エアコン 室外 機 大き さ。 ニトリのエアコン室外機カバーがいい感じ♪組み立て方・大きさ・取り付けイメージを紹介するよ!

室外機カバー 特大 ジャンボサイズ アルミ製 1080×390×945mm おしゃれ 木目調 エアコンカバー ベランダ 雨 雪 日よけ 大型 KB

エアコン 室外 機 大き さ

室外機は空気を循環させるために使用する物です。 そのため、ペットの毛やごみ、ほこりが中に詰まってしまうと、うまく空気を循環させることができなくなり、暖房機能や冷房機能が劣ってしまうことがあります。 部屋の中がうまく暖まらない、または部屋の中の温度が冷えない、といった場合には、室外機のモーターにほこりが詰まっていないかどうかをチェックしてみましょう。 また、フィルターにごみやほこりがついてしまうと、空気の吸い込みや排出がうまくいかないことによりうるさい音が出る場合があります。 エアコンからうるさい音が出た場合は、フィルターの掃除をする必要がありますが、もしも室外機が 2階の足場がない部分といった場所に設置されている場合には、ご自分で想像するのが難しいため、専門の業者にお願いし、掃除を行ってください。 基盤の不良 エアコンには、基盤がつけられています。 エアコンに取り付けられている基盤には、「電源基盤」と「制御基盤」の二つのものがあります。 この電源基盤とは室外機と室内機のファンやコンプレッサーの電力を供給するためにつけられています。 この基盤が壊れることにより、ファンやモーターがうまく回らずうるさい音が出る場合があります。 冷却ガスが漏れている エアコンは冷却ガスを使って室内の熱を外へ排出し、冷たい空気を室内へと送り込みます。 通話この冷却ガスが漏れることはありませんが、長年使用することにより配管が腐食してしまい、冷却ガスが漏れてしまう場合があります。 また、取り付ける際に何か不具合があると冷却ガスが漏れてしまうことがあります。 冷却ガスが漏れていると、エラーコードが表示されますが、冷却ガスがそれほど少なくなっていない場合やメーカーによってはエラーをコードが表示されない場合もあります。 室内の温度があまり冷えない場合には、この冷却ガスが漏れている場合も考えられるでしょう。 冷却ガスが漏れていると、アルミ製の熱交換機に霜が付いてしまうことがありますので、確認してみましょう。 冷却ガスが漏れている場合、電器店や専門の業者にお願いすると2千円から 3千百円程度の費用がかかります。 特に古いエアコンの場合は、冷却ガスが漏れている場合が考えられます。 振動が原因の場合 エアコンからうるさい音がする場合は、振動が原因になっている場合があります。 振動が原因になっている場合は、室外機やエアコンの本体と壁や窓枠と接触していないかどうかをチェックしてみましょう。 エアコンの室外機が壁や周りに置かれているものと接触することにより、うるさい音が生じる場合があります。 その場合は、電源をつけたり消したりおく理解してみて、どこからうるさい音がするのかを確認してみましょう。 室外機の設置場所を少し移動させるだけでも、うるさい音がしなくなる場合があります。 パーツの交換が必要な時は修理を頼む エアコンはそのメーカーによってほとんどしないものと、多少音がするものとがあります。 エアコンを購入される予定のある方の場合は、どういったメーカーが良いかについて、よく考慮してから購入しましょう。 最近のエアコンはうるさい音に対しても考慮されていますので、音が気になるという方はあまりいらっしゃいませんが、音に対して敏感な方にとっては、注意する必要があります。 また、設置場所によってもうるさい音がする場合がありますので、設置する場所についても注意しておきましょう。 日立のエアコンはうるさいか 日立のエアコンは、デザインとコストパフォーマンスの良さで人気がありますが、その一方で室外機の音がうるさいといった評判もあります。 例えばトタン屋根の上に室外機を直接設置してしまうと、振動が伝わりうるさい音がする場合があります。 そのほか、うるさい音がする原因として考えられることに、プラックが向いている場合が考えられます。 エアコンの室外機を斜めになっている屋根やベランダに置くと、室外機が水平にたもたれず振動がおこりうるさい音がする場合があります。 また、コンプレッサーを固定するためのビスが緩んだことでビうるさい音がする場合もありますので、設置場所が斜めになっていないか、取り付け器具が緩んでいないかどうかをチェックしてみましょう。 とはいえ、エアコンを使用する場合は、室外機からは音がするものですので、音に敏感な方は室外機を部屋から離す必要があります。 コロナのエアコンの場合 シンプルなデザインが人気のコロナですが、コロナのエアコンはインバーター式がもちいられている場合があります。 このインバーター式のものは音がほかのものに比べてうるさい場合がありますので、ご自分のエアコンがどういったタイプのエアコンであるかどうか確認してみましょう。 また、コロナのエアコンからうるさい音がするという方もいらっしゃいます。 その場合は、送風機の油切れが起きていないか、設置するための器具が緩んでいないかどうかをチェックしてみましょう。 また、エアコンの室外機の周りに何か物を置いている場合は、うるさい音の原因になっている場合がありますので、室外機の周りを片づけてみましょう。 それでもうるさい音がするという場合は、専門の強者に相談してみましょう。 箇所別エアコンがうるさいときの対策 エアコンのモーター音がいつもより大きいと感じた時には、不具合や故障している場合が考えられます。 例えば就寝中にエアコンを運転してみて、いつもの音と違う場合やいつもより音が大きいという場合には、室外機が振動していないかどうかについてチェックしてみましょう。 また、フィルターにほこりやごみが付いている場合もうるさい音がする場合があります。 室外機から継続的にうるさい音がするのではなく、軋んだような音がする場合は、外の温度と室温に差がある場合にうるさい音がするときがあります。 これらのことを確認し、それでもうるさい音が解消できなかった場合には、電器店、または専門の業者に修理をお願いしましょう。 ファンからうるさい音がする場合 どんなに静かなタイプのエアコンを使用しても、室外機からはどうしても音が出ます。 ですが、いつもより音が大きい場合や、聞き慣れない音がした場合は次のことが考えられます。 まず、故障かどうかを確認するためには、エアコンにエラーコードが出ていないかどうかを見てみましょう。 エアコンの本体には左右どちらかにランプがつけられていますので、このランプに明かりがついている場合は、故障である可能性が考えられます。 ファンから音がする場合は故障ではない 室外機のファンが回転する際には音が出ますが、暖房としてエアコンを使う場合にはコンプレッサーとよばれる空気を圧縮して温風を出すためのものが取り付けられていますので、これにより音が発生する場合があります。 これは特に故障というわけではありませんのでご心配にはおよびません。 そのほか、フィルターや排水ホースからうるさい音が発生する場合がありますが、これは、フィルターやホースにほこりやごみが詰まることにより音が発生している場合があります。 フィルターやホースの汚れに関してはなるべくこまめにチェックをし、ごみが付いていた場合には取り除いておきましょう。 霜取り運転になっていないか エアコンは寒い時期に暖房として用いる場合もあります。 この場合、雨や雪が降っている場合などに暖房運転をすると室外機の熱交換機に霜や氷が付いてしまうことがあります。 アルミフィンが凍ってしまうとうまく暖房機能が働かなくなってしまいます。 それを防ぐために、エアコンには「霜取り運転」といった機能がつけられています。 これは、室外機についてしまった氷を解かすために行われ、霜取り運転を行っている間は暖房機能を一旦停止させる必要があります。 霜取り運転中は、普段は聞き慣れないうるさい音がする場合があります。 この場合は、うるさい音がしたからと言って故障ではありませんので、霜取り運転が完了するまで待ちましょう。 窓に取り付けるタイプのエアコン エアコンには、窓に取り付けるタイプのエアコンもあります。 壁に取り付けるエアコンに比べ、音が気になるという方も多くいらっしゃいますが、これは防振ゴムを利用することによりうるさい音を解消することができます。 防振ゴムは厚手のものから薄手のものまで数多くありますので、ご自分の状況に合ったものを選びましょう。 これは、エアコンを固定している外枠と窓枠の接着部分を確認し、ステンレス同士がこすれて音が出ないよう枠と枠のすき間に防振ゴムを取り付けます。 防振ゴムはホームセンターなどで200円前後で購入できますので、窓に取り付けるタイプのエアコンを購入し、音が気になるという方は防振ゴムを使ってみると良いでしょう。 エアコンの掃除の仕方 フィルターのお掃除は、エアコンの掃除の中でも手軽に行えます。 まずエアコンのカバーを外し、掃除機でほこりを吸い取りましょう。 次にフィルターをはずします。 掃除機では吸い取りきれないほこりもありますので、フィルターを外したら外刈お風呂場で水を使って汚れを洗いおとしましょう。 フィルターの汚れを洗いおとす場合には、水よりもぬるま湯を用いた方が汚れが落としやすくなります。 水をかけただけでは落としきれない場合には、スポンジに洗剤を含ませてフィルターを傷つけないようやさしく洗い落として下さい。 洗った後はベランダや日当たりの良いところに干して乾かしましょう。 フィルターを乾燥させた後は、元のとおりにフィルターを戻します。 外した後で取り付け方が分からないということが内容、説明書を確認するか外す際にはどうやって外したかを覚えておきましょう。 エアコンのフィンの掃除の仕方 エアコンのフィンは、熱交換機ともよばれるアルミの部分のことを言います。 細かい縦長の上条になっていますので、これを掃除するには専用のスチームクリーナーを使いましょう。 ない場合には、エアコンクリーナーを使ってください。 エアコンクリーナーはドラッグストアやホームセンターでも販売されています。 まずコンセントを外したら、それをビニールで覆っておきます。 洗剤が下に落ちることを防ぐためエアコンの下にはピクニックシートやビニールを強いておきましょう。 カバーを外すには、ねじで固定されている場合がありますので、ドライバーを使ってカバーを外します。 カバーを外した後は洗剤や水が付いてしまわないよう、電装部分にラップやビニール袋でカバーしておきましょう。 フィンの掃除の仕上げ フィンの部分を掃除機のブラシを使ってごみを吸い取ります。 このアルミの部分を傷つけないよう注意しながら掃除機をかけ、次にフィンの部分を洗浄液を使って掃除します。 フィンの掃除をするときには、フィンの向きに沿って丁寧にスプレーをかけていきます。 お掃除が終ったら、付いた洗浄液をきれいに拭きとっておきましょう。 防振ゴムを張ってみる 室外機から出るうるさい音が気になるようであれば、防振ゴムを利用するという方法もあります。 これは、室外機を固定するパーマの部分につけることで、周りに振動が伝わるのを防にうるさい音を解消できます。 また、防振ゴムを付けた後には、室外機を固定しているビスをもう一度締め直して、しっかりと固定させましょう。 室外機の位置を変えてみる エアコンのうるさい音は、室外機が周りに置かれているものに接触したためにおこる場合があります。 エアコンの室外機があまりにも壁に近い位置にあると振動が伝わりうるさい音が生じます。 そのほか、風や雨をまともに受ける場所に室外機を設置してしまうと、ファンが風や雨を受けることによりうるさい音が生じる場合があります。 この場合は、風や雨の影響をうけない場所に室外機を移動させることによって解消することが可能です。 室外機の土台に注意 室外機が設置されている場所の土台が不安定になっていると振動してうるさい音が発生する場合があります。 また、室外機の土台としてもちいているものの素材によっても、うるさい音の原因となる場合があります。 そのため、室外機の土台として用いているものを変えることによって、うるさい音を解消することができる場合があります。 室外機の土台として用いるのであれば、コンクリートブロックまたはプラスチックでできているものを選びましょう。 ですが、土台として用いるのではあれば、中が空洞になっているものを選ばないでください。 中が空洞になっていると、室外機が振動することによりうるさい音の原因となります。 自己診断機能を使う エアコンには、自己診断機能がつけられるものがあります。 エアコンからうるさい音が発生している場合には、自己診断機能を使い、エアコンにエラーコードが表示されるかどうかをチェックしてみましょう。 またエアコンに異常があった場合には、エアコン本体またはリモコンにランプがつく場合もありますので、ランプの異常を点滅がないかどうかを見てみましょう。 エアコンを買い替える前にまず自己診断を.

次の

エアコン室外機カバーで省エネ効果UPならDIYより季節で使い分けが重要 | 電気料金比較ポータルサイト【エネポタ 】

エアコン 室外 機 大き さ

目次 [] 1 エアコンから異音がする原因 エアコンからの音には、正常な動作音と故障によって発生する異音があります。 まずは、エアコンから聞こえる音が正常な動作音なのか、故障による異音なのかを判断してみましょう。 1 故障ではないエアコンの異音と原因と対処法 エアコンから聞こえる異音は、実はエアコンの正常な動作音ということがあります。 エアコンの動作音については、エアコンを稼働するときに出てしまう音なので、すべてを消すことは難しいと言えます。 まずは、多くのエアコンが動作するときに出してしまう動作音や故障ではない原因で発する異音を一覧で紹介 エアコンの異音 原因 ミシミシ、ミシッなど• エアコンの正常な動作音• 熱交換器の音が原因• 膨張、収縮の際に発生する音 ガタガタ、カタカタなど• 部品の取りつけが悪いときの音• フィルターの自動清掃機能がある機種などで起こる• フィルターやダストボックスの取りつけが悪いことが原因• 本体カバーのずれが原因• 各種部品が正常に取りつけられていないことが原因• 部品を取りつけ直すと解消する• 汚れが原因で発生する場合がある ポコポコ• ドレンホースに空気が入り込んだときの音で対処可能• 気密性の高い部屋のエアコンで起こりやすい• ドレンホースに空気が入って、結露水のスムーズな流れを阻害することが原因 ゴー• エアコンの正常な動作音• 主にエアコンのファンの音• エアコンの機種により異なる ブシュ、プシューなど• エアコン暖房の正常な動作音• 主に霜取り運転、室外機のコンプレッサーが停止したときに発生する音• 冷媒の流れが切り替わることが原因 ビシッ、パキ、ペキなど• エアコンの正常な動作により発生する音• 室内の温度変化により、エアコンの部品が膨張、収縮することが原因• 熱交換器の膨張、収縮時の音の場合もある(ミシミシなどと同じ原因) ブーン、スー、サーなど• フィルターで発生する音で対処可能• フィルターの汚れが原因• フィルターを掃除すると解消する• 一部機種ではフィルターの自動清掃機能の動作音が原因の場合がある シャー、シュー、シュルシュルなど• エアコンの正常な動作音• 冷媒ガスが流れるときの音 ジージー、カチッ、ウィーンなど• エアコンの正常な動作音• 様々なエアコンの部品の動作音 ここで紹介した異音は、ほとんどがエアコンの正常な動作が原因。 フィルターの汚れが原因の場合もありますが、その異音はフィルターの掃除で対処できるのです。 また、部品の取りつけが悪い場合は、一度エアコンを消してから部品を取りつけ直すと解消します。 ただし、エアコンから「カタカタ」という異音がする場合、各部品を取りつけ直しても解消しないケースがあるので要注意。 例えば、日立のエアコンの場合、一般的に冷媒の制御に使われる「電磁弁」の作動音が「カタカタ」という音がするのです。 ほかのメーカーのエアコンでも同様のケースが考えられるため、必ずしも部品の取りつけ直しで解消する訳ではないことも確認しておきましょう。 さらに「カタカタ」という異音は、エアコンの汚れが原因で発生することがあります。 例えば、フィルターの目詰まりなどが原因で、エアコンの空気の流れによってフィルターが動いてしまっているということがあるのです。 そのため、カタカタという異音がするときにはフィルターの掃除も重要なポイント。 部品の取りつけ直しとフィルターの掃除を試してください。 エアコンから「ポコポコ」という異音がするのは、エアコンの正常な動作が原因の音。 室内で換気扇を使ったり外で風が強く吹いていたりすると、室内の圧力の関係でエアコンのドレンホースから空気が入ってポコポコと音が出てしまうことがあるのです。 故障ではないため、不安になる必要はありません。 もしもエアコンのポコポコという音が気になるという場合は、いくつかの対処法を試すと良いでしょう。 例えば、室内の換気を兼ねて、窓を開けてみるというのも効果的。 室内の気密性が低くなって、ポコポコという音がしにくくなります。 また、ドレンホースに「ドレン用逆止弁」を設置することも有効です。 ドレン用逆止弁の設置については、エアコンの設置業者などに相談しましょう。 ただし、有料工事となることを忘れないようにしてください。 2 エアコンの異音から分かる故障の原因と対処法 次に、エアコンの故障が原因で発生する異音を紹介。 エアコンの異音 原因 キュルキュル• モーターの故障のおそれがあります• エアコンの接続部品に異常があるおそれがあります• 速やかな修理・点検が必要です ゴンゴン、ガラガラなど• 部品の破損が疑われます• 速やかな修理・点検が必要です キィー• モーターなどが劣化しているおそれがあります• 部品の破損が疑われます• 速やかな修理・点検が必要です エアコンから「キュルキュル」という異音がする場合、多くはモーターの故障が原因。 ファンのモーターが破損したり、ずれたりしてベアリング部分が音を出していることなどが推測されます。 モーターの潤滑油が減っている場合も、同じようにキュルキュルという音がします。 また、エアコンの接続部品などがずれていて、エアコンが稼働するときの振動が原因で音を出している場合などもあるのです。 いずれの場合でも修理が必要。 まずは故障の原因を特定するために専門業者に点検を依頼して、故障原因が判明したところで修理を依頼してください。 ただし、エアコンのモーターを修理する場合、費用が高額になるケースがあります。 工事の担当者の出張費用などを含めて数万円という見つもりになったという人もいて、安いエアコンに買い替えたほうが良い場合もあるので要注意。 また、キュルキュルという異音は、エアコンが正常に稼働していないときなどに起こりやすいと言えます。 空気の流れが悪いときにもキュルキュルという異音がすることもあり、フィルターなどの掃除をすると解消することもあるのです。 この場合、エアコンの点検を兼ねて「エアコンの清掃業者に掃除を依頼する」というのが効果的。 エアコンの掃除で異音がしなくなることもありますし、故障が原因であれば、清掃業者に指摘してもらえます。 エアコンから「ゴンゴン」や「ガラガラ」という異音がする場合、内部の部品が破損して運転中にどこかに当たっているということが疑われます。 通常のエアコンでは考えられない異音ですから、速やかな修理・点検が必要。 早い段階で修理をすれば、高額の修理費用を払わずに済む場合もあります。 ただし、修理が難しい場合や修理よりも新しいエアコンに交換するほうが安い場合もあるので、よく考えておきましょう。 エアコンの運転中に「キィー」という異音がするのは、エアコンのモーターの劣化などが原因と強く疑われます。 エアコンの使い方にもよりますが、エアコンの耐用年数は10年が一般的。 それに近い、もしくはそれ以上使っているエアコンであれば、修理よりも交換を検討しましょう。 3 室外機から異音がする場合の原因と対処法 エアコンは室内機と室外機がセット。 そのため、エアコンからの異音が室外機からするということもありますよね。 そこで、室外機から異音がする場合の原因もチェックしておきましょう。 エアコンの室外機の異音の原因には、次のようなものがあります。 室外機の正常な動作音(ファン、コンプレッサー)• 室外機の汚れ• 室外機の劣化、部品の破損• 室外機の設置不良 エアコンの室外機は、正常に稼働していても音がします。 特にファンやコンプレッサーの音は、エアコンのメーカーごとに大きさが異なるのです。 また、エアコンの出力にも左右されるため、室外機の音が大きくてもすぐに異音とは判断しないことがポイント。 まずは室外機の騒音対策を試してから考えましょう。 エアコンの室外機は汚れが溜まっていると、音が大きくなったり異音がしたりします。 特に室外機にゴミなどが溜まって空気の流れを阻害すると、今までとは違う異音がすることが多くなるのです。 まずは室外機を掃除して、それから本当に異音がするかどうかを確認することが大切。 次にエアコンの室外機から異音がする原因となるのが、部品の劣化や破損。 古いエアコンの室外機からは異音がしやすくなりますし、部品が破損してしまうと、ファンが回転するときに破損部分が接触して異音を出すこともあるのです。 室外機は家の外にあるため、風で飛来したゴミを巻き込んで部品が破損するというケースもあります。 室外機から異音がするときは、室外機を点検してもらうことも大切です。 最後に、エアコンの室外機の設置状態が悪い場合も異音がしやすくなります。 エアコンの室外機ではファンとコンプレッサーが稼働していて、稼働中は振動を起こしています。 正しく室外機が設置されていれば、この振動が異音や騒音になることはないのです。 しかし、室外機の設置状態に問題があれば、エアコンをつけたときに室外機が振動して、その振動が大きな音に変化。 異音や騒音となることがあるのです。 エアコンの室外機から異音や騒音がする場合、防振ゴムを使ったり、室外機の土台を変えたりすると音がしなくなることもあります。 室外機がガタガタと振動するような異音を出すときには有効な手段となるため、室外機の異音によっては検討することが良いですよ。 そのほか、エアコンは室内機と室外機がセットですから、室内機の影響が室外機に出てしまうこともあります。 エアコンから異音がしたときは、掃除が第一。 エアコンの掃除をしても異音が収まらないときは、専門業者に点検してもらうのが無難です。 自分で原因を探そうとしてエアコンを故障させることもあるため、十分に注意しておきましょう。 2 まとめ エアコンから異音がするときの原因と対処法を解説してきました。 エアコンから異音がするときは、ほとんどは部品の取りつけ直しや掃除で解消できます。 もしも部品を取りつけ直したり、エアコンを掃除したりしても解消できないときは、エアコンの故障が原因と疑われます。 速やかに専門業者に点検してもらうのが良いですよ。

次の

エアコンの選び方~能力と部屋の広さ[kw/畳数]の目安

エアコン 室外 機 大き さ

寒い時期や夏場など、欠かせない家電といえば「エアコン」。 冷暖房器具としてはもはや当たり前かもしれませんが、取り付け工事が必要で、新居への引っ越しや部屋に新しくエアコンを導入しようと検討する際、「エアコンの室外機の設置場所がないけどどうしよう」などと頭を悩ませている方もいるのではないでしょうか。 室外機は、エアコン本体が集めた部屋の中の熱を放出して捨てる役割を担っています。 そのため、室外機は屋外に設置される必要があるのです。 庭やベランダに室外機を設置しているケースは多いですよね。 となると、庭やベランダに設置場所がない場合はエアコンを置くことができないのでしょうか? 結論からいって、庭やベランダがなくてもエアコンの室外機を設置することはできます。 室外機の設置場所が見つからなくてもこれからご紹介する方法のうちいずれかを用いれば、新しく設けることができます。 今回はその方法や費用、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。 外壁に設置する「壁掛け」を利用する 庭やベランダに室外機を置くときは、標準的な設置工事として扱われています。 「壁面取り付け」などとも呼ばれる「壁掛け」という設置方法があります。 家の外壁に室外機を載せるための専用の棚を取り付け、その上に室外機を設置します。 専用の棚を取り付けるための作業が必要となりますので、2階ほどの高さなら脚立を利用して行われます。 3階以上の高さに取り付ける場合は、脚立以外の方法で足場を確保しなければなりません。 また、ベランダがある場合は「ベランダの外壁に取り付ける」という方法もあります。 家の外壁を設置スペースとして使用するため、「どこにも設置する場所がない」というケースでも利用できる点がメリットです。 その反面、取り付ける際には、作業の足場が確保できる外壁に限られることと、取り付ける棚の形状によっては室外機が周りを覆われる形になるので、「室外機の排熱効率が落ちて電力効率が下がる」というデメリットもあります。 アパートやマンションなどでベランダがない家も少なくないもの。 その場合は壁掛けすることによって設置することで解消できるかも。 戸建て住宅なら「屋根置き」できる 戸建て住宅の場合、屋根に室外機を設置する「屋根置き」という方法があります。 屋根に設置するので、屋上がなくても問題ありません。 屋根置きは、屋根の傾斜角度に応じて専用の台を取り付けて室外機を置く場所を確保します。 主に屋根のある戸建て住宅で用いられる方法ですが、屋根付き集合住宅に住んでいる人が利用することもあります。 ベランダがなくても室外機を設置できるのがメリットでしょう。 しかし、設置場所によっては室外機が直射日光に晒されやすくなるため、電力効率が落ちたり、室外機が傷みやすくなったりするのがデメリットです。 2階の部屋にエアコンをつける場合は「立ち下ろし」 アパートや戸建ての物件で、2階の部屋に室内機を取り付けたいものの、2階にベランダがなかったり、その部分には室外機を置きたくなかったりする場合に有効なのが「立ち下ろし」。 配管パイプを1階までおろして、室外機を1階に設置することができます。 3階以上の上層階にも立ち下ろしは可能ですが、配管が長くなればなるほど電力効率が落ちたり、そもそもの工事料金が高くなったりする傾向があります。 また、エアコンの性能によっては3階以上の高さからはおろせないものや、通常の能力を発揮できないものもあるので注意が必要です。 もう1台追加したいときには「2段置き」 すでに室外機を1台設置しており、もう1台追加したい場合は「2段置き」がおすすめです。 元から置いてある室外機に専用の棚を取り付け、その上にもう1台の室外機を設置します。 2台分が積み重なるので、それに応じた十分なスペースが確保できることが条件になります。 1台分の面積で2台設置できるのがメリットですが、下に置いてある室外機が棚に囲まれる形になるので、電力効率が悪くなるのはデメリットといえます。 ベランダのスペースを有効活用できる「天吊り」 ベランダに室外機を置くためのスペースが十分確保できない場合、「天吊り」という設置方法が使えます。 「天井吊り下げ」などと呼ばれることもある天吊りは、ベランダの天井部分に専用の棚を設け、そこに室外機を設置します。 「ベランダに室外機を置くことはできるけど、狭くなってしまう」という悩みを解消することもできます。 天吊りは室外機周りの通気性を確保できますが、ベランダが南向きの場合は室外機が日差しに晒されるため電力効率が落ちたり、室外機が傷みやすかったりするデメリットがあります。 工事費用はいくらかかる? どの設置法が適しているかは、住まいによってさまざまです。 また、必要な設備や作業内容も場所によって変わってくるため、まずは自分の家の場合はどれくらいの工事費用がかかるのか見積もってもらうようにしましょう。 今回ピックアップした5つの方法は、標準的な工事の範囲内に収まりません。 そのため、追加料金が発生する可能性が高いです。 通常よりも2万円程度は追加で料金がかかるものと想定しておくといいでしょう。 エアコンの設置工事は、工事専門の業者や引っ越し業者に依頼することができます。 新居に移り住む場合は引っ越し業者にまとめて依頼した方が手間も少なく安心ですが、特殊工事に対応しているかどうかについては確認するようにしましょう。 できるだけ費用はおさえたいところですが、業者選びは「安ければ安いほどいい」というわけでもありません。 業者によって、基本料金でできる工事の内容が異なるので、金額に含まれる作業をしっかりチェックしておく必要があります。 「やけに安いと思ったら基本工事でやってくれる範囲が狭くて、結局追加料金がたくさんかかってしまった」といったケースもあります。 金額と作業内容を確認して、失敗のないようにエアコン設置を依頼しましょう。 どうしても室外機が置けない場合は「窓用エアコン」 さて、これまでご紹介した方法でも室外機の設置が難しい場合、「窓用エアコン」を利用するという選択肢もあります。 窓用エアコンはエアコン本体と室外機が一体型になったもので、窓枠に設置して使用します。 設置工事の必要がなく、自分で取り付けられる点が非常に楽ですが、使用できるか否かは窓の大きさによります。 窓の大きさは窓用エアコンの種類によって異なりますので、窓用エアコンの導入を検討している方は確認するようにしましょう。 室外機を置く場所が見つからなかった部屋でも使える窓用エアコンにはメリットがたくさんありますが、普通のエアコンに比べてやや音が大きいところがデメリットといえます。 とはいえ扇風機よりやや大きい程度の騒音なので、そこまで神経質でなければ問題ないかもしれません。 エアコンの有無は、快適な居住空間であるために大きく関わってくるポイント。 室外機を設置する場所がないからといって、あきらめる必要は全くありません。 自分の住まいに合った方法を選択して、快適な暮らしを手に入れましょう。 (最終更新日:2019. 05).

次の