木 も れ 陽 意味。 五井穴の名前の意味

知っておきたい「木の陰陽」

木 も れ 陽 意味

五行シリーズ2回目です。 今回のテーマは『木』の五行です。 まあ、ダイレクトに『木』の五行は木を表すこともありますが、正確には 木みたいな性質がある気 エネルギー ということを覚えて下さい。 ・木は『曲直』の性質があります。 自然界の木々は真っ直ぐなものもあるし、曲がったものもありますよね。 ・土を剋して崩し、火を生じて燃やし、金に剋され倒されます。 これは言わずもがなですね。 また、木と木が出会えば、同じ五行ということで、助けられて強くなります。 ・木は柔らくて生い茂るもので、穏健、優雅の性質持っています。 ・色は緑、青です。 ・時間は早朝です。 ・季節は春です。 ・方角は東です。 ・味は酸っぱいです。 ・六獣は青竜になります。 ・八卦では震と巽になります。 ・天干は甲 陽の木 、乙 陰の木 です。 ・地支は寅 陽の木 、卯 陰の木 です。 基本的には陽が大きくて積極的、陰が小さくて消極的な性質があります。 例えば、甲、寅が大木なら、乙、卯が草花です。 ・身体で表せば、肝臓 五臓 と胆嚢 六腑 です。 ・木が強ければ、スマートで背が高くて手足が細長く、髪が美しいです。 弱ければ、痩せて背が高く髪が少ないです。 ・木の五常 五徳 は仁で、基本的には素直で優しい意味があります。 ・性格では、木が強ければ、穏やかで良心的で理性的です。 また同情心に富み博愛主義者です。 木が弱ければ、交際範囲が狭く嫉妬深いです。 ・場所、事象では、木、草、林、森、竹、紙、木製の家具、細長いもの、棒状のもの、警察、軍隊の意味があります。 ・飲食関係では、酸っぱいもの、野菜、山菜、精進料理などを表します。 ・仕事では、木材製品、家具、紡績、機織、建築材料、装飾、紙、花、園芸、アロマテラピーなどです。 ・風水的には、植物、庭、家具、柱、仕事、事業、職場を表します。 大黒天• 売卜業• 売卜歴12年• 得意な占い 五行易• モットー 抜苦与楽• 多摩美術大学在学中より、自分とは何か?と問いを持ち、あらゆる精神世界(宗教、芸術、気功、瞑想、シャーマニズム、神秘主義等)のフィールドを彷徨いながら探求し、その過程で中国系の占い(易学、風水等)に出会い研究を重ねる。 その結果、的中率90%を超えるが、運命は決まっているのなら、何故人間は存在しているのか?運命の奴隷ではないか?それなら生きている価値はないのか?という強烈な疑問を持ち、運命を変える為の改善策の研究に没頭するが、限界を感じて絶望する。 そんな中、出会った本があの有名な引き寄せの法則であり、それをきっかけにして成功哲学の世界にのめり込む。 結果、運命論にガチガチになっていた自らの考えを解放する事が出来る。 思考、感情、行動の大切さに気づき、今まで学んで実践して来た事を統合しながら、クライアントが本来の自分に気づき、人生を変えて行けるように東洋、西洋のメソッドを織り交ぜながらアドバイスを行っていたが、再び中国古典の思想に傾倒する。 しかし、それすら拘らなくなり、経済・社会情勢に興味がシフト。 ニュースや雑誌・本を読んで勉強する毎日だったが、もう飽きてしまい、やっぱり仙人みたいになりたいと思ったが、あれ?もう十分仙人らしくないか?と思う今日この頃。 最新記事• Facebook.

次の

「槻」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

木 も れ 陽 意味

五井穴の名前の意味 六十四難、六十八難から考える井、 、兪、經、合の意味 まず、の原文を読む 六十四難曰く、十変に又言う。 陰の井穴は木.陽の井穴は金.陰の 穴は火.陽の 穴は水.陰の兪穴は土.陽の兪穴は木.陰の經穴は金.陽の經穴は火.陰の合穴は水.陽の合穴は土.陰と陽が皆同じではない.其の意味は何か? 是は剛柔の事也。 陰の井穴は乙 きのと-木の陰 木。 陽の井穴は庚 かのえ-金の陽 金。 陽の井穴は庚 かのえ-金の陽。 胸がつかえて出るげっぷ 咳 語 かたる 呑 飲む 欠 あくび 嚏 くしゃみ 「 」では、 黄帝問いて曰く、肺の令 冷え? で人は咳をする、なぜか? 岐伯むかいて曰く、五藏六府、皆令で人は咳む、肺の単独に非ずなり。 帝曰く、其の状を願いて聞く。 岐伯曰く、皮毛は、肺の合なり、皮毛が先ず邪気を受け、邪気を以て其の合に従すなり。 其れ寒の飲食を胃に入する、脈は上りてに肺に従し於いて肺に至り、則ち肺は寒す。 肺の寒は則ち外内の邪因の合にて客し, 則ち肺にて咳をなす。 五臓は各を以て其の時に病を受け、其の時に非ずして、各に伝えり以て与えし、人の与えしは天地の相參、故に五臓は各を以て時に治し、寒に於いて感ずるは、則ち病を受し、微は則ち咳をなし、甚しければ泄と痛をなす。 秋に乗じては則ち先して肺が邪を受け、 春に乗じては則ち先して肝が邪を受け、 夏に乗じては則ち先して心が邪を受け、 至陰に乗じては則ち先して脾が邪を受け、 冬に乗じては則ち先して腎が邪を受ける。 帝曰く、何を以て異とするか? 岐伯曰く、 肺咳の状、咳をして喘息し音を有し、甚しければ則ち唾血す。 心咳の状、咳は則ち心痛す。 喉中に介 はさまる りし梗 かたいとげ の如し咳、甚しければ則ち咽が腫し喉が痺す。 肝咳の状、咳は則ち両脇の下が痛み、甚しければ則ち転じるを以て不可とし、転じれば則ち両 脇腹 の下が満ちる。 脾咳の状、咳は則ち右の脇の下が痛み、肩や背に陰から引き、甚しければ則ち動じるを以て不可とし、 動じれば則ち咳は劇す。 腎咳の状、咳は則ち腰と背が相引し痛み、甚しければ則ち咳が涎す よだれを垂らす。 帝曰く、六腑についてどうか?どこが病を受けるのか? 岐伯曰く、五臓の咳が久しく,六腑に於いて移る。 脾の咳が已むまねば、則ち胃が受けて、胃咳の状、咳は嘔し、嘔すること甚しければ則ち長蟲 回虫 を出す。 肝の咳が已むまねば、則ち胆が受けて、胆咳の状、咳は胆汁を嘔す。 肺の咳が已むまねば、則ち大腸が受けて、大腸咳の状、咳は遺失 大便を漏らす。 心の咳が已むまねば、則ち小腸が受けて、小腸咳の状、咳は失気 おならを漏らす。 咳が与え気と倶に失す。 腎の咳が已むまねば、則ち膀胱が受けて、膀胱咳の状、咳は遺溺 小便を漏らす。 久しく咳が已むまねば、則ち三焦が受けて、三焦咳状の状、咳は腹が満ち、食飲は不欲する。 此らの皆は胃に於いて聚し、肺の於いては關 かんぬき とし、人は多く涕唾で面は浮腫し気は逆し使 せし むなり。 帝曰く、治は何か? 岐伯曰く、臓の治は其の兪を治し、腑の治は其の合を治す。 浮腫は其の経を治す。 帝曰く善し。 咳にの関してもや、の「 人は咳む、肺の単独に非ずなり」から、まずは肺の病であることがうかがえます。 水-合-逆氣で泄 泄については 此れ五泄の法なり。 その他、泄については上記のにあります。 また、霊枢については、「」にあります。 大腸と小腸は泄を為し、下焦は水を為し溢れ、膀胱の不利は 小便が出なくなる を為し、不約は遺溺を為す。 膽は怒を為す。 是れに謂う五病。 逆気もしくは逆は、上記のととにあります。 逆なる者、手足の寒なり。 と、 「 」の 雷公が気の多少について問いて請う、何を逆か? 黄帝が答えて曰く、陽は左を、陰は右を、老は上を、少は下に従う。 是れを以て春夏は陽に帰し為して生、秋冬に帰し為して死。 反の則りては秋冬に帰し為して生、是れを以て気の多少逆。 皆厥に為す。 問いて曰く、有余なるが厥か? 答えて曰く、一にして上り下らず、寒での厥は膝に到る。 少なる者は秋冬に死して、老なる者は秋冬に生す。 気が上って下らずは、頭痛して 疾 倒れる病 す。 陽を求めても得られず。 陰を求めても審 こまごました点まで明らかなさま せず。 五部は隔 離れて して徴 集まる せず、広い野に居るがごとく, 空室に伏すがごとく、, 緜緜 めんめん と満たせず日を属す。 では、逆気、泄ともに腎脈にあります。 とには、逆が腎の欄に並んでいます。 難経では逆気、泄ともに水-腎であるとしたうえで、泄に関しては消化に関する臓腑を4つにわけ、大 泄を加えています。 泄は下痢のことと見てほぼ間違いなく、症状のタイプによって発症部位を分けています。 黄帝内経での逆気、泄ともにある記載は素問では「」霊枢では「」で、逆気は胃のしゃっくりを泄は大小腸に関してですが、それ以外の記載に関しても、この2つはほとんど共通しています。 素問の逆についての記載で「」「 」では生理的病理論といえると思います。 逆と水-腎の関係ははっきりしないのですが、泄は便が水状になることからの腎は液を主るにならうことが出来ると思います。 ただ水-合-逆氣で泄と経穴に配当されたことについて、のように発症部位が分けられたためと思われます。 どうも 木 火 土 金 水 井 兪 經 合 心下満 身熱 体重節痛 喘咳寒熱 逆氣で泄 肝 心 脾 肺 腎 と限定できる要素はあるようです。 ただ心下満に関しては火- -心を逆氣で泄の泄に関しては土-兪-脾や六腑の性質を含んでもいるようです。 身熱と喘咳寒熱の少なくとも咳に関しては、各五臓にそれぞれ発症原因を持っています。 このことから結論として、 はっきりと五臓に配当できそうな症状で、それでもほかの五臓に起因するような特徴を持った症状に関しては、五輸穴に配当したとうかがえます。 しかし、これだけでは証の決定を経穴まで絞り込むといったところまでには行きません。 五行から運気を含めたさらなる展開が必要だと思います。 最後に 他の要穴で五輸穴とは別の、原穴についての難経の記載は「」 体幹の輸募穴のついては「です。

次の

陰/蔭/翳(かげ)の意味

木 も れ 陽 意味

今回は五行易の吉凶を左右する重要な要素である『五行』について説明していきたい思います。 五行とは天 陽 と地 陰 から派生した五種類の作用および法則の事です。 もしくは、宇宙を構成する目に見えない五つの運動する元素という言い方も出来ます。 また『行』は『めぐる』という意味で、五つの気 エネルギー が順次めぐって行くことを表します。 もちろん目に見えないので、確認出来ません 汗 そんな架空の理屈を信じて五行易で判断するのですから、この科学全盛の時代で非常におっかないことです。 常識人なら迷信だと一笑に伏してしまうと思います。 ですが、私の経験上この理屈を使って判断すると当たってしまうから不思議です。 当たらないなら、もちろん五行など信じていないですが、かなりの確率で当たっちゃうので信じ得ざるを得なくなっています。 五行の説明をするにあたって、五行の理論がどのように派生したのかを述べても良いのですが、述べたとしても科学的な説明など出来ないので、あまり意味が無いと思います。 なので、このシリーズでは実践的でよく使う意味を中心に書いて行きます。 今回のテーマは『水』の五行です。 まあ、ダイレクトに『水』の五行は水を表すこともありますが、正確には 水みたいな性質がある気 エネルギー ということを覚えて下さい。 これは他の五行も同様ですね。 ・水は『潤下』の性質があります。 ・火を剋して消し、木を生じて育て、土に剋されせき止められます。 これは言わずもがなですね。 また、水と水が出会えば、同じ五行ということで、助けられて強くなります。 中身が硬くて外側が柔らかいもの、つまり外柔内剛の性質を持ちます。 ・色は黒です。 ・時間は夜か真夜中です。 ・季節は冬です。 ・方角は北です。 ・味は塩辛いです。 ・六獣は玄武になります。 ・八卦では坎になります。 坎も水ですから、ほとんど水の五行そのものの意味になります。 ・天干は壬 陽の水 、癸 陰の水 です。 ・地支は子 陽の水 、亥 陰の水 です。 基本的には陽が大きくて積極的、陰が小さくて消極的な性質があります。 例えば、壬や子が海なら、癸や亥が雨などです。 四柱推命をやっている方なら、お分かりかと思いますが。 ・身体で表せば、腎臓 五臓 と膀胱 六腑 を表します。 ・体型は丸くてふくよかで、悪く言えば太りやすい、太っていることです。 これは水と土の性質 素材感 の違いからです。 ・水の五常 五徳 は智であり、知恵、賢い、機敏、臨機応変の意味があります。 ・性格では、水が強ければ、頭が良くて物知りで、その上勇気があります。 水が弱ければ、軟弱で周りに意見に流されやすく、自分の意見を持っていません。 ・場所、事象では、海、湖、川、プール、雨、水道関係、港、井戸などを表します。 ・飲食関係では、飲み物、お酒、スープ、お茶、ジュース、魚、海産物、豆などを表します。 ・仕事では、海運業、水産業、貿易関係、下水道関係、流動性のある仕事、医療関係、宗教関係などを表します。 ・風水的には、富、財産、お金を表します。 以上です。 ここまで読んでもらえば分かると思いますが、要するに水自体にダイレクトに関係するモノもあるし、水自体の性質から連想されるモノもあるので、かなり意味が多くなります 汗 「そんなに覚えられねえ」と諦めてしまう前に、簡単に考えましょう。 要するに、水自体や性質から、実際の事柄や事象に結びつけて少しづつ覚えていけば良いのです。

次の