白州次郎 ソフトバンク。 日本の正しい歴史 一色誠 歴史認識 日本の歴史

ソフトバンクのコマーシャル、白い犬と黒人は何を意味するので...

白州次郎 ソフトバンク

白洲次郎さんの事よくしらないんです! 白洲次郎は、乱暴で傲慢な少年だった。 学生時代は乱暴者でいらち持ちで傲慢だった彼はその腕白ぶりでよく問題を起こして担任を困らせていました。 その上、お金持ちだったので、規格外なお小遣いが与えられて中学生にもかかわらず自動車を乗り回していました。 中学生でそんな恵まれすぎた環境におかれると子供がわがままになるのは無理もないでしょうね! そんな手に負えない白洲次郎を親はイギリスに留学させました。 次郎自身の言葉によれば、それは「島 流し」であった言っています。 神戸一中を卒業した1919年、17歳でケンブリッジ大学のクレアーカレッジ に入学するため、渡英されました。 運命の友人と出会い、真のジェントルマン道に触れる ケンブリッジに「島流し」となった9年間で、次郎は豹変した。 入学当初の試験結果は最低 点で最も出来の悪い学生となってしまったが、運命の友人・貴族のロビンと出会い、その後発奮し、2年後には最も優秀な学生の一人にな った。 経済学者ケインズなど世界トップレベルの知性に触れたことが要因の一つでもある。 出会いのきっかけは、喧嘩に弱いロピンが、喧嘩を売られ往生しているところを次郎が見かねて、救った ことです。 白洲を変えた最大の要因は友情にあったようです。 ロビンは伯爵の称号を持つ貴族の出で、身のこなしといい、教養といい、古き良き時の英国紳士の典型のような人物だった。 白洲はこのロビンから 英国紳士の伝統を吸収し真のジェントルマン道に触れたのでした。 白洲次郎が身につけた「欧米流スノビズム」とは? スノビズムを調べてみると、自分が現実に属しているよりも上の階級に属しているかのようにふるまう態度のこと。 たとえば、庶民がブルジョワの真似をしたり、一般人が貴族階級のふりをしたりすることです。 しかし上流階級を全面的に偽装するのは難しいので、 「せめてそれらしい話し方をする」というのが欧米流スノビズムです。 カッコいい男の名言集 現代でも通用しそうな名言ばかりだな~ 白洲次郎の功績がすごい! 多くの実業家や文化人に愛され、 戦後、 吉田茂のブレーン として、GHQとの交渉にのぞみ、戦後日本を形作ったとされる方です。 流暢(りゅうちょう)な英語を武器に占領軍と渡り合う次郎は「従順ならざる唯一の日本人」と呼ばれていました。 どんな相手にも「ぶれることなく」対応した白洲次郎さん。 戦後の混乱期の象徴再編などでも自らの信念を曲げず突き進まれました。 その生き方はリタイアしたあとも揺るがなかったという事です。 吉田政権後は、実業家として東北電力の会長など多くの企業役員を歴任した。 スポーツ万能でいわゆる「イケメン」としても知られ、デザイナーの三宅一生のショーにモデルとして出演したこともある。 また、日本人で初めてジーンズをはいた人物ともいわれています。 白洲次郎の子孫や家系は誰? 白洲次郎の子孫にはどのような方がおられるのでしょうか? 気になったので少しばかりしらべてみました。 ・長男は元東宝東和社長の白洲春正です。 ・長女は武相荘館長で作家の白洲桂子です。 ・お孫さんは元内閣総理大臣・細川護熙の公設秘書でアートプロデューサー、エッセイスト、株式会社ジパング代表取締役の白洲信哉です。 ちなみに、 ソフトバンクのCMに登場する白戸家は白洲家がモデルです。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回は、「白洲次郎が身につけた「欧米流スノビズム」とは?カッコいい男の名言や子孫は誰?」と題して紹介してみました。 白州次郎さんが、最近「日本一かっこいい男」と言われる所以は、「プリンシプルがある」という生涯筋を通し続けたからだと思います。 彼のようにひとつ筋が通った人間に憧れますし、なりたいものですね! 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

白洲次郎は兄がいて息子はハーフ?経歴や嫁の国籍が気になる!

白州次郎 ソフトバンク

従順ならざる唯一の日本人 日本の官僚、実業家。 終戦連絡中央事務局次長、経済安定本部次長、貿易庁長官、会長などを歴任した。 占領下の日本での側近として活躍し、終戦連絡中央事務局や経済安定本部の次長を経て、商務省の外局として新設された貿易庁の長官を務めた。 と渡り合う。 1902年芦屋市に・芳子夫妻の二男として生まれる。 クレアカレッジに聴講生として留学後、父の会社の倒産により帰国。 その後、英字新聞の記者となり、妻正子と知り合い結婚。 それからの取締役などを経て、1945年に内閣のに就任した吉田の懇請で終戦連絡中央事務局(終連)の参与に就任し、との交渉の窓口となる。 白洲はイギリス仕込みの英語で主張すべきところは頑強に主張し、某要人をして「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめた。 同年には問題で、佐々木惣一教授にの進捗を督促する。 1946年2月13日、松本烝治が中心として起草した案(松本案)がの拒否にあった際に、草案(案)を提示されている。 15部の英文の草案をすぐ検討するようにと出て行ったという(一時退席)。 日本国側が案を持ってを訪ねて10分ほどの出来事だったと言われている。 15分後、が庭で日光浴をしていたアメリが側を迎えにいくと、ホイットニーは「われわれは戸外に出て、エネルギーの暖を取っているところです」と語った。 日光をエネルギーと表現したのだろうが、これは原爆を連想させる。 太陽を背にして座ったり、エネルギーという言葉を使ったり、アメリカ側は心理的圧力をかけてきた。 3月2日、日本政府の意見がまとまらないうちに、は翻訳者とともにホイットニーに呼び出された。 そこで、内の一室において、一晩で草案の全文を日本語に翻訳するよう要求された。 結局、翻訳には3日かかったが、らは一睡もせずこの大仕事を成し遂げた。 は、国会を従来と同じくにした以外は、ほぼの草案通りになった。 日本語訳は、専門の法律学者の手を経ることなく、と外務省翻訳官らが内にカンヅメになってつくったものである。 「従順ならざる唯一の日本人」と称されたも、に関してはの強硬姿勢に従わざるをえなかった。 同年3月に終連次長に就任。 8月、経済安定本部次長に就任。 1947年6月18日、終連次長を退任する。 1948年12月1日、商工省に設立された貿易庁の初代長官に就任する。 汚職根絶などに辣腕を振るい、商工省を改組し(のち)を設立した。 その辣腕ぶりから「白洲三百人力」と言われる。 1951年サンフランシスコに全権団顧問として随行した。 この時受諾演説の原稿を外務省の役人がの了解を得た上でに対する美辞麗句を並べかつ英語で書いたことに白洲が激怒、「というものは、の代表と同等の資格で出席できるはず。 その晴れの日の原稿を、相手方と相談した上に、相手側の言葉で書く馬鹿がどこにいるか!」と一喝、急遽日本語に書き直したのだという。 原稿は随行員が手分けして和紙に毛筆で書いたものを繋ぎ合わせた長さ30m、直径10cmにも及ぶ巻物となり、内容には、沖縄並びに等の施政権返還が盛り込まれた(この話は異論あり)。 その後、外務省顧問を務め、吉田退陣後は政界入りを望む声もあったが政治から縁を切り、実業界に戻った。 その後、会長、荒川水力電気会長、大沢商会会長、(現)、、ウォーバーグ証券(現)の役員や顧問を歴任した。 83歳没。 遺書は 「葬式無用 戒名不用」のみ書いてあったという。 日本で一番カッコいい男 「僕らはあなたに憧れる」というインターネット上の投票では、ダントツの1位になっている。 ちなみに、第3位がだが、はその10倍の票を獲得している。 の名言 「おれたちは戦争に負けたかもしれないが、奴隷になったわけじゃない!」 について はらが翻訳したもので、第1条の「は日本国の象徴であり」の「象徴」と言う訳はが決めたと言われている。 その彼が終戦2年後の1946年に唯一の著書『プリンシプルのない日本』で、次のように書いている。 を改正するということ自体は私は賛成である。 現在の新は占領中米国側から「下しおかれた」もので、なんてものは、国民のもり上った意志でつくるべき本質のものだと思う。 占領もすんで独立を回復した今日、ほんとの国民の総意による新が出来るのが当然ではないかと思う。. 長く大事に持っているものは人に貰ったものより自分自身の苦心の結晶に限る。 今でもは「どうせアメリカさんの貰いものだ」なんていう様な言葉をよく聞くが、聞くたびにほんとに我々がつくった我々のがほしいものだと思う。 エピソード1 民政局長ホイットニー将軍が「さんの英語は大変立派な英語ですね」とお世辞を言った。 そこには、勝者としての奢りが込められていた。 これに対して、は「あなたももう少し勉強すれば立派な英語になりますよ」と答えたという。 エピソード2 1945年12月のクリスマス。 司令長官にはからのプレゼントを届けた。 部屋のテーブルの上はプレゼントでいっぱいだった。 は床のどこかに置いていけというという仕草をした。 すると次郎は「いやしくもの贈り物である。 床などにおけない」と怒りを爆発させた。 驚いたは、急いで新しい机を運ばせた。 「を怒鳴りつけた男」と言われるのはこのエピソードから。 (事実でないという話もあるが、の性格をあらわすエピソードとして記載する) のモデル のCMでおなじみの白い犬の名前が白戸次郎、が演じているお母さんが白戸マサコです。 とさんをモデルに作ったとのことです。 japonismlove.

次の

白洲次郎の写真、名言、年表、子孫を徹底紹介

白州次郎 ソフトバンク

白洲次郎、この名は有名でwikiにも出てますし、他、ネットで調べれば どういう仕事をし、どういう生活をしていたかはわかります。 ご質問としては ゴルフ人としての白洲次郎をお知りになりたいのかと思いますので いくつかゴルフに関してのエピソードを。 おっしゃる通り軽井沢ゴルフクラブの理事長で ゴルフとその後の酒宴が大好きだったようです。 ゴルフはお酒をおいしく飲むためのものとさえ思っていたようです。 もちろんごるふが何より好きだたのかも知れませんが その後、同伴者と飲む酒は格別だったようです。 またイギリスに留学していたため、マナーとエチケットには 厳格でゴルフはマナーに始まりエチケットに終わる、と考えていたようです。 このマナーとエチケットを守れない人はゴルフがうまくなれない、とのことです。 どういうことかというと 初心者は4人の誰より早くティーグランドに来て、ベテランさんを待ち 顔を合わせたら、おはようございます、今日はよろしくお願いします、と挨拶。 順番を決める棒をいち早くもって3人を回り年の順、あるいはメンバーさんがいればその人から 順に引いてもらう、 自分の打順になったらティーアップをし、振り返り今日一日よろしくお願いします。 そして、ルーティンを終えたらアドレスに入りもじもじせず思い切りよく振っていく。 球の行き先はどうでもいい。 林に入ってもかまいません。 まずこれが朝一番のマナーだということです。 これがうまくなる秘訣だというんです。 なぜか、というと 例えば逆のふるまいをする人がいたとしましょう。 あとから遅れてティーグランドに来て、 先輩、あるいはベテランさんに、 「あー君の順番は〇番だよ」といわれ「はい、すいません。 」といいながら まだ準備できていないので慌ててティーをポケットに入れ、手袋を出して 手袋をしながらティーグランドに向かい 人を待たせたもんだから早く打たなきゃ。。。 の心理がある中 素振りもせず、打ち急いで林の中にボールを入れちゃう。 ゴルフというのは不思議な心理が働くもので 先輩、あるいは上級者は初級者のの面倒を見ることが暗黙の了解になっています。 クラブも持たずに林の中に入ったボールを探しに。 クラブをもっていかないんだからボールがどこにあるかわかっているのだろうとベテランは解釈します。 まずはボールのライを見て、それからクラブを選択するのだろう、と思うから 探しに行きません。 ようやく見つかり、戻って5番アイアンを取り出し 再度行くとベテランが、 「おーい、こっちに出した方がいいぞ」と 安全策を案内します。 ギャンブルでもいいから木の間を狙って打ちたい! とおもいながらも先輩の言うことだから 気持ちと裏腹に嫌々そちらに出そうとする。 しかしクラブは5番、そんな長いもんでチョイ出しは難しい。 嫌々なもんだから集中力もなく、ざっくり。 あるいは木にぶつけキンコンカンコン! 朝からトラブルかよ。。。 とカリカリ来る。 まだ林の中にあり、今度こそと無茶な狙い方をする。 さらにキンコンカンコン。 運よく林を抜けたとしても5番なんか持ってるもんだからあらぬ方向に打ちだし反対側のバンカーに。。。 どうしてこういうことになるかというと、 先輩やベテランさんは 朝のふるまいを見て、こいつゴルフを知らんな、自分のゴルフ観を持っていない と思って先の心理によりアドバイスするんです。 ところが朝からマナーを知ってる人、林に入った時点でクラブを2本、あるいは3本もって ボール探しに行きます。 どこにあるかわからんから3本もっていくと解釈し一緒に探してくれます。 すぐに見つかると、ありがとうございました、と声をかけ、アドレスに。 こういう人は自分のゴルフ観を持っていると思うから先輩たちは何の口出しもしません。 ストレスなく自分の好きなように打てます。 あsから思い切りよく振っていくのですから、ここも思い切りよく振れます。 それがギャンブルでも抜ける確率は高いです。 また安全策をとれば、ほほー、判ってるじゃないか! とさらに口出ししません。 一日中ストレスなく自由に打っていけます。 したがってスコアが良くなる、ということになります。 よく上手な人と回った方が上達は早い! といいますが、これはスイングなどを参考にしてうまくなるわけじゃないんです。 上級者の配慮によって のストレスのなさが快適なゴルフをさせるためうまくなるのです。 それにはもちろんマナーを守ることが前提となります。 上級者と回ると当然マナーも知ってますから、それを教えられることもありますし 見てて覚えることもあります。 ドライバーショットの時(すべてのショットに言ますが)飛球線の真後ろにいたり パットするときライン延長上に立ってたり、 こんなことをすれば上級者はちゃんと教えてくれます、 そこに立ってはいけないんだよ。 君は気にしないかもしれないが、気にする人はかなり気になるんだ。 というようなことを白洲さんは言ってたようです。 私の解釈も入っていますがおおむね白洲さんが言いたいのはそういうことだったと思います。 そして、身なり、 これは有名な白洲さんのエピソードですが 軽井沢ゴルフクラブは超名門、 成り上がりの政治家や金持ちがステータスとしてプレーしたいゴルフ場でもありました。 ある日白洲さんがプレーをしていると先に回る組がワイワイやっていたようです。 その中に、腰にタオルをぶら下げたプレーヤーが一人いました。 白洲さんは、キャディーさんにあの腰のタオルを外すように言ってきてくれ、と頼んだそうです。 キャディーさんは白洲さんの言うことですから走って行って、 前の組のその人にタオルを外してもらえませんか、といって帰ってきました。 その男は、フン、なにをキャディーが言ってやがる、俺を誰だと思ってんだ! とばかりそのまま続けたそうです。 その先のホールで追いつきティーグランドで一緒になった時、 あー君、キャディーの注意を無視するような男はプレーしてもらっては困る、 すぐにプレーをやめて退出してくれ! ここは畑ではない、農作業をしているわけではない。 すぐに出て行ってくれ。 と言ったそうです。 もちろんこの男の正体を知っていて言ったのです。 この男、当時飛ぶ鳥を落とす勢いの政治家田中角栄だったそうです。 さすがの田中角栄も戦後の日本復興の立役者、吉田茂の「懐刀」白洲次郎の前では 平身低頭、 申し訳ありませんでした、とプレーを中断して帰ったそうです。 白洲次郎とはそのようなゴルフ観を持った人だったようです。 また、マナーとエチケットの違いについてもいってたことがあるようです。 マナーとは人を不快にさせない、と同時にこれを守ることで自分も不快にならないもの。 ゴルフのエチケットとは、同伴者、あるいは後ろを回る人のためにも 元通りに戻しておくこと、だそうです。 バンカーならし、しかり、 ディボット跡しかり、 グリーンのピッチマーク、スパイクではねた芝もそうです。 ピンを抜いたらきちっとさしなおす。 これらは私も完璧に守っています。 ゴルフへの白洲さんの影響は結構大きいですよ。 でも、最近 エチケットのイの一番、一丁目一番地のバンカーならしさえしてなくて 足跡が付いてるときがあります。 信じられませんよね。 バンカーを打ってそのまま上がってくる人がいるということでしょ? まさか4人とも初ラウンドじゃないでしょうから 経験者は教えなかったんですかね。。。。 嘆かわしいですね。

次の