除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 安い。 冷房と除湿の電気代どっちが安い?つけっぱなしがいいって本当?

除湿機とエアコンの除湿なら節電になるのはどっち?違いを知って節約しよう

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 安い

お使いのエアコンの除湿方式によって変わります。 エアコンの除湿には、大きく2種類の方式があります。 弱冷房除湿と、再燃除湿です。 そして電気代は、設定温度が同一なら 弱冷房除湿が一番安く、次が冷房、最も高いのが再燃除湿です。 但し、「設定温度が同一なら」の前提が問題です。 快適性が大きく異なります。 では、同じ快適性を得たいときには、どのモードが一番安くなるか? この答えは、私には分からないのですが、Webの情報や、口コミ などをみると、冷房が一番安いようです。 ちなみに 弱冷房除湿とは、普通の冷房ですが、ファンを最弱にしただけの ものです。 冷房および弱冷房除湿は、外気温よりも室内温度は下がります。 下げるように温度設定しないと、運転が止まります。 梅雨時など外気温度が高くないときに洗濯物を乾かしたいと思っても 寒くしないと除湿してくれません。 (洗濯物が乾かない) このような時に威力を発揮するのが、再燃除湿です。 再燃除湿は、冷房と暖房を交互に切り替えて運転します。 冷房をがんがん効かせて除湿し、部屋が寒くならないように 暖房をがんがん効かせて、暖める。 なので、寒くならならずに除湿が出来ますが、電気代が最も高い。 その上で、除湿方式 によって、除湿を優先する<再熱除湿>があり、除湿の場合には湿度設定に沿った運転制御が出来る。 ところが、再熱除湿方式の商品の場合は、冷房運転をして除湿をするのは同じだが、それを、更に暖房気味の運転で相対湿度をより下げ、吹き出す風の温度や室温を下げないようにしており、「冷房運転 < 再熱除湿運転」の時間は除湿が電気代 消費電力量)が嵩む。 但し、室温が高い時には、冷房中心で除湿を行い室温と湿度を同時に下げるので「冷房運転 > 除湿運転」です。 ところが、一般的なエアコンによる除湿では、外気温が低い時や室温が設定温度以下になれば、除湿運転そのものが出来なくなる。 但し、再熱除湿方式での運転の場合は、除湿運転の時に冷房運転よりも逆になるケースもある。

次の

除湿機とエアコンの除湿なら節電になるのはどっち?違いを知って節約しよう

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 安い

エアコン(除湿)の電気代目安/時間• エアコン除湿(弱冷房除湿):約4円• 上記は大まかな1時間あたりの電気代で、当然機種によってもサイズによっても消費電力・電気代は異なりますが、コンプレッサー式の除湿器や弱冷房除湿タイプのエアコンであれば1時間あたり約4円と安め。 反対にハイブリッド式の除湿器や再熱除湿タイプのエアコンだと1時間あたり約15円と3倍以上の電気料金がかかります。 これだけを見ると、コンプレッサー式の除湿機もしくは弱冷房除湿のエアコン除湿の二択になりそうですが……除湿機使用時に室温が上昇してしまう点や乾燥時間などトータルで考えると、 弱冷房除湿のエアコンで除湿するのが一番省エネと言えるのです。 もちろん使用条件や目的によってどの家電がいいか変わってくることはありますが、弱冷房除湿エアコンが最もお得と言われている理由は、このあと詳しく説明しますね! どの機種を選ぶかによって電気代は全然違うんだね。 そうね。 買うときには消費電力もしっかりとチェックしたいわね! 電気代目安(1時間あたり)• 弱冷房除湿:約4円• 再熱除湿:約15円 エアコンの機種によって、どちらの除湿機能が搭載されているかが異なります。 最初に紹介したように、同じくらいのサイズの「弱冷房除湿」のエアコンと「再熱除湿」のエアコンを、同じ設定温度で稼働させた場合、再熱除湿のほうがかなり高額になることがわかっています。 ただ再熱除湿のほうが除湿量が多いので、短時間で除湿したいという場合に向いていると言えるでしょう。 最近は弱冷房除湿と再熱除湿の両方を搭載している機種もあるようですが、 基本的に多くのエアコンが弱冷房除湿を採用していると言われています。 ただしわかりにくいと思うので、購入時に確認する、メーカーに確認するなどしてくださいね。 結局どちらが得?目的に合わせて判断しよう! 除湿機とエアコン、どちらが電気代の節約になるのでしょうか。 室内の除湿が目的なら ジメジメした梅雨の室内除湿が目的であれば、そもそも使用時に室温が上昇してしまう除湿機は向きません。 除湿機は機種にもよりますが、室温を1~8度上げてしまうと言われているのです。 エアコンの消費電力が少ない弱冷房除湿が一番の節電になります。 もちろん や扇風機・ で、もっと節電になりますよ。 一方冬場の除湿であれば、除湿機の室温上昇を利用するのもおすすめ。 「リビングで除湿機をつけている」という人も多いようです。 洗濯物を乾かすなら 東京電力が公開したデータによると、洗濯物が乾くまでの時間が、エアコンだと2時間46分、除湿機だと3時間49分だそうです。 エアコンの方が早く乾くことを考えると、やはりエアコン(弱冷房除湿)の方がお得になる可能性大。 さらに扇風機を活用するのもおすすめ。 エアコンと扇風機の併用で、洗濯物が乾く時間は2時間となっています。 1時間当たりの消費電力は上がるものの、扇風機の電気代は1時間あたり約1円といわれていますから、結果的に節約になるのです。 あわせて読みたい ピンポイントで洗濯物を乾かすなら除湿機が便利 ここまでの説明を読むと除湿機の利点がないように感じられるかもしれませんが、少ない量の 洗濯物をピンポイントで乾かす場合には除湿機がおすすめです。 除湿機の風量や向きを調節すれば、乾かしたい洗濯物をピンポイントに狙って稼働させることができますから、乾きやすい素材であれば1~1. 5時間程度で乾くことでしょう。 もちろん除湿機の性能にもよりますが、例えば前日お子さんが出し忘れた体操着を、朝洗ってその日学校に持たせる、朝汚してしまった制服を洗って乾かす、といった場面であれば、きっと除湿機が便利に使えることでしょう。 節電しても電気料金が気になるなら… エアコンや除湿機、扇風機を使い分けることで、できます。 「それでも電気料金が気になる」、「もっと電気料金を節約したい」という場合は、電気料金のプランを見直すと、大きく節約になることがありますよ。 さまざまな企業が電力販売に参入していますので、ご自分のライフスタイルに合わせた電力プランを選んでくださいね!携帯電話料金やガソリン代とセットでオトクになることもありますよ!.

次の

冷房と除湿の電気代どっちが安い?つけっぱなしがいいって本当?

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 安い

エアコンの「冷房」と「ドライ(除湿)」では、はたしてどちらの方が電気代は安くなるのだろうか。 この記事では、誰もが気になるエアコンの電気代を調べてみた。 【参考】 エアコンの除湿と冷房、どちらが電気代がかかるの? ドライ(除湿)と冷房だと、どちらがより電気代を食ってしまうのか。 そもそもエアコンの除湿機能は、「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2種類にわかれている。 基本的に冷房と同じで、空気が冷やされることで結露した空気中の水分を、液体の水として排出する仕組みだ。 弱冷房除湿は、文字通り弱い冷房をかけることで湿度と温度両方を下げるモードだ。 再熱除湿のほうは、除湿した空気を暖めて放出するので、室温が低下しないメリットがある。 湿気を取り除きたいが、温度は下げたくない場合に利用する。 東京電力が検証したデータによると、電気代は、弱冷房除湿<冷房<再熱除湿の順に高くなっている。 ひとまとめに「ドライなら冷房より電気代が高い(安い)」とは言えず、方式によって違ってくるようだ。 【参考】 エアコンのドライ(除湿)運転にかかる電気代はいくら? エアコンのドライ運転にかかる電気代は、前述のとおり弱冷房除湿と再熱除湿のどちらを採用しているかで変わってくる。 ここからは、一般的な出力2. 8KWのエアコンを使った電気代を、参考までにシミュレーションしていく。 弱冷房除湿:約4. 1円 再熱除湿:約14. 9円 エアコンをドライで1日使った場合の電気代は? エアコンをドライで1日(24時間)稼働させた場合、電気料金は以下となる。 弱冷房除湿:約98. 4円 再熱除湿:約357. 6円 エアコンをドライで1か月使った場合の電気代は? エアコンのドライ運転を1日8時間、1か月間(30日間)稼働させた場合の電気代は以下となる。 弱冷房除湿:約2952円 再熱除湿:約1万728円 ちなみに冷房だと7920円となる。 機種によりばらつきがあるものの、除湿方式が弱冷房除湿のエアコンなら電気代は冷房よりも安く、逆に再熱除湿なら電気代は冷房よりも高くなるようだ。 10年前のエアコンとの電気代の差はどれくらい? 出典:一般社団法人 日本冷凍空調工業会 統計データ エアコンの電気代は10年前の機種と比較すると、どのくらい違うのだろうか。 一般社団法人日本冷凍空調工業会が公開しているデータによると、2019年製のエアコンの1年間の消費電力量は801kWhで、2009年製では849 kWhとなっている。 これを元に電気代を計算すると、10年前より年間約1296円安くなっているようだ。 【参考】 エアコンを安い電気代で使う方法は? 上記のように、エアコンを買い換えても年間で電気代が1000円ちょっとと、それほど大きな節約につながらない場合も多い。 そこで、温度設定や風量の調整など、使い方の工夫で電気代は節約できるのかを見ていこう。 エアコンの設定温度を調節すれば、かなりの節電効果が期待できそうだ。 エアコンの風量を弱くしても電気代は節約できない 一方、エアコンの風量を弱くしても、さほど電気代は安くならない。 ただし、エアコンのスイッチを入れた直後は、風量を強くして一気に室温を調節した方が結果として節電になるようだ。 エアコンをつけっぱなしにすると電気代は上がる? 下がる? 結論から言うと、これは状況によって変わる。 先ほども書いたように、エアコンはスイッチを入れた直後の室温を調節している時に、もっとも電気を多く使う。 したがって、30分程度の短時間の外出の場合には、いったんエアコンを切って帰ってきてから再度スイッチを入れるよりも、つけっぱなしにして温度を一定に保った方が節電になるようだ。 【参考】 エアコンを除湿にしてつけっぱなしにすると電気代は安くなる? 冷房と同じく、短時間の外出であればつけっぱなしのほうが電気代は安くなるケースも多い。 ただし、先にも書いたとおり、再熱除湿は冷房よりも電気代が高くなる。 つけっぱなしにするなら、弱冷房除湿方式なら安く済みそうだ。 一人暮らしの電気代を節約するエアコンの使い方 一人暮らしの場合も、節約テクは上に述べたことと基本は同じだ。 短い外出ならつけっぱなしのほうが電気代の節約につながるし、設定温度は少しでも常温に近いほうがいい。 夏場なら、エアコンと扇風機を併用すれば、設定温度を高めにしても十分涼しさを感じられるだろう。 【参考】 エアコンのドライ運転の電気代を計算してみた 各メーカーのカタログ記載のデータを元に、ドライで運転した時の電気代を参考までに計算してみた。 エアコンの除湿能力は一般社団法人日本冷凍空調工業会が定めている測定条件があり、基本的に各メーカーともこの基準に則したデータをカタログ等に記載している。 その基準は以下のとおり。 電気代は1時間あたり約3. 24円となる。 14畳用の最上位機種で省エネ性能はかなり高い。 〈見出し4〉ドライだけではなく冷房の電気代も安いダイキンのエアコン 「うるさらX」の冷房時の消費電力は790Wで、こちらもほかの製品とくらべてかなり電気代を抑えられる。 電気代は1時間あたり約16. 2円となる。 冷房時の消費電力は540Wとなっている。 先ほどのダイキンの製品と比べるとかなり消費電力が多いのは、ドライモードに再熱除湿方式を採用しているため。 その分、除湿量に関してはこちらの製品の方が多い。 【参考】 三菱重工のエアコンの除湿と冷房の電気代は? やや紛らわしいが、三菱電機と三菱重工は別の企業で、三菱重工のエアコンは「ビーバーエアコン」の愛称で親しまれている。 使用機種は14畳用のSRK40SX2で最上位機種。 電気代は1時間あたり約9. 45円だ。 冷房時の消費電力は900Wとなっている。 【参考】 冷房除湿など3つのドライ運転から選べるパナソニックのエアコン! 電気代は冷房と同程度 パナソニックのエアコン「Eolia」には、室温が下がりにくい「快適除湿モード」、冷房をしながら除湿する「冷房除湿モード」、「衣類乾燥モード」の3つのモードが搭載されている。 メーカーHPによると、快適除湿・冷房除湿の消費電力は冷房と同じとなっている。 ただし、再熱除湿モード、衣類乾燥モードは再熱除湿なので、消費電力は冷房よりも約20%高くなる。 【参考】 使っているエアコンの機種を把握して、電気代を抑えよう 以上、ドライ運転を中心に、エアコンの電気代や節電について解説してきた。 ひとくちに「ドライ」といっても、その方式によって冷房よりも高くついたり、逆に節約になったりもする。 光熱費を節約したい人は、自宅で使っている機種やスペックをまず把握するところから始めよう。 また、買い替えを検討している人は、最後に紹介した商品も参考にして欲しい。 文/ねこリセット.

次の