嘆き の 亡霊 は 引退 したい 最 弱 ハンター による 最強 パーティ 育成 術。 2020

嘆きの亡霊は引退したい 〜最弱ハンターは英雄の夢を見る〜【Web版】

嘆き の 亡霊 は 引退 したい 最 弱 ハンター による 最強 パーティ 育成 術

本・雑誌・コミックジャンル• 免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の

ラノベ新刊発売日新着情報

嘆き の 亡霊 は 引退 したい 最 弱 ハンター による 最強 パーティ 育成 術

クラン上層階。 一般のメンバーの立ち入りが禁止されている執務室。 僕の話を聞き、エヴァはしばらく黙り込んでいたが、やがて眼鏡をキラリと光らせて言った。 「闇鍋ですね」 「失礼な」 本当のことでも言っていいことと悪いことがある。 「……ほぼソロ活動をしているティノさんにパーティを率いさせるのは時期尚早では?」 「これも彼女のためを思って、だよ」 真剣な表情でそう言ってやると、エヴァが嘆息して黙り込んだ。 だが、彼女の言葉は的を射ている。 僕はクランマスターであり、パーティリーダーだ。 だが判断は正直、適当にやっている。 初めの内は真面目に考え眠れない夜を過ごした日もあったが、面倒になってしまったのだ。 ただの一パーティのリーダーだった頃から、パーティ全体の判断は僕がやってきた。 クランを立ち上げてからその機会は増えた。 名が売れてからは外部のパーティやクランから判断を求められることも多くなった。 ときには探協からも意見を求められる。 とてもじゃないけど真面目になんてやってられない。 責任だって取れないし、そもそも僕はそんなことするためにクランを立ち上げたんじゃない。 今でも僕が大いに悩むのは『嘆きの亡霊』で発生する判断だけだ。 大丈夫。 ティノは強い。 特にその素早さは師匠のお墨付きである。 何かとんでもない事態が起こったとしても逃げるだけならなんとかなるはずだ。 なんとかならなかったらそれはもうなんとか出来ないティノが悪いとしか言えない。 ハンターにとって死は自己責任。 アクシデントはあって当然であり、故にハンターには常に万全の準備が求められる。 もしもメンバー選定が悪くひどい目にあったのならば、それは僕にもっと文句を言わなかったティノの責任なのである。 誰もミスの責任を取ってはくれない。 僕が早々に宝物殿の攻略を諦めたように、時に周りの意見を突っぱねることも必要だ。 ティノには苦い経験を経てどうか言いなりではなく積極性を手に入れて欲しい。 僕の適当な闇鍋戦術はいわばティノの前途を思っての愛の鞭なのだ。 この話はこれで終わり。 ふかふかの椅子にふんぞり返り、大きく伸びをする。 「あー、全ての面倒事を放り出して温泉でも行きたい……」 「……いっそクランメンバーで旅行でもしますか」 「……いいね。 職員も全員集めて旅行でもいこうか」 エヴァは元々、大きな商会でばりばり働いていたのをスカウトして副マスをやってもらっている。 たまに出してくる柔軟な発想は恐らく元商人故なのだろう。 帝都の外は野生の魔物や、時には宝物殿から湧き出てきたはぐれ 幻影 ファントム が出ることもある。 危険だが、こちらには怪物がダース単位でいる。 結束を高めるとか適当に言えば皆ホイホイついてきそうだ。 問題はうちのクランメンバーが全員帝都を出るなんていいだしたら探協か帝国貴族のくそったれが文句言いそうなことくらいだろうか。 後、脳筋共が旅行先で問題起こしそう。 やっぱりパーティで旅行行くくらいが管理できる限界かもしれない。 いや、ダメだ。 うちのパーティメンバーの方が全然問題起こしそうであった。 詰んでる。 ゲロ吐きそう。 エヴァ達の集めてくれた資料をペラペラめくる。 グレッグ様達についての資料だ。 足跡にはハンターや宝物殿に関する資料が蓄えられている。 新人ならばともかく、ある程度の実績のあるハンターたちの情報はまとまっていた。 ルーダは……優秀だ。 ソロにしては破竹の勢いと言える。 大きなダメージもなく生き延びられたのは才能もあるが、運がよかったのだろう。 グレッグ様は……ベテランだ。 何年も安定してハンターを出来る者の数はそこまで多くない。 ギルベルト少年は……問題児ではあるがでかい口を叩くだけのことはある。 田舎から出てきてパーティで活動していたのだが、不和で一人、パーティを抜けたらしい。 まぁ、ハンターの中ではよくある話である。 うちも一つ間違えればそうなっていただろう。 そうなりたかった。 ハンターの聖地である帝都を目指す者は皆、大なり小なり自らの力に自信を持っているものなのだ。 僕は本当の怪物を知っている。 高難易度の宝物殿を、己の身も省みずに知恵と力で切り開く真の怪物たちを。 だが十分だ。 ティノ一人でもなんとかなるような宝物殿、人数が四人になれば攻略は容易い。 僕は一切自分の目利きを信用していないが、自分のクランのメンバー達の力は信用しているのだ。 「しかし、ティノさん達大丈夫ですかね……レベル3の宝物殿とはいえ、探協から依頼がくるくらいですし……」 「大丈夫大丈夫。 本当にやばかったらうちのメンバー探して助けを求めるって。 ティノも子供じゃないんだから」 ハンターではないとはいえ、クラン創立時から共に見ている彼女にとってティノは子供みたいなものなのだろう。 心配性な副マスターに肩を竦めてみせる。 その時、扉がノックすらせずに開け放たれた。 「ますたぁぁぁぁぁ! 助けてくださいッ! やっぱり私には無理ですぅッ!!」 「……諦め早すぎじゃないですかね、ティノさん」 駆け込んできたティノの目が僕と、隣に立っているエヴァを確認。 そのままタックルするかのように僕に抱きついてきた。 ぐりぐりと頭をお腹に擦りつけてくる。 絶対演技でしょ。 声のテンションが内容と合っていない。 本当にずるい子だ。 指示を出してからの時間的に、宝物殿に行ってもいない。 しかもここ、立入禁止なんだけど。 エヴァが呆れ果てたようにティノを見ていた。 だから心配ないって言っただろ。 本当に師匠から酷い影響を受けているようだ。 私には荷が重いです……」 ラウンジに、僕が名指したメンバーが集まっていた。 ルーダ・ルンベック。 グレッグ様に、ギルベルト少年。 選んだ理由は適当である。 ルーダは白狼の巣に行きたいと言っていたから選んだが、後の二人は完全にノリであった。 ルーダもグレッグ様もギルベルト少年も、性格はともかく能力ならば中堅だ。 役割など考えていないが人数集めれば攻略も容易だろうというのが本心。 目的は救援なので場合によっては奥まで行く必要もない。 後はパーティ内の不和さえなんとかすれば生き残ることはできるだろう。 僕はごめんだけどな、そんなパーティ。 ルーダがキョロキョロラウンジ内を忙しなく見渡している。 グレッグ様とギルベルト少年も流石に少し緊張しているようだった。 所属していないクランの本部。 彼らにとっては敵陣も同じだ。 ティノに手を引かれながら近づくと、ルーダが僕を見つけてほっとしたように表情を緩めた。 そう言えば、途中で大暴れが始まったので彼女とは結局挨拶もせずに別れていた。 ちょっとだけ申し訳ない気分になる。 随分、待たされたぞ!」 ルーダが上げかけた声に被せるようにギルベルト少年が言う。 ルーダがむっとしたように少年を睨みつけた。 相変わらず偉そうだが、場所が場所なせいか、声も内容もこの間よりもちょっと控えめだ。 しかし、ティノにぶん殴られて沈められたのによくついてきたなこいつ。 グレッグ様が僕を見てにやりと唇を歪め笑ってみせる。 だが、少しだけ顔が引きつっている。 僕は面倒になったので彼らの危険度を全員まとめてEに設定した。 ティノが側にいるので強気でいく。 「が、がはは……足跡の本部にいるなんて……ほ、本当に、嘆霊のメンバーだったんだな……」 「昨日は本当に驚いたわ。 だって、行列できてるのにそれをかき分けて入るなんて無理だった。 寝坊した僕が悪いのに。 朗らかに会話を交わすルーダ達に安心したのか、ギルベルト少年が不躾な視線で僕を見る。 「……お前みたいな弱そうなのが、『 嘆きの亡霊 ストレンジ・グリーフ 』のメンバーなのか……帝都最強のパーティと聞いてたけど、噂程じゃないな」 「……別にうち、帝都最強でもなんでもないし。 誰だよそんな噂を流してるの……」 考えるまでもない。 多分、僕の幼馴染達である。 皆自信家なのだ。 確かに若手では最強クラスだが、アーク達だっているし、歴史ある帝都には古参の強豪パーティが沢山ある。 甘めに見ても全然最強じゃない。 顔を顰める僕の腕をティノがぎゅっと抱きしめる。 控えめとはいえ、しっかりと柔らかい感触が二の腕に当っている。 多分わざとだろう。 師匠の悪影響が出ている。 悪い影響出過ぎであった。 「この者たち、無礼者です。 私は、こんなますたぁへの敬意が足りない者と一緒に宝物殿に行くことはできません。 ますたぁは、ますたぁですのに」 「うん、そうだね。 なに言ってるのかわからないけど」 にこにこしながら頷いてやる。 だが別にどうだっていいのだ。 僕がマスターだったとしてもメンバーだったとしても僕は僕以上でも以下でもない。 だが、グレッグ様にとってその言葉は衝撃だったようだった。 なんだかんだ肝が据わっていたその表情が完全に引きつり、分厚い唇が震える声をあげる。 青ざめてる青ざめてる。 「ま、まて……ますたぁ? って……マス……ター? 足跡の?」 「まぁ……僭越ながら、グレッグ様」 本当に僭越である。 グレッグ様に申し上げなければならないのが、非常に心苦しい。 「……まさ、か………………あの……『千変万化』……? です、か?」 「ますたぁの凄さがわかったら、跪くべき」 ティノがひっついたまま、冷たい目でグレッグ様を睨みつけた。 威嚇するのやめようね。 ゲロ吐きそうだ。 名のあるトレジャーハンターには二つ名が与えられる。 探協はそうやってハンター達の間に一種のアイドルを生み出すのだ。 『嘆きの亡霊』はそれぞれ特化したメンバーを持つパーティだった。 僕には役割が一切なかった。 僕がやったのはプライドを捨ててあらゆる方面に頭を下げまくり、なるべく周りに被害を出さないように彼らを宥めることだけだった。 『千変万化』はそんな最強の若手パーティ、『嘆きの亡霊』のリーダーだった僕に温情で与えられた二つ名だ。 なんか怪物達の中に一人混じってるけど、こいつ、いつも何やってんだ。 多分、その二つ名を考えた探協のお偉いさんの心の中にあったのはそれだろう。 だが、パーティとしての功績は申し分ないし、実際に僕がやったこと(ゲロ吐きそうになりながら逃げまくった)は共に冒険した『嘆きの亡霊』のメンバーしか知らない。 かくして僕は、なんだかわからないけど有名だから二つ名を与えておこうという理由で二つ名持ちになった。 『 嘆きの亡霊 ストレンジ・グリーフ 』は何かよくわからないけど『千変万化』と呼ばれるハンターが率いる凄いパーティなのだ。 皮肉を多分に含められた二つ名はいつの間にか独り歩きして、『嘆きの亡霊』がより強力になるに比例して、『千変万化』の名は誰も戦っている姿を見たことないけど最強みたいな風情を得つつある。 そして僕は砂上の楼閣のようなそれに、比較的満足していた。 ハードボイルドだろ。 否定したいが舐められると外歩いている時に襲われるのでそういうわけにもいかないのだ。 ゲロ吐きそうだ。 まーでも勝ちすぎている名前が役に立つのも事実なわけで。 グレッグ様の顔色は青ざめたままだ。 さすが無駄に年食っていない。 僕の顔を呆然とした目で見ながら、震える声を出す。 今日来てもらったのは……ティノにあげた仕事を手伝ってもらえないか、と思ってね」 突然の要請だが、ここまで来たんだから見込みがないということはないだろう。 こう言っておけば足並みくらい揃えてくれるはずだ。 ルーダは元々『白狼の巣』の攻略を目標としていたし、グレッグ様はなんだかんだハンターについてよく知ってる。 強いものには逆らわない小物気質が凄く僕と合いそうだ。 一緒にお酒飲みたい。 そして、最後の問題の一人は、僕に向かって歯を剥き出しにした。 毎度毎度被害を被るのはこっちなんだぞ。 そう言いかけた僕を押しのけ、ティノが前に出る。 「ますたぁの強さがわからないなんて、可哀想。 人生の九割は損してる」 「うん。 なに言ってるかわからないけど黙ろうね?」 「ますたぁ、やっぱりこいつと組むのは無理です。 口だけのやつは一番嫌いです」 口だけの奴って、僕も完璧に当てはまってんだけど……。 ギルベルト少年が鍛えられていないと言うのも当然だ。 だって本当に鍛えられてないのだから。 多分僕とギルベルト少年が同じ条件で戦ったら僕はこてんぱんに負けて終わる。 グレッグ様が今にも飛びかかってきそうなギルベルト少年を押さえる。 凄い根性である、もしも僕が彼の立場でレベル8ハンターなんて見つけたらその場で土下座するのに。 闘志の強さと気の短さは一流ハンター並だ。 僕はルーダの方を向いた。 「ルーダは手伝ってくれないかなぁ?」 「それは……こっちからお願いしたいくらいだけど……レベル8って本当なの?」 訝しげな視線に、ネタバラシする。 レベル認定は実力の絶対的な指標ではない。 探協のハンターに対するレベル認定は多角的な視点から行われる。 「数字だけ上がったんだよ。 パーティリーダーとか、クランマスターになるとメンバーの実績の一部が評価に加えられるんだ。 足跡は大きいクランだから、レベル認定に必要な膨大な実績ポイントもすぐに溜まる」 「ますたぁ、もちろん私のポイントも捧げてますよ!」 ルーダが納得いったようないっていないような表情をする。 これは、ずるでもなんでもない。 探協は後進の育成を推進しており、現実に高いレベルのハンターは皆、パーティリーダーやクランマスター、あるいは師匠などを担っている。 そうじゃなきゃ最前線で宝物殿を攻略しているアークよりレベルが高いなんてことありえない。 僕の言葉を聞きつけ、ギルベルト少年が更に声高く詰ってくる。 「ほら見ろッ! こいつ、ずるしただけだッ! お前みたいなやつが最上位ハンターだなんて信じるものかッ!」 根性は認めるが、そろそろうざったくなってきた。 ため息をつき、顔を真っ赤にしているギルベルト少年に言う。 「いや、別にレベル8は最上位じゃないし……そもそも、信じてもらわなくてもいいよ別に」 舐められるのは慣れてる。 強く見えないのも自覚しているし、実際に足跡所属の怪物たちと比べれば僕は全然、強くない。 僕がこの席に座っているのは僕の意志ではなく、誰もやりたがらなかったから仕方なくなのだ。 一人くらいいなくても別にいいだろう。 「ギルベルト少年はいいや。 グレッグ様は手伝ってくれる?」 「……え?」 「お、おう……? そ、それは……もちろん、構わない、ですが……」 呼びつけておいて何なんだが、何も僕は嫌がっているギルベルト少年に強制するつもりはない。 頭を下げて頼むつもりもない。 プライドの問題はともかく、ここはクランのラウンジだ。 自分のクランマスターが頭を下げる姿を見せられていい気がする者はいないだろう。 何でゴミ一人入れるためにクランメンバーの信頼を失わなければならないのか。 ギルベルト少年がアーク並の手練なんだったらともかく、彼はレベル4の前衛だ。 レベル4以上の前衛なんてうちのメンバー層ならばいくらでも代えが利く。 「お、おい、本当にいいのか!? 手伝ってやんないぞ!?」 「ああ、とても残念だよ。 でもしょうがない。 ティノ、うちのメンバーから誰か適当につれていきなよ」 まだ昼だが、探協の隣にある酒場に行けば何人かいるだろう。 ティノが我が意を得たりとばかりに、上目遣いで僕に懇願した。 「ますたぁ、一緒に来て下さい……」 「い・や・だ」 僕が行ってどうするんだよ。 レベル3宝物殿って簡単に言うけど、しっかり命の危機はあるからな。 はっきり答えてやったのに、ティノはうるうるした目で見つめてくる。 元々甘えてくることは何回もあった。 格好いいお兄さんポジションとして甘んじて受け入れていたが、今回は少しばかり度が過ぎるようだ。 頭を掴み引き離しにかかっていると、無視されたギルベルト少年が大声をあげた。 「勝負ッ!」 「?」 何いってんのこいつ。 頭を掴まれたティノも目をぱちぱちさせ、ギルベルトを見ている。 視線に耐えかねたように少年が更に叫んだ。 その伸ばした指先が僕の顎を指している。 「勝負、だ。 千変万化ッ! 俺が、負けたら……仲間に、なってやるッ」 「はぁ……?」 何言ってんだこのタコ。 思わず出かけた言葉を飲み込んだ。 さすがの僕もあまりの舐められっぷりに目を丸くする。 ティノの言葉じゃあないが、身の程を知らなさ過ぎる。 今回の場合は僕がクソ雑魚なので当てはまらないが、本来レベル8とレベル4のハンターの力は隔絶している。 レベル7のアークから見たとしても、ギルベルトなんて塵芥だ。 そして最後に、何故あらゆる勝負から逃げ続けてきたこの僕が、この千変万化が、ゴミ一人パーティにいれるためにわざわざそんな勝てるかどうかもわからない勝負を受けなくてはならないのか。 僕と戦いたくば『 始まりの足跡 ファースト・ステップ 』のメンバー、全員を倒してから来てもらおうか。 グレッグ様もあまりの無謀さに煽りすら入れられないようだ。 ギルベルト少年がさらに続ける。 隣に置いてあった大剣の柄を右手で握る。 堂に入った所作。 宣戦布告でもするように。 「俺は、自分より弱い者には、従うつもりはないッ!!」 「……じゃあ君の相手は僕じゃなくてティノだよね?」 「……え?」 だってパーティのリーダーになるのはティノだし。 「ますたぁは受け流すのが本当に得意ですね。 ですが、いいでしょう。 ますたぁに対する無礼千万な態度、お姉さまに代わってこのティノ・シェイドが天誅を下しましょう」 ティノが身体を離し、戦意満々に、呆けた表情をしているギルベルトを睨みつけた。

次の

ラノベ新刊発売日新着情報

嘆き の 亡霊 は 引退 したい 最 弱 ハンター による 最強 パーティ 育成 術

そこら辺のなろう小説とは格の違う面白さで、タイトルで損している系の作品の一つだと思います。 いぶそうは迷宮で目を覚ました主人公カナミが、最愛の妹が待つ元の世界に帰るため迷宮の最深部を目指すという話です。 これだけ聞くと、まーたいつもの主人公最強ハーレムものかよって思うわけですが、この作品は違う。 ありがちなステータス、アイテムボックス、敵を倒して経験値をためてレベルアップ、相手の能力が見れれる鑑定、全てゲームのようで面白く、 一見能天気にも見えますが、所々から醸し出される作品の雰囲気はおどろおどろしい。 キャター達は一癖も二癖もあり、みな裏を抱えています。 主人公カナミは迷宮探索を進める中で、階層を守る守護者に出会います。 守護者は恐ろしい力を持っているがどこか脆く、カナミは時に戦い、時に彼等の闇を解決することで階層を更新していきます。 その中で世界の秘密が判明していき、カナミは自身の存在を問うことになります。 この作品の良さは、その世界観にあります。 悲しくも優しい、誰かが誰かを思う気持ちが重なりあって紡がれていく物語を是非体感してほしいと思います。 かなり精神に負荷がかかる作品になっておりますので、用法容量を守って正しくお読みください。 嘆きの亡霊は引退したい 〜最弱ハンターは英雄の夢を見る〜 2作品目は『嘆きの亡霊は引退したい』です。 なろうに慣れた人であれば、「ああ、最弱とかいってるけど、結局判定できない異能力を持っていて世界最強でハーレム作る量産型のなろう小説なんでしょ?」って思うかもしれません。 私はそう思いました。 事実この小説の主人公であるクライ君はある種の異能力を持っていますが、決して最強ものではありません。 この小説は勘違い系です。 クライは非常に運が悪く、何もしていなくても事件に巻き込まれます。 そしてそれらを仲間にすべて押し付けます。 この主人公ほとんど何もできないし、しないのですが、周りが勝手に彼の行動を解釈して、それが何故かなんだかんだうまくいってしまいます。 この絶妙にかみ合わない感じがこの作品の良さですね。 主人公のクライはどうしようもないやつで、無意識に他人を煽るし、嫌な仕事を後輩の女の子に擦り付けるし、仲間の女性に多額の借金をして宝具(魔法の道具のこと)を買い揃えたりするのですが、何故か憎めないところも、この作品の味があるところかなと思います。 あとやっぱり的にはヒロイン(?)が可愛いところもポイントですね(無理やりねじ込んだ要素)。 ティノが不幸可愛いです。 作者の槻影さんの作品は全部読みましたが、文体も読みやすく、どの作品も少し、いやかなり癖があるので、なろう小説を読み飽きた諸兄も楽しめると思います。 ライブダンジョン 3作品目は『ライブダンジョン』ですね。 この作品は、なろうではよくある「の廃人がサービス終了のゲームに転移して無双する」という話の一つですが、主人公が変わっているという点と、戦闘の熱さの2点が良い点ですね。 前者は多分に賛否両論があるところだと思います。 主人公の努はとにかくクールというか、世界が自分にとって都合が良すぎることを認識し、常に一歩引いて現実世界への帰還を目指しています。 ヒロイン(?)の積極的なアプローチを袖にして、逆にその気持ちを利用して目標であるダンジョンを攻略していく強さが努の魅力です。 ただこの設定のせいでやり取りが淡泊になりがちなのがこの作品の惜しい所でもあるかなと思います。 後者の戦闘の熱さはこの作品の売りです。 『ライブダンジョン』はタイトルの通り、ライブ中継されているダンジョンを攻略していくという話です。 主人公の努は元になったライブダンジョンというの廃人のため、ボスの行動内容やクールタイムを把握しているという設定ですが、現実世界となったライブダンジョンは一部ボスの行動に変化があり、それらに初見で挑む努たちが苦戦していくという塩梅です。 努がヒーラーという補助職であることもあり、転移ものでありがちな主人公が一人で全てを倒すということはなく、仲間と連携して敵を攻略していくストーリーが熱いです。 そして何よりもこの作品をおススメしたい理由は「完結」していることですね(なろうで一番大事な要素)。 文字数も180万字と読み応えがありますので、いかがでしょうか。 ネタ枠 なろう界を彷徨っているとたまに 他の作品たちとの差別化を図るために、トチ狂った設定をもつ作品が出現します。 そんな中で万人に面白いかどうかは別として個人的に好きな作品をいくつか紹介したいと思います。 正直これをネタ枠にいれるかどうかは悩みどころさんなのですが、 割と一発芸的なところが多いので、ネタ枠に入れました。 個人的にはかなりこの作品好きです。 具体的には体力をつけるために豆を死ぬまで食べる訓練や、高い崖からノーロープバンをする訓練などなど、アレクは至って真面目に当たり前のように言うのです。 生き返ることは分かってもわざわざ自殺したくない客と、効率を求めるアレクの噛み合わなさがシュールで面白い。 一方で殺伐としているかといえばそんなことはなく、話の血なまぐささと相反するように、雰囲気は明るくほのぼのとしています。 そのギャップもこの作品の魅力です。 一風変わった主人公最強物、疲れた時に読んでもフフっとなるのでおススメです。 機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う ネタ枠2作品目は『機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う』です。 これ書籍化してたんですね、ビックリしました。 角川は正気か?打ち切りっぽいですが、なろうで最後まで読めます。 ストーリーはタイトル通り、 自販機マニアが転生して機になって迷宮を彷徨うというものです。 書いてて思いましたが、意味不明ですね。 ただ中身は結構面白いです。 主人公は自販機なので当然言葉を話せません。 使える言葉は「いらっしゃいませ」「またのご利用をお待ちしております」「あたりが出たらもう1本」。 これらでコミュニケーションをとるさまはシュールで笑いを誘います。 この手の作品にありがちな、すぐに人化するという手法をとらないのも好感度が高いです(スライムお前のことだぞ?)。 主人公はどこまでも機なので、自慢のマニア知識を活かして様々な機に変化しながら、迷宮を攻略します。 主人公は強すぎず弱すぎず絶妙なバランスで、物語を面白くしています。 トチ狂った設定から意外とまともな話になっているので、普通の作品に飽きてしまった方は是非読んでみてください。 ちなみに完結済みです(なろうポイント+100万点)。 トラック受け止め転生ッッッッッ!!!!!熱血武闘派高校生ワタルッッッッッ!!!!! ネタ枠3作品目は『ワタルッッッ!』ですね。 本当にタイトル通りの勢いで駆け抜ける作品になってるので、心が疲れた時に読むとクスッと来ると思います。 これも書籍化されたと聞いてビビってます。 魔法? そんなことより筋肉だ! ネタ枠4作品目は『そんなことより筋肉だ!』ですね。 なんとなく流れから分かってきたかもしれませんが、私はこういう頭が悪いお話が大好きです。 この作品もほとんどタイトルの通りで、筋肉を鍛えぬいた主人公が強者を求めて世界を旅するという話です。 ただこの作品は意外としっかり物語が進行していくので、ワタルッッッ!よりはお話としても読めます。 何故かこの作品も書籍化、コミカライズされてます。 コミカライズ版はを読んでいた童心を思い出させてくれるので少しおススメです。 というわけで如何だったでしょうか。 少しでも興味を惹かれるなろう小説が見つかったのなら幸いです。 まだまだ好きな作品はあるのですが、疲れたので今回はこれぐらいで! saijunior2002.

次の