け もの フレンズ 2 漫画。 「けものフレンズ2」は漫画「けものフレンズ ようこそジャパリパークへ!」が残した宿題に答えられるのか。

けものフレンズ (アニメ)

け もの フレンズ 2 漫画

ストーリー 内容紹介 吉崎観音がコンセプトデザインを務める「けものフレンズ」が コミックに! ある不思議な現象で動物たちがヒトと同じように言葉が話せる女の子の姿になった、「アニマルガール」が暮らす「ジャパリパーク」。 そこに立派な飼育員を目指しやってきた菜々は張り切って第一歩を踏み出すものの…? そうです。 あらすじを読んでわかるように、 アニメ版とはまったく違う内容になっております! 「フレンズ」「ジャパリパーク」等の用語は変わりませんが、ここではジャパリパークの飼育員として入ってきた菜々とフレンズたちの交流、そしてフレンズ同士の交流が描かれています。 アニメのかばんちゃんはいません!! しかしサーバルやトキなどのフレンズはいますのでご安心を。 キタキツネがメイン!クッソかわいい!! 1巻の表紙がキタキツネ! サーバルは2巻表紙となっています。 出ている割合を見てもキタキツネがメインキャラなのかと思います。 1話の時点では新しい飼育員なんて認めないわみたいなツンツンキャラなのかなーと思っていたのですが、1話ラストで早々にデレ、 2話で相当なおバカだと発覚する 正確には世間知らずというか、外にあまり出ていなかったので常識がわからないという感じなのですが、 そのおバカ加減がめっちゃかわいいんです。 肉まん大好きでコンビニの肉まん入ってる機械を持って帰ろうとしたり、見ていて微笑ましい。 ツチノコを発見したときは捕まえて売ろうと企んだり。 とにかく見ていて飽きないキャラ。 いろんな種類のフレンズが登場! アニメで金朋さんが演じている音痴なフレンズトキも登場。 やはり漫画もどきつい歌声。 そしてまさかのシーサーのフレンズ。 ツチノコもいるしなんでもありなんですねこの世界。 そして2巻に登場のクジャクはわかいかったなぁ。 美人すぎるだろ。 1話しか出てないのが非常に残念。 その他にも色々なフレンズが登場し、 ・ピーチパンサー ・アライグマ ・チーター ・キンシコウ ・タイリクオオカミ ・カラカル などそれぞれの性格も個性があって楽しい。 可愛いだけじゃなく笑わせてくれる 特に読んでいて楽しかった回は「キンシコウ」が出てきた回です。 キンシコウとはゴールデンモンキーの別名で、つまりはサルです。 キンシコウの狙っているのか天然なのかわからないボケにしっかりツッこむキタキツネがかわいかった。 キンシコウが木から落ちてきた時のコマがなかなかシュールでしたね。 チーター回とかアホのアライグマ回でこのように反応する菜々。 なんかかわいそう。 ほんとそれぞれのキャラがかわいくてたまらない。 まとめの感想 個人的にはアニメよりもこっちが好き。 おそらくアニオタたち的にも本来はこういうのが見たかったんだろうなという作品。 しかし実際これがアニメ化して今の人気が出たのかというと違うと思う。 アニメはあのキャラデザとサーバルちゃんの声で「すごーい」とか言いながらわいわいやっているのがよかったのかもしれません。 一体アニメの最後はどうなるんでしょうね。 個人的な考察としては、たぶん漫画版のジャパリパークが滅んでアニメ版の時代へなったのかと。 サーバルとか漫画とアニメ共通のキャラも出ていますけど、きっと2人は別人なんでしょうね。 この前ツイッターで話題になった 北米版けものフレンズ。 まあたぶんこれが結局のところ一番ありそうな裏設定だと思ってます。 けものフレンズ(北米版) — ki-51 右腕を骨折したフレンズ 99gunntei アニメ版ツチノコが意味深な発言をたくさんしていたのでやはりラスト2話くらいで衝撃の事実来そう。 かばんちゃんとガイドさんの格好一緒だし。 帽子の羽とかズボンとか同じなんですよね。 ジャパリパークの従業員だったってのはたぶん間違いないと思うんですけど。 セルリアンがキーポイントっぽい。 漫画版では一切その話はなかったから、 突然現れた、もしくはセルリアンは元は人間だった虚淵風シナリオが有力候補。 そして人類は滅んだ。 とまあ感想を語っていきましたが、実はこの漫画版「けものフレンズ」 2巻完結です! この前連載終わったばかり。 人気になる前にたぶん描き終わったと思うんで、今後なにかしら動きはありそうですけどね。 2巻で終わるのはホントもったいない作品なので、ぜひ続いてほしいと思っています。 ぜひ読んでみてくださいね。

次の

けものフレンズ2の漫画版を賞賛してる工作に感化されるのは気を付けたほうがいい|砂漠星|note

け もの フレンズ 2 漫画

どうも、hasuke です。 今回の記事はタイトル通りの内容なので『けものフレンズ2』ファンの方は不快になると思うので ブラウザバックをオススメします。 さて、『けものフレンズ2』最終回が放送されました。 Amazon、ニコニコ動画における『けものフレンズ2』の評価も かなり悪いです。 DVD等の売り上げが出ていない現状で結論付けるのも早計かもしれませんが、現状を見る限り 失敗したと言わざるを得ないのでしょう。 自分も正直『けものフレンズ2』は失敗だったと思っています。 今回は自分なりに『けものフレンズ2』がなぜ失敗したのかについて、考察していきたいと思います。 ただ細かくやっていくと長くなりそうですし、1期監督との比較をしても不毛になるだけだと思うので、大きな原因を3つ挙げて考察していきますね。 テーマが違うのに1期のキャラを出して、1期のストーリーをなぞった (引用:Amazon) 『けものフレンズ2』は1話から最終話まで鑑賞しましたが、 1期とはテーマ性が違うと感じました。 1期では優しさ・思いやりを軸にパークの謎やセルリアンの脅威から協力して立ち向かうストーリーでした。 一方、2期では関係性の難しさが強調され、優しさというよりいがみ合いが多く、セルリアンも弱体化していたので協力という部分は少ないストーリーでしたよね。 1期OPの歌詞 「けものはいても、のけものはいない」は1期のテーマを表していますが、2期は相反した 「のけものはいる」で表現されるような厳しさです。 具体例を挙げますと ・命がけで主人公を守ったイエイヌは仲間には誘われず、(本人の希望ではあるが)誰も帰ってこない家で一人で過ごしていく ・ビースト(アムール・トラ)は敵を倒す駒として利用され、誰にも助けられず瓦礫の下に沈む ・1期主人公のかばんは親友から忘れられて、その親友は別の仲間と旅に出る 改めて書いてみると、とんでもなくキツイ展開ですよね。 『けものフレンズ2』に好意的な方は、これを現実世界の人間と動物の関係性を描いたといいますが・・・ とにかく1期と2期のテーマ・方向性は違うわけです。 ここからが本題ですが、 それならばなぜ1期のキャラクターを出して、1期のストーリーをなぞる展開にしたのか。 『けものフレンズ2』で登場した新キャラクター達を、メインで話を進めたら良かったのではないでしょうか? 『けものフレンズ』の世界において、1期のラストで他の島があることが判明しています。 ならば別の島でキュルルとカラカルの二人旅の物語を、展開していけば良かったんじゃないでしょうか。 ストーリーにしても、 各所でフレンズと出会い、事件を解決、クライマックスにその時のフレンズたちが助けに来るというのも1期のストーリーを踏襲しています。 関係性の厳しさが描きたいのならば、もっと違ったストーリー展開の方がいいと思うんですが・・・ 1期で友情を育んだサーバルとかばんの関係を崩してまで、二人を『けものフレンズ2』に出した意味があったのか? OPでは大きく登場するも、大した出番のなかったアラフェネやPPPなどの1期キャラクターたちも同様です。 邪推してしまうと『けものフレンズ2』の人気を上げたいが為に、1期の人気キャラを利用したようにも感じます。 そして、先述した通り、 テーマ性が違うのに1期キャラクター・ストーリーを2期に流用した。 その事で1期の世界観を想像していた視聴者は違いに苦しんだのでは? (実際、自分は苦しみました) そして、その他の要因も重なって、大きな批判を生むことになったのではないでしょうか? 極端な例えですが『 ドラえもん』のキャラクターを使って、『笑ゥせぇるすまん』の作風でやるようなもんです。 スタッフが同じならまだしも、変わっているからより強く違和感も出ますよね。 自分としては嫌味で言っているのではなく、別の場所でキュルルとカラカルをメインに据えて、思う存分表現したい事をやった方が良かったと思います。 いわゆるぶん投げ状態です。 これについて、TV東京の細谷プロデューサーは 「回収できなかったんじゃない」とツイートしています。 あえて謎を残して続編で回収する、もしくは視聴者の想像に任せるということでしょうか。 いやいやいや・・・これは絶対にあかんやろ! アニメ作品として決められた話数でちゃんとまとめられないのは、 作品として未完成であるということです(原作があって全てをまとめきれないものは除く) それを制作陣が「回収できなかったんじゃない」って言うのは、 自分で駄作として認めてるってことですよ? もちろん大半の謎を解決させた上で、謎を一部だけ残すのは良いでしょう。 でも『けものフレンズ2』は先ほども述べた通り、 ぶん投げ状態です。 そもそも、全編通して 結局何だったんだ?感すらある『けものフレンズ2』です。 伏線の使い方が下手すぎる、というかあまり理解できていないのかなとまで思ってしまいました。 自分の中でこれぐらいは回収してほしかった伏線(謎)を挙げてみます。 そもそも、こういうオリジナルアニメでは 最初から話数が分かっているんだから、その枠内で収めないと駄目なんですよ。 これだけ不評では続編すらあるか分からないですし、続編ありきの製作はあまりに馬鹿げています。 後、キュルルの正体と「おうち」に関しても結局明言されませんでしたね。 最後の絵からキュルルの正体はパークに遊びに来た子供?であり、サーバル・カラカルとは昔からの友達とも読み取れますが、それが 裏付けられる要素は何もありません。 「おうち」に関しては、皆がいるところが「おうち」なんだという、あんまりにも しょうもないありきたりな結果でした。 アニメ放映中に『けものフレンズ2』監督の木村さんと、テレビ東京プロデューサーの細谷さんが、アンチ意見に対して言い返したり、煽るようなツイートをして炎上しました。 確かに過激な批判が寄せられたことから、苛立つ気持ちは分かりますよ。 でもそこは無視しましょうよ・・・ 中高生ならともかく、40歳を超える大人ですからね・・・ できないのであれば、せめてアニメ放送中は総監督の吉崎先生みたいに何もツイートしない方がいいと思います。 この炎上で余計アンチも増えただろうし、視聴者の作品に対する印象も悪くなったことは間違いありません。 でもこういう問題って、このSNS社会でこれから重要になってきそうですね。 だれでも発信できるからこそ 「公と私」を上手く使い分けないといけません。 今回の様に作品外で制作陣が、作品の評判を落とすような事をしては駄目ですよ・・・ <追記> またもや木村監督がTwitterで炎上しました。 何でも1期監督のたつきさんのツイートを批判したとか・・・ 放送終わってからも作品の価値を下げ続けるとは、もう何も言えないですね。 作品に対する評価につきましては、視聴者の方々に委ねられており、制作者は、その結果を真摯に受け止めなければなりません。 それが、制作者として重要な資質であると考えております。 本件に関しまして、深くお詫び致します。 「テレビ東京けものフレンズ2特設サイト」より引用 あまりに酷すぎる・・・ こんなアニメ聞いたことないよ。 多分、細谷Pの事でしょうか。 もう年齢も40代らしいのに何してるんだ、ほんと・・・ 追記多いから、スタッフの件だけで別記事作ろうかな?笑 <まとめ>なぜ、けものフレンズ2は失敗したのか 今回挙げた以外にも駄目な部分はまだまだあるんですが、大きく考えるならこの3要素かなと思います。 後、よく 1期を潰すために悪意を持って作ったという意見もありますが、それは考察には入れませんでした。 だって、本当にそうであるならば、 人としてあまりに最低すぎます。 二度とアニメには関わってほしくないですよ。 さすがにそこまでクズでは無くて、 ただただ力の無い制作陣が失敗したと思いたいですね。 最後にせっかくなんで良かった部分も挙げたいと思います。 歌は良かったです。 特に最初の方のED曲はなかなか良かったんじゃないでしょうか。 また、 キャラクターデザインは好きでした。 色々言われてる吉崎観音先生ですが、キャラクターデザインはやっぱり優れていると思います。 1期はそれに優秀な制作陣が重なって、名作になったんだなぁと改めて思いました。 名作ってやっぱり色々な要素が重なって生まれるものですね。 それにしてもこれだけ1期と2期で評価があべこべになるアニメも珍しいです。 『けものフレンズ3』はスマホとアーケードでゲーム化が決まっていますが、自分はおそらくやらないでしょう。 アニメの続編ないし映画化されても、スタッフが変わらないんだったら観ないかなぁ・・・ ただ1期は好きだっただけに『けものフレンズ』がどのような形で終わるのかは気になるので、観るかもしれませんけどね。 名作アニメの2期での大失敗、もったいないと言うか残念な気持ちでいっぱいです。

次の

「けものフレンズ2」は漫画「けものフレンズ ようこそジャパリパークへ!」が残した宿題に答えられるのか。

け もの フレンズ 2 漫画

ネット上でけもフレ2の漫画版を賞賛しているのはサクラ的工作だと思っています。 それらの意見に感化れるのは気を付けたほうがいいと思います。 まず、けもフレ2関連ではネット上で様々なサクラ的な工作がなされていると、私は思います。 大きな根拠は、YOUTUBEけもフレ2関連動画の中のコメント欄です。 そこには2期を賞賛するコメントと、それに対する高評価に溢れています。 しかし、2期はニコ生での各話上映後のアンケート結果は、「とてもよかった」がせいぜい20%あたりを5話目までを記録していて、6話で10. 7話におていは7. 0%まで下がった作品です ちなみに7話の最低評価「良くなかった」は77. にも関わらず、YOUTUBEに上げられているけもフレ2関連の動画には、主に公式が上げている動画を中心に2期絶賛コメや、高評価が多数あります。 特にこの公式動画 主にOP曲・ED曲や、ダイジェスト動画 に多いというところに怪しさがあります。 つまり、あらかじめ工作員に準備させてから、曲やダイジェスト動画を上げているということ。 それにPV動画が上げられた直後はまとめサイトにはたつきを叩き、2期を期待する書き込みに大量に溢れていました。 とても不自然です。 ちなみに時間が経つと、それらの意見は鳴りをおさめ、やはりたつき抜きで制作する2期に抗議する意見が大勢になりました。 その他、ツイッターでも、2期賞賛、たつき・ヤオヨロズ叩きのコメントを投稿する人たちが大量にいます。 ここまで来たら、騒動の火消しのため、会社のメンツを守るための工作をしていると、考えるのが当然かと思います。 ただそれでもどうやっても2期の人気獲得は不可能だと、悟ったのでしょう。 最近はサクラ的工作の対象をけもフレ2の漫画版に移行したと私は思っています。 最近、ネット上でのこの漫画を絶賛する人達が多いです。 「アニメはダメな部分が漫画版では改善されている」だとか、「漫画版が救い」だとか。 しかしまだ単行本化前の漫画なのに、どうしてこんなにも絶賛意見が溢れているのでしょう? これが工作でなければ、いったいどれだけの人が少年エースを読んでいるというのでしょう。 あるいは「漫画版ちゃんのここすき」という漫画版けもフレ2紹介動画だけで全てを判断したというのでしょうか? やはりあまりにも不自然です。 「漫画版ちゃんのここすき」という動画にも賞賛コメが溢れていますが、おそらくコメはもちろん、この動画自体、サクラとして用意されたものと見るのが妥当かと。 ですので、ネットで漫画版を誉めている意見に感化されて、「漫画版は人気がある」と思うのは気を付けたほうがいいと、私は思います。 確かにアニメ「けものフレンズ2」は酷い物だったと思います。 ファンが怒り狂うのも無理ないですし、ファンでない人から見ても話しの構成や、キャラクターの描写が滅茶苦茶。 全く褒められるものではないと思います。 しかし、この漫画版けもフレ2はそうではないと思います。 キャラクター一人一人を表情豊かに描き、それぞれの立ち位置や性格に一貫性を持たせることで、印象に残りやすいようにしています。 また、ストーリーの内容は全く同じでありながら、各場面で補足の台詞・描写を加える、言い回しを変えるなどの工夫をし、全体を優しく、そして面白く仕上げています。 これは紛れもなく、「内藤隆先生」の努力の賜物だと思います。 あれだけ酷いシナリオを丁寧にくみ取り、ここまで見れる物に描写しなおすのはとても大変だったでしょうし、私は内藤先生の努力を素直に称賛したいです。 公式の工作を疑う気持ちも分りますが、一人の人間の頑張りを単なるサクラで片付けてしまうのは、あまりにも気の毒ではないでしょうか?.

次の