グレートピレニーズ 飼い方。 犬の夜鳴きについて。グレート・ピレニーズという大型犬を屋外で飼って...

グレートピレニーズの性格・しつけ・飼い方とは?注意する病気や価格相場は?

グレートピレニーズ 飼い方

グレート・ピレニーズってどんな犬?どんな特徴があるの? グレート・ピレニーズってどんな犬なのか?どんな特徴があるのか?を理解するために、まずはグレート・ピレニーズに関する基本的なことについて紹介していきます。 グレート・ピレニーズの歴史 グレート・ピレニーズはアジアの 「チベタンマスティフ」が祖先犬だと言われています。 紀元前6世紀頃にヨーロッパに持ち込まれました。 その頃からピレネー山脈で 牧羊犬として活躍するようになり、時にはオオカミやクマなどから家畜を守る役割もしていたそうです。 やがてグレート・ピレニーズの白くて大きな姿は、ヨーロッパの貴族から注目を浴びるようになりました。 中世のフランスでは 警備犬として使われていた記録も残っているそうです。 その後、グレート・ピレニーズは絶滅の危機を迎えますが、愛好家たちによって絶滅の危機を乗り越え、現在はフランスをはじめとする欧米諸国で高い人気を誇っています。 グレート・ピレニーズの基本的なデータ 項目 基本データ 名称 ピレニアン・マウンテン・ドッグ(ヨーロッパ地方) グレート・ピレニーズ(北米や日本) 原産国 フランス 体高 オス69~81cm、メス60~75cm 体重 オス45~60kg、メス40~52kg 寿命 11~13歳前後 毛色 白(グレー、薄いイエロー、オレンジなどの斑が頭部、耳、尾の付け根にある白もいる) 体高や体重を見て分かる通り、 グレート・ピレニーズは超大型犬です。 ゴールデン・レトリバーよりも大きいので、いかに貫禄のある犬種か想像できることかと思います。 そして彼らは骨格もしっかりしており、大きな頭、垂れ耳、ダブルコートの厚い被毛もグレート・ピレニーズならではの特徴になります。 その他の特徴としては、後ろ足に 「狼爪(ろうそう)」があることですね。 ふつうの犬は前足にあるのですが、グレート・ピレニーズは後ろ足についています。 グレート・ピレニーズの価格 グレート・ピレニーズの一般的な価格相場は、 12~25万円前後と言われています。 どこから迎えるか、血統や毛色によっても値段が変わってくるのでこの場限りではありません。 ただし、グレート・ピレニーズをペットショップで見かけることはまずないので、 専門のブリーダーやグレート・ピレニーズに詳しい人を尋ねてみるといいでしょう。 グレート・ピレニーズの性格や性質について• 穏やか• 愛情深い• 責任感が強い• 警戒心が強い• 独立心が強い• 勇敢で恐れ知らず グレート・ピレニーズは穏やかでおっとりしていると一般的に言われていますが、防衛能力にも優れている犬種なので勇敢な性格も持ち併せています。 飼い主さんの指示なしに危険な人や物に立ち向かうことはありませんが、 元は牧羊犬。 時には飼い主さんを守ろうと自ら判断して攻撃的になることもあるようです。 グレート・ピレニーズの飼い方においての注意点 グレート・ピレニーズを安易な気持ちで飼うことはやめましょう。 犬を家族として迎え入れるというのはそう簡単なことではありません。 ましてやゴールデン・レトリバー以上の大きさの犬を飼うということは、広いスペースはもちろんのこと、費用・時間・知識もそれなりにたくさん必要になってきます。 かわいいからという気持ちだけでは飼えません。 そこで、グレート・ピレニーズの飼い方で注意しなければいけないことをまとめてみました。 大型犬に見合った飼育環境を用意する。 適正なしつけをしっかり行う(叩く、蹴るなどの暴力行為は絶対にダメです!)。 食事管理・健康管理をしっかり行う。 1日約1~2時間の散歩を目安にする。 定期的にトリミング&シャンプーをする。 暑い環境で飼育しない。 大型犬に見合った飼育環境を用意する 超大型犬を飼うためには、 広いスペースを確保する必要があります。 狭い家屋では息苦しい思いをさせてしまうので、できるだけ広い部屋や庭がある家庭で飼えるようにしましょう。 また、超大型犬というだけで怖がる人もいます。 もしも住宅が密集している地域で飼う場合は、まず先に近所の理解を得ることもマナーのひとつと言えます。 適正なしつけをしっかり行う グレート・ピレニーズのしつけに関しては、 専門的な知識と経験が必要です。 大型犬を飼うことに慣れている人やしつけが得意な人には向いてる犬種と言えます。 大型犬は力が強いがゆえに、ちゃんとしつけがされていないと家族のみならず他の犬や人にも危害を加える恐れがあるので注意しましょう。 小さな子供は一瞬で倒されます。 しつけに不安がある場合は、信頼のできるドッグトレーナーにまずは相談してみましょう。 食事管理・健康管理をしっかり行う グレート・ピレニーズは、 股関節形成不全や 膝蓋骨脱臼などの関節疾患に気をつけなければなりません。 これは大型犬全般に言えることでもあります。 また、骨肉腫を発症しやすい犬種としても知られており、グレート・ピレニーズの場合は中年齢くらいから発症しやすい傾向があるようです。 定期的な健康診断はもちろんのこと、毎日の食事管理やボディチェックも欠かさないようにしましょう。 1日約1~2時間の散歩を目安にする グレート・ピレニーズは元牧羊犬ということもあり、歩くことや運動することを得意としています。 できるだけ散歩もたっぷりさせてあげましょう。 歩くときは足早に歩くのではなく、 ゆったりとした速さで歩かせることがポイントです。 運動不足は筋肉や骨が衰えにつながるので気をつけましょう。 定期的にトリミング&シャンプーをする グレート・ピレニーズの被毛はダブルコートで抜け毛が多く、毛色が白なので汚れが目立ちやすい特徴をもちます。 そのため、 定期的なシャンプーとトリミングは欠かせません。 大型犬なので料金は高めになりますが、ここでケチって放置していると毛のもつれや最悪皮膚トラブルを引き起こす恐れもあるため注意しましょう。 できれば、シャンプーは 月1回、トリミングは 1~2ヶ月に1回のペースでしておきたいものですね。 あとは自宅で毎日ブラッシングをしてあげましょう。 暑い環境で飼育しない もともと寒冷の山岳気候に適応している犬種なので、日本のような湿度の高い暑い夏を大の苦手としています。 夏もそこまで暑くならない涼しい地域での飼育ならいいのですが、 そうじゃない場合はきちんとエアコンを稼働して涼しい環境をつくってあげましょう。 被毛がダブルコートであるが故に、暑さで 熱中症になることもあるので気をつけて下さい。

次の

グレートピレニーズの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

グレートピレニーズ 飼い方

グレートピレニーズの飼い方 テレビアニメの「名犬ジョリイ」で、日本でも人気になったグレートピレニーズは、「ピレネー犬」と呼ばれたリ、「ピレニアン・マウンテン・ドッグ」とも呼ばれている大型犬です。 牧羊犬として飼われていた犬種ですが、古くはマリーアントワネットの護衛の為に使われていた犬種でもあります。 これらのことから分かるように、警戒心が強く、外敵から守ろうとする意識の強い犬であるという事を、よく理解しておかなくてはなりません。 もちろん家庭でペットとして可愛がることもできますが、グレートピレニーズの飼い方は 「きちんとしたしつけをする」という事が大前提になります。 グレートピレニーズの飼い方を間違えてしまうと、攻撃的な性格になってしまったり、誰にでも吠えたりという問題行動を起こす犬になってしまいます。 体も大きいので、 子犬の段階でしっかりとしつけを始める事が、グレートピレニーズの飼い方で最も重要なポイントとなります。 また、暑さ対策や抜け毛対策なども考えておく必要があり、グレートピレニーズの性質をよく理解した上で、飼育する環境を整えてあげる必要があります。 グレートピレニーズの飼い方としつけ グレートピレニーズの飼い方で注意する事は、 子犬の時に社会性を養う事が、その後のしつけにも大きく影響が出てくるという事です。 よって、飼い主さんや家族以外の人間や犬と接触する機会を、積極的に持つことが重要なポイントとなります。 人間に警戒心を抱かせない事、犬同士の交流を上手にできるようにする事が、グレートピレニーズの飼い方としつけ方の基本となります。 この点に失敗してしまうと、体の大きな犬であるがゆえに、飼い続けていくのがとても困難になってしまいます。 人に突然襲い掛かろうとしたり、散歩のときなどに人や犬を見ただけで吠えだしたり、という事になり兼ねません。 できればグレートピレニーズの飼い方について詳しい専門家のアドバイスを受けながら、しつけていく事が望ましいでしょう。 「伏せ」や「待て」などの命令もしっかり教え込んでおくことが重要で、アクシデントが起こった時でも、飼い主さんが発するその一言で冷静になれるように、しつけておくことが理想的です。 本来は心優しい犬であり、飼い主に対して従順な性質を持っている犬種なので、うまくしつけが出来さえすれば、なんの問題も無く飼う事ができます。 グレートピレニーズの飼い方で大変なこと グレートピレニーズの飼い方で頭を悩ませるとしたら、それは抜け毛が多いことがまず挙げられます。 グレートピレニーズは、その豊富な被毛が特徴の大型犬です。 厳寒な地域で生活していた犬種でもあるので、被毛の量は犬の中でもかなり多めの方です。 換毛期に入ると、初めて飼った飼い主さんがびっくりするくらい毛が抜けるという事を覚えておきましょう。 また、毛のお手入れは 毎日ブラッシングが必要で、ある程度の時間や手間が掛かります。 シャンプーは月に2回から3回が理想的です。 とにかく大きな犬種なので、自宅で洗うとなると数人がかりで行う必要があります。 少々お金が掛かりますが、大変なようであればトリミングに出すことがおすすめです。 グレートピレニーズの飼い方で、もう一つ大変なのは、毎日の散歩です。 牧羊犬をしていた犬種でもあるので、野原を駆け回るような強靭な体力があることが特徴でもあります。 毎日の十分なお散歩ももちろんですが、 大きな広場で好き放題に走り回らせる事も必要です。 このようにグレートピレニーズの飼い方は大変な面がありますが、グレートピレニーズに限らず、他の犬種でも飼育していくには苦労は付きものです。 大型犬なので、その分少し時間が掛かりますが、家族で協力し合い楽しく世話をしてあげましょう。 グレートピレニーズの飼い方の注意点 グレートピレニーズの飼い方で一番注意をしなくてはならないのは、夏の温度の管理です。 昨今の日本は温暖化などの影響で、北の地域でも真夏は気温の上昇が著しい状況が例年続いています。 グレートピレニーズは寒い地域で暮らしていた犬種なので、 暑さや湿度にはとても弱いという性質を持っています。 夏の温度管理を怠ると、グレートピレニーズの命の危険も出てきてしまいます。 基本的にグレートピレニーズの飼い方として望ましいのは、飼育環境にエアコンなどの温度管理ができる装置が付いている事です。 夏場は24時間常に冷房を付けて、グレートピレニーズが暑さによって夏バテや熱中症にならないようにしてあげましょう。

次の

グレート・ピレニーズの飼い方としつけについて 基本を知って仲良くなろう(PECO)

グレートピレニーズ 飼い方

グレート・ピレニーズってどんな犬?どんな特徴があるの? グレート・ピレニーズってどんな犬なのか?どんな特徴があるのか?を理解するために、まずはグレート・ピレニーズに関する基本的なことについて紹介していきます。 グレート・ピレニーズの歴史 グレート・ピレニーズはアジアの 「チベタンマスティフ」が祖先犬だと言われています。 紀元前6世紀頃にヨーロッパに持ち込まれました。 その頃からピレネー山脈で 牧羊犬として活躍するようになり、時にはオオカミやクマなどから家畜を守る役割もしていたそうです。 やがてグレート・ピレニーズの白くて大きな姿は、ヨーロッパの貴族から注目を浴びるようになりました。 中世のフランスでは 警備犬として使われていた記録も残っているそうです。 その後、グレート・ピレニーズは絶滅の危機を迎えますが、愛好家たちによって絶滅の危機を乗り越え、現在はフランスをはじめとする欧米諸国で高い人気を誇っています。 グレート・ピレニーズの基本的なデータ 項目 基本データ 名称 ピレニアン・マウンテン・ドッグ(ヨーロッパ地方) グレート・ピレニーズ(北米や日本) 原産国 フランス 体高 オス69~81cm、メス60~75cm 体重 オス45~60kg、メス40~52kg 寿命 11~13歳前後 毛色 白(グレー、薄いイエロー、オレンジなどの斑が頭部、耳、尾の付け根にある白もいる) 体高や体重を見て分かる通り、 グレート・ピレニーズは超大型犬です。 ゴールデン・レトリバーよりも大きいので、いかに貫禄のある犬種か想像できることかと思います。 そして彼らは骨格もしっかりしており、大きな頭、垂れ耳、ダブルコートの厚い被毛もグレート・ピレニーズならではの特徴になります。 その他の特徴としては、後ろ足に 「狼爪(ろうそう)」があることですね。 ふつうの犬は前足にあるのですが、グレート・ピレニーズは後ろ足についています。 グレート・ピレニーズの価格 グレート・ピレニーズの一般的な価格相場は、 12~25万円前後と言われています。 どこから迎えるか、血統や毛色によっても値段が変わってくるのでこの場限りではありません。 ただし、グレート・ピレニーズをペットショップで見かけることはまずないので、 専門のブリーダーやグレート・ピレニーズに詳しい人を尋ねてみるといいでしょう。 グレート・ピレニーズの性格や性質について• 穏やか• 愛情深い• 責任感が強い• 警戒心が強い• 独立心が強い• 勇敢で恐れ知らず グレート・ピレニーズは穏やかでおっとりしていると一般的に言われていますが、防衛能力にも優れている犬種なので勇敢な性格も持ち併せています。 飼い主さんの指示なしに危険な人や物に立ち向かうことはありませんが、 元は牧羊犬。 時には飼い主さんを守ろうと自ら判断して攻撃的になることもあるようです。 グレート・ピレニーズの飼い方においての注意点 グレート・ピレニーズを安易な気持ちで飼うことはやめましょう。 犬を家族として迎え入れるというのはそう簡単なことではありません。 ましてやゴールデン・レトリバー以上の大きさの犬を飼うということは、広いスペースはもちろんのこと、費用・時間・知識もそれなりにたくさん必要になってきます。 かわいいからという気持ちだけでは飼えません。 そこで、グレート・ピレニーズの飼い方で注意しなければいけないことをまとめてみました。 大型犬に見合った飼育環境を用意する。 適正なしつけをしっかり行う(叩く、蹴るなどの暴力行為は絶対にダメです!)。 食事管理・健康管理をしっかり行う。 1日約1~2時間の散歩を目安にする。 定期的にトリミング&シャンプーをする。 暑い環境で飼育しない。 大型犬に見合った飼育環境を用意する 超大型犬を飼うためには、 広いスペースを確保する必要があります。 狭い家屋では息苦しい思いをさせてしまうので、できるだけ広い部屋や庭がある家庭で飼えるようにしましょう。 また、超大型犬というだけで怖がる人もいます。 もしも住宅が密集している地域で飼う場合は、まず先に近所の理解を得ることもマナーのひとつと言えます。 適正なしつけをしっかり行う グレート・ピレニーズのしつけに関しては、 専門的な知識と経験が必要です。 大型犬を飼うことに慣れている人やしつけが得意な人には向いてる犬種と言えます。 大型犬は力が強いがゆえに、ちゃんとしつけがされていないと家族のみならず他の犬や人にも危害を加える恐れがあるので注意しましょう。 小さな子供は一瞬で倒されます。 しつけに不安がある場合は、信頼のできるドッグトレーナーにまずは相談してみましょう。 食事管理・健康管理をしっかり行う グレート・ピレニーズは、 股関節形成不全や 膝蓋骨脱臼などの関節疾患に気をつけなければなりません。 これは大型犬全般に言えることでもあります。 また、骨肉腫を発症しやすい犬種としても知られており、グレート・ピレニーズの場合は中年齢くらいから発症しやすい傾向があるようです。 定期的な健康診断はもちろんのこと、毎日の食事管理やボディチェックも欠かさないようにしましょう。 1日約1~2時間の散歩を目安にする グレート・ピレニーズは元牧羊犬ということもあり、歩くことや運動することを得意としています。 できるだけ散歩もたっぷりさせてあげましょう。 歩くときは足早に歩くのではなく、 ゆったりとした速さで歩かせることがポイントです。 運動不足は筋肉や骨が衰えにつながるので気をつけましょう。 定期的にトリミング&シャンプーをする グレート・ピレニーズの被毛はダブルコートで抜け毛が多く、毛色が白なので汚れが目立ちやすい特徴をもちます。 そのため、 定期的なシャンプーとトリミングは欠かせません。 大型犬なので料金は高めになりますが、ここでケチって放置していると毛のもつれや最悪皮膚トラブルを引き起こす恐れもあるため注意しましょう。 できれば、シャンプーは 月1回、トリミングは 1~2ヶ月に1回のペースでしておきたいものですね。 あとは自宅で毎日ブラッシングをしてあげましょう。 暑い環境で飼育しない もともと寒冷の山岳気候に適応している犬種なので、日本のような湿度の高い暑い夏を大の苦手としています。 夏もそこまで暑くならない涼しい地域での飼育ならいいのですが、 そうじゃない場合はきちんとエアコンを稼働して涼しい環境をつくってあげましょう。 被毛がダブルコートであるが故に、暑さで 熱中症になることもあるので気をつけて下さい。

次の