梅雨入り 四国 2019。 梅雨入り2019九州や四国と中国地方の平均は?気になる関西も調査!

異例づくしの「今年の梅雨」 この先は? 1か月予報(日直予報士 2019年06月20日)

梅雨入り 四国 2019

遅れている西日本の梅雨入り 令和元年(2019年)の梅雨は、太平洋高気圧の勢力が弱いために、梅雨前線が沖縄付近から南に下がることが多く、東北地方北部まで梅雨入りしたのに、西日本(九州北部・四国・中国・近畿)の梅雨入りが遅れています(表1)。 表1 令和元年(2019年)の梅雨入り 平年の梅雨入りが、九州北部と四国では6月5日、中国・近畿が6月7日ですから、すでに半月も遅れています。 昭和38年(1963年)は、春から暖かい気候となり、梅雨入りが特定できなかった唯一の年ですが、これを除くと、6月21日が「遅い梅雨入り」の記録更新の目安となります(表2)。 表2 西日本の遅い梅雨入り 梅雨入りをした沖縄は、梅雨前線によって連日の雨となっていますが、東日本や東北での梅雨入り後の曇りや雨は、梅雨前線によるものではありません。 上空に寒気が入ったことによって大気が不安定になったことで生じたもので局地的なものです。 教科書に載っている梅雨ではありません。 第一、オホーツク海には梅雨の主役である高気圧(オホーツク海高気圧)はありません。 水曜日の雨 6月19日(水)は、梅雨前線が久しぶりに北上し、前線上の東シナ海で低気圧が発生する見込みです(図1)。 図1 予想天気図(6月19日9時の予想) この低気圧による雨は、九州南部や奄美、沖縄といった、すでに梅雨入りをしている地方が中心です(図2)。 図2 雨と風の予想(6月19日9時の予想) 九州南部から雨域が東に広がってきますが、梅雨前線の北側には移動性高気圧があって、雨域の北上を抑える働きをしますので、中国や四国の雨は一時的です。 したがって、西日本は、19日の雨での梅雨入りはなさそうです。 図3 各地の10日間予報 各地の10日間予報を見ると、高知における次の雨は、22日ですので、四国の梅雨入りは22日と言いたくなりますが、24~25日が晴れの予報となっていますので、さらにその次の26日になるかもしれません。 大阪や広島では、26日まで雨マークのない天気が続くという予報ですので、「27日が梅雨入りの日」になるかもしれません。 あるいは、26日もダメとなると、「梅雨入りを特定できなかった年」になるかもしれません。 梅雨前線北上の兆し 令和になってから、北太平洋赤道域では対流活動が不活発で、積乱雲の発生が少ない状態が続いていました。 したがって、台風の卵である熱帯低気圧も発生していませんでした。 しかし、6月18日あたりから、北太平洋赤道域の対流活動が活発となり、熱帯低気圧も発生するようになりました(図4)。 図4 地上天気図(6月18日15時) この熱帯低気圧が直接日本に影響するものではありませんが、北太平洋赤道域の対流活動が活発となったことによって、上昇した空気がその北側にある太平洋高気圧の上で下降し、太平洋高気圧を強化することが考えられます。 つまり、太平洋高気圧が強め、梅雨前線が押し上げることが考えられますので、北太平洋赤道域の活発な対流活動は、梅雨前線北上の兆し(西日本で梅雨入りの兆し)になるかもしれません。 梅雨末期の豪雨 西日本では、梅雨入りが遅れているために水不足となっていますが、気になるデータもあります。 梅雨入りが特定できなかった昭和38年(1963年)は、豪雨被害が発生した直後に夏の暑さとなっていますので、梅雨末期豪雨も、梅雨明けの日もあります。 また、遅い梅雨入り記録がでている昭和42年(1967年)は、「昭和42年(1967年)7月豪雨」と呼ばれる梅雨末期の豪雨で、九州北部から中部地方で大きな被害がでました。 梅雨入りが遅れて水不足の西日本ですが、 梅雨末期の豪雨には警戒が必要です。 図1、図4、表1の出典:気象庁ホームページ。 図2、図3の出典:ウェザーマップ提供。 表2の出典:気象庁ホームページをもとに著者作成。

次の

気象庁

梅雨入り 四国 2019

6月7日ごろに東海、関東甲信、北陸、東北南部が一斉に梅雨入りし、15日ごろには東北北部も梅雨入りの発表がありました。 一方、九州北部、中国、四国、近畿の梅雨入りは6月26日ごろと統計開始以来、最も遅くなりました。 四国や近畿は1963年の特定しない年を除く 東日本や北日本では、湿った空気や上空の寒気の影響で、雨の降る日が多くなったものの、梅雨前線はなかなか本州付近まで北上せず、西日本では晴れ間の広がった日が多くなりました。 6月1日から28日までの降水量は、東京都心で216. 5ミリとこの期間の平年の降水量 154. 3ミリ の1. 4倍になりました。 一方で、福岡市は86. 0ミリと平年 227. 7ミリ の半分以下で少雨となりました。 沖縄の降水量は平年の2倍近く多く.

次の

梅雨入り

梅雨入り 四国 2019

今年の梅雨は、いつもの年とは、かなり違っています。 違いの1つめは、「梅雨入り」が遅れていること。 平年ですと、この時期は、沖縄から東北にかけて「梅雨の真っ最中」ですが 梅雨前線は北海道までは北上しないので、北海道には梅雨がありません 、20日木曜日現在、九州北部や四国、中国、近畿では、まだ梅雨入りが発表されていません。 原因は、梅雨前線がなかなか北上しないから。 九州北部や四国、中国、近畿は、1951年の統計開始以来、梅雨入りが最も遅い記録に並んだり、遅い記録を更新する可能性もあります。 違いの2つめは、メリハリのある梅雨になっている所もあること。 関東甲信地方は6月7日ごろに梅雨入りして、東京都心では7日に19. 5ミリの降水量を観測しましたました。 ただ、その後、まとまった雨が降ったのは、2日間だけ。 10日に92. 5ミリ、15日に51. 0ミリの雨を観測し、7日~19日の総雨量の約8割の雨が、この2日間で降りました。 そのほかの日は、雨が降ったとしても、日降水量が10ミリ以下でした。 違いの3つめは、「梅雨明け」が遅れる所もあること。 平年ですと、沖縄の梅雨明けは6月23日ごろですが、この先の予報をみると、沖縄はしばらく曇りや雨の日が多いので、梅雨明けが遅れそうです。 沖縄・奄美 梅雨明けが遅れるだけでなく 大雨も また、前線や湿った東よりの風の影響で、東日本の太平洋側や西日本の太平洋側では、1か月全体の降水量は、平年並みか多いでしょう。 20日木曜日現在、まだ梅雨入りしていない四国や近畿でも、この先は傘の出番が増えそうです。 一方、北日本と、東日本の日本海側、西日本の日本海側では、1か月全体の降水量は平年並みですが、「梅雨前線がなかなか北上しない」のがポイントです。 東日本の日本海側と西日本の日本海側は、特に6月22日~28日の週は、まだ梅雨前線の影響をあまり受けないので、曇りや雨の日が少なくなりそうです。 九州北部など、西日本の日本海側では、5月から降水量の少なくなっている所がありますが、この先も少雨の状態が続く所がありますので、水不足に注意が必要です。 西日本 梅雨入りしても「梅雨寒」に そして、1か月全体の気温をみると、西日本では、寒気の影響を受けるため、平年並みか低いでしょう。 梅雨入りが遅れている所は、やっと梅雨入りしたとしても、梅雨寒の日が多くなりそうです。 特に、6月22日~28日の週は、西日本の平均気温は平年より低いので、服装選びにお気をつけ下さい。 今年の梅雨は、全国的に、いつも通りとはいきませんが、最新の予報をこまめにチェックして、雨の季節を乗り切って下さい。

次の