この アクセサリ は 使用 できない 可能 性 が あります 充電。 アップル「このアクセサリは使用できない可能性があります」で訴えられる

iPhone「このアクセサリは使用できない可能性があります」の原因と対処方法まとめ

この アクセサリ は 使用 できない 可能 性 が あります 充電

iPhoneを充電しようとケーブルに接続したら 「このアクセサリは使用できない可能性があります」 というエラーメッセージが表示されたことはありませんか? いままでは普通に使えたにも関わらず突然表示されたり ケーブルを替えた途端に表示されるようになったりと 様々なケースがありますが、原因は一体何なのでしょうか。 今回は「このアクセサリは使用できない可能性があります」 と表示される原因とその解決策をご紹介します。 「このアクセサリは使用できない可能性があります」とは? 「このアクセサリは使用できない可能性があります」とは 主に充電ケーブルを接続した際に表示されるエラーメッセージです。 文言にバリエーションが存在するため上記のメッセージと 一言一句同じものが表示されるとは限りませんが、 「このアクセサリは使用できない」という趣旨のものであれば同じです。 このメッセージが表示される主な原因としては 正規品ではない充電ケーブルを使用していることが挙げられます。 Appleの正規品にはMade For iPhoneの略称である MFiという認証が与えられていますが、 100円ショップで売っているようなケーブルにはこれがありません。 このMFiがない製品を使用しているとiPhoneが正規品ではないと判断し、 「このアクセサリは使用できない可能性があります」という エラーメッセージを表示することが多いようです。 スポンサードリンク エラーメッセージが表示された際の解決策 ここからはエラーメッセージが表示された際の解決策をご紹介します。 正規品を使用していても表示されるケースがあるようなので そうした場合の解決策についても説明します。 ケーブルを接続し直してみる ケーブルの接続不良によりエラーメッセージが表示されることがあります。 この場合はケーブルが正規品であっても関係がないため ケーブルを挿し直してみましょう。 挿し直す際には端子部分や接続口にホコリなどが 付いていないか確認し汚れなどがあったら掃除してください。 掃除の際には綿棒や毛先の柔らかいブラシなど 傷がつかないように注意を払ってください。 正規品のケーブルを使用する 100円ショップなどで売っている正規品でないケーブルを使用していたら 正規品のケーブルに替えてみてください。 正規品のケーブルはそこそこ値段が張りますので 所持していない場合は親や友人に借りて試すことオススメします。 正規品のケーブルを使用しても症状が改善されないケースもあるので 新しく購入したにも関わらず意味がなかったという 残念な事態になる可能性もあります。 可能であれば先に正規品のケーブルでないことが原因であると 特定してから正規品を購入するようにしてください。 iPhoneを再起動する ケーブルそのものに原因があるわけではなくiPhone自体の 誤作動でエラーメッセージが表示される可能性もあります。 一度、ケーブルを外してからiPhoneを再起動し 接続し直すと症状が改善されるケースがあります。 ケーブルを替えても症状が改善されない場合は iPhoneの再起動を試してみてください。 iOSをアップデートする iOSのバージョンによってエラーが表示されるケースもあります。 iOSが古いバージョンの場合は 最新のものにアップデートしておきましょう。 Appleサポートに問い合わせる 解決策を試してもエラーメッセージが消えない場合は Appleサポートに症状を説明し、指示を仰ぎましょう。 私たちの手で改善できるレベルを超えた故障がiPhone自体に 発生している可能性もあるので必要なときは修理を頼んでください。 また、修理の際には保証がきくかどうかも確認しておきましょう。 スポンサードリンク.

次の

【iPhone】「このアクセサリは使用できない可能性があります」で充電できない時の対処方法

この アクセサリ は 使用 できない 可能 性 が あります 充電

ページコンテンツ• 最初のチェック項目 ケーブルが断線している 切れている 場合、テープなどで修理せず諦めて買い換えるようにして下さい。 つい先日セロハンテープで補修して使っていた海外の女子高校生が感電して死亡したケースがありました。 またApple認証 Mfi認証 を受けていないライトニングケーブルの場合、最初は使えていてもiPhoneが受け付けてくれなくなる事が多いです。 ケーブルを裏返して挿し直したりする事で一時的に使えるようになる事もありますが、頻繁に起こるようになりますのでMfi認証のケーブルのご使用をお勧めします。 ライトニングケーブルの洗浄 まず最初にライトニングケーブルの端子部分をチェックしてみて下さい。 虫眼鏡やカメラのマクロ撮影などで拡大してチェックしてみて下さい。 スプレー式の接点復活剤が主流になっています。 家電の調子悪い時、接点部をクリーニングするだけで復調する事が多いので一家に一本常備しておくと便利です。 この時に掃除するのは端子部分のみで良いのですが、根元や他の金属部分が汚れているとiPhoneg側のポート 端子 が汚れる原因になりますので一緒に清掃しておきましょう。 これで充電できなかったライトニングケーブルが復活していると思います。 この場合、細かいサンドペーパーで錆びを落とすのが基本ですが、私は削り過ぎが怖いので金属鏡面仕上げ用の定番「PiKAL」を使って時間を掛けて錆びを落としています。 iPhone側のライトニングポートの清掃 どのライトニングケーブルを使っても充電できない場合、iPhone側のライトニングポートが汚れている事が考えられます。 接点復活剤は液体なので故障の原因になります。 直接iPhoneのポート内に噴射しないで下さい。 最新のiPhoneは防水なので大丈夫だとは思いますが、拭き取り忘れなどでショートの危険もあります。 しかし実際には物理的な要因で充電できないケースがほとんどなので、何度再起動しても直らないものは直りません。 実は当ブログで「接点復活剤を使ったiPhoneのクリーニング記事」を書いたつもりでいました。 最近、この記事の内容を知人に教える必要がありましたが、ブログ内の記事を幾ら探してもしか見当たらず慌てて記事に起こしました。 数日前に知人達との会話の中で「最近のライトニングケーブルは寿命短いですよね?」と数人が訴えていました。 案の定、彼らのiPhoneポートを覗くと端子の色が見えない程に汚れている端末までありました。 モバイルバッテリーと一緒に持ち歩いているライトニングケーブルの端子が汚れていた人も居ました。 その後、彼らは接点復活剤で掃除をして、今では快適に充電できるようになったようです。 しかし彼らはここ数年でライトニングケーブルを大量に買い換えていたそうです。 ほとんどが使えるケーブルだったのだと思います。 もったいないですね。 接点復活剤はスマートホンのみならず、USBメモリやSDカードなどは端子を掃除すると 読み書きが高速化します。 端子の掃除は大切です。

次の

【iPhone】「このアクセサリは使用できない可能性があります」で充電できない時の対処方法

この アクセサリ は 使用 できない 可能 性 が あります 充電

「このアクセサリは利用できない可能性があります」エラーとは? iPhone、iPadにLightning(ライトニング)ケーブルを接続して充電しているときに「 このアクセサリは利用できない可能性があります 」 という警告が表示されることがあります。 Lightningケーブルを再度接続し直すことでエラーを解決できることもありますが、 充電できない・充電が遅いといった症状が出ることがあります。 警告が頻回に続く場合は以下の原因をチェックしてみましょう。 「このアクセサリは利用できない可能性があります」エラーの原因 「このアクセサリは利用できない可能性があります」の警告が出る理由として、以下の原因が考えられます。 エラーの原因• アクセサリが故障・破損している• アクセサリがApple認定品(MFi認定)ではない• アクセサリがiPhone・iPadでサポートされていない• iPhone・iPadのコネクタ(端子部分)が汚れている・破損している 以上の項目に該当する場合、以下の手順で問題の解決を試みます。 例えば「iPhone XS」では使用できても、「iPhone SE」では利用できないアクセサリが存在する可能性もあります。 他社製ケーブルは「MFi認証」取得済みか確認 また、Apple純正以外の他社製ケーブルを使用している場合、そのケーブルが「 MFi認証」を取得済みかどうかを確認します。 「MFi認証」とは、 Appleが定める性能基準を満たした認定製品であることを意味します。 アクセサリのパッケージに「MFi認証」 マークが入っているかチェックしてみましょう。 アクセサリに「MFi認証」がない場合、その製品は模造品か偽物の可能性があるため 「MFi認証」を取得しているアクセサリを使用します。 Apple純正ケーブルを使用しても警告が出ることがある 「iOS 12. 3」のリリース後、それ以前までは正常に使用できていた「MFi認証」取得済みの他社製Lightningケーブルが、「このアクセサリは利用できない可能性があります」の警告が出て使えなくなったのですが、Apple純正のLightningケーブルに交換することでエラーを解決することができました。 ちなみに「このアクセサリは利用できない可能性があります」の警告エラーは、Apple純正のケーブルを使用している時にも表示されることがありますので、上記の原因と対策を踏まえた上で、Apple純正ケーブルもしくは「MFi認証」取得済みの他社製ケーブルに交換すると問題が解決することがありますよ。 以上、iPhone、iPadを充電しているときに画面に「このアクセサリは利用できない可能性があります」 と警告画面が出た時の対処法をご紹介しました。

次の