最強イヤホン。 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン17選【1万円台以下】

中華イヤホンのおすすめ最強10選

最強イヤホン

生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。 音量調整「Soundcore」でボタン操作をカスタマイズすることで割り当てることができます。 の音を確認しました。 前モデルの持つ量感ある中低音はそのままに、10mmダイヤモンドコーティングドライバーの恩恵で、高音の伸びがプラスされたイヤホンに仕上がっています。 イヤホンの特性自体は前作と似ており、タイトなロックとの組み合わせで、真価をより発揮するモデルといえます。 が対応していた高音質の圧縮方式「AAC」にくわえ、今作は「 apt-X」にも対応し、iPhoneとAndroidの双方で、質の高いサウンドを提供可能です。 CVC8. 0ノイズキャンセリングも搭載し、通話の音質はとてもすぐれています。 ワイヤレスイヤホンでも 最高クラスの防水仕様なので、雨天・スポーツ時も安心! 筐体 きょうたいが小ぶりで装着時も邪魔にならないのにくわえ、高級感ある光沢を帯び、ボタン部がゴールド色とデザイン性も高し。 イヤホンは 両耳あわせてわずか約9gで、長時間付けてもまったく負担に感じない軽さです。 バッテリー内蔵の収納ケースはキューブ状で、側面のロゴもクールでかっこいいものの、指紋がやや付きやすいのは気になりました。 イヤホン単体でも最長クラスの 10時間、ケースをふくめると 最大5回分(50時間)もの充電が可能で、 Qualcomm クアルコムチップ「QCC3020」搭載により、圧倒的なロングバッテリーを実現しています。 ケース背面には、充電用のUSB-Cポートを備えています。 防水規格IPX7「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」と定義されている防水規格です。 前モデルがIPX5であったのに対し、第2世代は フルワイヤレス最高クラスの防水性能に高められています。 デザインは前モデルと同様、装着時に耳からイヤホン部分が飛び出して見えないよう、ミニマムサイズにまとめ、スマートさを追求しています。 AnkerのLibertyシリーズでも 最軽量モデルであり、両耳で わずか11gの重さしかありません。 ケース表面には、ダイヤモンド粒子を散りばめたような メタリックコーティングが施され、高級感ある見た目となっています。 バッテリーはイヤホン単体で 5時間(前は3. 5時間)、ケース併用で 20時間(前は12時間)の使用が可能と、前モデルより連続使用時間が大幅に伸びました。 は、飛び出しを抑えたスマートデザインに仕上がっており、少しひねるだけで抜群のフィット感を発揮します。 は中低音が得意であったをベースに、 低音の量感がさらに強化された音設計となっています。 また、iPhoneなどiOS端末から良い音で楽しめる、高音質コーデックの AACに対応しています。 ただし、 apt-xコーデックには対応していませんので、Androidスマホでの動画やゲームプレイでは遅延が生じる旨ご承知おきください。 とはいえ、名作であったの性能をさらに向上しているため、トータルで見て 隙 すきのないモデルに仕上がっています。 防水規格IPX5「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。 水中での使用には適していません。 あらかじめご承知おきください。 イヤホン本体がかなり小ぶりで、耳に装着しても邪魔しないデザインに仕上がっています。 重さは 両耳わずか10gで、長時間つけても快適な軽量設計です。 ケースは63 x 49 x 35mmとかなりコンパクトです。 ケースはプラスチック製ですが、表面は光沢感のあるピアノブラック塗装が施され、上質な仕上がりとなっています。 イヤホン単体で3時間分の連続使用、ケースを合わせると 11時間(3. 5回分)の連続使用が可能です。 表面は タッチセンサーになっており、タッチするだけで 音量調整ふくめた全操作が可能です。 右1秒押す 曲送り(次の曲)• 左1秒押す 曲戻し(前の曲)• 右すばやく2回押す 音量アップ• 左すばやく2回押す 音量ダウン• 右すばやく3回押す Siri起動 は、音の 輪郭 りんかくが全体的にクリアで、粒だったサウンドを響かせてくれるイヤホンです。 8mmドライバー搭載の恩恵で、前モデルよりも低音の量感がさらに増しており(重低音でなく太いイメージ)、高音までしっかり出るので、音楽ジャンル問わず楽しめる製品に仕上がっています。 また、高音質の圧縮方式「AAC」に対応するため、iPhoneで臨場感の高いサウンドをしっかり実現できています。 防水規格IPX7「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」と定義されている防水規格です。 重さは 両耳合わせて約10gであり、長時間使っても 倦怠 けんたい感を感じさせない軽さです。 表面には タッチセンサーを搭載し、タッチ操作に対応しています。 ケース右側面には、充電用のMicro USBポートを備えています。 バッテリーはかなり優秀で、イヤホン単体で 6時間分、ケースをふくめると、なんと 106時間もの再生が可能です。 この容量を生かし、 2,600mAhのモバイルバッテリーとして使うことができます。 iPhoneなら約1回の充電が可能な大容量バッテリーとなっています。 は耳への馴染みが良く、しっかりホールドしてくれるため、密着性は同社の中でも高めです。 前モデルのやはボタン式でしたが、はタッチセンサーを採用し、軽くタッチするだけで、音量調整ふくめ全操作が可能です。 右2回押す 曲送り(次の曲)• 左2回押す 曲戻し(前の曲)• 右タッチし続ける 音量アップ• 左タッチし続ける 音量ダウン• 右3回押す Siri起動 は、傑作であったを 踏襲 とうしゅうしつつ、低音がより太く、量感が増しています。 いずれもQualcommのチップ「QCC3020」搭載であり、その特徴ともいえるフラットサウンドかつ、音の 輪郭 りんかくも全体的にクリアです。 また、高音質の圧縮方式「apt-X」「AAC」に対応するため、iPhoneとAndroidスマホの双方で、臨場感の高いサウンドをしっかり実現できています。 SoundPEATS Truengine2 SoundPEATSの「」です。 完全防水仕様(IPX5)となっています。 音を鳴らす機構をもつドライバー部分が、数少ない左右2基搭載の デュアルダイナミックドライバーとなっています。 左右それぞれに低音域と高音域が得意なドライバーを載せることで、 シングルよりも幅広い音域をカバーすることができます。 デュアルドライバーモデルにもかかわらず、両耳あわせて 約12gの重量におさまっています。 ケースはプラスチック製ですが、クールなブランドロゴがオンされており、所有欲を高めるデザインに仕上がっています。 ケース背面には、充電用のUSB-Cポートを備え、フル充電までは約1. 5時間です。 右1回タップ 音量アップ• 左1回タップ 音量ダウン• 5秒タップ 曲送り(次の曲)• 5秒タップ 曲戻し(前の曲)• 前モデルがかなり重低音寄りの音設計でしたが、Truengine2はこちらも改善されています。 中音から高音域にかけても 磨 みがきがかかり、ROCKやHIP HOP、EDMと組み合わせてもパフォーマンスを発揮できるイヤホンに仕上がっています。 クアルコムのチップ「QCC3020」搭載・AAC&aptX対応など、外観と音質の両面で完成度高いモデルに仕上がっています。 さらにUSB-C・ワイヤレス充電対応と実用性も高く、SoundPEATSの本気度が伺えるイヤホンです。 右2回タッチ 曲送り• 左2回タッチ 曲戻し• 右長押し 音量上げ• 左長押し 音量下げ 通話用内蔵マイクには cVc8. 0ノイズキャンセリングを搭載しているため、通話時の音はクリアです。 は クリアサウンド設計となっています。 低音域もそんなに強くなく、全体的にフラットな音作りで、きれいに表現できています。 ただし、高音域にホワイトノイズが少し残ります。 高音質コーデックの apt-X・AAC両方に対応し、iPhoneとAndroidスマホの双方で遅延の少ないサウンドを堪能できるのはありがたいです。

次の

【2020年版】コスパ最強イヤホン12選|値段別に徹底解説

最強イヤホン

最近はワイヤレスイヤホンが普及し、ランニング時でも、快適に音楽を聴きたいという方のニーズに応えてくれそう。 しかし、いざランニング用にイヤホンを買おうと思っても、イヤホンの種類が多すぎる!運動を邪魔しないものや、耳にフィットするもの、落とす心配のないものなど、どれを買えばいいのか悩んでしまいますよね。 今回は Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどで売れ筋上位のランニングイヤホン22商品を比較して、最もおすすめのランニングイヤホンを決定したいと思います。 比較検証は以下の3点について行いました。 つけ心地• 外音の聴こえ具合• 音質 果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?ランニングイヤホンの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。 もし、「フィット感も音質も重視したい!」とカナル型を選びたい場合は、外音取り込み機能がついたイヤホンがおすすめです。 外音取り込み機能とは、イヤホンについたマイクで、周囲の音を取り込み、再生している音楽と一緒に耳にとどけてくれる機能のこと。 形状に左右されないので、耳を塞ぐカナル型でも外の音がよく聴こえます。 カナル型のフィット感と周囲の音の聴き取りが両立するのが魅力です。 フィット感を重視することに加え、音質も捨てたくない方はこちらもよいでしょう。 しかし、外音取り込み機能はまだまだ生まれたての機能で、 この機能が搭載されているイヤホンは高価な傾向にあります。 また、 性能も商品によって大きく異なり、一概に「この機能があるから周囲の音がよく聴こえて安全」とも言い切れません。 ぜひ後述する 検証部分で、各イヤホンの性能もチェックしてみてください。 音質に気を配りたい方は 「コーデック」という項目に注意。 「コーデック」とは、音声データの転送形式を表します。 最も質の悪い形式に「SBC」があり、そこから「AAC」、「aptX」と新しくなるにつれて音質も改善される傾向にあります。 ただし、イヤホンの音質を左右するものは、ドライバーの材質や形、配置など、多岐に渡り、ひと目で音質を判断できる項目はありません。 コーデックはその内の一要素でしかないため、参考に見ておく程度にしましょう。 また、コーデックは、受信機(イヤホン)だけでなく、送信機(スマホ)も同じコーデックに対応していなければ機能しません。 iPhoneを使用する場合は「AAC」、Androidを使用する場合は「aptX」に対応したイヤホンを選ぶのが無難です。 コーデックについてさらに詳しく知りたい方は、下記リンクも、あわせてチェックしてみてくださいね。 今回検証した商品• Apple|AirPods Pro• AfterShokz|Aeropex• Apple Japan(同)|Powerbeats Pro• Apple Japan(同)|Powerbeats3 Wireless• ボーズ(同)|SoundSport wireless headphones• Apple Japan(同)|Apple AirPods with Charging Case• JPRiDE ジェイピーライド |ワイヤレスイヤホン• Anker(アンカー)|Soundcore Liberty Neo• ロジクール|VISTA• ANKER|Soundcore Spirit X• ボーズ(同)|QuietControl 30 wireless headphones• ソニー|WI-1000XM2• ソニーモバイルコミュニケーションズ|Xperia Ear Duo XEA20JP• ボーズ(同)|SoundSport Free wireless headphones• SoundPEATS|Q35Pro• MIRISE|QCY-QY25Plus• ロジクール|X4• SONY(ソニー)|ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン• ハーマンインターナショナル|Under Armour True Wireless Flash-Engineered by JBL• ロジクール|TARAH PRO 検証で知覚できたもっとも小さい音量は80dbで、22商品中5商品で聴き取ることができました。 1商品だけ例外的にカナル型イヤホンもありましたが、残りの4商品は、選び方で外音が聴き取りやすいと紹介した特徴に該当する商品です。 また、100db程度の音量ならどの商品でも聴き取れることもわかりました。 車のエンジン音が実際には100dB程といわれているので、車の接近に関しては、どのイヤホンでも知覚することはできそうです。 しかし、音源が遠い音ほど、音量は小さくなります。 そのため、 周囲の危険察知を重視するなら、インナーイヤー型・骨伝導型・外音取り込み機能のどれかに該当するイヤホンを選ぶことで、自転車などの小さい音しか出ない乗り物や車の接近に、より早い段階で気づき、身を守ることができます。 Appleから発売された最新イヤホンが「airpods pro」。 高性能なノイズキャンセリングや、外音取り込み機能が話題で、従来モデルのハイエンド版として発売されています。 フィット感と、外音取り込みはどちらも良好です。 カナル型になったことで、以前のモデルでネックだった、つけ心地の不安定さが払拭されています。 普段イヤホンが外れやすい編集部員も、「 耳にしっかりフィットしていて、外れそうな不安がまったくない」と評価しました。 周囲の音も、装着前よりは聴こえにくくはありますが、外音機能を使うことで、80dBまでしっかりと聴き取れました。 音質も、音楽をながら聴きするには、十分な水準にあります。 ランニング用にイヤホンを購入するなら、まずはじめに検討してほしい、ベストバイのイヤホンです。 人気の骨伝導イヤホンブランドAfterShokzから発売された最新モデル。 こめかみを挟み込む装着方法をとっており、26gと骨伝導型のなかでも最軽量級の本体重量が、軽く安定したつけ心地を実現させています。 検証でも、このつけ心地と外音の聴こえ具合が、目立って優秀でした。 本体重量が軽いので、運動時のズレや揺れをほとんど感じない、良好なつけ心地です。 外音の聴こえ具合も、 耳を塞がない構造なので、周囲の音をしっかり聴 き取ることができ、安心してランニングを行えます。 骨伝導の構造上、音質は通常のイヤホンほどよくはありませんが、音質にこだわらないのであれば、まったく不満は感じません。 市街地でのランニングがメインの方など、 周囲の危険察知に気を配りたい人に、特におすすめです。 安価ながら、質のよいイヤホンを、多く発売しているSoundPEATS。 つけ心地の検証で落下した事例はなく、フィットしている感触も、イヤーピースの交換で対応できるため、 良好なつけ心地であるといえます。 また、 外音の聴こえ具合も、80dBのエンジン音まで聴 き取ることができたので、安全の確保もしやすい印象です。 唯一、音質は及第点にとどまるものの、特別こだわりがなければまったく気になりません。 メインとは別に、ランニング用のイヤホンを購入する場合など、費用をあまりかけたくない方であれば、まずこちらのイヤホンの検討をおすすめします。 人気オーディオメーカーBeatsから発売された完全ワイヤレスイヤホンです。 iPphoneとの高い互換性に加え、防水防塵機能も搭載しており、よりスポーツ向けとしての魅力が増しています。 やはりつけ心地は高く評価され、イヤホンがイヤーフックによってしっかりと固定されているため、耳からイヤホンが落下する心配はまったく感じません。 こちらは、5位と6位にランクインしたイヤホンと同じ得点でしたが、コードが完全になくなったことで、ランニング時の快適さやフォームの自由さが増していることから、より高い順位として評価しています。 安定したつけ心地に加え、ランニング時に、コードによる制限や邪魔を受けたくないという方におすすめのイヤホンです。 性能にくわえ、デザイン性の高さからもファンを集めるBeatsの左右一体型イヤホン「Powerbeats3 Wireless」。 iPhoneとの親和性の高さが特徴です。 検証では、その安定したつけ心地が評価されています。 イヤーフックによってしっかりホールドされており、 耳の形に限らず、どんな方でもイヤホン落下の心配をすること無くランニングをすることができます。 音質や外音の聴こえ具合も及第点以上で、総合すると、6位の「SoundSport wireless headphones」とほとんど同じ点数を獲得しています。 そこで、連続再生時間の長さやイヤーフックにより安定感に普遍性があることを考慮し、こちらのイヤホンをひとつ上の順位にしました。 ランニング用のイヤホンを左右一体型のなかで探すのであれば、「SoundSport wireless headphones」かこちらの「Powerbeats3 Wireless」を検討するのが無難です。 人気オーディオメーカBOSEから発売された、スポーツ用左右一体型イヤホン。 リモコン部分が運動時でも握りやすいように整形されているなど、随所にスポーツ用イヤホンとしての工夫が見られます。 検証項目で見るべき点は、つけ心地。 満点を獲得しており、編集部員3人ともが 「イヤーウィングによって安定性が増しており、耳から落ちない安心感もしっかり得られる」と評価しました。 また、コードを服に留めるクリップも備えており、コードが跳ねてランニングの邪魔になることも防いでくれます。 音質や外音の聴こえ具合に関しても及第点以上で、悪い点は見当たりません。 万が一イヤホンが外れた場合の紛失が心配な方など、左右一体型の中でランニング用イヤホンを探すなら、まずこのイヤホンを検討しましょう。 プロも愛用する音響機器メーカーとして有名なShure。 なかでも手頃な価格で一般向けに発売されたワイヤレスイヤホンがこちらの商品です。 非常に綺麗で迫力のある音質に加え、高遮音性がうたわれていますが、 外音も聴 き取りやすかった印象です。 惜しいのはイヤホンのつけ地。 耳の裏側にコードを通して装着する仕組みなので、ランニング時のフィット感は良好ですが、 コード部分が長く、ランニング時に体に当たってしまう点や、 受信機部分が重く、コードが引っ張られてしまう点などから評価を下げてしまいました。 防水性もほとんどないため、ランニングよりも、日常的な使用に適していることは間違いありません。 しかし、ランニング中でも音質を求める方であれば、こちらのイヤホンを検討してみてもよいかもしれません。

次の

【最強はどれ?】ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンBEST3

最強イヤホン

Panasonic スイーツジュエルRP-HJF3の仕様・製品情報 タイプ カナル型 コードの長さ 1. 2m 重量 3g Panasonic スイーツジュエルRP-HJF3のおすすめポイント3つ• ポップなカラーバリエーション• 耳にフィットする楕円形状ポート• 3サイズのイヤーピース付き Panasonic スイーツジュエルRP-HJF3のレビューと評価 耳が痛くなりにくい小型イヤホン Panasonic スイーツジュエルRP-HJFはシンプルなブラックやホワイトからポップなカラーまで10色のカラーバリエーションがあり、アクセサリー感覚で使えるイヤホンです。 楕円形の設計で耳にフィットし、快適に装着できます。 自分のサイズに合った付属のイヤーピースを装着でき、疲れにくいので寝転びながら使うのにもおすすめです。 アルペックス Hi-Unit HSE-A1000R• アルペックス Hi-Unit HSE-A1000Rの仕様・製品情報 タイプ カナル型 コードの長さ 1. 2m 重量 11g アルペックス Hi-Unit HSE-A1000Rのおすすめポイント3つ• 屈曲に強いコードブッシュを採用• 様々なジャンルが聞きやすい音質• 負荷を軽減するフィラメント入りコードと屈曲に強くする強化ブッシング使用で有線のイヤホンでありがちな断線を防ぎます。 2000円以下で高音質のコスパ最強イヤホンおすすめ4選 2000円で高音質のコスパ最強イヤホンおすすめ4選を紹介します。 Pioneer カナル型イヤホン SE-CL522• Pioneer カナル型イヤホン SE-CL522の仕様・製品情報 タイプ カナル型 コードの長さ 1. 2m 重量 2. 5g Pioneer カナル型イヤホン SE-CL522のおすすめポイント3つ• セラミックパウダーコーティング振動板を採用• フィット感のあるイヤーダイレクトマウント構造• コンパクト・軽量 Pioneer カナル型イヤホン SE-CL522のレビューと評価 高音質と軽量・小型を両立 Pioneer カナル型イヤホン SE-CL522はイヤホン本体のサイズを小さくすることで軽量化しつつも高音質を保っているのが特徴です。 上位機種に搭載しているセラミックパウダーコーティング振動板を使用しているコスパの高い機種です。 セラミックパウダーコーティング振動板で不要な振動を減らして音質を高めつつ、ドライバーユニットに強磁力希土類マグネットを装着することで迫力のある低音を楽しめます。 エレコム GrandBass EHP-GB10MX• エレコム GrandBass EHP-GB10MXの仕様・製品情報 タイプ カナル型 コードの長さ 1. 2m 重量 4g エレコム GrandBass EHP-GB10MXのおすすめポイント3つ• 通話スイッチのついたマイク付き• 4種類のイヤーキャップ エレコム GrandBass EHP-GB10MXのレビューと評価 低価格帯でも音質を重視 低価格帯でありながら迫力のある重低音を楽しみたいならエレコム GrandBass EHP-GB10MXがおすすめです。 セミオープン構造で重低音と抜け感の良いクリアな音質を提供します。 高音質かつマイク付きでコスパの良いイヤホンです。 Xiaomi(シャオミ) Mi In-Ear Headphones Basic MI-AUPT01• Xiaomi(シャオミ) Mi In-Ear Headphones Basic MI-AUPT01の仕様・製品情報 タイプ カナル型 コードの長さ 1. 4m 重量 14g Xiaomi(シャオミ) Mi In-Ear Headphones Basic MI-AUPT01のおすすめポイント3つ• デザイン性、機能性を考えたアルミニウム合金のボディ• マイク内蔵ケーブル• 耳にフィットする快適なつけ心地 Xiaomi(シャオミ) Mi In-Ear Headphones Basic MI-AUPT01のレビューと評価 おしゃれさと快適さを追求したコスパの高さ 低価格、高性能なコスパの高いイヤホンとして人気なシャオミのベーシックモデルです。 5色のカラーバリエーションとアルミニウム合金を使った本体はデザイン性が高く、おしゃれなイヤホンです。 アルミニウム合金はデザイン性だけでなく、指紋が付きにくい、滑りにくいといった機能性にも貢献しています。 耳の構造に合わせて設計されているので、長時間使っていても外れにくく快適さが続きます。 SONY MDR-AS210• SONY MDR-AS210の仕様・製品情報 タイプ 耳かけ型 コードの長さ 1. 2m 重量 12g SONY MDR-AS210のおすすめポイント3つ• スポーツに最適な落ちにくいループハンガー• 汗にも強い防滴• 絡みにくいセレーションケーブル SONY MDR-AS210のレビューと評価 耳にかけるスタイルでスポーツに最適なイヤホン 耳かけループハンガーのSONY MDR-AS210は耳の形にフィットにするよう調整ができるので、安定性があります。 防滴仕様なので汗や水しぶきにも強く、スポーツやジムでのトレーニング中に使いたい人におすすめです。 ケーブルの表面に細かい溝を入れて摩擦を軽減させることで、ケーブルが絡みにくくなっています。 5000円以下で高音質のコスパ最強イヤホンおすすめ3選 5000円で高音質のコスパ最強イヤホンおすすめ3選を紹介します。 SoundPEATS サウンドピーツ Q35HD• SoundPEATS サウンドピーツ Q35HDの仕様・製品情報 タイプ カナル型 連続再生時間 約14時間 充電時間 約2時間 重量 15g SoundPEATS サウンドピーツ Q35HDのおすすめポイント3つ• 14時間連続再生• マグネットコンタクタ充電採用• IPX8防水設計 SoundPEATS サウンドピーツ Q35HDのレビューと評価 コスパの良いBluetoothイヤホンならSoundPEATS 音質とコスパの良いBluetoothイヤホンとして人気のSoundPEATSのイヤホンです。 Q35HD は高音質のaptXHDに対応しています。 Bluetooth接続なのでイヤホンジャックがライトニングケーブルになったiPhoneでも使えます。 マグネット式の充電ケーブルでスマートに充電をすれば約14時間の連続再生が可能です。 SONY MDR-XB55• SONY MDR-XB55の仕様・製品情報 タイプ カナル型 コードの長さ 1. 2m 重量 8g SONY MDR-XB55のおすすめポイント3つ• 重低音に迫力をだすベースブースター• 耳に密着するアングルドイヤーピース• 絡みにくいセレーションケーブル SONY MDR-XB55のレビューと評価 迫力サウンドの重低音モデルイヤホン SONY MDR-XB55の特徴は、迫力のある重低音です。 ベースブースターにより、迫力のサウンドを楽しむことができます。 耳にフィットするアングルドイヤーピース方式により、耳の奥までしっかり装着でき、音を逃がすことなく高音質を実現しています。 2種類の硬度のシリコンを組み合わせたハイブリットイヤーピースでつけ心地の良い装着感です。 持ち歩きに便利な平たいセレーションケーブルで、絡みにくく持ち歩きにも便利です。 SONY ワイヤレスイヤホンWI-C310• SONY ワイヤレスイヤホンWI-C310の仕様・製品情報 タイプ ネックバンド型 連続再生時間 最大15時間 充電時間 約3時間 重量 19g SONY ワイヤレスイヤホンWI-C310のおすすめポイント3つ• 急速充電機能• マグネットで丸めてまとめられる• 首元のボタンで操作が簡単 SONY ワイヤレスイヤホンWI-C310のレビューと評価 急速充電・ロングスタミナのバッテリー搭載 SONY WI-C310は連続再生最大15時間のパワフルなバッテリーを備えています。 フル充電する時間がない時でも10分の充電で約60分の再生ができる急速充電機能つきです。 高磁力ネオジウムマグネットを使用し重厚でパワフルな低音も再生できます。 イヤホンにはまとめられるマグネット搭載、ケーブルは絡みにくいフラットケーブルなので丸めて持ち運べます。 10000円以下で高音質のコスパ最強イヤホンおすすめ3選 10000円で高音質のコスパ最強イヤホンおすすめ3選を紹介します。 AKG Y100 WIRELESS• AKG Y100 WIRELESSの仕様・製品情報 タイプ カナル型 連続再生時間 約8時間 充電時間 約2時間 重量 25g AKG Y100 WIRELESSのおすすめポイント3つ• 周囲の聞こえやすさを調整するアンビエントアウェア搭載• 最大2台のデバイスにBluetooth接続可能• 首の形にフィットする快適なデザイン AKG Y100 WIRELESSのレビューと評価 AKGリファレンスサウンドで高音質のサウンド AKGはオーストリアの老舗ヘッドホンメーカーです。 AKG Y100 WIRELESSはそのAKGが誇るAKGリファレンスサウンドをワイヤレスで聞けるモデルです。 イヤホンをしながら周囲の音が聞こえるよう調整できるアンビエントアウェア機能を搭載しています。 Bluetooth接続は最大2台のデバイスに接続できるので、音楽を聴いているときにもう1台のスマホで着信を受けることも可能です。 Philips(フィリップス) SHE9730• Philips(フィリップス)SHE9730の仕様・製品情報 タイプ カナル型 コードの長さ 1. 2m 重量 14g Philips(フィリップス)SHE9730のおすすめポイント3つ• LMC(レイヤードモーションコントロール)ドライバーで自然なサウンド• ハイレゾ対応• 快適な角度付きアコースティックパイプ Philips(フィリップス)SHE9730のレビューと評価 ハイレゾ対応コスパの良さが評判のフィリップス フィリップスの高コスパ定番9700シリーズのハイレゾ対応モデルです。 人間の耳の穴に沿うように角度付きのアコースティックパイプを採用、雑音があっても正確に音が届くように装着できます。 シリコン製イヤーキャップで長時間使用していても疲れにくいのも嬉しいポイントです。 使用されているLMCドライバーは低音、高音、中音をバランスよく再生でき、様々なジャンルの音楽を楽しめます。 SONY SBH82D• SONY SBH82Dの仕様・製品情報 タイプ ネックバンド型 連続再生時間 最大7. 5時間 充電時間 約2時間 重量 25. 5g SONY SBH82Dのおすすめポイント3つ• 耳をふさがないオープンイヤー型• マイク付きリモコン操作が可能• 下掛けスタイルで耳の形を問わずフィットする SONY SBH82Dのレビューと評価 オープンイヤー型で会話や周囲の音を聞きながら音楽を楽しめる SONY SBH82Dは耳をふさがない構造なので、会話や周りの音をシャットダウンすることなくBGMのように音楽を聴くことが可能です。 音導管から鼓膜の方へダイレクトに音を届けるので、耳をふさがなくてもしっかり聞こえます。 下掛けスタイルのイヤホンで目立ちにくく、耳への負担も少ないので、快適な装着感が続きます。 コスパ最強のBluetoothイヤホンおすすめ3選 コスパ最強のBluetoothイヤホンおすすめ3選を紹介します。 Pasonomi TWS-X9• Pasonomi TWS-X9の仕様・製品情報 タイプ カナル型 連続再生時間 約4時間 充電時間 約1時間 重量 3g Pasonomi TWS-X9のおすすめポイント3つ• IPX7による防水仕様• DSPノイズキャンセル搭載• モバイルバッテリーにもなる充電ケース Pasonomi TWS-X9のレビューと評価 ステレオサウンドとノイズキャンセルでどこでもクリアな高音質 Pasonomi TWS-X9は完全分離型Bluetoothイヤホンです。 防水仕様なので汗や雨の中のランニングでも使用できます。 充電ケースに収納すればフルになるまで充電してくれます。 充電ケースは2200mAhのモバイルバッテリーとして使用することも可能で、スマホの充電がなくなったときでも安心です。 Anker Soundcore Liberty Neo• Anker Soundcore Liberty Neoの仕様・製品情報 タイプ カナル型 連続再生時間 最大3. 5時間 充電時間 約1. 5時間 重量 51g(充電ケース含む) Anker Soundcore Liberty Neoのおすすめポイント3つ• Soundcore独自のBassUpテクノロジーで強化された低音• 充電ケースを利用すれば最大12時間使用可能• 独自のGripFitテクノロジーで耳にしっかりフィット Anker Soundcore Liberty Neoのレビューと評価 シリーズ最軽量モデルのコンパクトなワイヤレスイヤホン 性能の良いワイヤレスイヤホンを出していると評判のAnker Soundcoreシリーズ最軽量モデルです。 フル充電時の最大連続再生時間は約3. 5時間、充電ケースを活用することで最大12時間続けて音楽を楽しめます。 グランフェン素材のドライバーを採用して、正確な振動数でクリアな音を提供します。 スタイリッシュかつコンパクトな充電ケースとイヤホン本体でスマートな持ち運びが可能です。 AG TWS02R• AG TWS02Rの仕様・製品情報 タイプ カナル型 連続再生時間 3時間 充電時間 2時間 AG TWS02Rのおすすめポイント3つ• 粉雪塗装の表面処理で皮脂汚れがつきにくい• 2000mAhの充電ケース• 全6色のカラーバリエーション AG TWS02Rのレビューと評価 オーディオブランドfinal監修の高コスパブランド 低価格で高音質のイヤホンを目指し立ち上げられたagはオーディオブランドfinal監修のもと、クリアな高音質なイヤホンを提供しています。 マットな質感の充電ケースは皮脂汚れが付きにくい表面処理が施されています。 モバイルバッテリーにもなる充電ケースは2000mAhの容量があり、充電ケースを使えば最大39時間の再生が可能です。 メーカーでは片耳での購入もできるので、万が一紛失してしまった際も安心です。 コスパ最強のハイレゾ対応イヤホンおすすめ3選 コスパ最強のハイレゾ対応イヤホンおすすめ3選を紹介します。 Pioneer(パイオニア) SE-CH3T• Pioneer(パイオニア) SE-CH3Tの仕様・製品情報 タイプ カナル型 コードの長さ 1. 2m 重量 3. 1g Pioneer(パイオニア) SE-CH3Tのおすすめポイント3つ• ハイレゾ音源に適した伸びのある高域を再生• 高磁力希士類マグネットで躍動感のある低域再生• オーバーイヤーフィットスタイルにできる2wayデザイン Pioneer(パイオニア) SE-CH3Tのレビューと評価 グラフェンコート振動版を採用したハイレゾ対応イヤホン グラフェンコート振動板や強磁力希土類マグネットを使用したドライバーで高音、低音ともに高音質です。 コードを耳の上に掛けるオーバーイヤーフィットスタイルで装着することもでき、長時間の使用でも快適さが続きます。 黒を基調とした本体に5色のポイントカラーで、スタイリッシュなデザインです。 Panasonic RP-HDE1• Panasonic RP-HDE1の仕様・製品情報 タイプ カナル型 コードの長さ 1. 2m 重量 5g Panasonic RP-HDE1のおすすめポイント3つ• 着けやすく外れにくい新形状デザイン• コードの長さを調整するアジャストホルダー付き• 新設計の直径11. 0mm HDドライバー Panasonic RP-HDE1のレビューと評価 音質重視のコスパ抜群のハイレゾイヤホン 新設計の直径11. 0mm HDドライバーを採用することで様々な音域でクリアな音質を実現しています。 耳のフィット感を考えた新形状デザインを採用し、耳の形に合った安定した装着感です。 高音質、ハイレゾ対応でありながら安い価格帯なのでコスパの良いイヤホンを探している人におすすめです。 audio-technica SOLID BASS ATH-CKS550XiS• audio-technica SOLID BASS ATH-CKS550XiSの仕様・製品情報 タイプ カナル型 コードの長さ 1. 2m 重量 6g audio-technica SOLID BASS ATH-CKS550XiSのおすすめポイント3つ• キレのある重低音• マイク付きリモートコントローラー搭載• 大口径音導管で音の伝導効率をアップ audio-technica SOLID BASS ATH-CKS550XiSのレビューと評価 高音質の重低音を実現 audio-technicaは日本発祥のイヤホン定番ブランドです。 SOLID BASS ATH-CKS550XiSはハイレゾ対応でありつつ、重低音にもこだりたい人向けのイヤホンです。 8mm SOLID BASS HDドライバーを採用、ドライバーの駆動性と制動性を高めることでキレのある重低音を実現しています。 高い密閉性があり、外音からもしっかり遮断されます。 まとめ 今回は、価格別とBluetooth対応イヤホンに、ハイレゾ対応イヤホンとおすすめのイヤホンご紹介してきました。 その中から自分にあったイヤホンを見つけ、ぜひ楽しい音楽ライフを楽しんでください。

次の