ハウス クリーニング 技能 士 資格。 ハウスクリーニングは資格が必要?ハウスクリーニングは資格がなくてもいい!?

ハウスクリーニングの国家資格、検定、研修、講習について

ハウス クリーニング 技能 士 資格

ハウスクリーニングに資格は必要か? 「やっぱり資格を持ってる方が何かと有利なのかな?」と、ハウスクリーニングの仕事を続けているなかで、資格について気になっている方も多いと思います。 ハウスクリーニング業は資格がなくても開業できます が、自身のスキルアップのため、あるいはお客様にアピールするための一つの手段として、資格や検定を活用するのもよいでしょう。 特に、 ハウスクリーニングを始めてから数年経って作業に慣れてきた方は、さらなるスキルアップや自身の腕試しとして、資格や検定を受けてみるのもおすすめです。 おすすめの資格は「ハウスクリーニング技能士」 そこでご紹介したいのが、「ハウスクリーニング技能検定」です。 合格すると 「ハウスクリーニング技能士」 の称号が与えられます。 おすすめの理由は、 ハウスクリーニング業界では唯一の「国家資格」だから。 ハウスクリーニング技能検定は、ハウスクリーニング業で働く人々の技能を国が証明する制度として実施されています。 資格を持っていることで、 お客様はもちろん、同僚や会社からの評価も得やすくなる のです。 ハウスクリーニング技能士とは? それでは、ハウスクリーニング技能検定について、詳しく見ていきましょう。 ハウスクリーニング技能検定とは ハウスクリーニング技能検定は、職業能力開発促進法に基づいて 平成24年から実施されているものです。 公益社団法人全国ハウスクリーニング協会が、厚生労働省指定の試験機関として検定試験を行っています。 学科試験と実技試験の両方が課され、それぞれ別日程で行われます。 どちらか片方のみ合格した場合、翌年以降その試験が免除されます。 一級・二級などの等級区分はなく、合格すると「ハウスクリーニング技能士」の称号が与えられます。 受検資格 3年以上のハウスクリーニング実務経験 が必要です。 なお「実務経験者」とは、パートやアルバイトを含めておおむね1週あたり24時間以上勤務する者のことを言います。 受検料 受検料は以下の表のとおりです。 試験時間は60分。 満点の60%以上得点すると合格となります。 学科試験の試験科目や範囲は、例年7月1日に に掲載されます。 過去の試験問題はこちらからご覧いただけます。 実技試験について 7つの課題が出され、各課題の配点の60%以上得点すると合格となります。 試験内容をまとめましたので、参考としてチェックしてみてください。 ハウスクリーニング技能士であることをアピールしよう ハウスクリーニング技能検定に合格したら、そのことをアピールして集客やお客様からの信頼獲得につなげなければもったいないです。 資格を得た証明として、全国ハウスクリーニング協会から以下の2つが発行されます(申込制)。 ハウスクリーニング技能士章 この技能士章が国家資格「ハウスクリーニング技能士」であることの証になります。 カード形状になっているので、お客様に提示して信頼獲得につなげることができます。 価格は4,000円です。 ハウスクリーニング技能士在籍認定証 事業所にハウスクリーニング技能士が在籍していることを証明できる認定証です。 認定証が付与されるのに加えて、ホームページ用バナーも使用することができます。 料金は1口4,000円(1年間)です。 ハウスクリーニング技能検定・受検申し込みはこちら 受検申請の手続きは、書面または電子申請が可能です。 受付期間内に申請を済ませるようにしましょう。 受検申し込みの詳細は、 をご覧ください。 ハウスクリーニング業で開業するには ハウスクリーニング技能士になったことをきっかけに、独立を考えている方もいらっしゃるかと思います。 個人事業主としてハウスクリーニング業で開業するには、 開業届と確定申告関連の申請手続きが必要 です。 開業届とは、個人事業として開業する際に税務署へ提出する届出のこと。 これは税務署に対して個人事業主として事業を始めたことを報告するための書類です。 また、節税効果がある申告方法(青色申告) で確定申告をしたい場合は、同時に「所得税の青色申告承認申請書」を提出する必要があります。 詳しい手続き方法については、関連記事をご覧ください。 ハウスクリーニングの集客なら、くらしのマーケット! 「ネット集客に興味はあるけど、スマホとかパソコンに詳しくない…」 「自分でネット集客するのはコスト面が心配…」 そんな方にご紹介したいのが、集客サイト「くらしのマーケット」です。 くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、国内最大級の集客サイトです。 初期費用・月額費用は完全無料! 出店するのにコストは一切かかりません。 ノーリスクでネット集客を始めることができます。 予約が成立したときのみ、手数料が発生します。 ネット集客が初めての方にも安心! ネット集客の専門家であるコンサルタントから、くらしのマーケットの活用方法の提案や集客のためのアドバイスなど、売上のための心強いサポートが受けられます。 さらに、「インターネットでの集客をもっと勉強したい」「くらしのマーケットでもっと売上を上げていきたい」という出店者のために「くらしのマーケット大学」と称し様々な講座を開催しています。 東京オフィスでの開催だけでなく、専任講師が地方に出向いて開催する出張講座や、インターネット上で視聴できるオンライン講座なども充実しています。 ハウスクリーニングの集客にお困りの際は、出店登録してみてはいかがでしょうか。 【動画でわかる!】くらしのマーケットの集客のしくみと出店のメリット・デメリット.

次の

ハウスクリーニングの資格とは?試験内容と難易度と勉強方法とメリットは?

ハウス クリーニング 技能 士 資格

人気:ハウスクリーニングアドバイザー ハウスクリーニングアドバイザーとは 主に一般家庭のエアコンクリーニング、換気扇、洗濯機、浴室、トイレや、場合によっては建物の外壁、インテリア、エクステリア等の全般的な洗浄と、原状復帰を目的としたハウスクリーニングを指導、あるいは指南しながら、広くハウスクリーニングの知識や技術を提供するのが、ハウスクリーニングアドバイザーです。 場合によっては、小規模事業者の事務所なども含まれている場合があります。 ハウスクリーニングの施工者でもあり、フローリングやカーペット、畳などの清掃、洗浄方法をしる他、エアコンなどの空調装置を分解清掃、一般家庭の予め備え付けられている、基本的な構造部分や空間の徹底的な清掃がおこなえることを、民間の団体や協会によって認定された資格所有者となります。 ハウスクリーニングアドバイザー資格取得のメリット ハウスクリーニングアドバイザーは、民間の団体による、あくまで民間資格の一つですが、近年、多くの事業者、特に賃貸物件での原状復帰作業などで、空室の清掃、洗浄を請け負う業者が、一般家庭に及んで作業を請け負う際に、その施工については、日本ではまだ広く一般に周知されておりませんので、この資格を業者の公式サイトや、身分を示す際に利用でき、正しい清掃知識と、プロフェッショナルな技術を有していることを、一般家庭向けに示す事が可能となります。 ハウスクリーニングアドバイザーの仕事について 床や壁といった部屋の空間の徹底的な洗浄によって、出来るだけ新規に作られた頃の状態にまで回復するのが、ハウスクリーニングの基本となるため、忙しくてトータルな掃除を行えない一般家庭や、育児や仕事で手が回らない、大掃除などの時期で活躍する事ができます。 また、技術的なプロの知識を広め、適切な洗浄方法と原状回復の基礎を教えられる立場となるため、様々な媒体でその知識を広めることにも貢献できます。 クリーニングインストラクター クリーニングインストラクターとは ハウスクリーニングアドバイザー同様、民間の団体や協会が認定して資格を与えられた、一般家庭の掃除技術や知識について、総合的に学んでいることを証明できる、掃除に関する民間資格が、クリーニングインストラクターです。 家具や一般家庭のキッチンまわり、トイレ、収納、天井から、タイルの清掃、畳の清掃から、フローリングのプロのワックスがけなど、一般的に知られている掃除方法以外の、徹底的な原状回復、あるいは状態を新築状態に出来るだけ近づける指導や提案を行えます。 あくまでもインストラクターなので、実演をしたり、技術的指導をもって、一般家庭などに提案する立場なので、書籍やホームページなど、様々な媒体を使って、広く世間にハウスクリーニングの全てを教えられる立場となります。 クリーニングインストラクター資格取得のメリット 家中の様々な設備、家電から後片付け、整理整頓と洗浄、清掃に関するプロの技術を通じて、一般家庭向けに本格的で徹底的な清掃・洗浄方法を教える事ができるので、これまで各家庭独自に行なっていた清掃に関する、より踏み込んだ徹底的な掃除の仕方を提案、技術的アイデアを示すことが可能となります。 クリーニングインストラクターの仕事について クリーニングインストラクターは、ハウスクリーングの実際のプロフェッショナルな技術を使っての実務も行える知識や技術を有していますが、実演を通じて多くの一般家庭にプロフェッショナルな技術を応用や工夫として提案できる立場なので、施工を行う事業者よりも、書籍や講演、セミナーやホームページ開設などを通じて、様々な提案、提言を行う活動を主体にすることが出来ます。 ビルクリーニング技能士 ビルクリーニング技能士とは ビルクリーニング技能士とは、国家資格である技能検定制度の一種で、職業能力開発促進法第47条第1項による指定試験機関が実施するビルクリーニングに関する学科及び実技試験に合格した者を指します。 ビルにおける環境衛生維持管理業務のうち、ビルの所有者から委託を受けて行うビルクリーニング作業について必要な技能を認定する国家資格であるため、1級ビルクリーニング技能士は建築物衛生法の事業登録に必要な人的要件の一つである清掃作業監督者になるための必要資格にもなっているのが特徴です。 受検資格は、1級から3級まであり、3級はビルクリーニング業務に従事している者又は従事しようとする者や職業訓練指導員 建築物衛生管理科 免許保持者が受検でき、その他は実務経験など、下級の資格を有していることが受検要件となります。 ビルクリーニング技能士資格取得のメリット 資格所得に必要な、国の外部団体による、ビルクリーニング技能検定受検準備講習などを受講することになるため、公民問わず様々な高層ビルから、商業、ビジネスに関する建物全般の内部清掃に関する技術を、国家が認めてくれることになります。 1982年5月から職業能力促進法に基づき、技能検定の職種にビルクリーニングが含まれるようになったことから、国家資格として認定されるようになり、この資格を所得することによって、オフィスビルやショッピングセンター、病院や介護施設や学校、各種イベントスペースや建築現場などでの清掃現場の監督としての仕事をすることができるようになります。 安定した需要のある高い職業に就くことが可能となるため、いわゆる手に職をつけたい方には、大変、メリットが大きい資格所得であるといえます。 ビルクリーニング技能士の仕事について ビルクリーニングの需要がある限り、ビルクリーニング技能士の資格を持っていることで、清掃会社から現場作業員としてでなく、現場作業管理者として雇用される可能性があるので、様々な清掃事業者の中でも、役職、資格所有者として管理監督者となって、収入も比較的安定させることが出来るでしょう。 清掃作業監督者 清掃作業監督者とは 建築物の清掃作業の監督を行う責任者が必要とする国家資格の一つで、公益財団法人 日本建築衛生管理教育センターなどで、清掃作業監督者講習会を受講することで、修了証書(知事登録の有効期限6年)を交付してもらうことで、与えられる資格です。 建築物清掃業の登録に必須の資格ですので、ビル清掃などの清掃事業を開業する際には、必ず必要となるプロの資格の一つです。 講習会は、建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行規則第25条第2号イの規定により、建築物清掃業の登録の人的要件である清掃作業の監督を行う者としての清掃作業監督者の資格を得ようとする方に対し、これに必要な知識技能を修得することを目的としています。 そのため、清掃作業監督者は、同施行規則第30条第3号の規定により、建築物環境衛生総合管理業等の登録の人的要件の一つとなってます。 清掃作業監督者資格取得のメリット 講習受講には、現在3万5,000円の費用がかかりますが、ビルクリーニング技能士1級合格の資格を持つ人や、建築物環境衛生管理技術者免状の交付を受けている人であれば、合計14. 5時間のこの講習を受けることで、雇用される立場から、新規に事業者として独立開業、登録して事業を開始出来るようになります。 公的に国が認めたビルクリーニングなどの技術・知識所有者となるため、特殊技能認定者として、様々な清掃に関する事業を行うようになることが出来ます。 清掃作業監督者の仕事について 清掃作業監督者とは、建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行規則第25条第2号イの規定により、建築物清掃業の登録の人的要件である清掃作業の監督を行う者のことを指すため、ビル清掃などを行う場合の施工監督者として仕事を行うことになります。 実際の業務を行う作業者の監督責任を追う立場となるため、清掃事業の経営に携わり、会社の中枢として仕事をしていくことになります。 ハウスクリーニング技能士 ハウスクリーニング技能士とは ハウスクリーニング技能士とは、国家資格である技能検定制度の一種で、職業能力開発促進法第47条第1項による指定試験機関が実施するハウスクリーニングに関する学科及び実技試験に合格した人が持つ、国家資格です。 職業能力開発促進法第47条第1項による指定試験機関である、社団法人 全国ハウスクリーニング協会が実施するハウスクリーニングに関する学科及び実技試験に合格することで、この資格を得ることが出来ます。 ハウスクリーニングを職業として、新しく事業を行う際には必須となる資格の一つで、実技試験が主な受検項目となっています。 実際の実務を行う清掃業者としては、この認定資格を所有していない者は、ハウスクリーニング技能士を名乗ることはできません。 ハウスクリーニング技能士資格取得のメリット ここ数年のハウスクリーニングの需要の高まりで、平成24年に厚生労働省が定めた、比較的新しい資格の一つであるのが最大の特徴です。 これまではハウスクリーニング業を開業するとき、特に資格は必要ないため誰でも比較的簡単に開業することができる職種とされてきましたが、それだけにハウスクリーニングは、一般家庭の敷地内に作業員が入って施工を行うため、一般家庭では不安の声も大きく、そうした声に応える形で、競合他社と比較して、より安心できる技能検定を、国家が認定する専門法人がこの資格を与えることで、個人や会社設立の上で、非常に役立つことが出来る資格として注目を集めています。 ハウスクリーニング技能士の仕事について 学科では全50問のうち60%の正解率で合格、実技は7つの課題すべてで60%以上の得点を獲得することで合格となり、学科と実技の2つの試験を合格して、初めて与えられる公的な資格がハウスクリーニング技能士なので、近年需要の高まりが期待されるハウスクリーング業者として、正しい知識と技術を有した安心できるハウスクリーング事業者として、世間に公表しながら開業して収入を得ることが可能となります。 クリンネスト1級 クリンネスト1級とは 一般社団法人(NPO)ハウスキーピング協会認定資格の一つで、一般家庭の掃除全般における、比較的主婦層などで、掃除の基本から、プロフェッショナルの技術を応用した掃除法を、専門講座で学んで所得できる民間資格となります。 1級と2級があり、クリンネスト2級は、家庭の掃除全般における基礎的な知識と技術の習得を目的として、座学では1日6時間の講座、通信教育では6ヶ月間の受講をもって資格が得られます。 クリンネスト1級は、2級の基礎知識と技術を持って、通信講座を受ければ資格がもらえるシステムになってます。 クリンネスト1級資格取得のメリット 主婦などの一般の方でも、介護やハウスキーピングの仕事をやってみたい、あるいは、家庭内でのお掃除の考え方や能力を高め対と伊方には、プロフェッショナルが施工する、正しい掃除の基礎知識を習得する事ができるので、日々の生活の他に、パート・アルバイトでもこの民間資格を活用する事ができます。 クリンネスト1級の仕事について 資格発行元のハウスキーピング協会ではクリンネスト2級を看板としてのプロ活動は禁止しているので、民間資格を持って新しい事業を始めようと思う場合は、クリンネスト1級の資格所得が必要となります。 掃除に関する資格の中では、誰でも受講し資格を得ることが出来るので、日常生活の掃除技術向上と効率化、またパートなどの掃除・清掃に関する雇用や、個人事業で独立開業する際には、役立つ資格の一つでもあります。 ハウスクリーニング資格の学校について 民間資格の場合は、それぞれ独自に資格を与える講習を受けた上で、受検して資格を所得しますので、座学及び、通信教育などが実施され、期間は公的な資格に比べて短期間で資格を得ることが可能です。 更に、国家資格を所得する場合は、専門の法人及び団体が定める経験年数、資格を他に所得している必要があるため、受検に関してはプロフェッショナルな清掃事業の中で、技術と知識を学び、あるいはそうした公的な機関の講習を受ける必要があります。 ハウスクリーニング資格の試験難易度 公的な国家資格であるビルクリーニング技能士やハウスクリーング技工士、あるいはそれに続く国家資格は、実技と学科受検が必須なので、試験難易度は実務経験がある程度必要となり、他の民間資格に比べて、難易度は高いです。 民間資格は受講も短期間で、基礎的な知識と技術を学ぶのが主体ですので、受講、通信教育で比較的誰でも学べば、資格所得は容易となっています。 ハウスクリーニング資格の給料・年収 ハウスクリーニングに関しては、民間事業者の場合は競争が激化しており、現在価格競争の渦中にあります。 従い、国家資格などの公的な資格を所有して、その証明を持って事業を行えるのなら、事業規模によっては業界の中で寡占状態となって、仕事を独占することも可能となるために、収入は同業他社及び、単に清掃察業員として雇用されるにしても、資格所得は大変収入に関して有利になると言えます。 ハウスクリーニング資格取得後は 民間資格の場合は、一般家庭向けの掃除指導や提案を行える講師としての活動が期待出来、あるいは基礎的な知識と技術でも、清掃作業の仕事に活用して行くことが可能となります。 一方、国家資格の場合は独立開業、および清掃事業として登録し、事業者として収益を確保できる会社設立に利用できるといった違いがあります。 いずれにせよ、現代では非常に関心も需要も高い分野なので、ハウスクリーングの資格は、大変注目されている次第です。

次の

ハウスクリーニングは資格が必要?ハウスクリーニングは資格がなくてもいい!?

ハウス クリーニング 技能 士 資格

共働き世帯の家庭が一般的になり数年が経ちました。 仕事が忙しく家事に手が回らない家庭は少なくありません。 そんな中注目されているのが、ハウスクリーニング業界です。 仕事をするうえで特に資格を持っている必要がないこの仕事。 しかし、誰でもできるとなると、当たり外れがあるとみなされやすいとも言えます。 もし、この仕事が資格があるとしたら、誰でもできる素人仕事とは思われないかもしれません。 この仕事を「国家資格」として格上げする方法があるんです。 今回はそんな国が認めた、「ハウスクリーニング技能士」という資格をご紹介します。 ハウスクリーニング技能士とは? ハウスクリーニング技能士とは、全国ハウスクリーニング協会が主催している 「国家試験」です。 平成24年にできた比較的新しい国家資格で、学科試験と実技試験の両方に合格した人が「ハウスクリーニング技能士」を名乗り仕事をすることができます。 この技能検定は、1年に1回行われています。 開催場所はまだ少なく、仙台、東京、大阪、福岡の4都道府県のみです。 もし地方の方が受けたい場合は、1泊することを考えた方がいいかもしれません。 受験資格 ハウスクリーニングの実務経験が3年以上必須となります。 実務経験者にはパートやアルバイトでの実務経験でもOKとなっていますが、1週間に24時間以上の勤務をしていることが条件です。 難易度 ハウスクリーニングの合格率は30%前後と言われています。 学科試験の合格率は基礎知識の為そこまで低くないのですが、実技試験になるとかなり下がるようです。 理由は時間が定められていて、打ち切り時間というものがあり 通常時間の3分後に終わっていなくてもそこで終了となってしまうからです。 例えば、10分が基準だとしたら13分。 8分なら11分というように。 かなり合格の門が狭い国家資格ですが、 万が一不合格でも、合格したほうの試験は翌年からは免除となるため、 次回試験に挑む際は、不合格だったほうの試験だけを受けることができます。 免除に関してのその他の例もあるので、全国ハウスクリーニング協会の 技能検定> 受検案内の項目で確認してみてください。 受験料 受験料は銀行振り込みによる納付手続きとなります。 受験申請フォームを送信する際に納付している事が必須のため、受験することが決まり次第振込をしておくといいかもしれません。 学科試験…8,900円 実技試験…29,900円 試験内容 試験内容は、実技試験と学科試験があります。 7つの課題を規定の時間内に行うことが合格の条件となってます。 右に書かれている分数は難易度の項目にあった通常時間を記載してます。 1つでも失格になった場合、検定は不合格となります。 作業服(上・下)、作業靴、使い捨てでない作業用ゴム手袋、白色ウェスタオル7枚が実技を受けるうえで必須になるので、忘れずに持っていくようにしましょう。 学科試験 五肢択一のマークシート方式 学科試験は、ハウスクリーニング従業員用の研修用テキストを中心に出題され基礎知識となることが中心に出題されます。 ハウスクリーニング技能士になることのメリット ハウスクリーニングの開業自体は、この資格がなくても開業できます。 ただ、ご存知の通り日本人は肩書に弱いです。 資格を持っている人と持っていない人がいたときに、顧客がつきやすいのは持っている人。 ハウスクリーニング技能士になると、「ハウスクリーニング技能士在籍認定証」というものがもらえます。 ハウスクリーニングとして、生計を立てていくのならば 集客材料の一つとして、ハウスクリーニング技能士の資格を取っておくのはとても有効な手と言えるでしょう。 また、技能士限定対象にした研修会にも参加できます。 研修会ではハウスクリーニングの学科の講義や実技講習が受けられるほか、交流会や名刺交換会もあります。 技術をさらに深めたり、同業者との交流を深め今後の経営戦略の材料としても有効活用できること間違いなしです。 まとめ 昨今はハウスクリーニングもSNSなどの口コミの影響を受けたり、マッチングサイトでも1回の悪い評価により受注に影響が出る事もあります。 しかし資格は口コミとは違い、一定の「信頼感」を与える事ができます。 資格は厳選な審査のもと得られた誰にも操作されず、買い取ることもできない揺るがぬ実証です。 ハウスクリーニング技能士の資格を取る事で、質の良いハウスクリーニング職人であるということをアピールすることができますので、資格取得を目指してみては如何でしょうか。

次の