梅雨明け 関東 2020。 茨城県(関東地方)2020年の梅雨入りと梅雨明け宣言はいつ?平年の時期や傾向も!

梅雨入りと梅雨明け 2020(速報値)

梅雨明け 関東 2020

気がつけばも過ぎ、盛夏がもう目前に迫ってきています。 以前、梅雨入り予想をしましたが、せっかくなので梅雨明け予想もやってみましょう。 の1ヶ月予報などを元に検討していきます。 平年の梅雨明け日はいつ? まず最初に、平年の梅雨明け日を確認しておきましょう。 出典:「 」 7月3日の現時点では、沖縄のみ梅雨明けが発表されています。 九州北部〜関東では、おおよそ7月前後が平年の梅雨明け日となります。 ちょうど海の日前後ということですね。 カの数値予報(GFS)による計算をチェックしておきましょう。 出展: この期間は、 梅雨前線が引き続き西〜東日本付近をうろうろしそう。 太平洋高気圧は日本の南に張り出し、日本付近は高気圧の縁辺を回る暖かく湿った空気の影響を受けやすい状態が続きます。 ECMWFによる7月2〜10日までの合計降水量の予測は以下の通り。 出展: 西〜東日本(特に九州)の南西斜面を中心に、梅雨末期の災害級の大雨に警戒が必要です。 この期間、平年よりも降水量が多くなる見込み。 引き続き日照時間も全国的に少なくなりそう。 の季節予報で気温の傾向を確認しておきましょう。 出展:(季節予報) 大雨の影響をもろに受ける地域では顕著な高温傾向はありませんが、高気圧の縁辺を回って南から流れ込んでくる暖かく湿った空気の影響を受け、 を中心に平年よりも気温が高くなる見込みです。 カの数値予報()による計算をチェックしておきましょう。 出展: 1週目と打って変わって、 2週目は梅雨前線が北上し、西日本を中心に太平洋高気圧に覆われる ようになります。 もしそうなると、 平年よりも早い梅雨明け です。 (東北南部まで梅雨明けにするかが微妙なラインですが、東北南部もこのタイミングで梅雨明けさせる気がします。 ) 一方、 梅雨前線が停滞するでは、平年よりも多い降水量となる 見込みで、大雨にも注意が必要です。 一気に真夏がやってくる感じになるでしょうね。 出展:(季節予報) の2週間予報をみるとこんな感じ。 西日本も10日頃を境に、2週目は高温が予想されています。 出展:(2週間気温予報) 急に蒸し暑くなるので、畑作業などでのには要警戒です。 35度を超えるのエリアも一気に増えてくるでしょう。 カの数値予報()による計算をチェックしておきましょう。 出展: 太平洋高気圧が日本付近に張り出します。 東北北部の梅雨明けも3週目の初め頃には発表されるのではないでしょうか。 東北北部の梅雨明けの平年値は7月31日ですので、もしそうなるとこれまた平年よりもかなり早い梅雨明けです。 また、この頃から、フィリピンの東で台風が発生しやすくなりそう。 太平洋高気圧が日本にしっかり張り出している状態では、なかなか本州付近には上陸しにくくなりますが、 そろそろ台風の動向にも気をつける必要が出てきそう ですね。 の1ヶ月予報の気温予報をみても、 引き続き全国的に高温傾向で あることがわかります。 出展:(季節予報) なお、この先1ヶ月を通した降水量と日照時間の予測はこちら。 出展:(季節予報) 西日本が平年よりも降水量が多い予測となっているのは、主に1週目の雨量が多いことが反映されているのでしょう。 西日本は2週目以降は晴れる日が多くなるとみられています。 2週目は中心に前線が停滞するため、は平年よりも降水量が多く、日照時間も平年より少なくなるとみられています。 いわゆる 梅雨末期の災害級の大雨に要警戒(特に九州)。 大雨が続くエリアは気温の上昇も鈍いですが、少しでも晴れ間が出ると気温がぐんぐん上がり平年以上の暑さとなるので注意です。 梅雨明け後は、35度以上ののエリアも増えるでしょう。 に要警戒です。 なお、この頃になると、 台風の動向にも注意が必要になってきそうです。

次の

2020年関東地方の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃?時期はいつからいつまで?

梅雨明け 関東 2020

気がつけばも過ぎ、盛夏がもう目前に迫ってきています。 以前、梅雨入り予想をしましたが、せっかくなので梅雨明け予想もやってみましょう。 の1ヶ月予報などを元に検討していきます。 平年の梅雨明け日はいつ? まず最初に、平年の梅雨明け日を確認しておきましょう。 出典:「 」 7月3日の現時点では、沖縄のみ梅雨明けが発表されています。 九州北部〜関東では、おおよそ7月前後が平年の梅雨明け日となります。 ちょうど海の日前後ということですね。 カの数値予報(GFS)による計算をチェックしておきましょう。 出展: この期間は、 梅雨前線が引き続き西〜東日本付近をうろうろしそう。 太平洋高気圧は日本の南に張り出し、日本付近は高気圧の縁辺を回る暖かく湿った空気の影響を受けやすい状態が続きます。 ECMWFによる7月2〜10日までの合計降水量の予測は以下の通り。 出展: 西〜東日本(特に九州)の南西斜面を中心に、梅雨末期の災害級の大雨に警戒が必要です。 この期間、平年よりも降水量が多くなる見込み。 引き続き日照時間も全国的に少なくなりそう。 の季節予報で気温の傾向を確認しておきましょう。 出展:(季節予報) 大雨の影響をもろに受ける地域では顕著な高温傾向はありませんが、高気圧の縁辺を回って南から流れ込んでくる暖かく湿った空気の影響を受け、 を中心に平年よりも気温が高くなる見込みです。 カの数値予報()による計算をチェックしておきましょう。 出展: 1週目と打って変わって、 2週目は梅雨前線が北上し、西日本を中心に太平洋高気圧に覆われる ようになります。 もしそうなると、 平年よりも早い梅雨明け です。 (東北南部まで梅雨明けにするかが微妙なラインですが、東北南部もこのタイミングで梅雨明けさせる気がします。 ) 一方、 梅雨前線が停滞するでは、平年よりも多い降水量となる 見込みで、大雨にも注意が必要です。 一気に真夏がやってくる感じになるでしょうね。 出展:(季節予報) の2週間予報をみるとこんな感じ。 西日本も10日頃を境に、2週目は高温が予想されています。 出展:(2週間気温予報) 急に蒸し暑くなるので、畑作業などでのには要警戒です。 35度を超えるのエリアも一気に増えてくるでしょう。 カの数値予報()による計算をチェックしておきましょう。 出展: 太平洋高気圧が日本付近に張り出します。 東北北部の梅雨明けも3週目の初め頃には発表されるのではないでしょうか。 東北北部の梅雨明けの平年値は7月31日ですので、もしそうなるとこれまた平年よりもかなり早い梅雨明けです。 また、この頃から、フィリピンの東で台風が発生しやすくなりそう。 太平洋高気圧が日本にしっかり張り出している状態では、なかなか本州付近には上陸しにくくなりますが、 そろそろ台風の動向にも気をつける必要が出てきそう ですね。 の1ヶ月予報の気温予報をみても、 引き続き全国的に高温傾向で あることがわかります。 出展:(季節予報) なお、この先1ヶ月を通した降水量と日照時間の予測はこちら。 出展:(季節予報) 西日本が平年よりも降水量が多い予測となっているのは、主に1週目の雨量が多いことが反映されているのでしょう。 西日本は2週目以降は晴れる日が多くなるとみられています。 2週目は中心に前線が停滞するため、は平年よりも降水量が多く、日照時間も平年より少なくなるとみられています。 いわゆる 梅雨末期の災害級の大雨に要警戒(特に九州)。 大雨が続くエリアは気温の上昇も鈍いですが、少しでも晴れ間が出ると気温がぐんぐん上がり平年以上の暑さとなるので注意です。 梅雨明け後は、35度以上ののエリアも増えるでしょう。 に要警戒です。 なお、この頃になると、 台風の動向にも注意が必要になってきそうです。

次の

2020年関東地方の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃?時期はいつからいつまで?

梅雨明け 関東 2020

平年の関東の梅雨入り・梅雨明け時期はいつ? 平年の関東の梅雨入り、梅雨明けの時期はいつくらいなのでしょうか? 過去の気象庁のデータを調べてみると、 平年の関東の梅雨入りは6月8日ごろ、梅雨明けは7月21日ごろとなっています。 2020年 関東の梅雨入り時期を予想! 五月病も乗り越えて、元気に勉強や仕事に励み始めたと思ったら、すぐにジメジメ梅雨の時期……。 でも、あらかじめ心づもりをしていれば、少しは気分も楽なハズ! まずは2020年の関東の梅雨入りの時期を過去68年のデータから検証しちゃいましょう~。 気象庁の1951年から2018年までの関東の梅雨入りの過去データを見ると、一番早い梅雨入りが5月6日ごろ。 逆に最も遅い梅雨入りは6月22日ごろとなっていて大きな開きがあります。 とはいえ、5月6日だけがとびぬけて早いので、2020年も5月上旬に関東が梅雨入りする可能性は低いと言えるでしょう。 過去68年間のデータを見ても56回(89%)が、6月前半に梅雨入りしています。 さらに、梅雨入りの平年時期は6月8日。 また、過去5年間では全て6月前半に梅雨入りしています。 これらのことを考える 2020年の関東地方の梅雨入りは5月28日~6月10日くらいとなると予想されます。 誰もが気になる2020年の関東の梅雨明け時期はいつくらいになるのでしょうか? こちらも、気象庁の1951年から2018年までの68年間の過去データを見てみますと、最も早い関東の梅雨明けは6月29日ごろで、最も遅い梅雨明けが8月4日ごろとなっています。 8月の梅雨明けは過去68年のうち、たったの4回となっていますので、8月まで梅雨が長引く可能性はかなり低そうです。 また、68年間の梅雨明けの日の平年時期は7月21日、過去5年間においては7月上旬が2回、7月下旬が2回となっています。 このことから、 2020年の関東の梅雨明けの時期は7月11日から7月25日くらいになることが予想されます。 4倍とかなり大きな差があります。 とはいえ、55日以上の超長梅雨になったのは過去3回のみ。 また、2014年から2018年の過去5年間における関東の梅雨期間の平均は38日、過去68年間の平均41日間とほとんど変わっていません。 例年どおりなら2020年の関東の梅雨期間は38日から44日の間となるでしょう。 なお、関東の梅雨の傾向として、梅雨明けが宣言されてからも少しぐずついた天気が続きます。

次の