咲 ドラマ 感想。 『咲

新着感想一覧

咲 ドラマ 感想

吉井英美里(武井咲)は総合商社の帝都物産の新入社員。 実家の事業失敗が響き、アメリカでMBAを取る夢はあきらめざるを得なかったが、自分の能力を生かし帝都物産で役員を目指すという高い志と意欲をもって入社した。 だが、英美里は希望していた現場の繊維部門ではなく総務部に配属される。 会社が英美里に求めるのは若さと美しさだけ。 しっかり働きゆくゆくは役員になりたいという英美里の夢は、あっさり打ち砕かれてしまう。 一方で、ただ笑顔を見せるだけで頼みもしないのに男性社員からチヤホヤされる英美里は、あっという間に年上の女性社員の嫉妬の対象となってしまい、嫉妬の念は徐々に増大。 陰湿ないじめへと発展していく…。 素晴らしい出来のドラマだなんて言うつもりは有りませんが、 そんなに酷評されるものでもないと思います。 普通に面白かったです。 レビューを興味深く、面白く読ませて頂きましたが、 ひとつ気になったのは、脚本家の方を知ってはいますがくわしくは存じ上げません。 私は脚本の出来、不出来を論評するだけの見識、知識も持ち合わせていませんが、 実際にかなり出来が良くないとしても、 脚本に対する論評の域を超えているように感じられる、 個人に対する少し度の過ぎたと感じるコメントが有る事です。 ここは自由に感想を書ける所ですし、基本的には違反しない限りはそれに対してどうこう書くのはいけないと分かっていますが 匿名投稿を不特定の方達が読むこういう所ですので、 脚本家の方が少し気の毒に思いました。 ドラマも終わっていますので、場違いを承知で書かせて頂きました。 小説を論じるときには、作家の思想や背景を抜きにできないのと同じく、ドラマの脚本を論じるときに、脚本家のバックグラウンドについて触れるのは、ごく当たり前のことです。 私は、そういう立場から、脚本家のことも書いています。 他にもそういうコメントも多く、とても参考になりました。 単なる誹謗中傷は見受けられません(あれば削除されています)。 シニカルな書き方をしているものはあるかもしれませんが、それは一つの表現。 単にドラマを見て、自分はどう思ったか、好きか嫌いか、というのは感想ですが、レビューというのは、いろいろな観点から、多角的に論じます。 それによって、ドラマの全体像がだんだんはっきりしてくるのです。 このドラマも、いろいろなレビューが見られて、とても楽しいです。 反論ならともかく、さりげなく投稿に対する非難めいたコメントを忍び込ませることは、やめてください。 感想に対する感想はご法度のはずだし、まして人格とはまったく関係ない。 失礼です。 このドラマは、面白い面白くない以前に、クオリティやコンセプト、そして感情的な面でも、見るに堪えませんでした。 下劣なセリフや人に対する嘲笑、ゆがんだ考えが次々に垂れ流されて、不快の一言。 実社会で生きる身としては、その実社会の方が、はるかにまともに見えたほど。 現実は、あんなに醜く歪んでいないし、そこに生きる人間もはるかにまともです。 あんな調子では会社はすぐに破綻するし、その中の人間も社会的信用を失って失脚必至。 ドラマって、現実よりも理想的に描くか、現実とほぼ同等のリアリティをもって現実を指弾するかだと思っていましたが、現実よりも数段ひどい滅茶苦茶を見せられるとは。 それを演じさせられた役者さんたちも、気の毒という以外にありません。 星3つですが全然 悪くないと思います。 脚本が悪いとか、新入社員があんなことを言うなんて、と おっしゃる方もおられると思いますが、 間違ったことは言っていない、 まだまだ身の程知らずの若者、というところが いいのだと思います。 たとえ上司が間違っていても、自分が謝ればおさまること、 あると思います。 自分が謝って収まるのなら何度でも頭を下げる。 悪くない自分が謝ることで上司も悪いと思い、 それで信頼関係が出来ていく。 でも若いうちはそれがまだ分かりません。 正しいことは正しいと、そう思ってしまいます。 だからこそこんなセリフを言えるのは 入社1年目の英美里。そうやって成長していく。 そして武井さん、どんどんお芝居が上手くなっていきます。 この英美里の言い回しって難しいと思います。 だけどいい感じにキレていたと思います。 セリフも大変 気持ちいいですが 武井さんのお芝居の良さもあり余計にスカッとしました。.

次の

咲 saki 実写化ドラマ あらすじと感想 1話・2話・3話・4話・5話

咲 ドラマ 感想

見出し• 実写ドラマ『咲-Saki-』が面白いと感想が多い理由 1.主演の浜辺美波がかわいい&演技が上手い! このドラマの主人公・咲を演じる浜辺美波。 2015年のSPドラマ『あの花』や秋ドラマ『無痛』に出演して注目されるようになりました。 まだ16歳の高校生ですが、「浜辺美波が主演をつとめるワケ」がわかるほどの堂々とした演技。 滑舌が良くて聞き取りやすい澄んだ声、喜怒哀楽の表情、感情を込めた動の演技や相手との間をはかる静の演技など、他の出演者とは一線を画すほど演技が上手です。 RT 浜辺美波っていうのこの子。 無痛で初めて演技を見てからこの子の演技に引き込まれたので注目したい女優さん。 画面に登場するたびに思わず目が行ってしまう男子も多いのではないでしょうか。 ドラマ版の咲、ようやく見たんですけど、浜辺美波さんの美しさに改めて惹かれたし東宝シンデレラがよくやってくれてるなと驚き、そしてなんだかんだで廣田あいかさんの特徴的な声がフックになるし演技も良い感じで世間的な意味での出世作はこれになるのかなと思いつつ、ロボサンと舞台がここに活きてる — 足利義政 torqueEngine 咲の実写ドラマ、なかなか良かったわ!出会いのシーンがとても百合っぽくて 笑 キャラもみんな意外と忠実。 何よりも、浜辺美波ちゃんが可愛い。 超かわいい。 — リリィですわ 百合用 yurionna 2016年12月13日 2.わりと原作に忠実! 最近はアニメや小説を原作としたドラマや映画が本当に増えています。 実写化すること自体はよいのですが、あまりにも原作のストーリーからかけ離れていたり、原作の世界観が台なしになってしまうようなドラマは、原作ファンをがっかりさせることもあります。 その点、『咲-Saki-』は原作をリスペクトしているといえるでしょう。 各登場人物のビジュアルやキャラクター設定、ストーリー展開など、かなり原作に寄せた作りになっています。 とくにあの独特な雰囲気が再現されていますよね。 あのアニメ声は最高でした。 実写版咲、嫌な予感しかしてなかったけど、いざ始まってら、すっかりハマってしまったw タコス女の声で完全にやられた感じ。 原作ファンに高評価なのがわかる気がする。 これは、劇場版行くしかないなぁ。 実写版 同一人物です。 サイズ以外の再現度が高すぎる…。 — なすちる@お昼寝 naschil 原作キャラクターの再現度を高めるためのニクいキャスティング。 さすがに全部を再現するのは難しいですが、要所要所でこういう再現をしてくれると嬉しいですよね。 スポンサードリンク 3.ツッコミどころもあってドラマとして普通に面白い! 浜辺美波は素晴らしいし、原作に割りと寄せているのも高得点ですが、ちょいちょいツッコミどころがあるのも、このドラマの面白いところ。 予告動画から感じていましたが、とにかく制服のコスプレ感が満載で制服サイズが小さめでぱっつんぱっつん。 制服がコスプレっぽいのが面白いよね咲 — 咲-saki-実写版最高bot orikastar 咲-Saki-録画見た。 制服のコスプレ感すごい。 キャスト皆可愛いけど浜辺美波ちゃんが一段上で可愛いの恐ろしい。 ぁぃぁぃはハタ坊で正解なのかしら?麻雀分からんけど漫画調で面白いから録画継続 — りんごハムノイズ sqzringo ビジュアル的にも演出的にもツッコミどころもあり、普通にドラマとして面白いと感じている人も多いのではないでしょうか。 もはや普通におもしろいとしか言いようがないので、美少女コスプレ系が嫌いじゃない人は何とかして観たほうがいい。 ドラマと映画で完結する内容になっているはずなので、続きをぜひ劇場で観たいものですね。 こんな記事も読まれています.

次の

咲‐Saki‐の映画内容をネタバレ!公開日や出演者・感想まとめ

咲 ドラマ 感想

吉井英美里(武井咲)は総合商社の帝都物産の新入社員。 実家の事業失敗が響き、アメリカでMBAを取る夢はあきらめざるを得なかったが、自分の能力を生かし帝都物産で役員を目指すという高い志と意欲をもって入社した。 だが、英美里は希望していた現場の繊維部門ではなく総務部に配属される。 会社が英美里に求めるのは若さと美しさだけ。 しっかり働きゆくゆくは役員になりたいという英美里の夢は、あっさり打ち砕かれてしまう。 一方で、ただ笑顔を見せるだけで頼みもしないのに男性社員からチヤホヤされる英美里は、あっという間に年上の女性社員の嫉妬の対象となってしまい、嫉妬の念は徐々に増大。 陰湿ないじめへと発展していく…。 素晴らしい出来のドラマだなんて言うつもりは有りませんが、 そんなに酷評されるものでもないと思います。 普通に面白かったです。 レビューを興味深く、面白く読ませて頂きましたが、 ひとつ気になったのは、脚本家の方を知ってはいますがくわしくは存じ上げません。 私は脚本の出来、不出来を論評するだけの見識、知識も持ち合わせていませんが、 実際にかなり出来が良くないとしても、 脚本に対する論評の域を超えているように感じられる、 個人に対する少し度の過ぎたと感じるコメントが有る事です。 ここは自由に感想を書ける所ですし、基本的には違反しない限りはそれに対してどうこう書くのはいけないと分かっていますが 匿名投稿を不特定の方達が読むこういう所ですので、 脚本家の方が少し気の毒に思いました。 ドラマも終わっていますので、場違いを承知で書かせて頂きました。 小説を論じるときには、作家の思想や背景を抜きにできないのと同じく、ドラマの脚本を論じるときに、脚本家のバックグラウンドについて触れるのは、ごく当たり前のことです。 私は、そういう立場から、脚本家のことも書いています。 他にもそういうコメントも多く、とても参考になりました。 単なる誹謗中傷は見受けられません(あれば削除されています)。 シニカルな書き方をしているものはあるかもしれませんが、それは一つの表現。 単にドラマを見て、自分はどう思ったか、好きか嫌いか、というのは感想ですが、レビューというのは、いろいろな観点から、多角的に論じます。 それによって、ドラマの全体像がだんだんはっきりしてくるのです。 このドラマも、いろいろなレビューが見られて、とても楽しいです。 反論ならともかく、さりげなく投稿に対する非難めいたコメントを忍び込ませることは、やめてください。 感想に対する感想はご法度のはずだし、まして人格とはまったく関係ない。 失礼です。 このドラマは、面白い面白くない以前に、クオリティやコンセプト、そして感情的な面でも、見るに堪えませんでした。 下劣なセリフや人に対する嘲笑、ゆがんだ考えが次々に垂れ流されて、不快の一言。 実社会で生きる身としては、その実社会の方が、はるかにまともに見えたほど。 現実は、あんなに醜く歪んでいないし、そこに生きる人間もはるかにまともです。 あんな調子では会社はすぐに破綻するし、その中の人間も社会的信用を失って失脚必至。 ドラマって、現実よりも理想的に描くか、現実とほぼ同等のリアリティをもって現実を指弾するかだと思っていましたが、現実よりも数段ひどい滅茶苦茶を見せられるとは。 それを演じさせられた役者さんたちも、気の毒という以外にありません。 星3つですが全然 悪くないと思います。 脚本が悪いとか、新入社員があんなことを言うなんて、と おっしゃる方もおられると思いますが、 間違ったことは言っていない、 まだまだ身の程知らずの若者、というところが いいのだと思います。 たとえ上司が間違っていても、自分が謝ればおさまること、 あると思います。 自分が謝って収まるのなら何度でも頭を下げる。 悪くない自分が謝ることで上司も悪いと思い、 それで信頼関係が出来ていく。 でも若いうちはそれがまだ分かりません。 正しいことは正しいと、そう思ってしまいます。 だからこそこんなセリフを言えるのは 入社1年目の英美里。そうやって成長していく。 そして武井さん、どんどんお芝居が上手くなっていきます。 この英美里の言い回しって難しいと思います。 だけどいい感じにキレていたと思います。 セリフも大変 気持ちいいですが 武井さんのお芝居の良さもあり余計にスカッとしました。.

次の