格言 ディズニー 英語。 世界中の人々に夢を与え続けたウォルト・ディズニー34の名言[英語と和訳]

ウォルト・ディズニー名言・格言集100選プラスα!Episode02

格言 ディズニー 英語

英語の名言・格言【短文】は、全12ページございます。 英語の名言・格言【短文】(1) 英語の名言・格言 There is always light behind the clouds. - Louisa May Alcott(ルイーザ・メイ・オルコット) - 雲の向こうは、いつも青空。 - Jack Welch(ジャック・ウェルチ) - 変革せよ。 変革を迫られる前に。 - () - 夢見ることができれば、それは実現できる。 Live the life you love. - () - 自分の生きる人生を愛せ。 自分の愛する人生を生きろ。 - () - 私の人生は楽しくなかった。 だから私は自分の人生を創造したの。 - () - 何事も成功するまでは不可能に思えるものである。 - () - 平和は微笑みから始まります。 - Pearl S. Buck(パール・バック) - 愛が死ぬのは、愛の成長が止まる、その瞬間である。 - () - 速度を上げるばかりが、人生ではない。 - () - すべては練習のなかにある。 - () - 人は喜んで自己の望むものを信じるものだ。 - () - 幸せになりたいのなら、なりなさい。 - () - 急がずに、だが休まずに。 - () - 下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ。 - () - 考えは豊かに、見た目は貧しく。

次の

ディズニーの名言&名セリフ20選!プリンセスや英語版の名言も

格言 ディズニー 英語

Everybody deserves true love. 誰しも真の愛に出会う資格がある。 If you keep on believing, the dreams that you wish will come true. 信じていれば、夢は叶う。 No matter how your heart is grieving, if you keep on blieving, the dream that you wish will come true. どんなにあなたの心が深い悲しみに満ちても、信じ続ければあなたの望む夢は実現するわ。 Even miracles take a little time. 奇跡でさえ起こるのには時間がかかるものなの。 (フェアリー・ゴットマザー) ディズニー映画の中でも特に名言の宝庫であるシンデレラ。 シンデレラやフェアリーゴットマザーの素敵な勇気が出てくる名セリフです。 辛いことがあっても、夢を信じて頑張っていこうと思えますね。 Look inside yourself. You are more than what you have become. 自分自身の中身をよく見つめろ。 本当のお前は今のお前以上なんだぞ。 Sometimes bad things happen, and there's nothing you can do about it. So why worry? どうしたってどうにもならないことは時々起こるんだ。 起こる前から心配する必要なんてないさ。 何事にも不安で失敗を恐れるあまり一歩踏み出せない方も多いはず。 You are braver than you believe, stronger than you seem, and smarter than you think. 君は、自分が信じているよりも勇敢で、見た目よりも強くて、自分が思っているより賢いんだ。 The things that make me different are the things that make me! — Winnie the Pooh 自分を変えてくれるものが、自分を作るものだ。 Piglet: "How do you spell love? " Pooh:"You don't spell it, you feel it. " ピグレット:「love(愛)って、どうやって書くんだっけ?」 プーさん :「書くものじゃないよ、感じるものなんだよ」 4. How lucky I am to have something that makes saying goodbye so hard. — Winnie the Pooh さよならを言うのがこんなにもつらい相手を持っているなんで、ぼくはなんて幸せなんだろう。 Yesterday is a history. Tomorrow is a mystery. Today is a gift. That's why it's called the present. 昨日はヒストリー(歴史)、明日はミステリー、今日はギフト(贈り物)。 presentに"現在"と"贈り物"という2つの意味があることから生まれた名言です。 実は、普段のほほんとしているプーさんですが、ディズニー映画の中ではあっと驚くような名言が多いのです。 プーさんやクリストファー・ロビン、プーさんの仲間たちの素敵なセリフが満載です。 Well, that's the good part I guess. You get to go find a new dream まだ見ぬ次の夢を探せばいいのさ!(フリン・ライダー) 2. You are my new dream. 君が僕の新しい夢だ。 (フリン・ライダー) 3. All at once everything looks different, now that I see you. あなたといると、何もかも違って見える。 (ラプンツェル) 1番はラプンツェルとフリン・ライダーとの会話の中の名言です。 「灯りを観る夢が叶ったら、次は何すればいいの?」と問いかけるラプンツェルに、フリンが答えた時の名セリフです。 夢や希望が叶ったとしても、それに満足せずにまた次の夢を見つけて向かって行くことが大事なんですね。 I'm bad, and that's good. I will never be good, and that's not bad. There is no one I'd rather be than me. 今の自分以外になりたい自分はいないよ。 悪役に嫌気をさしたラルフが、自分の仕事に誇りを持てるようになった大事なセリフです。 現状の自分に満足できない人も多いと思います。 Well, you can't never let anything happen to him. Then nothing would ever happen to him. 子供になにも起きないようにしたら、子供はなにもできないわ(ドリー) 過去の恐ろしい出来事のせいで過保護になってしまったマーリンにドリーが言ったセリフです。 このセリフのおかげでマーリンの気持ちが一気に変わった大事なセリフでもあります。 かわいいわが子を思えば過保護になってしまう気持ちも分からなくはありません。 でも本当に子どもの成長を考えれば、少し危険な目にあったとしても冒険させることも大事だと思います。 Who says that my dreams have to stay just my dreams? 私の夢は私の夢で終わらなければならないって誰が言ったの?(アリエル) 2. What makes someone special? I suppose it all depends. 特別な人になるには何が必要なのかしら?それは全部人によると思う。 だからこそ私たちみんなユニークなのよ(アリエル)。 アリエルの心に突き刺さる名言です。 特別な人間になる必要はない。 みんな元から特別なものを持っているという素敵なセリフに感動した人もおおいはず。 Happiness is not about having or not having problems. Everyone has problems but not everyone is unhappy. 幸せとは問題を抱えているか、いないかということじゃない。 誰でも問題は抱えているけど、みんなが不幸せなわけじゃない。 What is done cannot be undone, but what is left to be done should not be left undone. やってしまったことは取り返しがつかない。 でもやらずにそのままになっているものはそのままにしてはいけないよ。 我らがミッキー・マウスも数々の名言を残しています! ミッキーは数々の映画やアニメの中で深いセリフで私たちを勇気づけてくれています。 Disneyland will never be completed. It will continue to grow as long as there is imagination left in the world. ディズニーランドが完成することはない。 世の中に想像力がある限り進化し続けるだろう。 ディズニーの生みの親、ウォルト・ディズニーの心に残る素敵な名言です。 完成してしまったらそこで終了。 でも人々の想像がある限り、これから先もさらにディズニーランドは成長し進化するのでしょうね。 私たちに希望を与えてくれるウォルトらしい名言ですね。 落ち込んだ時、パワーを充電したい時にこの名言を思い出してみてください。

次の

ウォルト・ディズニーの名言・格言集!英語と日本語両方で解説!

格言 ディズニー 英語

ウォルト・ディズニー Walt Disney は、世界的に有名な ミッキーマウスの生みの親であり、 ディズニーランドの創設者です。 彼が生まれていなかったら、少なくとも今の世のエンターテイメントの世界はガラリと変わったものになっていたに違いありません。 彼は幼少の頃から絵を描いたりアートに興味を持っていて、高校生時代に美術学校にも通う少年でした。 ところが愛国家でもあった彼は、第一次世界大戦が勃発しアメリカが参戦すると16歳の年齢を志願可能な17歳と偽り、陸軍に入隊します。 その時に高校と一緒に美術学校も退学してしまいました。 そして大戦が終了しアメリカに帰国した後は、漫画家からアニメーターへと転身します。 後には独立し、一度は倒産などの苦労を経て、1923年の 若干 22歳の時に彼の兄、ロイ・ディズニーと共同で再度会社を設立しました。 そしてそれが現在のウォルトディズニー・カンパニーの前身になったと言われています。 それにしても凄いエネルギーですね。 人は夢がある時には、それを想像しただけでワクワクするエネルギーというものがあります。 It will continue to grow as long as there is imagination left in the world. 世界に想像力が残っている限り、成長し続けるだろう。 」でした。 『夢は実現できる』と言っているはずの彼が、なぜか『完成しない』と言っているディズニーランド。 ディズニーランドは、人間の ワクワクする夢がある限り、その夢とともに発展し続けるということを言っているのでしょう。 そんな彼でも、世界初のテーマパークであった ディズニーランドの開発資金は莫大なものであり、周囲には反対の声も多かったようですが、彼はそんな話には耳も貸さずに、自分の生命保険を担保に、建設資金を確保するための別会社をさっさと設立しています。 なぜなら我々は好奇心が旺盛で、好奇心こそが我々を新しい道へと導いてくれるからである。 アメリカ西部のロスアンゼルスで、ディズニーランドを成功させた彼の挑戦はまだ終わりませんでした。 1965年の彼が65歳の時には、今度はアメリカの東側フロリダ州の地でNYのあるマンハッタン島の約2倍の面積にあたる土地を購入します。 そして、現在の ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートになるテーマパークを作り始めたのです。 このサイズは、日本にあるディズニーランドとディズニーシーを合わせた面積の 100倍以上になるので、 桁外れの広さであることがわかりますね。 ちなみに完成したのは1971年です。 残念ながら1965年に他界してしまった彼は開園に立ち会うことはできませんでしたが、その意思をついだ兄のロイ・ディズニーによって計画は進められました。 もし我々が、それを追い求める勇気を持ち合わせているのであれば。 あんまり偉そうなことは言うつもりはありませんが、僕が英会話学習を本格的に始めたのは19歳の時でした。 周りからは、20近くから英語を勉強したって話せるようになるわけないという声も多かったのですが、特に海外留学をしなくても、今では海外旅行ぐらいではあまり不自由することはなくなり、映画も字幕なしで楽しめるぐらいのリスニング力になりました。 人間、誰でも歳を重ねるうちに『できない』言い訳が増える傾向があります。 社会の中の制約、常識、または現実という中で、それが大人になることだとの説得に便乗してしまったり、あきらめたり、あるいは慰めているの場合が多いのかもしれません。 そんな中でも『 自分はできる』と思って前進する人と、『 〇〇だから無理』と夢をあきらめてしまう人の違いは、彼が言うように、 勇気なのかもしれません。 他人と違う道を行くといくことは、非常に勇気がいるものです。

次の