのが嬉しいポイントです。 コーナンの背板はニトリと比較すると少し厚く、組み立て方も異なります。 背板は2枚に分かれており、真ん中にプラスチックの芯を入れるので、安定感も抜群! コーナンのカラーボックスには、ネジを隠すシールがついています。 板と同じ木目が印刷されているので、遠くから見るとネジが目立ちません。 これで、コーナンのカラーボックスが完成! 背板の真ん中にあるプラスチックが気になるという人もいるとは思いますが、この安定感に私は大満足。 テープの貼り方はニトリと比較すると丁寧です。 カインズのカラーボックスも、コーナンのカラーボックス同様、ネジ穴が二段になっていました。 四隅をこのようにプラスチックと小さなネジで固定すると、背板に安定感がでました。 ただ、説明書の順番通りに作ると中板を入れてからこのL字の部品を固定するので、とてもやりづらかったです。 (カインズのカラーボックスは中板を固定するタイプではないので、上下を入れ替えるときに中板を一度外すという手間が発生) さらにコーナンのカラーボックス同様、カインズのカラーボックスにもネジを隠すシールがついています。 このシールがとても剥がしにくく、なぜか台紙ごとすっぽりと取れてしまい、貼り終えるまでに時間がかかり少しイラッとしました。 シールには板と同じ木目が印刷されているので、遠目にはネジ穴が目立たなくなりました。 ただ、明るい色合いのカラーボックスを選んでいたため、コーナンと比較するとシールが目立つような気がします。 カインズのカラーボックスには濃い色味もあるので、そちらの方がダボ穴を隠す際にシールが目立たないかもしれません。 完全にカラーボックス作りに慣れてきたようで、カインズのカラーボックスは30分ほどで完成しました!アンティーク調のインテリアと相性がよさそうな淡い色合いがとてもおしゃれです。 「誰か補助で、板を抑えててほしい!!」と思いながら必死で、ネジを回しました! 縦にコの字に組み立てられたら、背板をスライドさせてセット。 横板や下板だけでなく、背板も他のカラーボックスと比較すると厚みがあり、安定感が一番あるように感じました! 再度、カラーボックスを横にして上板を固定。 次に中板を固定!ネジを差し込みやすくするための穴が空いていたので、意外と簡単に中板を固定することができました。 中板用の穴は3つずつ空いていたので、お好みの高さで板を固定させることができます。 LOWYAのカラーボックスは45分ほどで完成しました!やはり、それぞれの板が重かったので、想像以上に組み立てに時間がかかってしまったようです。 だ、板に厚みがあるせいか、他のカラーボックスと比較すると高級感があります。 LOWYAのカラーボックスはしっかりと中板を固定するタイプなので、横にしても安定感は抜群です。 背板は細かく分かれているので、他のカラーボックスと比較すると、安定感はないように感じました。 制作途中に傷を発見!この傷が何時できたものかは分かりませんが、無印のカラーボックスは傷つきやすいということが分かります。 また、ネジも板に対して完全に埋るわけではないので、床や壁を傷つけそうでハラハラしました。 板が軽くて女性でも扱いやすかったので、30分ほどで組み立てが完了!無印のカラーボックスは高さがあるばかりでなく、板を水平に固定しにくいため、安定感があまりありません。 カラーボックスの下段に重いものを入れて安定させるなど、一工夫して使用しないと、地震などで倒れやすくなってしまうかな…と思いました。 カラーボックスらしきものがいくつも描かれているだけで、パーツや組み立て方が分かることが描かれていなかったためです。 ただ、落ち着いて周りを見渡すと、組み立て説明書は別にありました!手にとった方の紙は、他のインテリアアイテムとの連結についてや、レイアウトの提案図だったようです。 IKEAのインテリアの組み立て説明書は言葉が書かれていません。 そのため、文章での解説に頼りがちな不器用女性にはIKEAのカラーボックスはあまりおすすめできないなと思いました。 板に開けられた穴と取り付けられた突起を組み合わせて、板同士を固定させます。 釘やネジはいっさい使うことなく組み立てることができるのがIKEAのカラーボックスの特徴です。 ただ、この板を固定させるのが難しい…。 カチっと音がするまでぐーっと力を込めて、板同士を組み合わせるのですが、なかなか入っていきません。 とても硬く、手のひらが痛くなるまで板同士を押し続けました。 最後に、こちらの黒いプラスチックの小さなパーツで背板を固定します。 軸になるパーツを背板の隙間に挿し込んで、もう一つのパーツも同じように挿します。 釘やネジを使わずに、本当にこれだけで背板をしっかりと固定することができました!30分もたたずにIKEAのカラーボックスは完成! 組み立ては、カラーボックス人気6社の中で一番シンプルで、見た目も一番おしゃれに感じます。 家族や友達など男の人に協力を頼める人は、助っ人を呼んでおくのがおすすめ。 近くに男手がないのであれば、IKEAの組み立てサービス(有料)を利用するといいかもしれません。 今回は、ビニール袋に入れたカラーボックスの中板1枚が、どれだけホルムアルデヒドを放出しているのかを計測しています。 ホルムアルデヒドとは…カラーボックスなどのインテリアや壁紙を作る・貼る際に使用する接着剤などに含まれている化学物質です。 インテリアなどから室内の空気中に放出されることがあり、人体に悪影響を及ぼす場合があります。 ホルムアルデヒドが高い濃度だと、目がチカチカしたり、喉が痛くなったりすることがあるそうです。 026】 一番上の「HCHO」がホルムアルデヒドの数値です。 ホルムアルデヒド数値 ニトリのカラーボックス 0. 912 コーナンのカラーボックス 0. 069 カインズのカラーボックス 0. 813 LOWYAのカラーボックス 0. 049 無印のカラーボックス 0. 44 IKEAのカラーボックス 0. 103 こうして、カラーボックスが放出するホルムアルデヒドの量を比較してみると、ダントツでニトリの数値が高いことが分かります! 小さいお子さんがいるお家や、ペットを飼っている方はカラーボックス選びのポイントとして特に、ホルムアルデヒドの放出量に注目してみてはいかがでしょうか。 傷つきやすさを比較 家具は置く場所にもよりますが、使っていれば傷ついたり、汚れたりしてしまいますよね。 カラーボックスを長くつかうために、より丈夫なものを選びたいと思う方も多いはず。 そんな、気になるカラーボックスの傷つきやすさを徹底調査!【ニトリ・コーナン・カインズ・LOWYA ・無印・IKEA】の6社それぞれのカラーボックスをドライバーでひっかき、傷つきやすさを比較してみました。 キズの深さはあまりないものの、色味的に傷が目立ってしまうのが気になる所。 また、傷の深さもニトリのカラーボックスと比較すると浅めでした。 ただ、表面を削ると中の白っぽい色味が出てきてしまうため、傷自体は目立ってしまいました。 表面が凹むように傷がつくので、その部分が削れることはなく、傷自体の色はあまり目立ちません。 真っ白い色だからこそかもしれませんが、他のカラーボックスと比較して一番傷の目立ちが気になりました。 油汚れの浸透ぐあいを比較 最後に、【ニトリ・コーナン・カインズ・LOWYA ・無印・IKEA】の6社それぞれのカラーボックスに、ケチャップを垂らしたり、油性のマジックで文字を書いてみたりして、油汚れの浸透具合を調査・比較してみました。 今回は、2つの方法でカラーボックスの油汚れ具合を調査・比較しています。 右側はすぐに、左側は1分以上間を開けてウェットティッシュで拭き取っています。 油性マジックで文字を書いた直後に拭いた右側は、割ときれいにインクを拭き取ることができましたが、時間を開けてしまうと「ア」と文字が読めるくらい後が残ってしまいました。 (左側)1分以上時間を空けると、やはり拭き取りにくくはなってしまいましたが、他のカラーボックスと比較すると一番文字が目立たない気がします。 (左側)時間を空けるとインクが板にさらに染み込んでいってしまい、拭いてもあまり文字を薄くすることができません。 さらに、ウェットティッシュで文字を書いた部分をごしごし拭いていたらティッシュの水分が板に染み込んでいってしまい、画像のように色が変わってしまいました。 他のカラーボックスと比較すると、マジックなどの汚れには弱いようです。 やはり白い家具と黒いインク汚れは相性が悪いようです。 女性はアイライナーやマスカラなど、メイク道具の収納に使う際には注意した方がいいと思いました。 私もやはり一番比べたいポイントでした。 ただ、どんなにお得で魅力的な価格でも、自分の好みや用途に合わないものは選びたくないという気持ちもありますよね。 ここからは、【ニトリ・コーナン・カインズ・LOWYA ・無印・IKEA】人気6社のカラーボックスの基本情報を一度に比較しています! 上記でご紹介してきた、カラーボックスを実際に購入して作ったからこそ分かった比較情報と下記の基本情報をあわせて、あなたが求めるカラーボックスを手に入れてくださいね! 税込み価格 大きさ(縦・奥行・高) カラーバリエーション 送料 ニトリ ¥1,102 41. 8 3色 ¥500 コーナン ¥1,382 41. 角も丸く、しっかりと加工されているので、ちょっとぶつかるくらいなら痛くないかもしれません。 キッチンの食器置きにしたり、保存食材のストック置きにしたりと、大活躍間違いなしでしょう。 ただ、紙のような素材なので、コンロなどの近くに置くのはあまりおすすめしません。

次の