ミニ pc。 advertising.socialvibe.com:割引価格で1万円台!世界最小クラスのミニPC「LarkBox」5月下旬にクラウドファンディング開始

超小型デスクトップPC、「ミニPC(コンパクトPC)」の特徴や選び方

ミニ pc

Jumper EZBox i3 第5世代と旧世代となりますが、Gemini LakeやApollo Lakeよりもサクサクと動作する Core i3-5005Uを搭載することが最大のポイント。 例えば、ミニPCでの搭載事例の多い Gemini Lake N4100と比較すると、劇的な差ではないものの、Webサイト閲覧時のサイトや画像の表示がワンテンポ速く感じます。 旧世代のCPUであるために安価で販売されており、メモリ 8GBであるものの、SSDは128GBと控えめ。 ただし、240GBのSSDは4,000円前後で購入でき、以下などのフリーソフトの利用で、簡単にOSをコピーできます。 BMAX B2 Plus Gemini Lake N4100相当のCeleron J4115を搭載し、Webサイト閲覧や在宅勤務で利用する軽めのオフィスソフト(データ量の極端に多いエクセルやアクセス以外)ならサクサクと動作します。 実機を確認して判明したことは、異様に静かなことに、Windows 10 Proを搭載していること。 さらには、おまけ程度と思っていたビルトインスピーカーは意外にもしっかりとした音質であること。 ボディはプラスチック製ながらも、その塗装により質感も高く(天板のロゴが大きいですが)なっています。 また、SSDはデフォルトのSATA接続以外に、より高速なPCIe SSDに対応しており、M. 2 SSDの空きスロット、2. 5インチ SSDのポートもあり、合計3台のSSDを搭載できることも大きな特徴。 価格的には Banggoodでより安く購入できます。 Banggoodでは、クーポン「BGJPMN610」の利用により 175. と比較すると、かなり安くなっています(Amazonが割高なのですが)。 上にあるのが M. 2 SSDの空きスロット。 下の白い端子は、2. 5インチ SSDの接続先ですが、ケーブルは付属しないため、また特殊なケーブルとも思われ、適合するものを照会中。 Amazonで販売していないミニPCも含めて、 私の評価のトップ3に入る製品がこちらのBMAX B4 Pro。 上記のBMAX B2 Plusがエントリー機の位置づけなのに対して、こちらのB4 ProはミニPCとしては、ミドルレンジからハイエンド。 CPUは第8世代のCore i3-8145U、メモリ 8GB、SSDはNVME対応の256GB(ヒートシンク付き)、さらにはWindows 10 Proを搭載しています。 その普段使いでのレスポンスは上位のCore i7-8565Uと遜色なく、かなりサクサクと動作します。 また、Amazonの製品紹介に「静音」とあり、「静音」をアピールする製品にはそうでもないものが存在するなか、当製品は負荷をかけた場合にも静かです(ファンレスではありません)。 Banggoodでの販売価格は、クーポン「BGJPBX4P」の利用により 349. さらには ファンレス仕様です。 PCIe SSDはSATA SSDと比較し劇的な速度向上はないのですが、それでもWindows 10の起動や終了などで、SATAとの相違を体感できます。 さらには、リセットホールもあり、まさかのフリーズの際にも安心。 拡張性や造り込みに自信がないと、内部の構成を見せることは少ないために好感が持てます。 5インチのSSD、2280サイズのM. 2 SSDも増設可能です。 Beelink Gemini X45 日本では認知度が高くはないBeelinkですが、海外では多くのミニPCやTV Boxを販売しています。 私は3台のBeelinkのミニPCを所有していますが、いづれも、CPUファンやマザーボードの取付など、他のミニPC以上にボディ内部の造り込みがしっかりしているのが大きな特徴。 こちらのBeelink Gemini X45は、Gemini Lake N4100と同水準のJ4105を搭載。 サクサクと動作し、メモリ8GB、ストレージは128GB SSDの構成。 11cm角のボディは、ミニPCのなかでも特にコンパクトなボディとなり、CPUファンを装備しながらもファンレスなみの静けさも特徴です。 SSD 256GBで約 22,000円。 もちろん、Windows 10 プレインストールです。 MINIX NEO N42C-4 MINIX NEO N42C-4を当サイトで紹介するのは初めてのため、上記のミニPCよりも詳細に記載します。 Amazonで販売のモデルは以下の構成となっています。 Windows 10 Pro搭載であることも含め、コスパの高いモデルです。 CPU : Pentium N4200 Apollo Lake、4コア 4スレッド)• GPU : インテル HDグラフィックス 505• メモリ : 4GB、 ユーザーにて増設可能• ストレージ : 32GB eMMC、 増設・換装用のM. 2 SSD 2280サイズ) 128GBが付属。 ポート類 : USB Type-C、USB 3. 0 x 3、HDMI、Mini DP、有線LAN• OS : Windows 10 Pro• 私はPentium N4200の使用経験がないのですが、スコアから想定すると、Webサイト閲覧や、余程 重くはないオフィスソフトでは「遅い」と感じることのない水準です。 Amazonでは割高感があるために、今回の記事の主旨には合いませんが、ここでおすすめしたいのが Banggoodで展開の第8世代のCore i7-8265Uを搭載するベアボーン。 Amazonで販売のモデルのSSDはSATA接続ですが、本製品はより高速に動作するPCIe NVMe 対応)のSSDに対応しているため、PCIe SSDを搭載することにより、Core i7-8265Uと相まって快適仕様となります。 ベアボーンであり、メモリ、SSD、OSを別途用意する必要がありますが、メモリ 8GB、PCIe SSD 256GB、Windows 10 Proを合計しても1万円ちょっとの追加出費で可能です。 クーポン「BGAPRNV」の利用により 289. 99ドル。 クーポン「BGAPRS」の利用により 385. 99ドル。

次の

大きなPCの時代は終わった!超小型PCのメリット・デメリット

ミニ pc

関連記事: 移動がラク 意外と見落としがちなメリットです。 部屋の模様替え、引っ越しでの移動がラクなのはもちろん、故障した際に修理に出すのもラクです。 サイズはもちろん、重量も平均1Kg台ですから子供でも持ち歩けます。 修理などにそなえてPCの外箱を保管している人もいると思いますが、外箱も小さいので邪魔になりません。 機種によっては低消費電力 一部の機種はノートPCやディスプレイ一体型PCで使われる低電圧のCPUを採用しています。 CPUの型番の末尾に「HQ」や「U」と付くものがそうです。 低電圧版のCPUは消費電力が少ないため、省エネ性が高いです。 その分処理能力は落ちますが、ネットサーフィンなど一般的な使い方であれば問題無いでしょう。 の消費電力 たったの4. 3W!(アイドリング時) 関連記事: 意外なデメリットとは 続いて、見落としがちなデメリットを紹介します。 大きなデスクトップPCの方が安い 通常サイズのデスクトップPCと比べてやや割高になります。 持ち運べるほどではない 「超小型」と言っても、日常的に持ち歩くには適していません。 本体重量は平均的に1Kg以上ある上、使うにはモニターやキーボード、マウスも必要になります。 それならノートPCやタブレットを持ち歩く方がスマートでしょう。 何らかの事情でPC本体だけを持ち歩きたい場合は、「スティックPC」という選択肢をおすすめします。 ポケットに入るサイズで、本体も100g以下です。

次の

「KODLIX GK45」と2万円ミニPCを徹底 比較!

ミニ pc

こんな人におすすめ! 『キューブ型とか、とにかく小型のPCがほしい!』 だけど 『組み立てが不安。 でも好きなパーツを使いたい!』 という人に特におすすめです! 多くのベアボーンキットでは、マザーボードや電源は設置済み、さらにスイッチやフロントパネルなどの内部ケーブルも接続済みのため、ユーザーはCPU・メモリ・HDDなど、自分で用意したパーツを設置するだけ。 自作経験のない人でも比較的簡単に組み立てることができます。 またCPU・メモリ・HDDなど、大きさが標準化されているものについては、通常の自作パソコンと同じく選択の自由度が高いことも魅力の一つ。 予算や用途に合わせてこだわりのパーツを選択できる楽しみがあります! 注意点 小さくて人気のベアボーンですが、そのサイズゆえに注意が必要な点も少しあります。 一通りチェックしておきましょう。 拡張性・拡張パーツに制限あり 小型のPCにいえることですが、省スペース化を実現するためある程度の拡張性を犠牲にしています。 またPCI Expressなど、拡張カードを増設するスロットがあっても、幅の小さいサイズ(ロープロファイル)に限定される場合があり注意が必要です。 電源容量は控えめ ベアボーンキットの場合、多くが専用に設計された省スペース電源を使用しています。 このため電源容量も控えめなものが多く、また一般に普及しているATX電源への交換もサイズの問題でできません。 このためあとからパーツを増設する際には、消費電力を考慮にいれたパーツ選びが必要です。 などなど。 今後の使用予定を頭に入れつつ、ベアボーン選びをしましょう!.

次の