A マイナー スケール。 ギターのペンタトニックスケールは「4つのブロック」で覚えると簡単

CメジャーとAマイナーの構成音は同じ?『平行調』について

A マイナー スケール

Sponsored Link ギターを手にすると、最初に目指すところで「ソロを弾くこと」という人も多いのではないでしょうか?私もギター買いたての初心者の頃、リードギターとしてソロをかっこよく弾きたいと常々思っていました。 調べたことがある人もいると思いますが、ソロを弾くには「スケール」を覚える必要があります。 たった3分でソロが弾けるスケール「ペンタトニックスケール」を表を使って覚えてしまいましょう。 ペンタトニックスケールとは 「ペンタトニックスケール」とは5音でできた音階のことです。 「メジャー」と「マイナー」があり、非常にシンプルでギタリストとしても分かりやすいので、ロック・ポップ・ブルースなど数々のジャンルで登場します。 音階を書くと上の五線譜のようになります。 ちなみに「ペンタトニックスケール」と言われているのは「マイナーペンタトニックスケール」を指す方ほうが多いようです。 覚え方については、ギターの特性を生かした簡単な覚え方がありますので、安心してください。 ペンタトニックスケールの表を使って覚える ギター初心者の場合、音階の理論については最初はほとんど覚えなくても大丈夫です。 ギターの特性を活かした覚え方で 「指板上のポジションで覚える」がギタリストとしては先ですので、こちらを見ていきましょう。 実はこれだけです。 このポジションを好きに弾くだけで、ソロが弾けるようになります。 有名な楽曲で数々使われているペンタトニックスケールを使えるようになると、ソロはもちろんですが 「リフ」や 「オブリ」も作ることができるので、ギタリストにおいては最優先で覚えたいスケールです。 ペンタトニックスケールのメジャーとマイナー スケールは大きくメジャー系とマイナー系に分かれます。 ペンタトニックスケールも同じです。 ただ他のスケールと違う点がメジャーとマイナーの指板上のポジションが全く同じなのです。 つまり一つのポジションを覚えると、メジャーとマイナーのポジションを覚えたことになるので、一石二鳥というわけです。 上の図を見てわかるように、両方ともポジションが一緒です。 Cメジャーペンタトニックスケールを覚えると、Aマイナーペンタトニックスケールを覚えたことになります。 中身を見てみると少し違いが見えてきます。 Cメジャーペンタトニックスケールの場合、弾き始めのポジションは6弦8フレットの小指(Cの音)から始めます。 Aマイナーペンタトニックスケールは6弦5フレットの人差し指(Aの音)から始めます。 メジャーとマイナーと言うくらい名前が違うので、響きも違ってきます。 Sponsored Link ペンタトニックスケールを弾いてみる 実際に下の指板図を使ってスケールを弾いてみましょう。 Cメジャーペンタトニックスケールの始めは6弦8フレット小指から5弦5フレット人差し指、次は5弦7フレット薬指と順番に1弦8フレットの小指まで弾きます。 そこから折り返して、1弦5フレット人差し指、次は2弦8フレット小指と続き、6弦5フレット人差し指まで着いたら、最後は6弦8フレットの小指で1往復です。 弾く順序を覚えたら、響きを確認しながら弾いてみましょう。 メジャーと名の付くスケールは明るい響きをしていますので、その音の響きに注意して弾いていると、自然とスケールの特徴を掴むことができます。 Aマイナーペンタトニックスケールの始めは6弦5フレット人差し指、次は6弦8フレット小指、5弦5フレット人差し指と順番に1弦8フレット小指まで弾きます。 そこから折り返し1弦5フレット人差し指、2弦8フレット小指と最後の6弦5フレット人差し指まで戻って1往復です。 メジャーと同じように響きを感じながら弾いてください。 どうでしょうか?響きの違いはわかりましたか? マイナーと呼ばれるスケールは暗い響きをしていますので、その特徴を掴みながら弾くことで、同時に耳を鍛えることができます。 特にマイナーペンタトニックスケールは非常に使いますので、優先して覚えて下さいね。 Cメジャー・Aマイナーペンタトニックスケール全ポジション表 ペンタトニックスケールには他にもポジションがあります。 ギターの指板上の全ポジションを示した表を参考にして下さい。 指板上で見るとかなり散見される為、どう覚えたらいいか分かりにくいですが、覚えやすいようにパターンを切り出してみましたので、活用してみて下さい。 ペンタトニックスケール:フィンガリングポジション 覚えやすいようにパターンを4つに切り出しました。 パターン1は私が個人的に使いやすく、ソロやリフ作りにもよく使用していました。 この配置はギタリストは好きな配置ではないでしょうか。 定番中の定番のパターンですね。 ペンタトニックスケールの代表的なフィンガリングポジションです。 非常に使いやすいので優先して覚えましょう。 少し複雑で覚えにくいかもしれませんが、パターン3は隣り合っているパターン2とパターン4を通過するようなフレーズでよく使いますので、頑張って覚えて下さい。 このパターンは難無く覚えられると思います。 かなり使えるパターンですのでしっかりと覚えましょう。 スケールのキーを変えて弾いてみる ペンタトニックスケールのパターンは4つしかありませんので、比較的覚えやすいと思います。 覚えたらそのままルートの位置を弾きたいキー(調)のルート音(EのキーならE)に合わせて弾いてみて下さい。 ギターの特性上、キーの変更はポジションを移動させて弾くだけで可能です。 スケールは、とにかく慣れ親しんで 「遊びながら覚える」が近道です。 最初の頃は、何となく何かの曲に合わせて弾いてみるでも構いませんし、ソロフレーズを鼻歌で作ってギターで再現してみるなんて練習方法もあります。 まずは自分の好きな曲に合わせて弾いてみて、キーが違うようでしたら移動させて合わせてみて下さい。 必ずぴったりハマるキーがあります。 遊びながらギターを楽しめれば、上達も早くなりますので是非やってみて下さい。 【関連記事】 メジャースケールを覚えるなら「」 マイナースケールを覚えるなら「」 こんにちは。 当ブログ「ギターの流儀」運営者です。 中学校3年生の時からギターを始め、ギターのプロ養成学校を卒業しました。 僕が業界で仕事をした経験や、プロのギタリストから学んだ知識と技術を、ギター初心者の方にも分かりやすく伝える事ができたらと考え、「ギターの流儀」の運営を始めました。 もちろん初心者だけではなく、中級者レベルの人にも役立つ内容になっています。 ギターを上達させるには、とにかく練習するしかありません。 ただ、闇雲に練習してもなかなか思うような成果が出ないのが難しいところです。 正しく教えてくれる人が必要です。 そこで、プロの技を身近で見てきた僕が、正しい練習方法や重要なコツ、ちょっとした裏技など、自分が実践して上手くいったことだけを厳選して、この「ギターの流儀」を通じて紹介していきたいと思っています。 あなたのギターライフが楽しく実りあるものになるように、この「ギターの流儀」から有益な情報をバンバン発信していきますね。

次の

知って得するギタースケール表 たった3分でソロが弾ける覚え方

A マイナー スケール

おすすめページ まとめ 今まで作った音源の一覧• SONARの使い方をまとめたページ• 自作防音室を作ってみたい方へ• オリジナル曲の作り方を初心者向けにまとめました• 厳選したおすすめVSTプラグインをご紹介• スケールとは何か まず、スケールって何でしょう。 日本語で言うところの「音階」になるわけですが、つまりは「ある決まった音程によって音を順番に並べたもの」です。 言葉では少しわかりにくいですよね。 代表的なものは誰もが知っている「 ドレミファソラシド」です。 こっちの方がイメージが湧きやすいでしょうか。 ということはこのドレミファソラシドも「ある決まった音程によって音が順番にならんでいる」わけですが、そのルールを説明する前にまずは 全音と 半音について簡単にご紹介しておきましょう。 全音と半音 全音も半音も、二つの音の高さの間隔(これを音程と呼ぶらしい)を表す言葉です。 「半音」はカラオケなどでそこそこ聞き慣れているはず。 例えばカラオケでキーを上げ下げする場合。 あのボタンを一回押したらキーが半音変わるわけですよね。 ギターなら1フレット隣が半音。 ピアノなら隣の鍵盤(黒鍵含む)です。 それでは「全音」は? こちらはあまり日常的に使わない言葉かと思いますが、全音というのは 半音2つ分に相当する音程のことです。 カラオケならボタン2回押し。 ギターなら2フレット隣。 ピアノなら2つ隣の鍵盤(黒鍵含む)が全音。 ま、それほどややこしい話ではありません。 以上、簡単ですが全音と半音の説明でした。 それでは、一番代表的なスケールである「メジャースケール」と「マイナースケール」について、この全音・半音に注目してその構造を見てみましょう。 メジャースケールとは 先ほどご紹介したドレミファソラシドもこのメジャースケールにあたります。 ド(英語ではC)から始まるため、 Cメジャースケールという大層な名前がついています。 ・Cメジャースケール 聞き慣れた響きでしょ。 とっても明るい調子。 では何がこのメジャースケールの明るい調子を生み出すのでしょうか。 実はその答えが先ほどの全音・半音にあるんです。 それではCメジャースケールの全音・半音の関係を見てみましょう。 この差でこれだけ響きが違って聞こえるっていうのは本当に面白いですよね。 不思議だ。 もちろん、どの音から始めてもこの順序でインターバルを構成すればマイナースケールになりますよ。 ちなみに、今回ご紹介したいわゆる「普通のマイナースケール」は正式には ナチュラルマイナースケールっていうんですって。 他にも「ハーモニックマイナー」や「メロディックマイナー」なんていうのもあるみたいなんですが…また勉強したら記事にしてみようと思います。 平行調 譜面を見てお気づきかと思いますが、先ほどご紹介したCメジャースケールとAマイナスケールは 構成音が同じです。 こういったキーの関係を「平行調」と呼びます。 参考までに。 メジャースケールとマイナースケール まとめ 1.メジャースケールとは【全・全・半・全・全・全・半】という順序の音程(インターバル)で構成された音階 2.マイナースケールとは【全・半・全・全・半・全・全】という順序の音程で構成された音階 3.構成音が同じ長調と単調の関係を「平行調」と呼ぶ 以上、『メジャースケールとマイナースケール【全音と半音の組み合わせ】』でした。

次の

CメジャースケールとAマイナースケール

A マイナー スケール

マイナースケールの構成音 メジャースケールの次は当然のようにマイナースケールです。 メジャースケールの基本は「Cメジャースケール」、つまり「ド」の音から始めるのが基本でした。 マイナースケールの場合は「 Aマイナースケール」、つまり「 ラ」の音から始めるのが基本となります。 以下がラから始まる「Aマイナースケール」です。 「ラシドレミファソラ」と順に並べただけです。 マイナースケールの場合はキーボードの「ラ」から白鍵のみを順番に弾いていくと Aマイナースケールになります。 日本語名では イ短調といいます。 キーボードの「ラ」から順に白鍵のみを弾くとAマイナースケールになります。 超重要 Aマイナースケールの音の並びをキーボードで表すとこうなります。 メジャースケールの場合は「全全半全全全半」でしたが、マイナースケールの場合は「 全半全全半全全」という並びになります。 ある音から「全半全全半全全」の順に音を並べるとマイナースケールになります。 例えば「ミ」から始まる「Eマイナースケール」は以下のような並びになります。 Eマイナースケールの構成音は「ミ・ファ ・ソ・ラ・シ・ド・レ」になります。 キーボードで「全半全全半全全」とやってみてください。 メジャースケールは「全全半全全全半」 マイナースケールは「全半全全半全全」 とりあえずこの2つさえ覚えておけば、スケールの構成音がわからなくなったときにすぐに確認できるようになります。 2つのスケールの違い メジャースケールとマイナースケールの2つのスケールを見てきました。 実はスケールはもっとたくさんの種類があるんですが、この2つは絶対に覚える必要があります。 逆にこの2つを覚えるだけでも大丈夫です。 当然理論を最大限駆使して曲作りをするならほかのスケールも覚えたほうがいいですが この先コードを学んでいく上で、スケールを理解したほうがコードを理解しやすくなります。 2つのスケールの違いは「音の並び方が違う」というだけですが、音の並びを変えるだけで響きが違ってきます。 よく「メジャースケールは明るい感じ、マイナースケールは暗い感じ」と表現されます。 多くの曲はこのメジャースケールかマイナースケールかのどちらかを基本として作られています。 マイナースケールまとめ• キーボードを「ラ」から順に弾いていくとAマイナースケールになる• メジャースケールの音の並びは「全全半全全全半」•

次の