ステーキ 肉 美味しい 焼き 方。 黒毛和牛 ステーキの焼き方|NHKうまいッ!

冷凍ステーキの美味しい焼き方。ガッテンで紹介、凍ったままでOK!

ステーキ 肉 美味しい 焼き 方

フライパンを温めずに、冷凍ステーキ肉を乗せる。 フライパンにフタをして、火にかける。 強火で2分ほど焼いていく。 フタを取り、肉をひっくり返してさらに中火で2分ほど焼く。 手順4の待ち時間は、レアがお好みなら3分、というように焼き加減のお好みに合わせて調節してくださいね。 冷凍したまま焼く場合は水分がかなり出ますが、むしろそれがポイントで、 逆に水分が全くなくなった状態で焼くのはNGです。 なので水分量が確認できるように、透明なフタを使うことをお勧めします。 また、火加減についてですが、焦げつけにくい「テフロン加工」のフライパンは強火では使用できないので、ご自宅のフライパンに合わせて調節して下さい。 冷凍したまま焼いた方が美味しい理由としては、その方が火の通りが全体に均等にいきわたりやすく、結果旨みを閉じ込めてジューシーに焼き上げることができるから、ということです。 自然解凍した場合は、表面が解凍されていても中の方はまだ凍っていたりするので火が均等に通らず、焼け具合にばらつきが生じてしまうのです。 ステーキ肉が冷凍やけしてしまったら? 「冷凍やけ」とは、長期間の冷凍保存により食品の水分が失われ、油分が酸化して旨みが損なわれてしまった状態を指します。 一度冷凍やけしてしまったお肉は、美味しさはかなり失われてしまっていますが、一応食べても問題はありません。 といってもステーキは素材、つまりお肉の味・品質自体が決め手のお料理ですから、一度冷凍やけして劣化してしまったお肉をステーキとして食べるのはお勧めできません。 カレーに入れても臭みをごまかせないと言われるほどです。 しかし、冷凍やけしてしまった部分が少ないなら、その部分だけ切り取れば美味しく食べられますので判断の目安にしてみて下さいね。 関連記事: 塩水で戻す方法も! 冷凍やけしてしまった部分が多く、切り取るのは難しいとう場合は塩水で戻すという方法もあります。

次の

ランプステーキの焼き方

ステーキ 肉 美味しい 焼き 方

みなさんにもせっかく奮発して買ってきたお肉を焼いたら、固くてパサパサしていたという経験があるはず。 実はこれ、焼く温度に問題があるんだそう。 調理科学の専門家・佐藤秀美さんによれば、 「1cm以上の厚さの牛肉を美味しく焼くポイントは、中心温度が65度以上にならないようにすること」にあるそうです。 同じ重さのお肉を中心温度が65度まであがらないようにして焼いたステーキと、75度以上になるように焼いたステーキとで重さを比較すると、75度以上で焼いたステーキは、65度で焼いたものよりも、12gも軽くなっていたという実験結果もあるぐらい。 実は、肉が軽くなったのは、肉汁が失われたのが原因。 肉は筋繊維がコラーゲンの膜で束ねられた構造。 コラーゲンは65度を超えると縮んで、筋繊維を締め付けるので肉汁が絞り出されます。 そのせいで肉が固くなるというのだからビックリです。 温度を図りながら焼けない家庭での対処法 65度を超えるとお肉が固くなるメカニズムがわかっていただけたと思います。 でも、家でステーキを焼くとき、いちいち温度を図るなんてできませんよね。 そんな場合どうしたらいいのか?ステーキの焼き方をリポートしつつ、ご紹介したいと思います。 それもへらで押したり、竹串で刺したりせず、自然に出てくる肉汁が目安になるそうです。 肉汁がうっすらと出てきたらステーキ肉をひっくり返すベストタイミング。 裏返してしばらく焼き、同じように肉汁が浮かび上がってきたらOK! この焼き方なら中心部分が65度を超えることはないそう。 よくステーキから出てくる血が苦手なんて声も聞きますが、実はステーキを焼いているときにでる赤い汁は、血ではなく、ミオグロビンという色素。 だからこそしっかり焼かなくても大丈夫なんだそうです。 薄切り肉のときも同じでいいの? でも、実際に使うのは、厚切りのステーキではなく、薄切りの肉のほうが多いですよね。 そんな薄切りの肉の場合も、同じように65度で焼いたほうがいいの?と疑問に思った方もいらっしゃるはず。 もちろん65度焼きにしたほうがいいのですが、薄い肉の場合は焼き色がつく間に、中心部が65度に達してしまうので、注意が必要なんだそう。 こんなときは、佐藤さんいわく「メイラード反応」を利用するといいそうです。 メイラード反応とは、アミノ酸と糖によって肉に香ばしい焼き色を付ける反応。 元々肉にはアミノ酸と糖が含まれています。 薄切り肉をそのまま焼いてしまうとメイラード反応ができたときには中心部が65度を超えてしまうのですが、これからお伝えするタレにつけ込んで焼けば、先に反応が起こるので、中心部が65度以上になりません。 つまり、焦げることなく、美味しくお肉が焼けるそうです。 簡単な組み合わせなので、ぜひ活用してみてくださいね。 目からウロコの情報がたっぷりでしたね。 でも、クックパッドにも、肉を柔らかくするアイディアが。

次の

【決定版】スーパーで買ったステーキ肉を自宅で完全なうまさで焼く方法【レシピ】

ステーキ 肉 美味しい 焼き 方

Sponsored Link 黒毛和牛 ステーキの焼き方 材料• 黒毛和牛モモ肉 180gほど(厚さ1~2センチ)• すましバター(バター100gを電子レンジ(500W)で2~3分かけた上澄みの部分) 適量• 塩 適量(厚さ1~2センチの場合は肉の重さの0.8%が目安)• こしょう 適量• グレイビーソースの材料• 酒 100ml• しょうゆ 大さじ2 黒毛和牛 ステーキの美味しい焼き方• すましバターを作る。 黒毛和牛モモ肉に塩、こしょうを3本の指を使い、30cmほどの高さからお肉に均一にふります。 塩の量は肉の重量の0.8%が目安です。 フライパンを熱し、すましバターを入れて黒毛和牛モモ肉を入れ肉を動かさずに中火で焼く。 黒毛和牛モモ肉の側面が8割白くなってきたら、裏返して色が変わる程度、約10秒ほど焼く。 サッと焼いたら お肉を取り出し食べやすい大きさにスライスする。 空いた、フライパンに日本酒 100mlを入れてアルコール分を飛ばし、しょうゆ 大さじ2を加え、グレイビーソースをつくる。 スライスしたお肉をお皿に盛り付け、できたグレイビーソースをお肉にかけて完成。 まとめ 家庭で最高においしくできちゃう、黒毛和牛ステーキの焼き方を教えてくれました。 100g 800円のお肉が高級お肉に変身するステーキの焼き方です。 是非この焼き方を参考に美味しいステーキを堪能してください。

次の