ホームベーカリー 生 食パン。 生イースト

生イースト

ホームベーカリー 生 食パン

乃が美が監修したパナソニックホームベーカリー専用の「生」食パンレシピです。 「 おうち乃が美」とは…乃が美が家庭のホームベーカリー用に開発した「生」食パンレシピです。 乃が美の高級「生」食パンのレシピとは異なります。 5斤・2斤タイプのため、おうち乃が美(1斤)の仕上がりとは異なります。 <つくり方>• パン羽根をセットしたパンケースに、材料(ドライイースト除く)を中央を高くするようにして入れる。 水を周囲に回しながら入れ、本体にセットする。 生クリーム使用のため、腐敗の恐れがあります)• イースト容器にドライイーストを入れる。 メニュー 「パン・ド・ミ」にあわせる。 焼き色の 「淡」を選ぶ。 本体のふたを閉めてスタートする。 できあがりのブザー音が鳴ったら「取消」を押し、パンケースを取り出す。 2分程度冷ましてからパンを取り出す。

次の

天然生よもぎを使ったヨモギパン HB(ホームベーカリー)のレシピ

ホームベーカリー 生 食パン

ホームベーカリーのメリットについて 材料を投入するだけで、全自動で食パンが焼けるホームベーカリー。 タイマーで朝食に焼きたてパンが食べられたり、好みのミックスフルーツやナッツを入れたパンや、雑穀パン、ほかにもにんじんやかぼちゃ入りのパンなどいろいろなバリエーションが楽しめるのも、ホームベーカリーの魅力ですよね。 また、添加物を入れないので子どもが食べるのにも安心。 乳製品抜き、卵抜きのパンや、小麦の代わりに米粉を使うことでアレルギー対策が万全なパンを作れます。 その他、発酵機能を使って生地を準備し、自分で成型すれば、ロールパンやデニッシュ、メロンパンやカレーパンなどが自宅で作れちゃいます。 多機能な最新機種があれば、糖分控えめの自家製ジャムや、もちもちのフレッシュパスタ、つきたてのお餅などホームベーカリーがあるといろいろな楽しみが広がりますよ。 ホームベーカリーの機能について ホームベーカリーはパンをこねる、発酵させる、焼くを全自動でできる家庭用電化製品。 全自動で食パンを焼くのはもちろん、こねる機能と発酵機能を使って生地を仕込み自分で成型すれば、自家製のクロワッサンやアンパンはもちろん、ピザや中華まん、ドーナツも作れます。 最近の多機能なホームベーカリーは、こねる・発酵・焼くのそれぞれの機能をプログラムできるので、こねる機能を利用してつきたてのお餅や生パスタ、生うどんを作ったり、混ぜる機能と加熱する機能を使って、ケーキやジャム、スープまで全自動で作れますよ。 発酵機能を使えば、なんと自家製ヨーグルトもできちゃいます。 お米を入れると米粉を作って、パンを焼いてくれる機種は小麦アレルギーでもふわふわのパンが楽しめるので、アレルギーのある子のママに人気です。 生地はホームベーカリーにおまかせで、シチューや煮込み料理に添えるのにぴったりのバゲットが簡単に作れます。 ホームベーカリーの指示どおりに材料を入れ、パン生地コースを選択。 コースが終了したら、生地を2等分して、20分ほど休ませます。 生地を成型し2次発酵させたら、切り目を入れて焼き上げます。 気泡を残すために、ガス抜きしすぎないように気をつけましょう。 リッチなデニッシュ食パンが、自宅で手軽に作れるレシピです。 後入れ用のバターを1cm角に切って、冷凍庫で10時間以上冷凍しておきます。 その他の材料を、ホームベーカリーの指示に従ってセットしたら、ナッツなどを後入れするときに音がなる設定でスタート。 音が鳴ったらバターを入れて、後は焼き上がりを待つだけです。 冷水は温度調節が難しいので、氷水を入れても大丈夫です。 フレンチトーストというのは、牛乳と卵を溶き混ぜた液に食パンやフランスパンをひたし、バターで焼いたものを指します。 ジャーマントーストということもありますね。 好みでメイプルシロップやはちみつをかけたりすることもあります。 アメリカやヨーロッパ・アジアの一部の国などで朝食や軽食、デザートとしてポピュラーな料理。 この記事では、フレンチトーストの基礎知識に加え、食パンのフレンチトースト、フランスパンのフレンチトースト、パンの耳のフレンチトースト、カステラのフレンチトースト、高野豆腐のフレンチトーストにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 サンドイッチは、2枚のパンの間に、ハムやチーズ、野菜など、何かの具材をはさんだもの。 作り方が簡単な上、好きな具材を入れて食べられるので人気があります。 持ち運びも便利なので、お弁当にもよく作られますよね。 具材を考えることで、栄養のバランスのとれたサンドイッチにすることもできます。 大人から子供まで大好きなサンドイッチで、手軽にヘルシーな食事を作ってみませんか? この記事では、サンドイッチの基礎知識に加え、たまごのサンドイッチ、野菜のサンドイッチ、肉のサンドイッチ、魚のサンドイッチ、デザート風のサンドイッチにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 世界初の発酵パンは古代エジプトで誕生したという説があります。 その後、貿易交流が盛んになり、小麦の産地が拡大すると共にパンの製法も広まっていきました。 そして大きな長方形の箱型の型にいれて焼いた「食パン」が生まれたのです。 日本ではお米の不作が続き、それまでおやつの定番だったパンがお米に代わるものとして定着しました。 この記事では、食パンの基礎知識に加え、ホームベーカリーで作る食パン、食パンで作るグラタン、キッシュ、サンドウィッチ、フレンチトースト、ラスクにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

天然生よもぎを使ったヨモギパン HB(ホームベーカリー)のレシピ

ホームベーカリー 生 食パン

コストコではいつも600円ぐらいで売っていて、リーズナブルで美味しいレーズン。 購入後に開封したばかりの状態は、レーズンの粒がほとんどくっついていないのでHBパンを作る時に軽量しやすいです。 大袋のためいつも開封後に冷蔵庫保管しています。 そのため、レーズン同士がくっついて塊になっている事が多く、計量後には粒を手でバラして使っています。 MKホームベーカリーはミックスコールが鳴ってから具材を投入します。 食パンコースを使う場合、ミックスコールはスタート後60分以上経過後。 ミックスコールで慌てないように、最初の計量時に計っておきましょう。 その場合、キッチンペーパーなどで水気はしっかり拭き取ります。 カルディ「生クルミ」はHBパンに使いやすい くるみはカルディの「生クルミ」を 50g用意。 カルディの生クルミは食塩・油不使用でヘルシー。 実も大きくて割れも少ない、えぐみもない美味しいアメリカ産くるみです。 コストコにもクルミは売っているけれど、私はカルディで買っています。 ナッツ類は開封後に味が劣化しやすく感じているため、消費量があまり多くなければくるみはあまり大袋で買わない方がいいかもしれません。 カルディにはくるみは数種類売っていてどれもかなり美味しいです。 HBパン作りにも作りやすいし、値段もリーズナブル。 塩分不使用のくるみを使う方が、香りも風味も良いですね。 クルミの下準備・刻み方 クルミは計量後に刻んで使います。 香ばしいクルミが好きなら、刻む前にフライパンで軽く炒るか低温のオーブンで10分ぐらいローストすると香りが引き立ちます。 カルディの生クルミの場合は、炒らずにそのまま使っても十分美味しいのでいつもこのまま刻んでます。 刻む大きさはお好みで。 私はいつも粗めのざく切り。 まな板の下に、オーブンシートを敷いてその上で刻むと飛び散らないし、そのまま容器に移し替えられて便利。 刻む時は刃が長めの包丁かブレッドナイフが切りやすいですよ。 具材は予め準備しておく くるみとレーズン、それぞれ50gずつ、合計100gの準備完了。 ミックスコールの時に慌てないように、基本材料をパンケースに準備するときに一緒に計量しておくと、後片付けも1回で済んで楽です。 HBメニューは食パンコースを使う ドライフルーツやナッツを入れる山形パンも食パンコースを使います。 MKホームベーカリーは、「メニュー番号:1」 いろいろ作ってみたけれど、基本材料は食パンと同じ分量にしてます。 基本の食パンの分量さえ覚えていればアレンジは簡単。 甘めのドライフルーツが多めの場合は砂糖を減らしたり、スキムミルクを使わない時は少しバター多めなど、臨機応変で。 具材以外の材料をパンケースに入れて、いつも通りに食パンコースでスタート。 ミックスコールで具材を投入 ミックスコールが鳴ったら、具材を加えます。 あとは、HBにおまかせで綺麗に生地に練り込んでくれます。 生地こね終了後の様子 たくさん入れた具材も、HBが自動で綺麗な生地に練り上げてくました。 これくらい混ざっていれば均一になっているはず。 HBって、やっぱり便利! 焼き上がり レーズンくるみパンが焼けました。 焼き上がる前から、香ばしいクルミの香りと甘いレーズンの香り、両方がお部屋に漂います。 5斤分の材料(粉は400g)に150gの具材を入れたのでどっしり感ある焼き上がり。 この生地は「スーパーカメリア」という強力粉を使いました。 スーパーカメリアでHBパンを焼くと普通のカメリアより山形は小さくなってしまうけれど、パン生地はしっとりめになります。 山型は低くなってしまうけれど、ドライフルーツやナッツ入りのパンなら密度がある食感の方が美味しい気がします。 この記事後半で「スーパーキング」との焼き比べについても画像載せましたのでご興味あったら読んでください。 くるみもレーズンも程よく混ざり合っていて良い感じ。 クルミはこのスライス面では見づらいけれど、食べるとクルミの食感が良く分かります。 大きくカットすると具の周りに空洞ができやすくなるため、ざく切りに刻んでから入れた方が均等に混ざってくれて美味しいです。 甘みと食感のあるモチッとしたHBレーズンくるみパンができました。 具材の量は70g+70g、合計140gでも作ってみたけれど合計100gの方が生地のふんわり感が良かったです。 現在、クルミレーズンパンは100gを定番で作っています。 何回か分量を変えて作ると好みの適量が分かると思います。 強力粉の種類で膨らみと食感はかなり違う 今回は粉の種類でどれくらい焼き具合や膨らみが違うのか試してみました。 スーパーキングで焼いた場合、膨らみも味の食感もかなり違いがありました。 違った点について以下に書いておきます。 山形も1. 5倍ぐらい高く感じますね。 同じ強力粉400g、具材も同じ合計100g 具の混ざり具合はスーパーカメリアと一緒で、ほぼ均一なねり具合。 1番違うのは、生地の味。 スーパーキングは大きく膨らんで見た目は美味しそうなのだけど、生地の密度が軽いためアッサリした味わい。 トーストするとサクサク食感になります。 でも、同じレーズンとクルミを使って旨みを強く味わえたのは「スーパーカメリア」でした。 スーパーカメリアは普通のカメリアより腰折れしやすく、カメリアより味も淡泊なため釜伸びさせたい食パンにはあまり向かないけれど、ドライフルーツやナッツ類を加えて作るアレンジパンには相性が良かったです。 まとめ コストコとカルディの材料を使ってHBレーズンくるみパンを焼いた感想をご紹介しました。 ドライフルーツやナッツのたっぷり入ったHBパンは具材の組み合わせだけでなく、ライ麦粉や全粒粉で配合を変えるだけでまた違った味わいのパンが作れます。 バターを使わずオリーブオイルでも美味しく焼けます。 普通の食パンコースに慣れたら、あれこれ配合や材料を変えて作ってみてくださいね。

次の