ソイプロテイン。 ソイプロテインの効果とは。飲むと太るって本当?

【徹底比較】ソイプロテインのおすすめランキングTOP15

ソイプロテイン

ソイプロテインは、大豆のタンパク質を抽出したプロテインです。 一般的なホエイプロテインが牛乳から抽出されているのに対し、植物性タンパク質である大豆から抽出したプロテインのメリットとは? その効果を活かすために、最適な飲むタイミング、それを活かしたダイエットへの効果についてご紹介します! ソイプロテインのメリットとは ソイプロテインとは、植物性タンパク質である大豆のタンパク質を抽出したプロテインのこと。 一般的なホエイプロテインは、動物性タンパク質である牛乳から抽出されています。 同じ「タンパク質」であっても、その中に含まれるアミノ酸の比率には違いがあります。 ホエイプロテインには筋肉の発達に重要とされる BCAAが多く含まれており、ハードな筋トレによって筋肥大を目指すトレーニーに好まれています。 また、ホエイプロテインには 「消化吸収が早い」というメリットも。 牛乳から消化しやすいタンパク質だけを抽出したものですから、飲んだらすぐに消化吸収されることがホエイプロテインの特徴。 このため、トレーニングによって筋繊維が損傷し、それを修復するための栄養を欲しているタイミングで飲むことで、筋肥大に効果を発揮すると考えられています。 では、植物性タンパク質であるソイプロテインのメリットとは何でしょうか? グルタミン・アルギニンが多い 筋発達に不可欠なBCAAの含有量はホエイプロテインの方が多い代わりに、ソイプロテインには疲労回復に有効な グルタミン、血管を拡張する効果のある アルギニンが多く含まれています。 疲労回復はトレーニーにとって非常に重要なテーマであり、それを促してくれるグルタミンが多いことは注目ポイント さらに、血管を拡張して全身の血流を増やすアルギニンは、質の高いトレーニングをするためには欠かせない栄養素です。 イソフラボンが豊富 ソイプロテインのメリットの一つが、大豆に多く含まれる イソフラボンをとれることです。 イソフラボンは女性ホルモンをサポートする効果が有名ですが、正確に言うと構造が女性ホルモンに似ているため、同じように働くことが出来るのです。 ホルモンとは、各細胞に含まれる受容体に結合することで効果を発揮しますが、イソフラボンは女性ホルモンと構造が似ているために女性ホルモンの受容体に結合できます。 特に女性はホルモンバランスが乱れやすいために、イソフラボンを多く摂取することで女性ホルモンの減少による身体の不具合を予防する効果が期待できます。 女性ホルモンが減少すると、更年期障害を引き起こしたり、お肌のハリが無くなったりと女性にとっては無視できない症状が起き、これを予防する効果がソイプロテインの宣伝文句になっています。 なお、 「男性がイソフラボンを摂りすぎると男性ホルモンの分泌を阻害し、筋発達に悪影響がある」とする意見もありますが、実際にはほとんど無視していいレベルだと言われています。 そんな事を言ったら、昔から納豆を食べてきた日本人はみんな女性化しているのか?って話になってしまいますよね。 女性ホルモンは女性の筋肉を発達させる 長い間、筋肉を力強く発達させるのは、男性ホルモンの役割だと考えられてきました。 男性ホルモンは、9割以上が男性の睾丸から分泌され、残りの1割は腎臓から分泌されます。 このため、女性は男性の1割程度しか男性ホルモンが分泌されないので、筋発達には極めて不利なのです。 しかし近年の研究で、女性の筋発達には女性ホルモンも深く関わっていることが明らかになってきました。 筋肉や骨を発達させるためにも、女性ホルモンの安定的な分泌が重要であることがいくつもの研究で発表されています。 従来言われていた「筋肉の発達には女性ホルモンはマイナス」という説は否定されてきています。 ただ、イソフラボンがどれくらい筋発達に効果的なのかは、まだまだエビデンス不足と言わざるを得ず、今後の研究が待たれるところです。 これによって血中中性脂肪や内臓脂肪の減少には、有効であると言われています。 理由は、納豆菌が増殖するために大豆のタンパク質を食べてしまうから。 消化吸収が遅い ソイプロテインは、ホエイプロテインに比べて消化吸収に時間がかかります。 これは、デメリットであると同時にメリットにもなります。 「消化吸収が早い」という事は 「すぐに無くなってしまう」ということ。 逆に 「消化吸収が遅い」という事は 「長時間に渡ってゆっくり栄養を供給し続ける」という事でもあります。 食べたものの栄養素は食べた瞬間に吸収されるのではなく、消化器の中でゆっくり消化されながら少しづつ吸収されていきます。 胃腸の中に留まっている時間が長いということは、それだけ長い時間に渡ってゆっくり少しづつ栄養を供給し続けてくれるということ。 これは、長時間食事を取れない時に栄養不足に陥ることを防いでくれる事になるのです。 ソイプロテインの最適な飲むタイミングとは 上記の特徴を踏まえて、ソイプロテインの最適な飲むタイミングは 「寝る前」です。 筋肉の合成にしろ脂肪の分解にしろ、人間の身体が一番変わるのは睡眠中です。 脂肪を分解して筋肉を合成するには、睡眠中に栄養不足になってはいけないのです。 栄養不足の状態では、身体は筋肉の合成を抑えて脂肪を蓄えようとします。 これを防ぐためには就寝前の栄養補給が重要なのです。 しかし、当然ながら寝る前にたくさん食べれば太りますし、ダイエットの観点からすると寝る前の食事は憚られますよね。 また、睡眠中は消化器の活動も低下しますから、胃腸の中に食べ物が残っている状態で寝ると消化不良を起こしやすくなります。 そもそも、満腹感がある状態では中々寝付けませんよね。 だから、 出来る限りカロリーを抑えてタンパク質を効率よく摂取できるソイプロテインは、就寝前に飲むのに一番適しているのです。 この時、できれば水ではなくお湯やホットミルクでソイプロテインを溶かして飲むと、身体にもリラックス効果があり、スムーズに入眠できます。 プロテインは液体ですから固形物として胃腸に残ることもなく、睡眠を妨げることもありません。 そして、寝ている間にゆっくりと消化吸収されて、睡眠中にもタンパク質が供給され、身体は筋肉の合成と脂肪の分解を進めることが出来るのです。 トレーニング後にはしっかり食事を トレーニングを終えた直後には、筋繊維が損傷し、体内の糖質も大量に消費されていますから、身体が栄養を欲している状態です。 このタイミングで吸収の早いホエイプロテインを飲むことには意味がありますが、ソイプロテインに関して急いで飲む必要はありません。 むしろ、運動後に必要な栄養はタンパク質だけではありませんので、トレーニングを終えた後には出来るだけ普通の食事を摂るようにしたいところ。 タンパク質だけでなく、運動によって消費された糖質も補給しなくては、健康な体作りは出来ません。 糖質=炭水化物というと太るイメージがありますが、運動によって消費された分を補給するだけでなら太ることはありませんし、むしろ補給しないと回復が追いつかずに運動を続けられなくなります。 上述の通り、身体は寝ている間に1番変わるのであり、その時に栄養不足になっていると変化に悪影響があります。 運動してから何も食べずに寝るのはNGです。 「運動してから寝るまでの間」には、可能な限り食事を摂るようにしたいですね。 女性におすすめのソイプロテイン とにかく筋肥大を目指す男性にはホエイプロテインが人気ですが、女性がダイエットに活かすにはソイプロテインの方がメリットがあります。 この分野では今まで 「SAVAS シェイプ&ビューティ」が圧倒的な人気を持っていました。 このパッケージ、一度は見たことありますよね。 もうひとつ、今人気が急上昇しているのが 「ジェシカズフォーミュラ」 ネット通販が主なので、店頭で見かけること中々ありませんが、物凄く売れている商品です。 ジェシカズフォーミュラはSAVASに対して成分やコスパはどうなのでしょうか? 両者を比較してみましょう。 商品名 ジェシカズフォーミュラ スリム&ビューティ 内容量価格 300g(25食) 3564円 210g(15食) 1200円 1杯あたりの価格 142. 56円 80円 タンパク含量 56% 54. 5% 1杯のカロリー 36. 9kcal 51kcal 1杯のタンパク質 6. 7g 7. 2g 1杯の脂質 0. 1g 0. 3g 1杯の炭水化物 4. 0g 4. 8g 1杯の糖質 0. 3g 不明 生産体制 医薬品安全基準検査クリアの国内工場 不明 ザバスは安いがダイエット目的ならジェシカズフォーミュラ? ジェシカズフォーミュラとザバスを比較してみると、1杯あたりの価格はザバスの方がかなり安くなります。 この辺は、さすがに大手の力という事でしょう。 ただし、その成分を詳しく見てみると、1杯あたりのタンパク質量はザバスの方が僅かに多いもの、それ以外の脂質や炭水化物についてもザバスの方が多くなっています。 この結果、 1杯あたりのカロリーはザバスの方が 14kcal以上も高くなっています。 たかが14kcal、されど14kcal ソイプロテインは日中の小腹がすいた時、そして就寝前の一日二杯飲んだとして、 一日で30kcal近い差になります。 わずかな差ではあれど、続けていれば大きな差になるかも知れません。 また、炭水化物とは糖質と食物繊維が結合したものですが、ジェシカズフォーミュラは糖質がわずか0.7gで、残りの3.3gは食物繊維です。 ザバスの方は炭水化物の内訳はわかりませんでした。 それと、ジェシカズフォーミュラは医薬品安全基準クリア済みの国内工場で生産している安全性をアピールしていますが、ザバスの方は表記が無かったのでわかりません。 このあたり、気になる人は気になるかも知れませんね。 この事から、ジェシカズフォーミュラは 「カロリーを抑えながらもしっかり運動して綺麗に絞りたい!」という用途に向いているようです! ジェシカズフォーミュラ お味の方は? 私はジェシカズフォーミュラとザバス両方飲んだことがあります。 率直な感想としては、ジェシカズフォーミュラの方がはるかに美味しいです。 それと、ソイプロテインにしてはかなり溶けやすいです。 ザバスも不味いわけではありません。 ただし、ソイプロテインであるがゆえに溶けにくく、かなりシャカシャカしてもダマになりやすいのがイタダケナイ その点、 ジェシカズフォーミュラはソイプロテインにしては驚くほど溶けやすいですね。 味はアサイーベリーで味付けしてあるので、ベリー系のスムージーのような味です。 プロテインぽくないので、飲みやすいと思います。 完全に主観になりましたが、参考になれば幸いです。 出典:.

次の

ソイプロテインの効果とは。飲むと太るって本当?

ソイプロテイン

そもそも「プロテイン」とは、「たんぱく質」のことで、たんぱく質を効率よく摂取できるように加工されたサプリメントです。 プロテインにはいくつかの種類があります。 代表的なものとしてはホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテインが挙げられますが、その中でもソイプロテインはダイエットに効果的なプロテインといえます。 最近では飲むタイプのものだけでなく、CMなどでも宣伝されているような大豆を使ったプロテインバーも、ダイエットのための健康食品として多く発売されていますね。 プロテインを発売している各メーカーが、ウエイトダウンという商品名でソイプロテインを発売していることからも、ソイプロテインがダイエットに効果的であることがわかります。 ソイプロテインがダイエットに効果的なのは、植物性たんぱく質であるということが関係しているのですが、この植物性たんぱく質と動物性たんぱく質にはどのような違いがあるのでしょうか。 動物性たんぱく質と植物性たんぱく質は、構成されているアミノ酸に違いがあります。 たんぱく質はアミノ酸が集まってできたものです。 たんぱく質が分解されるとアミノ酸になるのです。 動物性たんぱく質は人体で合成できない必須アミノ酸のすべてがバランスよく含まれていますが、植物性たんぱく質はいくつかの必須アミノ酸が含まれていなかったり含まれている量が少なかったりします。 必須アミノ酸は一つでも不足している場合、一番低い部分に合わせて働きが制限されるという特徴があります。 一つの必須アミノ酸量が少なければ、他の必須アミノ酸がどんなに多く摂取できていても使うことができないのです。 この考え方を「アミノ酸の桶の理論」といいます。 動物性たんぱく質は必須アミノ酸バランスが良いことで効率よくカラダづくりに使われるため、完全たんぱく質とも呼ばれています。 動物性たんぱく質は体内の吸収率も高く、カラダづくりに使われやすいという特徴があります。 ただし、脂質を含むものも多く、摂りすぎは体脂肪の蓄積や生活習慣病につながる可能性があります。 植物性たんぱく質は、単一の食品からではアミノ酸のバランスが悪く効率よくカラダづくりに作られません。 複数の食品を摂ることによって、お互いのアミノ酸を補う必要があるのです。 そんな アミノ酸の不足がある植物性たんぱく質の中で、大豆は動物性たんぱく質同様、完全たんぱく質の食品なのです。 また、植物性たんぱく質は、脂質が少なくヘルシーな食品としてカラダづくりに効果を発揮します。 そのため、この大豆を使ったソイプロテインにはダイエット効果があるのです。 プロテインの役割は、たんぱく質の摂取量を増やすことです。 これはソイプロテインだけでなく、ホエイプロテインやカゼインプロテインの役割も同じです。 筋肉づくりを行う場合、普段の食事だけで摂る分よりも、さらに多くのたんぱく質量を摂取する必要があります。 たんぱく質を多く摂取することで、カラダの組織を構成するために消費される分だけでなく、 筋肉を成長させるために必要なたんぱく質も確保することができるからです。 ダイエット目的の場合は、筋肉量の低下を防ぐために、たんぱく質を多く摂取しなければなりません。 体重が落ちたはいいものの、その多くが筋肉だったということは少なくありません。 筋肉量を維持したり増やすためにはたんぱく質が必要で、効率よくたんぱく質を摂取するためにプロテインが活用されるのです。 ブランド名:Kentai(ケンタイ) 商品名:プロテインスーパータブ プロフェッショナルタイプ スポーツサプリメントのメーカーとしてパイオニア的存在の [健康体力研究所] が展開するプロテインです。 このプロテインは、パウダータイプではなくタブレットで摂取するタイプのソイプロテインです。 たんぱく質含有率は80%と高く、運動によって失われやすいビタミンやミネラルも配合されています。 一度に多くのたんぱく質を摂取するのであれば、パウダータイプの方が効率は良いですが、タブレットはバータイプ同様、持ち運びや摂取するのが簡単です。 こまめに摂取したい人や、出張などが多く家以外で過ごすことが多い人にオススメなプロテインです。 ソイプロテインには、他の動物性たんぱく質のプロテインにはない良い効果があります。 それは大豆に含まれているイソフラボンによる効果です。 このイソフラボンは女性にとって大きなサポート役を果たしてくれるのです。 イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをしてくれる栄養素です。 大豆で作られたソイプロテインを摂取することで、イソフラボンを多く摂取することができます。 女性ホルモンは年齢とともに分泌量が減少していきます。 分泌量が少なくなると、肌や髪のトラブルなどの美容面や、疲れやすさやカラダのだるさ、生理不順や更年期障害などの体調面、やる気が出なくなるなどのメンタル面での様々な症状を引き起こします。 特にダイエット志向が強く痩せすぎの女性や、ダイエット中で食事制限をしている女性は、栄養バランスが崩れ女性ホルモンの分泌が少なくなる傾向にあります。 ソイプロテインを使いイソフラボンを摂取することで、女性ホルモンの働きを助け、カラダのトラブルの解消につながります。 もちろん筋肉の維持・向上にも効果的なので、ダイエット中の女性にとってソイプロテインは力強い味方なのです。 体重を落とす目的でプロテインを活用する場合は、ソイプロテインが効果的です。 ソイプロテインは体内への吸収速度が遅い事や食物繊維が豊富に含まれていることから腹持ちが良く、空腹感を感じにくくなります。 腹持ちが良くなることで余計な摂取カロリーを増やすことを防ぎ、結果的にダイエットに繋がります。 また、大豆に含まれているイソフラボンがもたらす効果の一つとして、甲状腺の機能を活性化させ全身の代謝を高めることにより、他のプロテインに比べ体脂肪が落ちやすくなるという実験データの報告もあります。 ダイエットに使う場合は、普段の食事量を少なくする代わりにソイプロテインを追加して飲むようにするとよいでしょう。 また、間食の代わりとしても適しています。 通常のたんぱく質摂取目安は体重1kgあたり1gといわれていますが、 運動をしていたりカラダづくりを積極的に行っている人が筋肉をつけるためには体重1kgあたり2g以上のたんぱく質を摂取することが推奨されています。 例えば体重が60kgであれば120g以上のたんぱく質を1日で摂取する必要があるわけです。 実はこのたんぱく質量を普段の食事だけで摂取するには、多くの食事が必要となります。 食事だけで摂取しようとすると、たんぱく質だけでなく糖質や脂質も多く摂取することに繋がってしまい、結果的に筋肉だけでなく体脂肪を増やすことになってしまう場合があります。 プロテインの効果を高める摂取タイミングはいくつかあります。 その中で欠かさずに摂取したいタイミングは、「トレーニング後」と「就寝前」です。 実は、この二つのタイミングには、それぞれ適しているプロテインの種類が異なります。 ソイプロテインの効果的な摂取タイミングは、「就寝前」です。 就寝中は成長ホルモンの分泌が多くなり筋肉を成長させるために重要な時間なのですが、就寝中は食事をすることができずたんぱく質を補給することができません。 そのため、就寝前にゆっくりと体内に吸収されるソイプロテインを摂取することで、就寝中の筋肉づくりを効果的に行うことができるのです。 効果を最大限高めるためにプロテインの種類を使い分けるのであれば、トレーニング後はホエイプロテイン、就寝前はソイプロテインがオススメですが、ソイプロテインだけを摂取するのであれば、目標とする摂取量を補うためにもトレーニング後と就寝前両方とも摂取するようにしましょう。 また、 ソイプロテインは朝食事に飲むのも効果的とされています。 空腹感を抑えることができ、余計な間食を防ぐことができるからです。 目標摂取量を満たすためには、朝・トレーニング後・就寝前に摂取するとよいでしょう。 牛乳から作られているプロテインを使用する場合、牛乳成分に含まれている乳糖によってお腹の調子を崩す人がいます。 その症状を乳糖不耐症といいます。 ホエイプロテイン商品の中には、乳糖不耐症の人でも飲めるように様々な製法によって乳糖を最大限に減らした商品もありますが、それでもお腹の不調を訴える人は少なくありません。 そんな人にとってソイプロテインはオススメできます。 大豆から作られるソイプロテインには乳糖は全く含まれないからです。 どんなに吸収が早く、筋肉づくりに効果的といわれているホエイプロテインでも、しっかり体内に吸収され使われなければ効果は低くなってしまいます。 乳糖不耐症の人はソイプロテインの活用を検討してみましょう。

次の

筋トレにソイプロテインを選ぶべき理由【効果・効能・メリット】│TheHealthyLife

ソイプロテイン

MEMOソイプロテインは筋肉への栄養補給を助けるだけでなく、美容と健康を助ける効果があります。 特にダイエット効果を期待するならソイプロテインがおすすめ。 中性脂肪・血中コレステロール値の低下を助けてくれます。 大豆イソフラボンには代謝や脂肪燃焼効果もあるため、代謝がアップして痩せやすい体に。 さらに女性に嬉しいのが肌代謝の働きです。 ターンオーバーを助けるので美肌効果もあります。 加えて肌老化の原因となる活性酵素を抑えるので、アンチエイジング効果も期待できます! おすすめソイプロテイン7選を比較 たんぱく質含有量が多く、口コミや評判からおすすめのソイプロテインを紹介します。 モデルのマギーさんも実際に愛用されている効果抜群の人気のソイプロテインです。 味もきなこ味と抹茶味でプロテインを初めて飲む人にも飲みやすくて継続しやすいです。 置き換えダイエットで多くの女性に愛用されている商品です。 1回あたり99円なので普通にご飯を食べるよりも節約になります。 ダイエットやボディメイクをしたい人はCRASのソイプロテインで置き換えおすすめです。 マイプロテインは世界110ヶ国以上で販売している、人気のスポーツ栄養ブランドです。 様々な割引によって価格が安いのも人気の理由ですね。 さらに無駄な成分がほとんど入っていません!純粋にたんぱく質を多く摂取したい場合におすすめです。 実はソイプロテインも販売しています。 たんぱく質以外に7種のビタミンB群、ビタミンCを配合!ビタミンを同時に摂取したい女性におすすめです。 「ザバス ウェイトダウン」も大豆のプロテインを使っています。 違いは減量時に不足しやすい「11種のビタミン」と、汗で失われるカルシウムやマグネシウム、鉄などがウェイトダウンタイプには入っています。 自分の求めるタイプに合わせて選んでみましょう。 Kentaiパワープロテイン ソイプロテインの効果的な飲み方も知っておきましょう。 ソイプロテインを飲むタイミング 運動後 筋肉をつけるなら運動直後!30分以内に飲むと筋肉量を増やす手助けになります。 寝る前 就寝中に失われるたんぱく質を補えます。 運動した日のみでもOKです。 朝食 ダイエットで腹持ちを良くしたい人、朝からたんぱく質を摂る時間が無い人におすすめ。 筋トレや運動をしている場合は、運動前ではなく「運動直後」に飲むのが最も効果的な飲み方です。 また、たんぱく質を合成する成長ホルモンは夜に失われます。 さらに朝食時にもソイプロテインはぴったり!ヨーグルとや豆乳と混ぜれば朝食代わりにもなります。 また、ソイプロテインの特徴として「ホットでも飲める」というメリットもあります。

次の