上野 コリアン タウン。 上野で韓国料理店・食材店めぐりをするのが楽しくてハマってしまいそうな件

上野で焼肉食うなら裏上野コリアンタウンの馬山館

上野 コリアン タウン

キムチ横丁がある上野・御徒町エリアというとどんなイメージを持っていますか? 上野動物園、不忍池、アメ横などがあるものの、新宿、渋谷、六本木などに比べるとやや地味なイメージがあるかもしれませんね。 ちなみに御徒町という名前は、江戸時代、徒歩で先駆けをして、将軍の護衛などをした徒歩組と呼ばれる役職の組屋敷が多くあったことに由来しています。 キムチ横丁に行くにはJR御徒町北口改札を降りて、上野広小路側を背に首都高の下を走る昭和通りを越えて、ひとつ目の角を左に曲がれば、もう目の前です。 上野駅からも行けますが、こちらのルートのほうが断然分かりやすいと思います。 さて、この「キムチ横丁」のその歴史は戦後間もない混乱期の1948年(昭和23年)頃までさかのぼり、この一帯にキムチ専門店・焼肉店・精肉店・民族衣裳店などが集まったことに端を発しています。 自家製のヤンニョムとカレー味のニンニクが絶妙です。 さらにおすすめという「カレーにんにくキムチ」を一口。 カレーの香りがするためかニンニク独特の匂いもほとんどしません。 ニンニクを食べたいけれど匂いが気になる、というときにもバッチリ。 芸能人にもファンが多いというのも納得です。 「キムチ横丁も世代替わりして、ベトナム料理店など色々な店も増えています。 キムチにしても焼肉にしても、たとえばカルビを食べるならこの店、ハラミならこの店、白菜キムチならこの店、カクテキならこの店といったように、その店その店で特徴があり、色々と食べ比べてみるのも楽しいですよ」 姜さんがいうように、キムチ横丁は観光客気分で一度だけ行くよりも、何度も足を運んだほうがきっと楽しくなる、キムチのように奥が深い商店街なのかもしれませんね。 昭和の香り漂うガード下に、おしゃれなものづくりの空間 昭和の雰囲気を色濃く残す「キムチ横丁」の後は、上野・御徒町エリアの話題のスポットにも立ち寄ってみましょう。 場所は御徒町から秋葉原に向かうガード下。 少し前まではどことなく寂れた印象がするエリアでしたが、今大きく変わろうとしています。 その先陣となったのが2010年にオープンした「2k540」です。 ユニークな名前ですが、これは東京駅を起点にした距離(キロ程)を表す鉄道用語。 つまり、東京駅から2キロ540メートル付近にあるという意味なのです。 このエリアにはギャラリー、工房、ショップなど「ものづくり」の店が集まっています。 もともと上野、御徒町がある台東区は古くから職人が住んでいた土地だったことから、新しいものづくりの発信基地としてオープンしたそうです。 ちょっと見渡すと個性的な手作り帽子の店や、木彫り工芸品、電車をモチーフにしたチャームなどを扱う店など、他ではあまり目にすることができないショップがずらり。 これだけ「ものづくり」の店が集まっているエリアは、全国でもそうはないでしょう。 ショッピングはもちろん、ものづくり体験ができるワークショップが定期的に開催され、ただ眺めるだけではなく、体験ができるのがこちらの特徴です。 こちらはその名の通り、全国各地のB-1グルメが食べられる専門店街。 「B-1グランプリ」公認の常設店は都内で初めてになるので、この夏、人気を呼ぶのは間違いないでしょう。 古い街と新しい街が同居する上野・御徒町 「キムチ横丁」という昔ながらのコリアンタウンと、大きく生まれ変わろうとしているガード下。 古い街と新しい街が同居する上野・御徒町エリアを、この週末あたりに探索してみてはどうでしょうか。 新しい発見が見つかるかもしれませんよ。

次の

上野で焼肉食うなら裏上野コリアンタウンの馬山館

上野 コリアン タウン

東上野コリアンタウンって知っていますか? 안녕하세요? oulmoonです。 いつも「韓国料理でも食べに行こう」と思うと、ふらっと行ける新大久保に足を向けるのがパターン化しています。 でも東京には新大久保以外にもコリアンタウン化している場所はたくさん! 今回はその中でも有名な 「東上野コリアンタウン」で韓国料理を友人たちと食べてきたので、早速ご紹介です。 東上野コリアンタウンの場所は御徒町駅の北東、昭和大通りの一本北側の路路地および東西に延びる路地周辺です。 新大久保に比べれば活気は少ないですが、本格的な焼肉屋さんやキムチ店、韓国食材を取り扱うお店が並んでいます。 どちらかというと日常的な韓国を感じられる部分が多い場所かもしれません。 ちょっとくらい遠くても、美味しい韓国料理のためなら! 友人が、今回は上野での食事会に誘ってくれました。 お店選びも上野周辺に住んでいるその友人がしてくれたので、安心してお任せ。 でも、もともと食べることが大好きなので自分でもネットで検索してみましたが、上野の韓国料理屋さんはずらっと出てきますね。 これは度々上野へも行ってみたいかも! 約束の日は平日だったので、仕事をさっさと終えて職場のある渋谷から上野へ! しかし…事前にあまり調べていなかったけど、電車だと以外に時間がかかるんですね。 ラッシュアワーもあってか40分近くかけてようやくお店の 最寄り駅「御徒町駅」に到着です。 幹事の友人と駅で待ち合わせ、方向音痴二人でうろうろしつつも無事お店に到着! 上野「アレンモク」でついに!夢にまで見たあれを堪能 上野の韓国料理屋さんの中でも、有名店のひとつですよね。 私も名前を聞いただけで「聞いたことある!」と思いました。 それも相まって、行く前からすごく楽しみにしていたお店です。 1階は普通のテーブルのようですが、2階は掘りごたつ式のお席でした。 他にも座敷や個室などもあるようですね。 お席について、さっそくメニューをパラパラ。 品数も多くてすごく迷います。 が! 今回は「サムギョプサル」ならぬ「オギョプサル」をメインで注文。 メニューにはサムギョプサルとしかありませんが、こちらのお肉は 5枚肉のオギョプサルを使われています。 今回は 1 일イル 2 이イ 3 삼サム 4 사サ 5 오オ の 「5」で オギョプサルです。 他には「海鮮チヂミ」「キムチ盛り合わせ」「キムパ」などなど頼んでみましたよ。 ここでちょっと残念だったのは、 パンチャン 반찬 がでなかったこと。 でも今回は初対面の人もいたので、話に花を咲かせている間に料理が到着です。 おおおっ! やって来たお肉はなかなかいい感じ。 セットの野菜やネギサラダはこんな感じです。 店員さんが手際よくお肉を焼いてくれます。 野菜にお肉にジャンなど乗っけて巻き巻きして ぱくっとほうばれは至福!! そしてですね! ここで今回! 念願の!! タッパル닭발 鶏足=もみじ も注文! メニューにあるのを発見した時からテンションが上がりまくり、恐る恐る注文していいか確認したところ快くOKしてくれました 鶏の足そのままなので、見た目を嫌がる人も多いし、韓国人でも「辛い」というほどの辛さなので、昔から興味があっても食べる機会がなかったんですよね 量的には一人でもいけるはずですが、辛いものが少ししか食べれないので残すことになりそうですし…。 でも今回、念願叶いました! 待ちに待ったタッパル 骨無し の登場! 食べる前から皆には「めっちゃ辛いよ!」と脅していたのですが、口にしてみたら意外に食べられる辛さでした。 これは…日本人向けに抑えられている気がする。 韓国のインスタントラーメンが全部食べられない私でも最後まで食べられましたからね。 タッパルは辛ささえクリアーできれば、コラーゲンも豊富だし、カプサイシン効果もあるので女性にお勧めのお料理。 想像以上に大満足の1品でした そして、こちらのお店で特においしいと感じた「海鮮チヂミ」。 大きい方のサイズを注文したのに、みんなでぺろっと食べちゃいました。 次来たときは絶対頼んでみよう! 他にも「イシモチ焼き」や「ケジャン」「エイ刺」など、韓国らしいメニューがたくさんありました。 「次も」どころか「何度も」来たくなるお店です! 上野の韓国料理屋さんはここだけじゃないのに~ 新大久保にもまだ気になるお店は沢山あるのに~ 体がいくつあっても足りませんね お腹も心も満たされて、この日は食事会終了! この日は帰り道を上野公園を通るコースにしてもらったので、夜桜が満開で幻想的でした。 上野にしろ新大久保にしろ、しょっちゅうコリアンタウンへ行けるわけではありませんが、こんな感じでまた韓国料理を食べに行ったらご紹介していきますね。 あなたのお勧めのお店もあれば是非教えてください。

次の

上野で焼肉食うなら裏上野コリアンタウンの馬山館

上野 コリアン タウン

これでもかと関西各所のコリアタウンを渡り歩いてきた「大阪DEEP案内」は東京に来ても、やはりコリアタウンを探し回っているのだ。 日本の首都は東京でも「在日」の首都は大阪民国だと常々言ってはおるが、東京だって負けてはいないさ。 大阪府が15万人ならば東京都だって10万人もの在日韓国朝鮮人が居るのだ。 東京は新大久保あたりがどうしても目立つのだが、あそこはニューカマー系ばかりが目立ち、どちらかというと「在日」という香りがしない。 東京で最も大規模なオールドカマー系コリアタウンはなんと言っても台東区・荒川区にまたがる、上野から鶯谷、日暮里、三河島と続く一帯である。 特に上野と言えば「アメ横」を代表として、なにやら「戦後のドサクサ臭」が漂う街並みが印象的な界隈だ。 その中でも東上野の一角にある「キムチ横丁」と呼ばれる場所は、小規模ながらもかなり強烈なオールドカマー系コリアタウンである。 夕方、日も落ちるか落ちないかの時間に寄りつくと、日本のそれとはかなり雰囲気が違う独特のネオン街があることに気がつくだろう。 そこが東上野キムチ横丁だ。 古い呼び方では「国際親善マーケット」ともいう。 まるで鶴橋みたいです。 その名の通り、鶴橋の駅前とどこがどう違うのか説明がつかない状況です。 焼肉屋や韓国料理店が密集するのはもちろん、食材を仕入れているであろう肉屋や韓国食材の店も密集している。 ここが紛う事もない、東京の鶴橋だ。 ピースボートのポスターが律儀に貼られている所までもが一緒である。 決してエリアとしては鶴橋なんぞと比較にならんほど小さいのだが、密度が濃いのだ。 そして、思わずそそられてしまいそうな裏路地。 そこには焼肉屋が密集している。 東京指折りのターミナル駅「上野」に程近いにも関わらず、人通りはさほど多くない。 そのことが逆に、鶴橋のような「観光地化」を押し留めているようにも感じる。 日が暮れると裏路地はこの通り。 もうたまりません。 東上野キムチ横丁、ちょっとしたプチ九龍城砦状態です。 壁にニンニクの臭いが染み付いています。 ご丁寧に設置された公衆トイレの扉にも、またもやピースボートのポスターが。 ここは恐らく「戦後」から時が止まったままなのだろう。 ご年配方にしてみれば、焼け野原の上に立ち並ぶバラックの裏路地で密造のマッコリを煽りながらホルモンを食っていた時代と何も変わらない風景が思い浮かんでくるに違いない。 人がすれ違うのもやっとの細い路地にある焼肉屋。 そこに間違いなくソウルフードの文化がある。 ソウルはソウルでも韓国のソウルね。 名前もそのまんま「ソウル」という名前の韓国料理店で夕食にする。 サムギョプサル(豚バラ肉)がお勧めだとしつこく言われましたが、鶴橋に居ても上野に居ても「韓国人」のノリは一緒なんだなぁと強く感じる。 くどいくらいにお節介。 韓国製無煙ロースターを使用しているが、今回は2人組で店に来たので使わず、カセットコンロで肉を焼く事になりましたとさ。 そしてこの店には「ポシンタン」がメニューにあることをしっかり確認した。 エリアから記事を探す• 811• 216• 154• 101•

次の