お 心遣い に 感謝 いたし ます。 温かいお心遣い|#話術.com

「お気遣い」と「お心遣い」の意味とそれぞれの使い方〜就活にも使える覚えたいマナー

お 心遣い に 感謝 いたし ます

スポンサーリンク 社会人を長くやっていると必ず出会う言葉があります。 それは「 お気遣い」と「 お心遣い」という言葉。 なんだか似たような言葉ですよね。 でも、「遣い」という言葉は共通でも、「気」と「心」という漢字は違う漢字です。 ということで今回はこのいっけん似たような言葉の「お気遣い」と「お心遣い」の 意味の 違い。 そしてこの2つの言葉の 目上の人や 上司に対しての 使い方も紹介します。 この2つの言葉の微妙な意味の違いを理解しておくことは、社会人になるあなたにきっと役立ちますよ。 逆にこの2つの言葉の意味を知らずに間違った使い方をすると、社会人になったときに相手から低い評価をされるかもしれません。 それではこの間違いやすい2つの言葉についてみていきましょう。 「お気遣い」と「お心遣い」の違い 社会人として取引先や相手に対し細かな気遣いは、最低限守るべきことです。 たとえば、お客様が来られたらお茶をお出しする。 お客様が来られる前に、エアコンで室温を調整しておく。 これらは相手からしたら「お気遣い」になります。 誰だって社会人としてこのくらいのことはおこなって当然の行為なんです。 気を使うことを「もっと神経つかいなさい。 」なんて言います。 ですので「お気遣い」は「細かく神経を使う」ことになります。 「お心遣い」はあなたの優しい、相手のことを心から思うことから発せられる行為のことなんです。 「お気遣い」は社会人なら誰でもできなくてはいけません。 しかし「お心遣い」は社会人だからといって誰でもできることではありません。 たとえば、相手にお茶を出すことは誰でも気がつきます。 ではこうなったらどうでしょうか。 お茶を出す時に相手の好きなお茶菓子を調べておいて、利害ではなく相手に喜んでほしくてそのお茶菓子を用意する。 そのお茶菓子に合うお茶も用意する。 これは相手に対しての優しい思いやりの心があってこそできることです。 「細かく神経を使う」ことが「お気遣い」なら「お心遣い」は「人としての優しい心」から行う行為なんです あなたが社会人になったなら、まず「お気遣い」ができるようにならなくてはいけません。 「お気遣い」が自然にできるようになった後、「お心遣い」ができるようになるかどうかはあなたの「心」次第です。 「お気遣い」は社会人として最低限必要なことですが「お心遣い」は誰にでもできることではありません。 あなたが相手に対し「お心遣い」が自然にできるようになったなら、あなたがセールスマンならきっとトップセールスマンになれると私は思います。 目上の人への使い方を例文で紹介 それでは「お気遣い」と「お心遣い」を、目上の人や上司にどう使うのかをわかりやすく例文でみていくことにしましょう。 2つの言葉は「細かく神経を使う」と「優しい、相手のことを心から思う心」ですから、それぞれの使い方をみていくことにしましょう。 この2つの言葉を目上の人や上司に使う時には「気遣い」「心遣い」ではだめですよ。 必ず接頭辞の「お」をつけることで敬語になることをお忘れなく。 お気遣いの使い方 スポンサーリンク まとめ 「お気遣い」と「お心遣い」は似ているようで、まったく使い方が違う言葉です。 「お気遣い」とは「 相手があなたに対して心をくだいてくれて、あなたに気を使ってくれたときに使う言葉。 」 そして「お心遣い」とは「 相手があなたに対して優しい思いやりの心をもって、あなたになにかをしてくれたときに使う言葉。 」 「お気遣い」は社会人なら最低限身につけないといけない相手にたいして細かく神経を使うこと。 「お心遣い」はあなたの優しい、相手のことを心から思うことから発せられる行為のことなんです。 あなたが社会人になったなら相手に「お心遣い感謝します。 」と言ってもらえるようになって一人前の社会人です。 普通の人なら相手の心のこもった思いやりや優しさには、利害関係抜きで感謝します。 そしてその感謝の心を忘れることはないでしょう。 社会人になるのならこの2つの言葉の違いを日々かみしめて行動しませんか。

次の

お心遣い の例文10パターン(意味と類語)

お 心遣い に 感謝 いたし ます

「お心遣い痛み入ります」と言葉だけ聞くとプラスイメージの言葉なのか、マイナスイメージの言葉なのかいまいち判断がつかないという方も多いかもしれませんね。 「お心遣い痛み入ります」は一般的に感謝の心を表す言葉として使用されることが多いです。 相手が自分にしてくれた行動や、与えてくれた物などに対して「ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝える際に用いられます。 感謝し過ぎて恐縮ですというニュアンスが含まれています。 感謝の気持ちを表しているのに「痛み入ります」などと一見してマイナスイメージに受け取られるような言葉を用いると言うのは日本語独特の文化かもしれません。 日本人はあえて反対の言葉を使ったりしがちですから、外国の人からはなかなかこれらの類の言葉は理解されないかもしれませんね。 先ほど、「お心遣い痛み入ります」は一見してマイナスイメージに捉えがちだが、感謝の意味表す言葉として使われると御紹介したかと思います。 しかし、「お心遣い痛み入ります」はそのイメージ通りに謝罪の言葉として用いる場合もあるのです。 「お心遣い痛み入ります」は相手にして貰った行為に対して、恐縮を表す言葉です。 ですから相手の好意が恐縮すぎてしまう場合にも用いられるのです。 そうなると「こんなにして頂いて申し訳ありません」という意味になります。 その場合はただ単に謝罪という意味として使われます。 見分け方が難しいと思われるかもしれませんが、言葉のニュアンスやその時の状況によって謝罪なのか感謝の気持ちを表しているのか見極めるようにしましょう。 ただ、自分が悪い事をした場合の謝罪としてこの言葉を用いるのは間違っているので注意が必要です。 日本語は似ている言葉が数多く存在する言語ですが、「お心遣い痛み入ります」にも「痛み入る」という派生語のような類語が存在します。 果たしてこの二つの言葉に違いは存在するのでしょうか。 「痛み入る」は簡単に説明すると「お心遣い痛み入ります」の動詞と考えて頂ければ良いかと思います。 「お心遣い痛み入ります」は敬語として使用する場合が多いですから、痛み入るだけでは使用することはあまりありません。 「痛み入る」を丁寧な話し言葉に変えたのが「お心遣い痛み入ります」なのです。 今回ご紹介している「お心遣い痛み入ります」と似たような言葉として恐縮した感謝の気持ちを表す「感謝の言葉もありません」という言葉が存在します。 例えばあなたが会社の取引先に結婚祝いの品をもらったとします。 そんな時には「ありがとうございます」「気を使わせてしまって恐縮です」といった感情になりますよね。 そんな場合に便利なのが「お心遣い痛み入ります」という言葉です。 「感謝」と「恐縮」という相反するような2つの言葉のニュアンスを同時に組込める事ができるため、使い方によっては非常に便利な日本語だと言えるでしょう。 そんな場合は「わざわざお心遣い頂いて、痛み入ります。 ありがたく頂戴させて頂きます。 」などといった言葉を使うと良いでしょう。 この場合は「謝罪」のニュアンスはあまり入っていないですから注意するようにしましょう。 「お心遣い痛み入ります」は一般的にビジネスの場面で使用する事が多い言葉になります。 ですから自分の上司に向けて使用するのが一番使われる使い方になるかと思います。 ただ一つ注意しておきたいのが面と向かって直接使う場合や電話などで「お心遣い痛み入ります」を使うのは失礼にあたらず、使用しても問題はないのですが、メールや報告書などといった文面で「お心遣い痛み入ります」を使うのはあまり相応しくありません。 「お気遣い下さりまして誠にありがとうございます」などが良いです。 例文とするなら、あなたの上司があなたの仕事の忙しさを見て、営業先に配る資料を代わりに準備しておいてくれたとしましょう。 そんな場合には「お心遣い痛み入ります。 おかげで助かりました。 」などと言うと良いでしょう。 この場合には感謝だけでなく謝罪のニュアンスも含まれていますね。 今まで「お心遣い痛み入ります」は上司など目上の人に向けて使用する言葉として説明してきました。 しかし言葉を変えると同僚など対等な立場の人に応用することもできます。 対等な立場に使用する場合には「お気遣い痛み入る」とするのがストレートな考え方ですが、これだと古臭い言葉になりかねませんよね。 その場合には「お気遣いありがとう」「お心遣い感謝する」などと砕けた表現に直すと良いでしょう。 「痛み入る」は改まった言葉なので対等な立場ならすこし変える必要があります。 今回ご紹介している「お心遣い痛み入ります」は感謝の他に恐縮の意味も含んでいるとご説明しました。 以下の記事では「恐縮」という言葉の意味や使い方についてまとめてあります。 数々のビジネスアプリの中でも高い人気と支持率を誇っているのがこの「あなたは大丈夫?知らないと恥ずかしいビジネスマナー」です。 こちらは知らないと恥ずかしいビジネスマナーから、ちょっと上級なビジネスマナーまでをゲーム感覚でさらってくれる便利なアプリになっています。 便利な点は実際の場面でよく使用されるビジネスマナーや敬語だけをピックアップしているので必要性が高いというポイントになります。 クイズ形式で楽しくビジネスマナーを学べることができますから、ちょっと空いた時間に活用できますし、覚えやすくて便利ですよね。 ビジネスの世界では「言い回し」というのが重要になってきます。 しかし、なかなか言葉の言い回しって難しいですよね。 このアプリは様々な状況に応じた言い回しを勉強できます。 正しい言い回しを勉強することによって、世の中を上手く渡っていく術を身につけられるようになります。 こちらは自分が入力した文章を自動で敬語に変換してくれる非常に便利なアプリです。 間違った敬語がないか確認する事もできますし、敬語によって候補なども自分で選ぶ事が出来ます。 取引先や上司などに送るメールを送信する前の最終確認の手段として使用するのもおすすめです。 また、空いた時間に適当に変換させて敬語の勉強をするのもいいかもしれませんね! お心遣い痛み入りますをマスターしよう! いかがでしたか?「お心遣い痛み入ります」は感謝の気持ちを表すと同時に恐縮な気持ちも表し、時には謝罪の意味も込められるちょっと特殊な言葉だと言えます。 しかし正しい使い方をマスターできると、ビジネスにおいて非常に便利ですから、これを機に是非マスターしてみてはいかがでしょうか?.

次の

「感謝申し上げます」とビジネスでの様々な感謝の伝え方を解説

お 心遣い に 感謝 いたし ます

「お心遣い」の意味と使い方 心遣い(こころづかい)は、思いや考えを向ける・及ぼすという意味の古語「心遣ふ」から転じた名詞で、「 配慮」・「 思いやり」の意味です。 名詞の 配慮・ 心配りと同義語であり、「心配」の意味が強い 気遣い(きづかい)ともほぼ同義です。 尊敬語のお心遣いは、取引先や上司への書簡・メールにおける挨拶文・謝辞などで、相手からの配慮を意味する言葉として広く用いられています。 しかし、 ビジネス文書の中でも業務報告・企画書などでは主として漢語の動作性名詞が用いられますので、訓読みの言葉(和語)であるお心遣いはふさわしくありません。 その場合は、同じ意味の尊敬語であるご配慮を用います。 お心遣い の例文 このたびは随分とお手数をお掛けし申し訳ございませんでした。 機材を搬入しやすい駐車スペースや控え室までわざわざご用意くださり、 お心遣いに感謝いたします。 昨日は親睦会に参加させていただき有難うございました。 いつもながらのご親切な お心遣いに感謝いたしております。 弊社本町支店の開店に際しましてはご祝電とお花を頂戴し、温かい お心遣いに深く感謝いたしております。 この度は身に余る お心遣いを賜り、誠に有難うございました。 今後ともお引き立てとご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。 スポンサードリンク お心遣いの類語 の例文 開催日は、当社の創業祭と重ならないよう各社に ご配慮いただき、5月1日としました。 日頃格別のご温情を頂戴しております上に、この度は見本市開催につきご懇篤なる ご配慮を賜り、衷心より御礼申し上げます。 つきましては、以下の通り臨時総会を開催いたします。 ご多忙のことと存じますが、諸事情を ご配慮の上、万障繰り合わせてご出席を賜りますようお願い申し上げます。 貴館はいつも行き届いた お心配りをしてくださり、とても感謝いたしております。 次回の研修でもまたお世話になりますので、どうぞよろしくお願い致します。 この度は結構なお中元をいただきまして、誠に有難うございます。 いつもながらの お心配りに気分がほっと和みました。 どうぞ お気遣いなさらないでください。 私こそお酒の方は不調法ですので失礼いたしました。 また機会がありましたら、ぜひご一緒させてください。 スポンサードリンク.

次の