イノセント 意味。 「イノセント」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

イノセントとはどういう意味?使い方も紹介!

イノセント 意味

普段日常会話で聞いたことがあるような言葉であれば、その意味であったり使い方なども理解しているかと思います。 当然ながら使用する機会などがあまりないのであればその言葉の意味は分からない事もあると思います。 ましてや、日本語以外にも、英語を日本でも使う事が最近は増えてきました。 グローバルな時代になっているからこそ、そして英語が世界でも標準語になっている事もあり、英語の文化がどんどん日本へ流れています。 ビジネス用語でも、グローバルな言葉はたくさん存在しています。 知らない事もたくさんあるかと思いますが、知らないと恥ずかしいような事などもあるので、ある程度のビジネス用語であったり、言葉の意味は知っておいて損はないはずです。 そんな中で、今回はあまり日常では聞かないような言葉であるイノセントという言葉をテーマにして、イノセントの意味や使い方についてご紹介します。 イノセントって何だろう イノセントという言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが具体的日常会話で使ったことはあまりないと思います。 どちらかといえば日常会話で聞くよりもゲームなどで技名で用いられていたり曲の題名としてイノセントと言う言葉が用いられたりする事の方が多いと思います。 なんとなく聞いた感じでかっこ良いなと思っている方もいるかと思いますが、まだまだ知られていないのが現実です。 日常会話ではあまり見ない言葉 日常会話ではあまり見ない言葉であり、実際に周りの人に innocent ってどういう意味なのかと聞いてみてもわからないと思う人の方が多いはずです。 しかしながら文字としてみかける時はたまにありますので意味合いを知っていれば、文字として見かけた時に正しい意味を理解することにもつながりますし、知らなかった意味を知っていると役に立つ時が来るはずです。 イノセントとは? イノセントという言葉を理解するにあたり、まずはイノセントと言う言葉の意味や使い方についてよく知っておく必要があります。 まずはイノセントという言葉の意味合いについて簡単にご紹介します。 この機会に正しい意味を把握して、イノセントという言葉についての理解を深めましょう。 英語「innocent」から イノセントという言葉はもともと英語からその意味は存在しており、英語表記ではinnocentという言葉から用いられています。 英語が喋れたり、ある程度知識として吸収している方はinnocentという単語の意味を理解している方も多いと思います。 しかし、まだまだ英語は日本人には知識として完全には吸収されていないのも現実で、基本的な英語以外はそこまで意味合いも把握できていないです。 特に、英語の単語自体も複数の意味をもっていたりしてすべてを把握するのは困難です。 ある程度ざっくりとした意味合いだけでもこの機会に興味をもって学んでみてください。 イノセントの意味 innocentの意味はたくさん存在しており、それぞれの意味合いが若干異なりますが、似ているような言葉の意味もたくさんありますので、それぞれの言葉の持っている意味を把握して、間違いなく正しい使い方を身に着けてください。 純粋な まずはじめにご紹介するイノセントの意味としては純粋な、と言う意味を持っています。 純粋という言葉は普段日常的に用いることが多いと思いますのですが、実は innocent と言う言葉は純粋という意味を持っているので初めて知るという方も多いと思います。 なので私たちが良くイノセントと言う言葉を耳にしたりするときにはイノセントラブやイノセントワールドと言う言葉を聞いたりすることもあると思います。 ミスターチルドレンの楽曲の一つの中にも innocent world と言う曲が存在していますが、純粋なと言う言葉の意味を考えると innocent world と言う言葉は純粋な世界という言葉に訳すことができます。 知ってみると意外と簡単な意味合いだとわかると思います。 なんとなく難しい言葉を想像していた方もいるかもしれませんが、純粋という言葉に変換するとそこまで難しく感じる事はなくなると思います。 【純粋については、こちらの記事もチェック!】• 潔白な 次にご紹介するイノセントという言葉の意味は潔白なと言う言葉の意味になります。 潔白と言う言葉をよく使う場合は身の潔白を証明するというような言葉を使ったりする場合も多いと思いますがこの時にイノセントと言う言葉を使って表現することができます。 例えば英語表記に関してはHe insisted that he was innocent という言葉を用いると、意味としては彼は自分は潔白であると言い張ったという意味合いになります。 なので、自分の身の潔白を証明したり、自分が潔白であるという主張を行ったりするときには用いられる単語です。 純潔な 次にご紹介するイノセントという言葉の意味は純潔な、という意味合いを持っています。 先ほどご紹介した潔白という言葉と似ていると思いますが、若干ながら違い意味合いとして理解することが出来ます。 純潔という言葉の意味としてはけがれがなく心が清らかなことまたはその様を意味しているというような言葉であり、異性と肉体関係を持ったことがないというような意味合いとしても捉えることができます。 こうして考えてみると潔白と言う言葉とは若干ながら意味合いが少し変わってくるかもしれませんが、大まかな捉え方としてはどうしても似ている意味合いに感じてしまうことは否めません。 細かい意味合いの違いを理解して使わないと、間違った使い方になってしまう可能性もありますので、注意して使用するようにしてください。 無邪気な 次にご紹介するイノセントという言葉の意味は無邪気なという意味合いを持っています。 無邪気なという言葉は、 素直で悪気がないことそして作為がないこと、またはそれを表すさまであり、あどけなく可愛らしい事、思慮に欠ける事という意味合いを持っています。 無邪気なと言う言葉の意味を理解してみると先ほどご紹介したような純粋なと言う意味合いと若干ながら同じように捉えることもできます。 素直で悪気がない事という事に関しては似ているかもしれません。 しかし、思慮に欠けることやあどけなく可愛らしいことに関しては少し意味が違ってくるので、大まかな意味としては似ているかもしれませんが、別の意味合いとして考えると全く別の意味になってしまいます。 イノセントという言葉はその場の状況をよく理解した上で、使用するようにする必要があります。 あどけない 次にご紹介するイノセントの言葉の意味はあどけないと言う意味です。 あどけないという言葉は、無邪気なという言葉とかなり似ているかもしれませんが、無邪気で可愛い、無心であるという言葉の意味を持っています。 なので、あどけないという言葉の意味自体に無邪気という言葉が入るので併用して使うことももちろん可能です。 無邪気な中に可愛らしさがあるということなので例えば一般的に使われる場合は子供だったり動物などに対してはあどけないという言葉が用いられることが多いので、その場その場の状況に関して適切に使って表現することが必要です。 汚れのない 次にご紹介するイノセントの言葉の意味は汚れのないと言う意味です。 汚れのないという言葉の意味は、心が綺麗で邪な部分がない様子を意味している言葉です。 邪のないという事は、悪意であったり、下心などがないというような意味合いとして用いられることが多く、子どもなど、あまり物事に関して裏を読んだり、計算をしたりして行動をしないような場合を指し示す言葉であり、純粋という言葉や無邪気という言葉ととても似ています。 大まかな意味では同じで、細かくたどっていくとちょっとだけニュアンスが違うような言葉ですね。 無知な 次にご紹介するイノセントの言葉の意味は無知なという言葉の意味です。 無知という言葉は、 知らないことそして知識がないことそして知恵のないことまたはそれを表す様を意味しています。 なので、何かをするにあたってそのことに関して全く知らない様な状況を表す言葉であり、例えば子供は大人に比べて様々な面で知識が不足していることが多いので無知な子供というような言葉で表現したりすることもできます。 または、相手の無知につけこむなど、無知という部分を直接指し示すようにして使われることが多いです。 単純な 次にご紹介するイノセントの言葉の意味は単純な、という言葉の意味です。 単純という言葉の意味はそのものだけでまじりけがないことという意味や、他の要素などが全く混入していないことを表しているさまや、機能、構造、形式などが込み入っていないこと、またはそれを表すさまであったり、考え方や捉え方が素直であることとして捉え方などが一面的で浅いこと、もしくはそれを表すさまを意味している言葉です。 たくさんの言葉の意味がありますが、意味合いとしてはそこまで難しくとらえる必要はないでしょう。 日常会話でも単純な、という言葉はよく用いられる言葉なので、イノセントな考え方という言葉で言い表す事も出来ます。 無害の 次にご紹介するイノセントの言葉の意味は無害の、という言葉の意味です。 長いのと言う言葉は害がない事だったり悪い影響を及ぼさないこともしくはそれを表すさまです。 単純に自分に対して無害な人や物事、出来事に対してイノセントという言葉を用いて表すことが出来ます。 意味は変わってきますが、無知という言葉や潔白という言葉と関連性のある言葉ですよね。 意味合いとしては違いますが、なんとなく受け取り側のイメージとして関連性のあるような意味合いがたくさん存在している言葉なので、すべてを理解するには難しいかもしれませんが、連結して考えると意味をとらえやすくなりますよ。 悪気のない 次にご紹介するイノセントの言葉の意味は悪気のない、という言葉の意味です。 悪気がないという言葉は、悪いことをしようと思ってしているわけではないということを言い表す様です。 なので、子どもが悪気がなく何かを行ったり、動物などが悪気なく行動したりする事もあるでしょうから、そんな時にはイノセントな行動という言葉を用いて表現することが出来ます。 悪気がないという事が純粋であったり、無知という言葉と紙一重な印象を持てます。 おひとよし 次にご紹介するイノセントの言葉の意味はおひとよし、という言葉の意味です。 おひとよしという言葉の意味は、何事も全員に捉える傾向があり他人に利用されたり騙されたりしやすいことや、もしくはそれを言い表すさまや、その人物に対して用いられるような言葉です。 あなたの周りにもひとりくらいはおひとよしな人がいるはずです。 例えば何かしらの頼まれごとをされたら絶対に嫌だと言えないようなお人好しであったり、どんなにめんどくさい相手や嫌われているような相手だっても優しく接することができるような人お人好しという言葉で表現したりすることもあると思います。 この言葉もイノセントと言う言葉を使って表現することができます。 無罪の 次にご紹介するイノセントの言葉の意味は無罪の、という言葉の意味です。 無罪の、という言葉の意味は単純にそのままの意味合いですが罪がないことや何かしら刑事裁判などで被告人の行為が罪にならないかまたは存在が証明されない事を意味している言葉です。 無罪という言葉もイノセントという言葉を用いて表現することが出来、無罪放免などの時に使用することが出来ます。 意味はたくさんあるけど統一的 ここまでイノセントという言葉の意味をたくさんご紹介してきましたがイノセントと言う言葉は幅広い意味を持っているにしてもその一つ一つの意味合いが密接な関連性を持っている言葉であることが多く、意味はたくさんあるけれども統一的な意味合いが多く含まれていると言うことを理解してください。 物事を把握する際はある程度関連性があるような内容の方が覚えやすかったりするのでイノセントの言葉の意味合いの一つ一つをある程度を把握しておけばそこから連結して導き出される意味合いもなんとなく当てはめて使うことができるようになります。 悪とは無縁な感じ イノセントという言葉の意味合いを全体的に見てみると統一的にそれぞれの意味が悪と言う言葉とは無縁の言葉であると捉えることができます。 例えば純粋なという言葉や潔白なと言う言葉からそもそもその人が純粋な考え方を持っていたり潔白という言葉が罪という言葉とは程遠い言葉の意味になっているので、なんとなく良い言葉という印象を持てると思います。 実際に、無罪という言葉の意味も含まれていますので、悪という言葉の反対の言葉の位置するものだという事を理解できるはずです。 英語本来ではちょっとニュアンスが違う? 日本語でとらえると、悪とはかけ離れた、良い言葉である印象を持たれる方も多いと思います。 実際に日本語以外で本来の英語として意味合いを考えてみると、お人よし、バカ、というような意味も持たれているので、お人よしすぎてちょっとおばかであったり、日本でいう天然というような言葉と近いようなニュアンスで用いられている事もあるようです。 なので、必ずしも良い言葉であるというわけではなく、状況によって適切に使い分けなければ失礼な物言いになってしまうような事もある事を理解してください。 イノセントの言葉の類義語・同義語 イノセントという言葉の意味を理解いただいたところでイノセントという言葉の類義語や同義語について簡単にご紹介をしていきます。 たくさんの意味がありますので当然ながら類義語や同義語に関しても幅広い種類が存在しており、 胎内という言葉であったりたあいない、天真爛漫、純真、初心、初々しい、無心、清い、罪のない、無実の、無邪気、などの言葉が意味が近い言葉として存在しています。 たくさんの言葉がありますので、すべて把握するのは難しいですが、ある程度知っておく事で、似ているような意味をも行っていると解釈することが出来ます。 イノセントの使い方 イノセントという言葉の意味をたくさんご紹介し、イノセントと言う言葉の意味を理解していただいたところでここからはイノセントという言葉の使い方についてご紹介をしていきます。 イノセントという言葉がある程度良いイメージを総称しているような言葉であると捉えることができましたので、なんとなく使い方などもより具体的にイメージができると思います。 意味や使い方を正しく把握しておくことで、間違った使い方を行わなくなり、恥ずかしい失敗を防ぐことができますのでこの機会にイノセントの使い方などもマスターしてみてください。 イノセントな雰囲気 まずはじめにご紹介するイノセントの使い方としてイノセントな雰囲気と言う例文が存在します。 イノセントな雰囲気と言う例文を解説すると、様々な意味合いとして解釈することが出来潔白な雰囲気という意味合いであったり、純潔な雰囲気という意味合いだったり、無邪気な雰囲気という意味合いだったり、無垢な雰囲気という意味合いを持つことができます。 イノセントという言葉自体が似ている言葉が複数存在しているので同じように回答できてしまう意味がたくさんあるので一概にどのような意味で用いているのかとらえきれないという事もあります。 しかしながら、そのあたりはどのように解釈しても同じような意味合いとしては通じてしまうので、そこまで深く考える必要はないのかもしれませんね。 イノセントな雰囲気という例文は様々な状況で考えられる事ができます。 子ども相手に対してイノセントな雰囲気という言葉を使う事もできますし、何らかの事件を起こしたと疑われている人に対してイノセントな雰囲気という言葉も使えます。 たくさんの状況が想定されますが、厳密には使われる場合なども決まってはいないので、自分自身の感覚で使える言葉として認識してください。 イノセントな人柄 次にご紹介するイノセントの使い方としてイノセントな人柄という例文を用いることができます。 イノセントな人柄と言う言葉に関しては先ほどご紹介した通りたくさんの意味合いとして解釈することができますが、純潔なという言葉だったり、おひとよしなという言葉が敵している言葉だと解釈できます。 何事に対しても受け入れてくれるような、おひとよしな人だったり、常に優しい人に対してイノセントな人柄という言葉を用いたりすることが多いと思います。 イノセントな子ども 次にご紹介するイノセントの使い方としてはイノセントな子供と言う例文を用いることができます。 イノセントな言葉という言葉に関しては、あどけない、けがれのない、無知な、純粋なという言葉で表現することが出来ます。 子どもは小さい時には深く物事を考えないで何かしらの行動や言動を取ってしまいがちなのでこのような言葉で表現することができます。 イノセントな眼差し 次にご紹介するイノセントの使い方としてはイノセントな眼差しという言葉を用いることが出来ます。 イノセントな眼差しという言葉も適した言葉を自分で選んで解釈することが出来ます。 たくさんの意味の中から適した言葉を選ぶのは、その場の状況を読んで使い方を分ける事も出来ますし、自分自身でいかようにも判断できるので便利の良い言葉です。 しかし、意味としては純粋なまなざしとして一般的には用いられる事も多いです。 イノセントな心 次にご紹介するイノセントの使い方としてはイノセントな心と言う言葉を用いることができます。 イノセントな心という言葉は、純粋な心という意味合いとして解釈することが出来ます。 生まれたばかりの人間は誰しもが純粋な心を持っていたとされています。 元々生まれたばかりはまったく知識などは身についていない状態になるので、何もない状態から生まれてたくさんの物事を経験して、意味を理解して、経験を活かして知識として吸収して成長していきます。 たくさんのことを知れば知るほどだんだんと良い部分も悪い部分も見えてくるようになります。 その証拠に子供が計算をして悪いことをしたりするということはあまりありませんが、大人が自分の欲のために様々な計算をして悪いことを行ったりするということはあります。 凶悪な犯罪や卑劣な犯罪を行うのは常に大人でありたくさんの知識は悪いことを吸収してまたは自分が得をするような計算を行って、悪い事をしている事ばかりです。 他人の為に行うよりかは、自分の私利私欲のために行動している事ばかりなので、イノセントな心を持っているのはやはり子どもであると考えることが出来ます。 イノセントな嘘 次にご紹介するイノセントの使い方としてはイノセントな嘘と言う言葉を用いることができます。 イノセントな嘘という言葉は、単純な嘘、無害な嘘、悪気のない嘘というような意味合いとして解釈することが出来ると思います。 一般的に嘘を吐くという行為はそれ自体があくであると判断されることが多いですが時には嘘をつくということも相手のためを思って行う行為の一つだと判断することもできます。 例えば本当に起こった真実のことを相手に話すことによって相手は心を痛めてしまうというような状況がある場合もあります。 状況によっては相手が本当の事を知らない方が相手のためになったり相手が楽な状態で今後生活をしていくことができるというようなこともありますので、相手のことを本当に思うために悪気のない嘘をついたりするという事もありますので、その前は悪気のない嘘をつくという言葉をイノセントな嘘、という言葉で表現することもできるということです。 イノセントな服装 次にご紹介するイノセントの使い方としてはイノセントな服装と言う言葉を用いることができます。 イノセントな服装という言葉は、あどけない服装、汚れのない服装というような意味合いとして解釈することが出来ます。 子どもが身に着けている服装が大人の服装とは違い、親が子どもに来なさい、と命令していたり、買い与えているものをそのまま来ている事が多く、大人のおしゃれな印象と違って、あきらかな子どもっぽさが残るような服装も存在します。 そのような服装をイノセントな服装という言葉で表現する事もできますし、汚れのない綺麗な服装であるという事をイノセントな服装であるとも表現することが出来ます。 しかし、汚れに関してはクリーンという言葉の印象も強いので、子どもっぽい服装という言葉の方がイノセントという言葉を用いる方が多いですし、なんとなくその方がしっくりくる使い方でもあります。 イノセントな愛情 次にご紹介するイノセントの使い方としてはイノセントな愛情と言う言葉を用いることができます。 イノセントな愛情という言葉は、純粋な愛情、純潔な愛情、汚れのない愛情という言葉で表現することが出来ます。 イノセントな愛情という言葉は様々な状況で表現することが出来ます。 例えば、純粋に相手のことを愛してるような潔白な愛情を表現するときにも用いられることが可能です。 相手に対して何かしらの下心や利用しようという野心などを抱いていない純粋な愛情ということを表現するときや、何も知らないような小さい子どもや動物などが親や飼っている飼い主に対して向ける愛情を表現するときにも用いられます。 たくさんの状況が考えられますが、純真なで無垢な愛情を表現する事が多いので、無知なものや人が向けている愛情をイノセントという言葉を用いて表現することが出来ます。 イノセントな感性 次にご紹介するイノセントの使い方としてはイノセントな感性という言葉を用いることができます。 イノセントな感性という言葉の意味は、純粋な感性、純潔な感性、汚れのない感性、単純な感性という言葉の意味を持っています。 これらも、まだまだ無垢な子どもに対して使われることが多い言葉であり、何も知らない子どもだからこそ、あまり混じりけのないような感性で物事を判断したり、認識したりできるという場合に使われる言葉です。 磨き切れていない感性で感じるからこそ、より純粋な解釈であったり捉え方ができ、それが逆に良い影響を及ぼしてくれるという事もあるので、そのような時にイノセントという言葉を使って表現することが出来ます。 あまり会話で使うことはないので注意 イノセントという言葉を使って様々な例文をご紹介していきましたがそもそもイノセントと言う言葉自体が日常会話で用いられることがほとんどありません。 イノセントという言葉の意味合いをご紹介していく中で意味自体はたくさん用いることが多いと思いますが、それをわざとイノセントという言葉に変換すること、変換することによって逆に長くなるような言葉もあります。 あまり略称としても用いられることがないので、わざわざ使ったりして混乱を招くような事にもなったりしかねませんので、意味として理解しておくだけに留めておく方が適しているかもしれません。 知ってしまったらなんとなく使いたくなってしまうような言葉ですが、かっこつけていると思われてしまう事もありますので、気を付けながら日常会話で使うようにしてください。 逆にさらっとひょうんな時に意味を理解している様子を見せるとかっこよいと思われる事にも繋がると思いますよ。 アーティストの曲名や映画のタイトルに使われている事は多い イノセントと言う言葉は会話では使われることがないですがアーティストの曲名は映画のタイトルとして用いられることはかなり多く存在しています。 冒頭でもご紹介したように innocent world という曲名でミスターチルドレンが楽曲として制作をしています。 幅広い意味合いとして用いられているイノセントと言う言葉なので innocent world と言う言葉がどういう意味合いを示しているのかということをそれぞれ自分の解釈で考えることができますが基本的には純粋な世界と有用な意味合いとして捉えていただければ間違いはないと思います。 また映画のタイトルとしてイノセントという言葉を用いられており1976年に公開されたイタリアフランス合作映画として存在しているものもあります。 ルキノ・ヴィスコンティが監督を務めておりガブリエーレ・ダヌンツィオの長編小説、罪なき者の検索で映画の冒頭で実際にその小説が登場していることでも知られている作品です。 イノセントという言葉は何となくかっこいい印象を与えられますので、日常会話ではないにしても、比較的何かしらのタイトルや作品名などで用いられることはかなり多いと言うことを理解してください。 意味を理解すれば、自然とこのように英単語を用いているものなどの意味もスムーズに理解できるようになるはずです。 イノセントな人でありたいですね! いかがでしたでしょうか? 今回はイノセントという言葉をテーマにして意味合いや例文などをご紹介しました。 実際にイノセントという言葉を理解する事によって、たくさんの言葉の意味を理解いただけるようになると思います。 今まで知らなかった言葉を知るという事は知識を新しく身に着けるという事でもあるので、学びの楽しさにも直結しますし、新しい事を学ぶ事が楽しくなるきっかけにも繋がります。 人生は学びの連続です。 たくさんの事を学ぶ事によって自分の人生に厚みが出てきますし、充実した人生になる事にもなりますし、人生をより成功させることにも繋がります。 学びの喜びを大切にして、様々な事を学ぶ姿勢を大事にしてくださいね。

次の

イノセントの意味とは?英語?悪い意味やイノセンスとの違いも!

イノセント 意味

(彼女はすべて罪状に関して、罪を犯していなかった) 「罪を犯していない」について 「罪を犯していない」という表現はまわりくどく響きますが、"innocent" を「無罪」と訳すのは間違いでしょう。 「無罪」というのは、「実際に罪を犯していない」という意味ではなく「法律的に罪を犯していないと認められた」ということであり、「無罪」に対応する英語は " not guilty" です。 これに対して "innocent" は、裁判所が無罪判決を出したという意味ではなく、(判決がどのようなものであるかに関わらず)被告が実際に罪を犯していないという意味になります。 "innocent" のもう1つの法律的な意味 "innocent" には「罪を犯していない」という意味に加えてもう1つ、法律的な文脈で用いられる意味があります。 それは「 善意の(悪意が無い)」というものです。 「善意の」とは、法律的に問題がある行為をしていても、その自覚がないという意味です。 例えば、真っ暗闇で周囲がよく見えない状況のときに他人の土地に入り込んでしまった場合、その人は「善意の侵入者(innocent trespasser)」ということになり、意図的に他人の土地に侵入する侵入者とは法律的な扱いが異なります。 (オスマントルコ帝国の歴史について書いたとされる書物の多くは、実のところ「歴史」のことを 何もわかっておらず、オスマントルコ人とその世界を馬鹿者の劇場としてしか扱っていない) 上記の例文にあるように、"innocent" と共に使われる前置詞は "of" です。 "innocent" の名詞の意味 "innocent" はもともと形容詞ですが、名詞の意味でも用いられるようになっています。 無邪気な子供、幼い子供• 物事の機微に通じていない人、単純な人、経験不足の人、洗練されていない人• 12~13世紀ごろに古フランス語を介して英語に取り込まれました。

次の

イノセントの意味とは

イノセント 意味

イノセントの意味とは 「イノセントな雰囲気のある着こなし」 なかなか一般会話で聞くことはないカタカナ語ですが、 文字としてはよく見かけるので知っておくといいと思います。 英語は「innocent」。 <イノセントの意味> これは、 「潔白な・純潔な・無邪気な・無垢」 といった意味になります。 罪のない、汚れがない、という意味でも考えるとわかりやすいです。 冒頭の例文は「純潔な雰囲気のある着こなし」というような意味になります。 具体的に言うのは難しいですが、「爽やか」と感じられる雰囲気、 ギラギラしておらずで、子供のような無邪気さが見える、などなど。 英語では「お人よし・馬鹿」という意味にもなりますが、 日本では良い意味での使い方が一般的です。 <イノセントの使い方> ・彼女はイノセントな雰囲気の服装を好む。 ・イノセントな感性が最も大切である。 ・イノセントな愛を誓う。 以上、イノセントの意味でした。 前: 次:.

次の