大阪 駅前 第 3 ビル。 大阪駅前第3ビルには激安居酒屋がいっぱい

大塚歯科第3ビル診療所

大阪 駅前 第 3 ビル

大阪駅前第4ビル 施設情報 所在地 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田一丁目3番56号 状態 完成 着工 7月 竣工 開業 1981年 用途 ・・ 地上高 最頂部 110. 0 各種諸元 階数 地上25階地下4階 塔屋2階 敷地面積 8,440 建築面積 6,620 延床面積 98,808 構造形式 (一部鉄骨鉄筋コンクリート造、) 駐車台数 69台 関連企業 設計 大阪市都市開発局 施工 ・・JV デベロッパー 大阪市都市開発局 大阪駅前ビル(おおさかえきまえビル)とは、梅田一丁目に所在する大規模な群である。 都市開発局による前事業により建設された。 第1ビルから第4ビルまである。 本項目では、第1ビル、第2ビル、および、第4ビルについて記載する。 概要 [ ] 地下1階・2階はやが多い。 特に金券ショップは国内最大級の密集地になっており、約30店が軒を連ねている。 そのため激戦区となっており、独自性を狙って店によって独自の券種を取り揃えたり、値下げ合戦も起こっている。 また、一等地だけに地下でも家賃が高く、区画によってはあまり人通りの多くないエリアもある。 そのため、となってしまっている区画もあるが、により入居した区分所有者が立ち退き前と同様の業態で営業を続けている区画もあり、や中古、、などといった、オフィスビル地下のテナントとしては珍しい業種の店がビルの開業当初のまま残っている。 ただ、それらの店舗も経営者の高齢化や家賃以外の支払いの関係で閉店するケースが増えている。 上層階はとして利用されている。 オフィスには、の大阪事務所、地方の大阪支社など、地方の団体・会社の大阪拠点が多く入居している。 は地上3階・地下3階にある(第1ビルのみ地下4階にもある)。 第2ビルの3階には徳兵衛大がある。 かつて、第2ビルと第3ビル間の地下1階北側の連絡通路には階段があったが、建設工事に合わせて現在のようなフラット導線へ改修されている。 また、第3ビルと第4ビル間の地下通路にはが存在したが閉鎖され、通路に面した入り口のドアだけが残っている。 なお、の発売時に限り、第4ビルの前にあるスペースにて特設売場を設営する。 この売り場は1億円以上の当選本数が累計で全国最多である(2008年11月現在)が、ここは宝くじを扱う業者が合同で販売するために設営しているだけで、第4ビル1階のとは無関係である。 なお、エスカレーターの案内図に未だに国鉄表記が残っていた(特に第3ビルは21世紀に入っても残っていた)が、サイン等の見直しにより今は見られなくなっている。 エレベーター [ ] エレベーターは第1ビル・第3ビルが16台・第2ビルが12台・第4ビルが14台。 全てのエレベーターが改修されている。 第1ビル メーカー 改修年 改修前メーカー 停止階 1-5号機 乗用 2007年 B2-B1・1-12・R 6-10号機 乗用 2007年 B4-B1・1-12 11・12号機 乗用 2007年 B6・B2-B1・1-12 13・14号機 乗用 2007年 B6-B5・B2-B1・1-12 15号機 荷物用 2018年 フジテック B2-B1・1-3 16号機 荷物用 2018年 日立 B2-B1・1-3 第2ビル メーカー 改修年 改修前メーカー 停止階 1-5号機 乗用 2011年 B4 更新後不停止 B3 1・4号機のみ B2-B1・1-16 6-10号機 乗用 2011年 B4 更新後不停止 B3 一部号機のみ B2-B1・1-16 11・12号機 非常用 2011年 B4-B1・1-16・R 第3ビル メーカー 改修年 改修前メーカー 停止階 1-7号機 乗用 2014年 1・18-33 8-14号機 乗用 2014年 B3 一部号機のみ B2-B1・1-12・14-18 15・16号機 非常用 2014年 B4-B1・1-34・R 第4ビル メーカー 改修年 改修前メーカー 停止階 1-5号機 乗用 B3 一部号機のみ B2-B1・1-12・14 6-10号機 乗用 1・14-25 11・12号機 非常用 B4-B1・1-25・R 13・14号機 人荷用 三菱 B3-B1・1-3 改修前のエレベーターには、全機かごの背面または側面に、方向ランプと満員表示ランプが取り付けられているのが大きな特徴だった 第1ビルは改修後も残されているため現在でも見ることができる。 ほぼ全機ランニングオープン(完全に到着する前から扉が開き、完全に開いたときにピッタリに着床する機能)を搭載している。 沿革 [ ]• 1970年4月 - 第1ビルが完成。 1976年11月 - 第2ビルが完成。 1979年9月 - 第3ビルが完成(同年開業)。 1981年8月 - 第4ビルが完成(同年開業)。 第1ビルには当初屋上にを建設予定で、との間をで直結させる構想もあった。 結局はヘリポートは設けられなかったが、現在は駅前ビルのそばに建つの屋上にヘリポートが設けられている。 また、当初の計画では、大阪駅・西梅田駅などとの間の地下通路と駅前ビルは地下1階で直結する計画であったが、のちに梅田界隈は元々軟弱地盤なため広大な地下街を建設するためには強度の問題から深度を下げざるを得ないことが判明したため、地下2階で直結することとなった。 西梅田駅南改札口の位置が第1ビルの地下1階と2階の中間にあることや、大阪駅から駅前ビルへと繋がるに不自然な勾配があるのも、それが原因である。 加えて、西梅田駅との間の連絡通路に1つだけ設けられた上りは、第1ビル地下1階の喫茶店オーナーの苦情(階段だけでは客の導線が地下2階に流れてしまうこと)を受け入れ設置されたものである。 また、第1ビルの地下2階は当初は店舗の設置の予定はなく、倉庫や駐車場などになる予定であったため、その名残で地下2階は地下1階より上の階と比べて天井が低くなっている。 までは各ビルとも地下1階・2階にが多く存在したが、そのほとんどが閉店しており、現在では第2ビルと第4ビルに1店舗ずつ、第3ビルに2店舗が残るのみである。 第1ビルに最後まで残ったゲームセンターは2016年春に閉店し、跡地は再移転してきたと飲食店になっている。 また、都心の一等地であることに加え、ビル内に多数のテナントが入居していることから集客が見込めるため、以降はや飲食店が相次いで開店している。 但し、コンビニや飲食店は、ビルが毎日深夜〜早朝と正月三が日は閉鎖されることから24時間営業ではなく、コンビニでも店舗によっては日曜・祝日は定休日としているケースもある。 コンビニについては、第1ビルにはと(との併設店舗)(ともに地下2階)が、第2ビルにはファミリーマート(地上1階)と(地下1階・2階とも)が、第3ビルにはローソン(地上1階)とセブン-イレブン(地下1階)が、第4ビルにはローソン(地下1階・2階とも)とファミリーマート(地下2階)が、それぞれ営業中である(更に第4ビルと通じているにも、ファミリーマートが営業中)。 なお、第4ビル2階にもかつて個人経営のコンビニがあったが、それらの開店によって閉店した。 ゲームセンター跡地にはなどの喫茶店や居酒屋などの飲食店、マッサージ店の出店が目立つ。 更に以降では第3ビルにや、といった大手レストラン、ファーストフードも進出している。 2012年3月、特に築年数が古く老朽化している第1ビル・第2ビルを解体・撤去して緑地化する計画がにより検討されていることが判明した が、運営業者側はこれを否定した。 最寄駅 [ ] の開業前、最寄駅の駅名が正式決定するまでの間、駅前ビルの商店主らが活性化を期待してに対し、「駅」以外にも複数の駅名候補を提案し続けたが、最終的にそれらは一切反映されず、 北新地駅と決定された。 第1ビル - JR東西線、• 第2ビル - JR東西線北新地駅、地下鉄四つ橋線西梅田駅• 第3ビル - JR東西線北新地駅、• 第4ビル - 地下鉄谷町線東梅田駅、• 看板をよく見ると「駅」の部分だけシールが剥がされている(第2ビル地下1階にて) テナント [ ] はビルが閉鎖されるため、全テナントが休業となる。 また、毎日深夜0時から翌朝7時までの間も閉鎖されるため、コンビニエンスストアなどもそれに合わせて閉店する。 それゆえ深夜営業は不可能であるため、やなど深夜の集客に依存する業態の店は存在しない(カラオケ店はかつて第3ビル地下1階に存在したが、周辺区域より営業時間で大きなハンデを負ったことから閉店した)。 またの事務所やの支社が多いのが特徴。 大阪駅前第1ビル [ ] 大阪市北区梅田一丁目3番1号• (地下1F)• 大阪支店(地下1F)・同大阪駅前第1ビル内出張所(地下2F)• 大阪支社 5F• 大阪支社 7F• 大阪支社 7F• 大阪支社 8F• 大阪支社 8F• 大阪営業所 9F• 東京事務所大阪支所 9F - 大阪支店も入居• 北東北三県大阪合同事務所 9F• 北東北三県大阪合同事務所 9F• 北東北三県大阪合同事務所 9F• 大阪事務所 8F• 大阪事務所 9F• 大阪事務所 9F• 大阪事務所 8F• 大阪事務所 8F• 大阪事務所 8F• 大阪事務所 8F• 大阪情報センター 8F• 大阪事務所 9F• 大阪事務所 8F• 大阪事務所 9F• 大阪事務所 9F• 大阪事務所 9F• 5F 大阪駅前第2ビル [ ] 大阪市北区梅田一丁目2番2号• 大阪市梅田市税事務所 7F• 梅田(梅田公共職業安定所) 16F• 2003年までは若者向け(30歳以下で新卒学生以外の就労者対象)のハローワークだったが、現在はに機能を移転• 大阪駅前第2ビル内 地下2F• 大阪市立総合生涯学習センター 5F・6F• = 6F• 大阪市立大学文化交流センター 6F• 大阪支社 10F• 大阪支社 10F• 11F• 大阪支社 12F• 大阪支社 13F• 大阪支社 13F• 本社 発売元、8F• 梅田店 2F 18-1• ササヤ書店 2F• Wi-Fiチャンネル大阪梅田店 2F 大阪駅前第3ビル [ ] 大阪市北区梅田一丁目1番3号 「」を参照 大阪駅前第4ビル [ ] 大阪市北区梅田一丁目11番4号• 本社ラボ 10F• 大阪支社 4F• リビングカルチャー倶楽部・大阪駅前第4ビル教室 19F• 関西支社 22F• 日米英語学院 梅田校 23F• Joe'sウェブホスティング、Joe'sビジネスセンター大阪 9F• 本社 15F• 公益財団法人大阪事務所 8F 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] []• 2013年11月3日. 2017年8月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年8月29日閲覧。 - 毎日jp(毎日新聞) 2012年3月28日(2012年3月30日時点の) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (大阪駅前第一ビル振興会)• (財団法人大阪市北区商業活性化協会) - 閉鎖。 (2006年11月17日時点の).

次の

大阪サンセイ

大阪 駅前 第 3 ビル

概要 [ ] このビルは(54年)に、3棟目の大阪駅前ビルとして建設された。 (61年)にに完成した「」に抜かれるまでは、大阪駅前第3ビルが西日本一の高さの超高層ビルであった。 エレベーターは低層用、高層用、ともに製となっている。 非常用は製。 大阪駅前ビル全4棟の中で唯一、エレベーター内でBGMが流れる。 フロアの構成は以下の通りになっている。 34・R1・R2階:機械室• 32 - 33階:• 22 - 31階:オフィス• 20 - 21階:多目的フロア• 19階:梅田• 18階:フロア• 3 - 17階:オフィス(ただし13階部分は機械室・いわゆるであるため、は停止しない。 ビル外観の写真でも、13階部分だけが窓ガラスが無くになっている)• 地下2 - 地上2階:店舗• 地下3階:駐車場• 地下1階・2階には、居酒屋、ファミレス、ファーストフードといった飲食店と、が多く店舗を構える。 最寄駅 [ ]• 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

串かつ でんがな 大阪駅前第3ビル店

大阪 駅前 第 3 ビル

大阪駅前第三ビル、第四ビルは地下でつながったビルです。 大阪駅前第三ビルは創業当時、西日本でもっとも高いビルとして名を馳せ、第三ビル何個分のような言い方をして、よく物の大きさが表現されたそうです。 大阪駅前第四ビルはここの宝くじ売り場から億万長者が出たということで、宝くじシーズンになると、宝くじを買い求める人の長蛇の列となります。 大阪駅前第三ビルも第四ビルも、創業当初は大阪の中心地としてとてもにぎわったところですが、時代とともににぎわいはJR大阪駅のほうに移ってしまいました。 ですが、今はワンコインランチなどリーズナブルな小さなお店がたくさん立ち並び、新たなサラリーマンに人気のエリアとなっています。 また、チケットショップが立ち並ぶ通りでもあり、より安いチケットを手に入れるため、多くの人で連日混みあう光景も目にします。 JR大阪駅から大阪駅前第三ビル、大阪駅前第四ビルへの行き方を写真を交えて解説します JR大阪駅から大阪駅前第三ビル、第四ビルに行くには、徒歩でおよそ15分ぐらいかかります。 JR大阪駅の出口となる改札口は複数ありますが、大阪駅前第三ビル、大阪駅前第四ビルに行くには中央口から出るのがいいでしょう。 中央口の改札口を出たら右手へと進みましょう。 進んでいくと短い下りのエスカレーターにぶつかります。 このエスカーターを下りましょう。 このままエスカレーターで降りずに先に行くと外に出ます。 エスカレーターを降りると、サウスゲートビルディングの地下に降り立ちます。 そのまままっすぐに歩いていくと左右に「ごちそうパラダイス」という大丸梅田店のデパ地下が見えてきます。 そこをさらにまっすぐに歩いていきます。 そして、サウスゲートビルディングの地下を抜けます。 すると、阪神百貨店が出てきます。 進行方向でいえば、右手が阪神電車、左手が阪神百貨店となります。 そこも通り過ぎてさらにまっすぐ歩くとディアモール大阪に出ます。 こちらがディアモール大阪です。 ディアモール大阪に入ると少し下り坂になります。 そのまままっすぐ歩いていると、ディアモール大阪の中心部ともいえるドームにたどり着きます。 ここで三方に道が分かれます。 大阪駅前第三ビル、大阪駅前第四ビルへと行くには梅田DTタワーの左の道を選びます。 その道をまっすぐに歩くとすぐに大阪駅前第四ビルの入り口に到着します。 大阪駅前第三ビルに行くには、大阪駅前第四ビルへ入り口には入らずそのまま直進します。 すると、ほどなく大阪駅前第三ビルに到着です。

次の