ファイ ルーズ。 ファイルーズあいとは誰?経歴や本名・彼氏の有無を調べてみた!|ぱぐMAG

愛しきベイルート アラブの歌姫|HMV&BOOKS onlineニュース

ファイ ルーズ

「ダンベル何キロ持てる?」で主演デビュー 2019年7月にTVアニメ「ダンベル何キロ持てる?」がスタート。 『ダンベル何キロ持てる?』なかやまきんに君&ファイルーズあいのインタビューコメント到着!! 食べることが大好きな女子高生・紗倉 ひびき さくら・ひびき が、「ひびき…また、お前太った?」という友人の一言がきっかけでダイエットを決心。 夏休みまでに絶対に痩せてみせると向かった先は、トレーニングジム。 そのジムで同級生の出会いがありながら、 理想のカラダを手に入れるためにトレーニングするというストーリーのアニメです。 アニメ「ダンベル何キロ持てる?」の主人公の紗倉 ひびき さくら・ひびき 役を、ファイルーズあいさんが担当。 ファイルーズあいさんは、主演の紗倉 ひびき さくら・ひびき 役以外に、アニメ「ダンベル何キロ持てる?」の 主題歌『お願いマッスル』のボーカルも担当しています。 アニメの主演や主題歌を歌うのは初めてというファイルーズあいさん。 ニコニコ動画では 「すごい声優が現れた」と大絶賛。 またTwitterでは「ファイルーズあい」と検索すると、サジェストに「 上手い」と出てくるなど新人とは思えない圧倒的な支持を集めています。 筋トレが好き過ぎて、ジムでバイトしていていた!? そもそもなぜファイルーズあいさんが、「みんなで筋肉体操」や筋トレアニメ「ダンベル何キロ持てる?」に出演しているのでしょう? その理由は、ファイルーズあいさんが めちゃくちゃ筋トレにハマっているから。 筋トレが好きすぎて、施設を無料で使いたいがために スポーツジムでバイトしていたみたいです。 とはいえ、最初から筋トレにハマっていたわけではありません。 もともと運動が嫌いで、ジムに行く人を「正気なの?」「へぇ~」とって眺めながら唐揚げ食べてるタイプだったファイルーズあいさん。 声優のスキルアップ、お腹から声を出す時に筋肉が必要なので始めたのがきっかけみたいです。 役作りのために始めた筋トレが、いざ始めてみたらめちゃくちゃ楽しく、筋トレの魅力にどっぷりハマることになります。 筋トレをすることで、 自分に自信がついて、ポジティブになったというファイルーズあいさん。 昔は腕を出すことが苦手で夏でも長袖を着ていましたが、筋トレを始めてから自信をもってノースリーブが着られるようになったと喜んでいるみたいです。 絵もプロ並みに上手 声優・歌手・筋トレと多彩な才能の持ち主のファイルーズあいさん。 デザイナーを本業にできそうな感じですが、「 好きなものを描いていたいので趣味でいいな」と本人はコメントしています。 筋トレにハマってから、「 ずっと座って描いたりしてると、筋肉が落ちちゃうんじゃないかと思って」という理由で、最近はあまり絵を書かなくなったみたいです。 絵を書く才能もあるので、「ダンベル何キロ持てる?」出演経験を活かし、ファイルーズあい自身が描いたマンガがアニメ化されることを期待したいですね。

次の

ファイルーズ

ファイ ルーズ

スポンサーリンク ファイルーズあいの筋肉がすごい ファイルーズあいさんの趣味は、ホラー映画鑑賞、筋トレ。 特技はアラビア語エジプト方言の日常会話、デスボイス。 筋トレに関しては週3で本格的なトレーニングをするためにジム通いをするほどよ。 筋トレがきっかけで、テレビアニメ「ダンベル何キロ持てる? 」の企画でなかやまきんに君と筋トレを行う動画が公開されたわね(笑) 今回の『みんなで筋肉体操』もそうね。 自らも美しい筋肉を手に入れるべくスポーツジムで勤務するかたわら、トレーニングをようになったわ。 ファイルーズあいの絵がうまい ファイルーズあいさんは、絵を描くことも趣味よ。 これがイラストレーターかと思うほどうまいの。 でもファイルーズあいさんに似てる? ファイルーズあいのデスボイスがすごい ファイルーズあいさんの特技は、デスボイス。 いわゆる 、強い怒りや悲しみなどの感情や、不気味さ、汚さ、痛みや苦しみなどを表現するために使われる悪声のことよ。 残念ながら披露してるのは見つからなかったわ。

次の

【ダンベル何キロ持てる?】ファイルーズあいは本名?上手いと評判!日課や最新作も

ファイ ルーズ

ファイルーズあい(ouz )とは、のである。 所属()。 概要 生まれ。。 人のとのので、はミング選手のギ。 エキゾな顔立ちが特徴。 ちなみにの発音は「」と同じとのこと()。 からの端役経験を経て「」にての役にて演。 初の作品がいきなり役な上に、あのを髣髴とさせる色と新人とは思えぬ実を伴った演技でおよびを震撼させた。 での経験を持ち、がの一つ。 下記関連にある、とのは必見だぞ!の他にもを書くのも。 ()で会話が可。 がに育てようと庭内でもで会話していたため。 ただ、になってからは「もういいよね」と底しなくなったため、はやや薄れてきているとのこと。 5年の頃からまでのロで過ごした。 現地ではの周りのを走る「持久走」があったとか…。 時にへ戻ってきたが、の常としてなかなかに染めなかった。 そんな時に「」(第6部:)に出会い、のに憧れる。 そして、で当の会を開いたりしているうちに、「」がになったら出演したいという想いをつのらせ、このをすことになった。 ちなみに、演じたいのは憧れのではなく、を助けるだとか。 後はのに通ったが、3年生の時にどうしてもへの夢を諦めきれずに、の養成所へ行きたいと親に打ち明ける。 だが、からは「が嫌でそう言っているのではないか」と摘され、1年間は助手としてちゃんと働いて、資を自分で作った上で養成所に入りに至る。 乗技検定4級のを持つ。 これは、第7部「」を読んで、に乗りたいと思ったから。 他に読むは「」「」「」といった血湧き躍る男臭い作品や、「」、「」といった作品など。 交友関係は、「」などに出演していると同じとして仲がいい。 「」で共演しているとも意気投合しているという。 しかも、や同様に共演しているとは同い年だとので話している。 第14回で新人賞を受賞。 ( えりぴよ)• ( ・)• ( )• (ヴァルキュレ)• ザード THE (南野るり) ゲーム• (フィーナ)• REFLECTION (識)• () 関連動画 関連リンク• (所属)内所属紹介「」 関連項目•

次の