嘘 を 嘘 と 見抜ける 人 で なけれ ば インターネット を 使う の は 難しい。 「嘘を嘘だと見抜ける人でないと掲示板(=インターネット)を使うのは難しい」という言葉が、嘘だったりしませんか?

うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しいとは (ウソハウソデアルトミヌケルヒトデナイトケイジバンヲツカウノハムズカシイとは) [単語記事]

嘘 を 嘘 と 見抜ける 人 で なけれ ば インターネット を 使う の は 難しい

イー・ガーディアン株式会社の池田威一郎氏(アカウントリレーション部立川センター ソーシャルメディアチームリーダー ) 社会通念上、不適切な行為をTwitterで自慢する「バカッター」によってアカウントが炎上し、企業が対応に追われるといったことが多々発生してきた。 個人にとどまらず、企業公式のSNSアカウントが炎上する事例も多く、改めてネットリテラシーが問われる時代になっている。 この春から新社会人になる人たちへのアドバイスとして、SNSにおける炎上の傾向と対策に関して、セキュリティ企業であるイー・ガーディアン株式会社の池田威一郎氏(アカウントリレーション部立川センター ソーシャルメディアチームリーダー)に話を伺った。 過去と現在の炎上に関して傾向と対策をお伺いしたいと思います。 よろしくお願いします。 古くは2013年ごろでしょうか。 個人によるやらかしツイート、いわゆるバカッターと呼ばれる投稿が世間をにぎわせました。 宅配ピザ屋やコンビニ、飲食店での問題投稿で、店舗を閉鎖したところもありました。 ネットリテラシー教育を受けていない学生のアルバイトがおふざけで投稿したものが注目を浴びるというものが多いです。 最近ですと、就職内定先を明らかにしたうえで「はっちゃけたい」などとツイートした学生を研修担当者が特定し、Twitter上で「公開説教」をしたことが波紋を広げました。 第三者は見ることができない、グループ内のみ閲覧可能な投稿が世間に知られてしまうというケースがあります。 仲間内で嫌われた結果、晒されるという感じでしょう。 投稿に対しての注意事項は? 鍵付きアカウント(非公開設定)でも安心はできません。 「仲間内の投稿であっても世界中で見られる可能性がある」と思った方が良いでしょう。 また、何かのきっかけで過去の投稿が掘り起こされることもあります。 過去のやらかしに関しては消しておくのが無難です。 自分では判断しにくい、過去の精査をしている時間がなければアカウントを消して作り直すという方法もあります。 しかし、LINEやInstagramの書き込みや画像が別のSNSに転載されて炎上するケースがあります。 不祥事にならないように努めるのはもちろん、誤解を生む発言やテーマは避けるべきだ 一方、非があるとは言い切れない「炎上」に関してですが、調査してみるとおおむね72時間で話題から消え、拡散されなくなる傾向があります。 Twitter上ではいくつもの発言があるのでかき消されてしまうわけです。 ですから炎上の場合、早期に発見して消して謝罪するか、無視するかどちらかの対応を選択することになります。 中途半端な対応になると、その発言が「火に油を注ぐ」ことになり、長期化する可能性が出てきます。 この手の「ネタ」をまとめているウェブサイトやアカウントもありますし、さらに話題になると Twitterにトレンド入りしたり、Yahoo! ニュースのトピックになることも あります。 騒動が非常に大きくなると、「不買運動」などという直接的な被害も出てくるので注意が必要です。 アカウントの切り替え時にミスが発生しますから、同じ端末で両方のアカウントを使わないように心掛ければ、個人ツイートのつもりで公的なアカウントに載せることはないでしょう。 問題行動をした人を告発する動画や画像が投稿されて映像から氏名と所属企業が判明してしまい、企業がお詫びを出すことになった事例があります(注:このケースは会社役員で減給処分に加え、テレビニュースでも取り上げられた)。 さらに犯罪行為の告発の場合、晒し上げだと非難することが難しいケースもあります。 嘘は嘘であると見抜ける人でないと(SNSを使うのは)難しい あと、新型コロナウイルスに関しても「嘘情報とその拡散」に注意が必要です。 現在は削除されましたが、K-1ジム総本部のウェブサイトにも掲載され、批判が集まりました。 人に知らせるときに尾ひれがつくのもよくあるパターンですね。 嘘を信じてしまって周りに拡散すると、その人も加害者になる恐れがあるので吟味が必要でしょう。 懐かしいセリフですが「嘘は嘘であると見抜ける人でないと難しい」ということになります。 あと、バズったSNSアカウントはフォロワーが増えます。 フォロワー数稼ぎのための嘘もよくありますので、フォロワー数稼ぎや目立ちたがりの情報には注意した方が良いでしょう。

次の

「湖でオオメジロザメ捕獲」はデマ。フェイクニュースに公式機関が声明

嘘 を 嘘 と 見抜ける 人 で なけれ ば インターネット を 使う の は 難しい

イー・ガーディアン株式会社の池田威一郎氏(アカウントリレーション部立川センター ソーシャルメディアチームリーダー ) 社会通念上、不適切な行為をTwitterで自慢する「バカッター」によってアカウントが炎上し、企業が対応に追われるといったことが多々発生してきた。 個人にとどまらず、企業公式のSNSアカウントが炎上する事例も多く、改めてネットリテラシーが問われる時代になっている。 この春から新社会人になる人たちへのアドバイスとして、SNSにおける炎上の傾向と対策に関して、セキュリティ企業であるイー・ガーディアン株式会社の池田威一郎氏(アカウントリレーション部立川センター ソーシャルメディアチームリーダー)に話を伺った。 過去と現在の炎上に関して傾向と対策をお伺いしたいと思います。 よろしくお願いします。 古くは2013年ごろでしょうか。 個人によるやらかしツイート、いわゆるバカッターと呼ばれる投稿が世間をにぎわせました。 宅配ピザ屋やコンビニ、飲食店での問題投稿で、店舗を閉鎖したところもありました。 ネットリテラシー教育を受けていない学生のアルバイトがおふざけで投稿したものが注目を浴びるというものが多いです。 最近ですと、就職内定先を明らかにしたうえで「はっちゃけたい」などとツイートした学生を研修担当者が特定し、Twitter上で「公開説教」をしたことが波紋を広げました。 第三者は見ることができない、グループ内のみ閲覧可能な投稿が世間に知られてしまうというケースがあります。 仲間内で嫌われた結果、晒されるという感じでしょう。 投稿に対しての注意事項は? 鍵付きアカウント(非公開設定)でも安心はできません。 「仲間内の投稿であっても世界中で見られる可能性がある」と思った方が良いでしょう。 また、何かのきっかけで過去の投稿が掘り起こされることもあります。 過去のやらかしに関しては消しておくのが無難です。 自分では判断しにくい、過去の精査をしている時間がなければアカウントを消して作り直すという方法もあります。 しかし、LINEやInstagramの書き込みや画像が別のSNSに転載されて炎上するケースがあります。 不祥事にならないように努めるのはもちろん、誤解を生む発言やテーマは避けるべきだ 一方、非があるとは言い切れない「炎上」に関してですが、調査してみるとおおむね72時間で話題から消え、拡散されなくなる傾向があります。 Twitter上ではいくつもの発言があるのでかき消されてしまうわけです。 ですから炎上の場合、早期に発見して消して謝罪するか、無視するかどちらかの対応を選択することになります。 中途半端な対応になると、その発言が「火に油を注ぐ」ことになり、長期化する可能性が出てきます。 この手の「ネタ」をまとめているウェブサイトやアカウントもありますし、さらに話題になると Twitterにトレンド入りしたり、Yahoo! ニュースのトピックになることも あります。 騒動が非常に大きくなると、「不買運動」などという直接的な被害も出てくるので注意が必要です。 アカウントの切り替え時にミスが発生しますから、同じ端末で両方のアカウントを使わないように心掛ければ、個人ツイートのつもりで公的なアカウントに載せることはないでしょう。 問題行動をした人を告発する動画や画像が投稿されて映像から氏名と所属企業が判明してしまい、企業がお詫びを出すことになった事例があります(注:このケースは会社役員で減給処分に加え、テレビニュースでも取り上げられた)。 さらに犯罪行為の告発の場合、晒し上げだと非難することが難しいケースもあります。 嘘は嘘であると見抜ける人でないと(SNSを使うのは)難しい あと、新型コロナウイルスに関しても「嘘情報とその拡散」に注意が必要です。 現在は削除されましたが、K-1ジム総本部のウェブサイトにも掲載され、批判が集まりました。 人に知らせるときに尾ひれがつくのもよくあるパターンですね。 嘘を信じてしまって周りに拡散すると、その人も加害者になる恐れがあるので吟味が必要でしょう。 懐かしいセリフですが「嘘は嘘であると見抜ける人でないと難しい」ということになります。 あと、バズったSNSアカウントはフォロワーが増えます。 フォロワー数稼ぎのための嘘もよくありますので、フォロワー数稼ぎや目立ちたがりの情報には注意した方が良いでしょう。

次の

新社会人へ、鍵アカも見直して「過去の“やらかし”を消そう」――SNS炎上の対策・傾向をセキュリティ企業担当者が解説

嘘 を 嘘 と 見抜ける 人 で なけれ ば インターネット を 使う の は 難しい

世の中は嘘であふれている。 特に、インターネットやSNSで誰でも自由に発言できる今は嘘・虚言の類が横行している。 2ちゃんねる創始者のひろゆき氏は「嘘は嘘であると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい」という言葉を残しているが、話を面白く装飾するために多かれ少なかれ嘘を盛り込んでいる人が大多数だ。 この現代にの嘘について、徒然草を引用して考えてみたい。 世間で語り伝えることは、事実のままではおもしろくないのであろうか、多くはみな嘘偽りである。 事実ある以上に人は物事を大げさに言い立てるうえに、まして年月が過ぎ、場所も隔たってしまうと、言いたい放題に作り話をして、文字にでも書き留めてしまうと、またそれがそのまま定説になってしまう。 (第七三段) 話は人から人へ渡っていく過程で毎度嘘の情報を帯びるということだ。 年月、場所を隔て、されに文字に起こそうものなら原型とはまるで別物の話となっているのである。 これは実際に経験している人が多いので理解しやすいだろう。 特に、インターネット・SNSは文字に書き留める作業がはいるため、特に注意して見なければならない情報である。 また、うそのつきかたにも種類があると言う。 話す先からいっぽうでばれるのもかまわず、口からでまかせに言い散らすのは、すぐに根も葉もないこととわかる。 (同) 子どもの嘘はこの類だろう。 また、お笑い芸人などもこの類のすぐに嘘とわかる発言で笑いをとったりする。 特に実害がない嘘であり、時に人を笑わす力をもっている。 また、自分では本当ではないと思いながらも、人の言った通りに、鼻をぴくぴくさせて得意げに話すのは、その人の嘘ではない。 (同) 聞いたことを誰かに話したくてうずうずしてしまうタイプだ。 この類の嘘はいわゆる都市伝説好きに多い。 嘘か真かわからないが、世界の真実を知ってしまったと興奮して誰かに話したくて仕方がない。 この連鎖が都市伝説や陰謀論を広めているわけだが、確かにその人の嘘ではない。 しかし、悪い連鎖の要因であることは間違いないだろう。 もっともらしく、話のところどころをぼんやりさせ、よく知らないふりをして、それでいて、辻褄を合わせて語る嘘は、恐ろしいことである。 (同) 間違いなく、詐欺がこれにあたる。 100%のでっちあげをせず、ところどころを曖昧にして、それでいてそれなりの正当性をのこす。 曖昧になった部分は聞いた側の推測で埋めさせる。 巧妙な嘘であり、嘘をつくと自覚している人がつく悪質なものである。 これらを見て、嘘には害のあるもの、ないものがある、と解釈できるが、うそはどれも害のあるものと私は思う。 うそが人を楽しませることもあるが、それはお笑い芸人のような言葉遊びのプロができる高レベルなものだ。 ふつうの世間話の中でうそをついてもジョークと受け取らない人もいる。 それがその後トラブルを引き起こす可能性も多分に含んでいる。 あいつは冗談がわからないからダメだ、などと嫌われ者の上司のような考えをもっていては自分の人間関係を狭めるだけである。 とにもかくにも、嘘の多い世の中である。 よくある、珍しくもない話として受け取っていたなら、万事間違いはないだろう。 下賤な人の話は、聞いて驚くようなことばかりである。 教養ある人は不思議なことは語らない。 (同) 驚くような話はほとんどが下賤な人の嘘であって、知識のある人の真実の話は面白みがない。 これはたしかにそうだと言わざるを得ない。 盛りに盛られた頭の中がファンタジーな話は面白い話として民衆に受け入れられやすいが、論理のそって筋道の通った話は窮屈で受け入れられにくい。 だから嘘の話が横行する。 しかし、何の脚色もされていない真実の話のほうが面白く感じるのは私だけだろうか。 驚くようなファンタジーさがなくとも、なるほどそうかと感じる話のほうがふとした時に思い出すし、何より生きていくための知識となる。 嘘の話が好きな人は今盛り上がりたい人、教養のある話がしたい人は未来の自分を見ている人だろう。 おそらく民衆はみな今楽しければそれでよいのだ。 愚者の間の戯言でさえ、真相を知った人の前では、これらのさまざまな受け止め方が、言葉からでも顔色からでも、すっかり知られているに違いない。 (第一四九段) 達観した人の人間を見通す眼は、少しも誤るところがない。 (一九四段) 面白い話だと盛り上がっている人がいる中で、それらは嘘だと見透かしている人がいる。 あなたは愚者か、達観した人間か。 嘘は嘘であると見抜ける人でないと生きていけない時代になってきている。 公然とTwitterにのっている情報は本当なのか、ネットにのっている情報は本当なのか。 嘘ならば嘘だと見抜かなければならない。 この世の中、愚者に騙されずに生きていくには自らが知識をつけるしかない。 嘘か真か、それを自分で見抜ける能力が求められている。

次の