即位 礼 正殿 の 儀 出席 者。 即位礼正殿の儀

即位礼正殿の儀の参列者名簿の一覧は?招待国来賓のまとめ!

即位 礼 正殿 の 儀 出席 者

2019年4月30日に今上天皇が退位されます。 まだまだ先のことだと思っていましたが、平成も終わりに近づいてきましたね~! 今上天皇が退位されたあと、2019年5月1日に皇太子さまが新しい天皇に即位されるわけですが、それに伴い「即位の礼」という儀式が行われることをご存知でしょうか。 即位の礼とは一体、どのような儀式なのでしょうか。 また、日時はいつなのか、場所も気になります! そこで今回は、即位の礼について詳しくまとめてみました! スポンサーリンク 即位の礼とは それでは、即位の礼とは何かについてわかりやすく説明していきます! まず、「即位」とは次の天皇となる皇位継承順位1位の人物 皇嗣 こうし が、新しく皇位に就くことです。 そして、 「即位の礼」とは天皇が位についたことを公に告げる儀式で、皇室典範には「皇位の継承があった時には、即位の礼を行う」と規定されていますが、内容についての具体的な規定はありません。 そのため、昭和天皇の崩御前後から、即位の礼をどの様に行うのか様々な立場から論議が起きました。 即位の礼は、以下の 5つの儀式が行われます。 これら5つの即位の礼の儀式は、いずれも国事行為とされており挙行日はその年限りの祝日となることが慣例となっています。 そして今回も、皇太子さまが即位される2019年5月1日と、即位礼正殿の儀が行われる2019年10月22日を2019年に限り祝日とする法律が、すでに可決し成立されています。 これによって、2019年のゴールデンウィークは10連休となります。 大日本帝国憲法下で即位の礼を行った大正天皇と昭和天皇は、天皇が直接発する勅令によって即位の礼が祝日となり、日本国憲法下で即位の礼を行った今上天皇は、法律により祝日となりました。 三種の神器とは「剣・玉・鏡」のことで、剣璽とは剣と曲玉のことです。 明治の終わりに公布され即位の儀式や元号の制定などが定められた「登極令 とうきょくれい 」には、即位の礼の1つとして「剣璽渡御 とぎょ の儀」の規定がありました。 剣璽渡御の儀は平安時代に形がつくられたとされており、即位した天皇が剣と曲玉を受け継ぐ儀式です。 戦後、登極令が廃止されたため規定もなくなりましたが、天皇陛下が即位される際には登極令などを参考にして、剣璽等承継の儀として即位の礼の儀式の1つとされました。 今上天皇が皇位継承された際の剣璽等承継の儀は、昭和天皇が崩御された昭和64年1月7日の午前10時から、場所は皇居・宮殿の松の間で行われました。 出席者は皇太子さまをはじめとした男性皇族や、衆議院議長や参議院議長、内閣総理大臣、最高裁判長官などの三権の長で全員男性でした。 明治時代の皇室典範に男系の男子による皇位継承が明記されてから、剣璽等承継の儀には皇位継承権のある男性の皇族しか出席していません。 しかし、これは慣例なだけで皇室典範には女性皇族が出席してはいけないと書かれているわけではないそうです。 今度の剣璽等承継の儀の際には、女性閣僚の出席を認める方向で検討されています。 儀式の模様が世界中に報道されるため、女性の出席者の姿がないと女性蔑視の国だと評価されないためです。 この先、女性皇族が出席する日も来るのでしょうか。 儀式の流れは、天皇陛下が松の間に入られると、剣・曲玉・国璽・御璽を持った侍従たちが天皇陛下の前に出て案と呼ばれる台の上にそれらを置きました。 そして、天皇陛下が退出される際には天皇陛下の前には剣を持った侍従がつき、後ろには曲玉を持った侍従がつき、それに続いて国璽と御璽を持った侍従がつき従いました。 その後、出席者が退出すると儀式は終了しました。 今上天皇が即位された際の即位御朝見の儀は、昭和天皇が崩御されてから2日後の平成元年1月9日の午前11時から、場所は皇居・宮殿の松の間で行われました。 出席者は皇太子さまをはじめとした皇族の方々や、三権の長を含めた約240人ほどでした。 儀式の中で、天皇陛下が即位してのお言葉を述べられると、出席者代表の総理大臣が「天皇陛下は国民統合の象徴。 世界に開かれ、活力に満ち、文化豊かな日本の建設を誓う。 」などと答えました。 5つの即位の礼の中でも中心的な儀式で、今上天皇が即位された際の即位礼正殿の儀は、即位してから約2年後の平成2年11月12日に、場所は皇居の宮殿の松の間で行われました。 松の間の前にある庭に色とりどりの旗が並べられ、儀式のために束帯姿の宮内庁の職員たちが太刀や弓などを持って控えていました。 出席者は、世界158ヶ国の元首や祝賀使節を含めた約2,200人でした。 出席者たちが席につくと三権の長が松の間に入り、それに続いて男性皇族たちが束帯姿で天皇がつく高御座 たかみくら の前に並び、女性皇族は十二単姿で皇后がつく御帳台 みちょうだい の前に並ばれました。 その後、儀式での天皇の装束とされている黄櫨染御袍 こうろぜんのごほう 姿の天皇陛下が、皇位のあかしである剣や曲玉を持った侍従と共に松の間に入ると、高御座にのぼられると、それに続いて 十二単姿の皇后さまが御帳台にのぼられました。 高御座と御帳台の間に垂らしたとばりが開けられると出席者が起立し、天皇陛下が「日本国憲法・皇室典範の定めにより、さきに皇位継承をしましたが、即位礼正殿の儀によって即位を内外に宣明いたします。 」とのお言葉を述べられました。 その後、出席者の代表として総理大臣がお祝いの言葉を述べ、出席者たちが万歳三唱をすると、天皇皇后両陛下が退出され儀式は終了しました。 今上天皇が即位された際の祝賀御列の儀は、先ほど説明した即位礼正殿の儀に続いて行われました 天皇皇后両陛下は、皇居の宮殿から両陛下のお住まいがあった赤坂御用地までの約4. 7kmをオープンカーでパレードされ、そのお姿を見るために約11万7,000人が沿道につめかけました。 警備の規模は約9,000人で、パレードの車列の先頭は警視庁の白バイで、その後ろに神宮警察の白バイサイドカー、敬語車両、政府関係者を乗せた車が続き、白バイや皇宮警察のサイドカーに前後を護衛されて両陛下が乗られたオープンカーが登場しました。 両陛下が乗られたお車の後ろには、皇太子さまが乗られたお車や宮内庁関係者などの車が続き、その長さは400mにもなったそうです。 パレードであれば 見に行きたいと思いますが、沿道に多くの人たちがつめかけるでしょうから、テレビ中継の方がしっかりとお姿を見られそうですよね~。 でも、歴史的な瞬間の雰囲気を味わいたい気もします! また、パレードに使用するお車には国産車とする方向で、儀式にもふさわしい車格のオープンカーとし、安全や環境性能に優れた車を新たに調達するとのことでしたが、トヨタのセンチュリーが採用されたようです! 今回のパレードのルートは出発地点と到着地点だけ決まっており、ルートの詳細はまだ決まっていないようですが、 前回のルートと同じになるのではないかと言われています。 参考までに前回のルートをまとめると、出発地点の皇居をスタートすると国会議事堂前を通過し、青山通りを抜けて青山一丁目の交差点を曲がっり到着地点の東宮御所に到着しました。 前回は、木に登ってパレードを見ていた人もいたようですが、くれぐれもケガ人などが出て騒ぎにならないことを願います。 今上天皇が即位された際の饗宴の儀は、先ほど説明した即位礼正殿の儀と祝賀御列の儀が行われた日の夜に、場所は皇居・宮殿の豊明殿に1回目が行われました。 出席者は外国の元首や祝賀使節なとで、この日から4日間で合計7回行われました。 饗宴の儀は、即位の礼の最後の儀式です。 即位の礼とは、次の天皇となる皇位継承者が即位した日に行われる儀式ではなく、長い期間をかけてさまざまな儀式が行われるんですね~! 即位の礼はいつ?場所は? 即位の礼とは、1度きりの儀式ではなく一連の儀式があることがわかりましたが、それぞれの儀式はいつ、場所はどこで行われるのでしょうか。 生前退位を広く明らかにするために、退位前に国民の代表に会われるそうです。 そして、 2019年11月14日~15日にかけて、皇居の東御苑にて即位後初の新嘗祭となる、「 大嘗祭」が皇居の東御苑に新設される 大嘗宮にて行われます。 なお、今上天皇が即位さてた際に行われた大嘗祭は、大嘗宮を皇居の東御苑に設営するために14億5,000万円の費用がかかり、総額で22億5,000万円にも上ったそうです。 当時よりも建築材料費や労務費などが高騰しているため、これ以上の金額になると予想されています。 設営された大嘗宮は、儀式が終了すると即座に撤去される儀式用の施設ということもあり、その金額に驚きです!! この大嘗祭については、秋篠宮文仁親王が「宗教色が強いものを国費でまかなうことは適切なのか。 」などと公に疑義を呈して波紋が広がったことは、記憶に新しいかと 思います。 この議論に対してはさまざまな意見があり、今後どうなっていくのか注目されます。 スポンサーリンク 即位の礼の儀式が簡素化される!? 新天皇として即位する皇太子さまの即位の礼について、政府は式典委員会を設置して儀式の簡素化の検討を始めました。 即位日となる2019年5月1日には皇太子は59歳、雅子さまは55歳で療養中でもあります。 負担の軽減も目指して前回よりも出席者を絞り、饗宴の儀を立食形式にして回数を減らす検討 がされました。 また、即位礼正殿の儀についても出席者の人数を減らす検討がされました。 前回は約2,200人の出席者でしたが、皇居の宮殿の松の間に全員収容できないため、中庭の植え込みを撤去するなどして対応しました。 しかし、負担を減らすためもありますが、雨に対応しづらいリスクもあり検討すべきという声も上がりました。 まとめ 即位の礼とは何かについて詳しくまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。 即位の礼とは、1つの儀式のことではなく一連の儀式があることがわかりました。 また、儀式がいつ行われるのかも気になりますが、2019年5月1日に剣璽等承継の儀と即位御朝見の儀が行われ、2019年10月22日に即位礼正殿の儀、祝賀御列の儀、饗宴の儀が行われます。 やはり、国民に向けての祝賀御列の儀のパレードに注目が集まりそうですね~! 最後まで読んで頂き、ありがとうございました! スポンサーリンク•

次の

天皇陛下 ご即位から1年…雅子さまと切り開かれる皇室の未来

即位 礼 正殿 の 儀 出席 者

安倍昭恵夫人が注目を集めた理由がこちら。 ん・・・? んんん~!!? 座ったときに膝が出てしまうドレスの丈といい、 なぞの振袖といい、たしかに突っ込みたくなる気持ちがわかりますね! 友人の結婚式のちょっとした失敗ならまだしも、 天皇陛下の「即位礼正殿の儀」という、日本だけでなく、各国の重鎮も出席するフォーマル以外の何でもない場に、 なぜあえてこのドレスをチョイスしたのでしょうか。 そのチャレンジ精神は、ある意味見事です・・・ どこのブランドの服なのか? 注目されているこの安倍昭恵夫人の服。 いったいどこのブランドの服なのでしょうか? 安倍昭恵夫人といえば、ファーストレディとして海外を訪問する際などには、 できるだけ日本ブランドの服を選ぶようにしている方ですよね。 これまでも「まとふ」や「ハナエモリ」を着用していました。 おそらく今回も日本ブランドの服ではないかと思われますが、 残念ながらどこのブランドの服かはまだわかりませんでした。 ある意味良い宣伝になるかもしれませんね。 「即位礼正殿の儀」の服は着回しの服か? 安倍首相とともに「即位礼正殿の儀」に参加する安倍昭恵夫人。 この特徴的なドレスですが、別の場ですでに着用したことがあると思われる画像が見つかりました。 こちらの画像です。 同じ服に見えますね。 もちろん同じ服を何回着ても問題ないというか、服なんだから当たり前なのですが、 今回は「即位礼正殿の儀」に出席するための服なので、 着物ならまだしも、ドレスはこれまで公の場で見せていないものを着たい、 と思ってもいい気もするのですが、お気に入りのドレスなのかもしれませんね。 海外からの参列者の素敵なファッションをご紹介! 最後に、海外から参列された方の素敵な正装姿をご紹介します。

次の

【図解・社会】即位礼正殿の儀の座席位置(2018年11月):時事ドットコム

即位 礼 正殿 の 儀 出席 者

10月22日に『即位礼正殿の儀』 【SNS更新】明日の「即位礼正殿の儀」に参列するため、数多くの外国首脳が、続々と来日してくださっています。 日本国民を代表して、心からの歓迎の意を表します。 本日は朝から、迎賓館にて、20を越える国々の国王、大統領、首相らをお迎えし、会談を行いました。 明日以降も会談は続きます。 (続く) — 首相官邸 kantei 「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿(せいでん)の儀」が22日、国内外から約2千人が出席し、国事行為として皇居・宮殿で執り行われる。 5月1日に天皇陛下が即位されてから約半年。 陛下は改めて古式装束「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」に身を包み、玉座「高御座(たかみくら)」で即位を宣明される。 引用: 2019年10月22日に天皇が即位したことを国内外に知らせる儀式『即位礼正殿の儀』が執り行われます。 なんと国内外から約2000人が参加するということで本当にすごい方々が集結します。 そこでどんな重要人物が集まるのか気になりますよね。 招待国や参加者は誰? Welcome to Tokyo,! Secretary Chao is leading the Presidential Delegation to the Ceremony of the Enthronement of His Majesty the Emperor Naruhito. ようこそ東京へ! チャオ運輸長官は、即位礼正殿の儀に米国大統領代表団を率い参列します。 — ジョセフ・M・ヤング 駐日米国臨時代理大使 USAmbJapan そして国外で参加する国や出席者についてです。 174カ国を招待したということで、参加者が分かっている国は以下のようです。 ・スウェーデン(カール16世グスタフ国王、ヴィクトリア皇太子) ・オランダ(ウィレム=アレクサンダー国王、マクシマ王妃) ・スペイン(フェリペ6世国王、レティシア王妃) ・ベルギー(フィリップ国王、マティルド王妃) ・ルクセンブルク(アンリ大公) ・モナコ(アルベール2世大公) ・カンボジア(ノロドム・シハモニ国王) ・マレーシア(アブドゥラ国王、トゥンク・アジザ王妃) ・ブルネイ(ハサナル・ボルキア国王) ・ブータン(ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王、ジェツン・ペマ・ワンチュク王妃) ・ヨルダン(アブドゥッラー2世国王) ・カタール(タミーム・ビン・ハマド・アール=サーニー首長) ・エスワティニ(ムスワティ3世国王) ・レソト(レツィエ3世国王) ・トンガ(トゥポウ6世国王) ・ブラジル(ジャイール・ボルソナーロ大統領) ・ウクライナ(ウォロディミル・ゼレンスキー大統領) ・ドイツ(フランク=ヴァルター・シュタインマイアー大統領、エルケ・ビューデンベンダー大統領夫人) ・ジョージア(サロメ・ズラビシュヴィリ大統領) ・キプロス(ニコス・アナスタシアディス大統領) ・インド(ラーム・ナート・コーヴィンド大統領) ・パキスタン(アリフ・アルヴィ大統領) ・バングラデシュ(アブドゥル・ハーミド大統領) ・コモロ(アザリ・アスマニ大統領) ・ネパール(ビドヤ・デビ・バンダリ大統領) ・コソボ(ハシム・サチ大統領) ・モルドバ(イゴル・ドドン大統領) ・オーストリア(アレクサンダー・ファン・デア・ベレン大統領) ・フィリピン(ロドリゴ・ドゥテルテ大統領) ・パレスチナ(マフムード・アッバース大統領) ・マルタ(ジョージ・ヴェラ大統領、ミリアム・グリマ大統領夫人) ・ベナン(パトリス・タロン大統領) ・コートジボワール(アラサン・ワタラ大統領) ・フィンランド(サウリ・ニーニスト大統領、イェンニ・ハウキオ大統領夫人) ・ハンガリー(アーデル・ヤーノシュ大統領) ・スロベニア(ボルト・パホル大統領) ・スロバキア(ズザナ・チャプトヴァー大統領) ・リトアニア(ギタナス・ナウセダ大統領、ディアナ・ネパイテ=ナウセディエネ大統領夫人) ・アルメニア(アルメン・サルキシャン大統領、ヌネ・サルキシャン大統領夫人) ・ラトビア(エギルス・レヴィッツ大統領) ・ボスニア・ヘルツェゴビナ(ジェリコ・コムシッチ大統領評議会議長) ・モルディブ(イブラヒム・モハメド・ソリ大統領、ファズナ・アハマド大統領夫人) ・フィジー(ジオジ・コンロテ大統領) ・キルギス(ソーロンバイ・ジェーンベコフ大統領) ・トルクメニスタン(グルバングル・ベルディムハメドフ大統領) ・パナマ(ラウレンティノ・コルティソ大統領、ヤズミン・コロン・デ・コルティソ大統領夫人) ・スリランカ(マイトリーパーラ・シリセーナ大統領、ジャヤンティ・プシュパ・クマリ大統領夫人) ・ルーマニア(クラウス・ヨハニス大統領) ・モンテネグロ(ミロ・ジュカノヴィチ大統領、リディヤ・クッチ大統領夫人) ・アフガニスタン(アシュラフ・ガニー大統領) ・アフガニスタン(アシュラフ・ガニー大統領) ・ブルガリア(ルメン・ラデフ大統領) ・コンゴ民主共和国(フェリックス・チセケディ大統領) ・ケニア(ウフル・ケニヤッタ大統領、マーガレット・ケニヤッタ大統領夫人) ・ニジェール(マハマドゥ・イスフ大統領) ・コートジボワール(アラサン・ワタラ大統領) ・パラオ(トミー・レメンゲサウ大統領) ・ミクロネシア連邦(デイヴィッド・パヌエロ大統領) ・マーシャル諸島(ヒルダ・ハイネ大統領) ・イギリス(ウェールズ公チャールズ王太子) ・ノルウェー(ホーコン王太子) ・デンマーク(フレデリック王太子、メアリー王太子妃) ・リヒテンシュタイン(アロイス・フォン・リヒテンシュタイン公世子) ・サウジアラビア(ムハンマド・ビン・サルマーン王太子) ・バーレーン(サルマン・ビン・ハマド・アール・ハリーファ王太子) ・オーストラリア(デイヴィッド・ハーレイ総督) ・ニュージーランド(パツィー・レディ総督) ・パプアニューギニア(ボブ・ダダエ総督) ・ミャンマー(アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相) ・中華人民共和国(王岐山国家副主席) ・韓国(李洛淵首相) ・モンゴル(ウフナーギーン・フレルスフ首相) ・ベトナム(グエン・スアン・フック首相) ・タイ(プラユット・チャンオチャ首相) ・イスラエル(ベンヤミン・ネタニヤフ首相) ・チェコ(アンドレイ・バビシュ首相) ・セルビア(アナ・ブルナビッチ首相) ・カメルーン(ジョセフ・ディオン・ングテ首相) ・セーシェル(ヴィンセント・メリトン副大統領) ・インドネシア(マールフ・アミン副大統領) ・キューバ(ロベルト・モラレス・オジェダ副大統領) ・アルゼンチン(ガブリエラ・ミケティ副大統領) ・パラグアイ(ウーゴ・ベラスケス副大統領) ・香港(林鄭月娥行政長官) ・クウェート(ナーセル・アッ=サバーハ王族、元首相) ・オマーン(アスアド・ビン・ターリク・アール・サイード王族、国際関係・協力担当副首相) ・アラブ首長国連邦(ハッザーア・ビン・ザーイド王族、国家安全保障顧問相) ・アメリカ合衆国(イレーン・チャオ運輸長官) ・カナダ(リチャード・ワグナー最高裁判事) ・イタリア(マリア・エリザベッタ・アルベルティ・カゼッラーティ上院議長) ・カザフスタン(ダリガ・ナザルバエフ上院議長) ・ロシア(イリヤス・ウマハノフ上院副議長) ・イラン(ラヤ・ジョネイデイ法務担当副大統領) ・アゼルバイジャン(オグタイ・アサドフ国会議長) ・コロンビア(カルロス・オルメス・トルヒージョ外務大臣) ・ペルー(フランチェスコ・ペトロッツィ文化大臣) ・ウルグアイ(ロドルフォ・ニン・ノバ外務大臣) ・エジプト(カレード・アル・アナニ考古大臣) ・南アフリカ共和国(キャンディス・マシーゴ・ドラミニ国際関係・協力省次官) ・ツバル(サイモン・ロバート・コフェ法務・通信・外務大臣) ・バチカン(フランチェスコ・モンテリージ枢機卿) ・国際連合(マリア・ルイザ・リベイロ・ヴィオッティ事務総長官房長) ・欧州連合(フェデリカ・モゲリーニ外務・安全保障政策上級代表) ・フランス(ニコラ・サルコジ元大統領) ・チリ(エドゥアルド・フレイ・ルイスタグレ元大統領) ・ジンバブエ(シンバラシェ・ムンベンゲグウィ元外務大臣) とんでもない数の王族やらが出席するようですね!! どれほど大きな儀式なのかこれでわかりますよね。

次の