アニマル 連邦。 アニマル連邦

ようこそ! アニマル連邦│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル

アニマル 連邦

および、この作品を元に1990年に公開された。 大長編シリーズ第10作、映画シリーズ第11作。 第8回優秀銀賞受賞。 同時上映は『 エリさま活動大写真』。 主催サードステージ、脚本・演出により舞台化され、夏に初演。 春には再演されている。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年1月) 平穏に暮らす動物たちの惑星「アニマル星」を侵略しにやってきた地球人型宇宙人「ニムゲ」による秘密犯罪結社「ニムゲ同盟」と、、ら5人の戦いを描いた作品。 「ニムゲ」は人間そのものであり、自然環境を破壊し野生動物の生態を脅かす人間社会を痛烈に批判している。 これに対し、舞台となるアニマル星は自然破壊の反面教師として徹底的な環境保護が実現されており、エコロジーの面では理想的な世界として描かれている。 各種の動物が擬人化した世界観を生かし、「」や「」といった有名なになぞらえた場面が登場する。 また、ドラえもん、のび太ら5人がアニマル星の滞在時には、「動物ごっこぼうし」を被っており、そのなかで、ドラえもんは、ネコ耳をかぶっている。 そのため、本作にて、本来の耳付きドラえもんが復活している。 およびに、普段ツキがないことが多いのび太が、このことを象徴するある道具を使用する。 そして、のび太単独で「ニムゲ」に乗り込んで、活躍することが結末のカギの一つとなる。 また、中盤では度重なる不可解な出来事によって、いつもならばのび太と共に仲間を引っ張るジャイアンが弱気になるという珍しいケースもある。 映画シリーズの中では、シリアスなテーマ性、およびメッセージ性(特に環境問題など人類文明への警鐘)を抱えた作品であり、冒頭、裏山の場建設計画に反対する町内会の一員、のび太のママが環境問題についてドラえもんとのび太に説教する場面などが随所に挿入されている。 ゴルフ場建設に関しては、当時のの世相を反映している。 このように環境問題へのメッセージ性が強い作品であり、作者自身もフィルムコミックスのあとがきで「(環境問題の扱いが)少し露骨だったかもしれない」と述べている。 原作ではドラえもんたち5人はアニマル星の住民にとっては地球から来た異星人という位置づけである。 彼らが異星人であることはアニマル星の皆が知っており、戦いのあとに5人に感謝して国民の祝日に定め、その盛大な祝賀会も行われ、別れもそこで行われ完全に英雄扱いだった。 それに対し、映画では5人の正体は犬の少年チッポしか知っておらず、また別れも辛くなるからとこっそり行い、チッポだけが自転車で見送りに来るという形で、5人はあくまで一市民という扱いだった。 また、出木杉の登場場面はすべてカットされた。 終盤での展開も原作ではあっさりと流されたのに対して映画では大幅に追加され、かなり深く踏み込んだものとなり、ゴルフ場建設計画も中止となっている。 あらすじ [ ] ある夜、は をくぐって見知らぬ森に迷い込む。 そこでは人間そっくりの体を持つ動物たちが人間の言葉で話していた。 翌日、のび太はその体験をドラえもんや同級生に話すが、ジャイアンとスネ夫はもちろんドラえもんにも馬鹿にされるだけだった。 しかし、動物たちが持っていたホタルを入れていた花(に似ている)が部屋の前に落ちていたのを知り、昨夜のことは本当にあったのではないか…とのび太は考える。 そんな中、ママの話からのび太たちの学校の裏山がゴルフ場建設のために切り崩されてしまうという計画があることを知る。 その夜、寝ぼけたのび太は、再び部屋の前に現れたあのもやの中に入り込んだことに気付き、あの世界は夢ではなかったと確信。 後を追ってきたドラえもんと共にもやの向こう側を探検する中で、2人はチッポという犬の少年に出会い、再び遊びに来ることを約束して帰途に着く。 帰ろうとした2人の前に地球のものより遥かに巨大な月が昇ってくる。 ここは「アニマル星」であった。 翌日、裏山を開発しようとする業者らが下見に訪れた。 ドラえもんがで追い払ったものの、これくらいであきらめるとは思えず、安心はできない。 悩んでいた時、2人はまたあのピンクのもやを見つけた。 も誘い、再びアニマル星へ遊びに行くことに。 だが、こっそりついてきたとは、もやの中をさ迷ううち、見渡す限り荒れ果てた世界に辿り着いてしまう。 ジャイアンはその中で「恐ろしい何か」を感じると語り、逃げ回る内にアニマル星にたどり着いた。 紆余曲折を経てジャイアンたちと再会し地球に戻った一行は、ドラえもんが手渡したひみつ道具を通じてチッポが救援を求めていることに気づき、アニマル星に引き返した。 ところが、美しかったアニマル惑星は爆撃に晒されて無残な有様と化し、星中の動物たちが姿を消してしまっていた。 捜索の末にチッポと再会し、難を逃れた動物たちが潜む森の中の隠れ家にたどり着いたドラえもんたちは、かつて動物たちの先祖を迫害した月の悪魔「ニムゲ」がアニマル星を我が物にすべく攻め込んできたことを知り、アニマル星を守るために動物たちと共に闘うことを決意する。 舞台 [ ] アニマル星 月に住む人間たちの迫害から逃れ、人間と同等の進化を遂げた様々な種類の動物たちが平和に暮らす星。 彼らの先祖である動物たちをこの星に導いた人間の科学者の発明によって地球よりもはるかに発展した科学文明が栄えており、太陽光や風力などのクリーンエネルギーによる発電技術や、光、水、空気から合成食物を製造する技術、高度な汚水処理装置など、高度な科学文明と完全な形での環境保全が両立している。 科学者が先祖を進化させてこの星へ移住させた顛末は神話として語り継がれており、高度な科学文明を持つ一方で住民の信仰心は篤い。 住民はこの神話を真実であると信じており、この星が平和主義で環境保護が徹底されているのはその影響が大きい。 正月には全市民が必ず参加する行事(神事)が執り行われている。 科学技術・環境保全技術に関してはドラえもんに「22世紀の地球以上」と言われる程だが、その反面、創世神話の経典によって兵器開発や宇宙船の開発も禁じられているため、兵器・軍隊の存在は愚か戦争経験自体が全く無く、宇宙進出も果たしていない。 また、国という概念も存在しない。 ただし、チッポのパパが神話について「国のはじめの物語」と言っていたり(大長編、映画とも)、ラストにおいて、「国の祝日」をウータン町長が制定しているため(大長編のみ)、国というものを本当に知らないのかは不明。 映画版では、関連した場面がカットされている。 地獄星 アニマル星とので、アニマル星のすぐそばにある星。 動物たちの先祖が住んでいた星であり、「月」と呼んでいる。 かつて地球人型宇宙人「ニムゲ」による文明世界が栄えていたが、、、などですっかり荒廃しきってしまい、星の地下にてわずかに生き残った者達の暮らしぶりは、の生活水準にまで衰退している。 宇宙船を始めとする機械の部品すらも自分達で造れなくなってしまったために、古代の置き場のガラクタから、する形でや、を製作している。 過去の過ちを省み、1000年の時を経て現在では文明再建の目処が立っているが、「宇宙は人間のために存在する」と考える一部の過激派達が秘密犯罪結社「ニムゲ同盟」を結成した。 水や空気が汚染されているため、ここで暮らす者は常にをまとっているが、防護服はショックガンによる攻撃を無力化する等、電気耐性に優れている。 「ニムゲ同盟」の他に、政府機関直轄と思われる治安維持組織の「連邦警察」も存在する。 用語 [ ] 光の階段 と 星の船 アニマル星の創世神話に登場する二つの道具。 1000年前、悪魔たちに虐げられる動物たちを救うため、星の船に乗ってこの星を訪れた神がその環境を動物たちが住みやすいように造り変え、二つの星の間に光の階段をかけ、悪魔たちを眠らせて動物たちを避難させた。 そして神は二つの道具を禁断の森の奥深く埋めたとされる。 チッポは古文書を手がかりにそれらを探そうとしている。 実は、ドラえもんたちがアニマル星を訪れるために使った、ピンクのもやを発生させた装置こそが光の階段の正体だった。 星の船は文字通りの形をした小型宇宙船で、のび太が地獄星に行くために発掘、使用した。 この他に神話の道具には「ねむりの笛」(悪魔たちを眠らせた)、「お守り」(動物たちが眠らないよう持たせた。 今でもそれを模した物を年末年始家に飾る)、「チエの実」(動物たちに神が与えた果実。 今でもそれを模した菓子を正月に食べる)が語られている。 ホタルブクロ アニマル星にしか存在しない植物であるが、正式な名称は不明である(地球のに似ていることが仮称の由来)。 「どこでもガス」が再起不能となり、ドラえもん達のアニマル星への移動が絶望的になった中、当星の手がかりとして一役買っている。 ニムゲ 地獄星に住む地球人型宇宙人。 アニマル星を侵略しようとするニムゲの一団は、他のニムゲから「ニムゲ同盟」と呼ばれている。 なお原作では、「ニムゲ」はアニマル星を侵略しようとする地球人型宇宙人のみを指している。 映画では「ニムゲ同盟」の呼称が「秘密結社コックローチ団」となっているほか、ニムゲの防護服のデザインと色も相違がある。 (口の部分にガスマスクのようなものがつけられているなど) 声の出演 [ ]• - ゲストキャラクター [ ] アニマル星 [ ] チッポ - 好奇心あふれる犬の少年。 アニマル星に伝わる神話に興味を持ち、真偽を探るために無鉄砲な行動を起こしては、たびたび父親に叱られる。 そして、その無茶な行動の中でドラえもんたちと知り合う事になる。 苗字はワンゲルだが、コロコロコミック連載時には「犬山」となっていた(コミックス版で修正)。 映画では、動物たちの中で唯一、ドラえもん達が異星人であることに気づいていた(最初からわかっていたらしい)が、友達になりたかった、という理由で、しばらく黙っていた。 チッポのパパ 声 - 町内唯一の警察官。 無茶なことばかりする息子に気苦労が絶えない。 二ムゲの襲撃の際、左手を負傷する。 チッポのママ 声 - チッポの母。 専業主婦。 ロミ 声 - チッポの従姉妹。 コックローチ団に連れ去られ、人質にとられるが、「ツキの月」を飲み、星の船に乗って潜入したのび太によって救出された。 ウータン 声 - 町長であるオランウータン。 敬虔なアニマル星の神の教徒で、ニムゲとの決戦前夜に神への祈りを続けた。 ゴリ郎の父 声 - ゴリラの船長。 近眼のためか、ジャイアンのことを何度も自分の息子と間違えていた。 原作では太っていたが、映画ではガッシリとした体格になっている。 ゴリ郎 声 - 上記の船長の息子。 ジャイアンによく似た顔をしている。 ペリカン 声 - 郵便配達員。 白ヤギ 声 - アニマル惑星の住人。 黒ヤギから来た手紙を読まずに食べてしまい、「さっきの手紙の用事は何か」と手紙で聞くはめになった(童謡「」を元にしたもの)。 ブタの少年 声 - チッポの友達。 チッポの探検隊のメンバーだったが、禁断の森でチッポの父に見つかったことで怖気づいてしまい、探検隊を抜ける。 ヒツジの医者 声 - カラス 声 - ウマ 声 - タヌキ アニマル惑星の住人。 最初は、ドラえもんがタヌキと呼び間違えられ、怒っている際、横にいたタヌキが「そんなに腹が立つのかと」と反論した。 その後も、ゴリ郎の父からタヌキをドラえもんと間違われる場面があった。 ニムゲ [ ] 連邦警察 [ ] 警察隊長 声 - 連邦警察の隊長。 スパイからの報告でコックローチ団がアニマル星への侵略を目論んでいる事を知る。 後にアニマル星で戦闘が発生した際に、大部隊を率いてコックローチ団の逮捕の指揮を執った。 スパイ 声 - 連邦警察の捜査員。 コックローチ団の構成員に変装し、潜入捜査をしていた。 偶然、同じく潜入していたのび太と知り合い、後にアニマル星でコックローチ団の逮捕に向かった際に、連邦警察の一員として再会した。 コックローチ団 [ ] ニムゲ総長 声 - ニムゲの一団、秘密結社「ニムゲ同盟」の指導者。 各組長を配下に置く。 原作で顔は明かされないが、映画での素顔は若い美青年。 さらに連邦警察隊員にマスクを外すよう頼み、自らの口でアニマル星の空気を吸った際には「素晴らしい空気だ」と評した。 ニムゲ組長 声 - ニムゲ同盟の一グループを率いる組長。 平の団員と違いマントをしているのが特徴。 ニムゲ団員 声 - のび太が地獄星で最初に接触したニムゲ。 ツキの月の効果なのか、転んで気絶してしまい、その隙にのび太に防護服を奪われるが、後に目を覚ましてスパイが潜入している事を組長に報告した。 素顔は髭面の男。 その他 [ ] 住民 声 - 、 学校の裏山近くに住む住民。 と共に、裏山へのゴルフ場開発に異議を示していた。 不動産屋 声 - 社長 声 - 裏山をゴルフ場にしようと考える悪徳社長。 毛虫が苦手。 スタッフ [ ]• 制作総指揮・原作・脚本 -• 作画監督 -• 作画監督補佐 -• 美術設定 -• 美術監督 - 高野正道• 録音監督 -• 音楽 -• 効果 - 柏原満• 撮影監督 - 斎藤秋男• 特殊撮影 - 渡辺由利夫• 監修 -• プロデューサー - 別紙壮一、、小泉美明、加藤守啓• 監督 -• 演出助手 - 、• 動画チェック - 内藤真一、間々田益男、原鐵夫• 色設計 - 野中幸子• 仕上監査 - 代田千秋、枝光敦子• 特殊効果 - 土井通明• コンピューターグラフィック - 亀谷久、水端聡、渡辺三千成• エリ合成 - 古林一太、末弘孝史• 文芸 - 滝原弥生• 制作事務 - 古井俊和、大福田富美• 制作進行 - 中村守、和田泰、星野匡章• 制作デスク - 市川芳彦• 制作協力 - 、• 脚本・演出をが担当。 2008年7月 - 9月公演。 スタッフ• 原作:藤子・F・不二雄 「大長編 のび太とアニマル惑星」• 脚本・演出:鴻上尚史• 作詞・音楽プロデュース:• 協力:藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK・小学館プロダクション• - 声・• チッポ - 板垣桃子• チッポのパパ -• アニマル星の住人 - 劇場• 大ホール:7月19日 - 21日• :7月30日• :8月2日 - 3日• :8月16日• :8月21日• :8月30日 - 31日• 中ホール:9月4日 - 9月14日 再演 [ ] 初演と同じ鴻上尚史の脚本・演出で、9年ぶりに再演。 スタッフ• 原作:藤子・F・不二雄 「大長編 のび太とアニマル惑星」• 脚本・演出:鴻上尚史• 作詞・音楽プロデュース: キャスト• - ()• ドラえもん - 声・水田わさび• チッポ -• チッポのパパ -• のび太のママ - 劇場• 池袋・:2017年3月26日 - 4月2日• 福岡・:7日 - 9日• 愛知・:14日 - 16日• 宮城・:21日 - 23日• 大阪・:29日 - 30日 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] 通番 公開年 題名 主題歌 同時上映 第1作 1980年 (リバイバル) 第2作 1981年 番外 1981年 (メイン) 第3作 1982年 岩渕まこと 第4作 1983年 海はぼくらと 岩渕まこと 第5作 1984年 第6作 1985年 第7作 1986年 大杉久美子 第8作 1987年 友達だから 大山のぶ代 森の木児童合唱団 第9作 1988年 君がいるから 第10作 1989年 時の旅人 第11作 1990年 天までとどけ 武田鉄矢 第12作 1991年 夢のゆくえ 第13作 1992年 雲がゆくのは… 武田鉄矢 第14作 1993年 何かいい事きっとある 第15作 1994年 武田鉄矢一座 第16作 1995年 さよならにさよなら 第17作 1996年 私のなかの銀河 海援隊 第18作 1997年 Love is you 第19作 1998年 第20作 1999年 第21作 2000年 この星のどこかで 第22作 2001年 第23作 2002年 いっしょに歩こう 〜Walking Into Sunshine〜 第24作 2003年 第25作 2004年 通番 公開年 題名 主題歌 第26作 2006年 第27作 2007年 第28作 2008年 第29作 2009年 第30作 2010年 第31作 2011年 第32作 2012年 第33作 2013年 第34作 2014年 番外 2014年 第35作 2015年 第36作 2016年 第37作 2017年 第38作 2018年 第39作 2019年 第40作 2020年 番外 2020年.

次の

ようこそ! アニマル連邦

アニマル 連邦

および、この作品を元に1990年に公開された。 大長編シリーズ第10作、映画シリーズ第11作。 第8回優秀銀賞受賞。 同時上映は『 エリさま活動大写真』。 主催サードステージ、脚本・演出により舞台化され、夏に初演。 春には再演されている。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年1月) 平穏に暮らす動物たちの惑星「アニマル星」を侵略しにやってきた地球人型宇宙人「ニムゲ」による秘密犯罪結社「ニムゲ同盟」と、、ら5人の戦いを描いた作品。 「ニムゲ」は人間そのものであり、自然環境を破壊し野生動物の生態を脅かす人間社会を痛烈に批判している。 これに対し、舞台となるアニマル星は自然破壊の反面教師として徹底的な環境保護が実現されており、エコロジーの面では理想的な世界として描かれている。 各種の動物が擬人化した世界観を生かし、「」や「」といった有名なになぞらえた場面が登場する。 また、ドラえもん、のび太ら5人がアニマル星の滞在時には、「動物ごっこぼうし」を被っており、そのなかで、ドラえもんは、ネコ耳をかぶっている。 そのため、本作にて、本来の耳付きドラえもんが復活している。 およびに、普段ツキがないことが多いのび太が、このことを象徴するある道具を使用する。 そして、のび太単独で「ニムゲ」に乗り込んで、活躍することが結末のカギの一つとなる。 また、中盤では度重なる不可解な出来事によって、いつもならばのび太と共に仲間を引っ張るジャイアンが弱気になるという珍しいケースもある。 映画シリーズの中では、シリアスなテーマ性、およびメッセージ性(特に環境問題など人類文明への警鐘)を抱えた作品であり、冒頭、裏山の場建設計画に反対する町内会の一員、のび太のママが環境問題についてドラえもんとのび太に説教する場面などが随所に挿入されている。 ゴルフ場建設に関しては、当時のの世相を反映している。 このように環境問題へのメッセージ性が強い作品であり、作者自身もフィルムコミックスのあとがきで「(環境問題の扱いが)少し露骨だったかもしれない」と述べている。 原作ではドラえもんたち5人はアニマル星の住民にとっては地球から来た異星人という位置づけである。 彼らが異星人であることはアニマル星の皆が知っており、戦いのあとに5人に感謝して国民の祝日に定め、その盛大な祝賀会も行われ、別れもそこで行われ完全に英雄扱いだった。 それに対し、映画では5人の正体は犬の少年チッポしか知っておらず、また別れも辛くなるからとこっそり行い、チッポだけが自転車で見送りに来るという形で、5人はあくまで一市民という扱いだった。 また、出木杉の登場場面はすべてカットされた。 終盤での展開も原作ではあっさりと流されたのに対して映画では大幅に追加され、かなり深く踏み込んだものとなり、ゴルフ場建設計画も中止となっている。 あらすじ [ ] ある夜、は をくぐって見知らぬ森に迷い込む。 そこでは人間そっくりの体を持つ動物たちが人間の言葉で話していた。 翌日、のび太はその体験をドラえもんや同級生に話すが、ジャイアンとスネ夫はもちろんドラえもんにも馬鹿にされるだけだった。 しかし、動物たちが持っていたホタルを入れていた花(に似ている)が部屋の前に落ちていたのを知り、昨夜のことは本当にあったのではないか…とのび太は考える。 そんな中、ママの話からのび太たちの学校の裏山がゴルフ場建設のために切り崩されてしまうという計画があることを知る。 その夜、寝ぼけたのび太は、再び部屋の前に現れたあのもやの中に入り込んだことに気付き、あの世界は夢ではなかったと確信。 後を追ってきたドラえもんと共にもやの向こう側を探検する中で、2人はチッポという犬の少年に出会い、再び遊びに来ることを約束して帰途に着く。 帰ろうとした2人の前に地球のものより遥かに巨大な月が昇ってくる。 ここは「アニマル星」であった。 翌日、裏山を開発しようとする業者らが下見に訪れた。 ドラえもんがで追い払ったものの、これくらいであきらめるとは思えず、安心はできない。 悩んでいた時、2人はまたあのピンクのもやを見つけた。 も誘い、再びアニマル星へ遊びに行くことに。 だが、こっそりついてきたとは、もやの中をさ迷ううち、見渡す限り荒れ果てた世界に辿り着いてしまう。 ジャイアンはその中で「恐ろしい何か」を感じると語り、逃げ回る内にアニマル星にたどり着いた。 紆余曲折を経てジャイアンたちと再会し地球に戻った一行は、ドラえもんが手渡したひみつ道具を通じてチッポが救援を求めていることに気づき、アニマル星に引き返した。 ところが、美しかったアニマル惑星は爆撃に晒されて無残な有様と化し、星中の動物たちが姿を消してしまっていた。 捜索の末にチッポと再会し、難を逃れた動物たちが潜む森の中の隠れ家にたどり着いたドラえもんたちは、かつて動物たちの先祖を迫害した月の悪魔「ニムゲ」がアニマル星を我が物にすべく攻め込んできたことを知り、アニマル星を守るために動物たちと共に闘うことを決意する。 舞台 [ ] アニマル星 月に住む人間たちの迫害から逃れ、人間と同等の進化を遂げた様々な種類の動物たちが平和に暮らす星。 彼らの先祖である動物たちをこの星に導いた人間の科学者の発明によって地球よりもはるかに発展した科学文明が栄えており、太陽光や風力などのクリーンエネルギーによる発電技術や、光、水、空気から合成食物を製造する技術、高度な汚水処理装置など、高度な科学文明と完全な形での環境保全が両立している。 科学者が先祖を進化させてこの星へ移住させた顛末は神話として語り継がれており、高度な科学文明を持つ一方で住民の信仰心は篤い。 住民はこの神話を真実であると信じており、この星が平和主義で環境保護が徹底されているのはその影響が大きい。 正月には全市民が必ず参加する行事(神事)が執り行われている。 科学技術・環境保全技術に関してはドラえもんに「22世紀の地球以上」と言われる程だが、その反面、創世神話の経典によって兵器開発や宇宙船の開発も禁じられているため、兵器・軍隊の存在は愚か戦争経験自体が全く無く、宇宙進出も果たしていない。 また、国という概念も存在しない。 ただし、チッポのパパが神話について「国のはじめの物語」と言っていたり(大長編、映画とも)、ラストにおいて、「国の祝日」をウータン町長が制定しているため(大長編のみ)、国というものを本当に知らないのかは不明。 映画版では、関連した場面がカットされている。 地獄星 アニマル星とので、アニマル星のすぐそばにある星。 動物たちの先祖が住んでいた星であり、「月」と呼んでいる。 かつて地球人型宇宙人「ニムゲ」による文明世界が栄えていたが、、、などですっかり荒廃しきってしまい、星の地下にてわずかに生き残った者達の暮らしぶりは、の生活水準にまで衰退している。 宇宙船を始めとする機械の部品すらも自分達で造れなくなってしまったために、古代の置き場のガラクタから、する形でや、を製作している。 過去の過ちを省み、1000年の時を経て現在では文明再建の目処が立っているが、「宇宙は人間のために存在する」と考える一部の過激派達が秘密犯罪結社「ニムゲ同盟」を結成した。 水や空気が汚染されているため、ここで暮らす者は常にをまとっているが、防護服はショックガンによる攻撃を無力化する等、電気耐性に優れている。 「ニムゲ同盟」の他に、政府機関直轄と思われる治安維持組織の「連邦警察」も存在する。 用語 [ ] 光の階段 と 星の船 アニマル星の創世神話に登場する二つの道具。 1000年前、悪魔たちに虐げられる動物たちを救うため、星の船に乗ってこの星を訪れた神がその環境を動物たちが住みやすいように造り変え、二つの星の間に光の階段をかけ、悪魔たちを眠らせて動物たちを避難させた。 そして神は二つの道具を禁断の森の奥深く埋めたとされる。 チッポは古文書を手がかりにそれらを探そうとしている。 実は、ドラえもんたちがアニマル星を訪れるために使った、ピンクのもやを発生させた装置こそが光の階段の正体だった。 星の船は文字通りの形をした小型宇宙船で、のび太が地獄星に行くために発掘、使用した。 この他に神話の道具には「ねむりの笛」(悪魔たちを眠らせた)、「お守り」(動物たちが眠らないよう持たせた。 今でもそれを模した物を年末年始家に飾る)、「チエの実」(動物たちに神が与えた果実。 今でもそれを模した菓子を正月に食べる)が語られている。 ホタルブクロ アニマル星にしか存在しない植物であるが、正式な名称は不明である(地球のに似ていることが仮称の由来)。 「どこでもガス」が再起不能となり、ドラえもん達のアニマル星への移動が絶望的になった中、当星の手がかりとして一役買っている。 ニムゲ 地獄星に住む地球人型宇宙人。 アニマル星を侵略しようとするニムゲの一団は、他のニムゲから「ニムゲ同盟」と呼ばれている。 なお原作では、「ニムゲ」はアニマル星を侵略しようとする地球人型宇宙人のみを指している。 映画では「ニムゲ同盟」の呼称が「秘密結社コックローチ団」となっているほか、ニムゲの防護服のデザインと色も相違がある。 (口の部分にガスマスクのようなものがつけられているなど) 声の出演 [ ]• - ゲストキャラクター [ ] アニマル星 [ ] チッポ - 好奇心あふれる犬の少年。 アニマル星に伝わる神話に興味を持ち、真偽を探るために無鉄砲な行動を起こしては、たびたび父親に叱られる。 そして、その無茶な行動の中でドラえもんたちと知り合う事になる。 苗字はワンゲルだが、コロコロコミック連載時には「犬山」となっていた(コミックス版で修正)。 映画では、動物たちの中で唯一、ドラえもん達が異星人であることに気づいていた(最初からわかっていたらしい)が、友達になりたかった、という理由で、しばらく黙っていた。 チッポのパパ 声 - 町内唯一の警察官。 無茶なことばかりする息子に気苦労が絶えない。 二ムゲの襲撃の際、左手を負傷する。 チッポのママ 声 - チッポの母。 専業主婦。 ロミ 声 - チッポの従姉妹。 コックローチ団に連れ去られ、人質にとられるが、「ツキの月」を飲み、星の船に乗って潜入したのび太によって救出された。 ウータン 声 - 町長であるオランウータン。 敬虔なアニマル星の神の教徒で、ニムゲとの決戦前夜に神への祈りを続けた。 ゴリ郎の父 声 - ゴリラの船長。 近眼のためか、ジャイアンのことを何度も自分の息子と間違えていた。 原作では太っていたが、映画ではガッシリとした体格になっている。 ゴリ郎 声 - 上記の船長の息子。 ジャイアンによく似た顔をしている。 ペリカン 声 - 郵便配達員。 白ヤギ 声 - アニマル惑星の住人。 黒ヤギから来た手紙を読まずに食べてしまい、「さっきの手紙の用事は何か」と手紙で聞くはめになった(童謡「」を元にしたもの)。 ブタの少年 声 - チッポの友達。 チッポの探検隊のメンバーだったが、禁断の森でチッポの父に見つかったことで怖気づいてしまい、探検隊を抜ける。 ヒツジの医者 声 - カラス 声 - ウマ 声 - タヌキ アニマル惑星の住人。 最初は、ドラえもんがタヌキと呼び間違えられ、怒っている際、横にいたタヌキが「そんなに腹が立つのかと」と反論した。 その後も、ゴリ郎の父からタヌキをドラえもんと間違われる場面があった。 ニムゲ [ ] 連邦警察 [ ] 警察隊長 声 - 連邦警察の隊長。 スパイからの報告でコックローチ団がアニマル星への侵略を目論んでいる事を知る。 後にアニマル星で戦闘が発生した際に、大部隊を率いてコックローチ団の逮捕の指揮を執った。 スパイ 声 - 連邦警察の捜査員。 コックローチ団の構成員に変装し、潜入捜査をしていた。 偶然、同じく潜入していたのび太と知り合い、後にアニマル星でコックローチ団の逮捕に向かった際に、連邦警察の一員として再会した。 コックローチ団 [ ] ニムゲ総長 声 - ニムゲの一団、秘密結社「ニムゲ同盟」の指導者。 各組長を配下に置く。 原作で顔は明かされないが、映画での素顔は若い美青年。 さらに連邦警察隊員にマスクを外すよう頼み、自らの口でアニマル星の空気を吸った際には「素晴らしい空気だ」と評した。 ニムゲ組長 声 - ニムゲ同盟の一グループを率いる組長。 平の団員と違いマントをしているのが特徴。 ニムゲ団員 声 - のび太が地獄星で最初に接触したニムゲ。 ツキの月の効果なのか、転んで気絶してしまい、その隙にのび太に防護服を奪われるが、後に目を覚ましてスパイが潜入している事を組長に報告した。 素顔は髭面の男。 その他 [ ] 住民 声 - 、 学校の裏山近くに住む住民。 と共に、裏山へのゴルフ場開発に異議を示していた。 不動産屋 声 - 社長 声 - 裏山をゴルフ場にしようと考える悪徳社長。 毛虫が苦手。 スタッフ [ ]• 制作総指揮・原作・脚本 -• 作画監督 -• 作画監督補佐 -• 美術設定 -• 美術監督 - 高野正道• 録音監督 -• 音楽 -• 効果 - 柏原満• 撮影監督 - 斎藤秋男• 特殊撮影 - 渡辺由利夫• 監修 -• プロデューサー - 別紙壮一、、小泉美明、加藤守啓• 監督 -• 演出助手 - 、• 動画チェック - 内藤真一、間々田益男、原鐵夫• 色設計 - 野中幸子• 仕上監査 - 代田千秋、枝光敦子• 特殊効果 - 土井通明• コンピューターグラフィック - 亀谷久、水端聡、渡辺三千成• エリ合成 - 古林一太、末弘孝史• 文芸 - 滝原弥生• 制作事務 - 古井俊和、大福田富美• 制作進行 - 中村守、和田泰、星野匡章• 制作デスク - 市川芳彦• 制作協力 - 、• 脚本・演出をが担当。 2008年7月 - 9月公演。 スタッフ• 原作:藤子・F・不二雄 「大長編 のび太とアニマル惑星」• 脚本・演出:鴻上尚史• 作詞・音楽プロデュース:• 協力:藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK・小学館プロダクション• - 声・• チッポ - 板垣桃子• チッポのパパ -• アニマル星の住人 - 劇場• 大ホール:7月19日 - 21日• :7月30日• :8月2日 - 3日• :8月16日• :8月21日• :8月30日 - 31日• 中ホール:9月4日 - 9月14日 再演 [ ] 初演と同じ鴻上尚史の脚本・演出で、9年ぶりに再演。 スタッフ• 原作:藤子・F・不二雄 「大長編 のび太とアニマル惑星」• 脚本・演出:鴻上尚史• 作詞・音楽プロデュース: キャスト• - ()• ドラえもん - 声・水田わさび• チッポ -• チッポのパパ -• のび太のママ - 劇場• 池袋・:2017年3月26日 - 4月2日• 福岡・:7日 - 9日• 愛知・:14日 - 16日• 宮城・:21日 - 23日• 大阪・:29日 - 30日 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] 通番 公開年 題名 主題歌 同時上映 第1作 1980年 (リバイバル) 第2作 1981年 番外 1981年 (メイン) 第3作 1982年 岩渕まこと 第4作 1983年 海はぼくらと 岩渕まこと 第5作 1984年 第6作 1985年 第7作 1986年 大杉久美子 第8作 1987年 友達だから 大山のぶ代 森の木児童合唱団 第9作 1988年 君がいるから 第10作 1989年 時の旅人 第11作 1990年 天までとどけ 武田鉄矢 第12作 1991年 夢のゆくえ 第13作 1992年 雲がゆくのは… 武田鉄矢 第14作 1993年 何かいい事きっとある 第15作 1994年 武田鉄矢一座 第16作 1995年 さよならにさよなら 第17作 1996年 私のなかの銀河 海援隊 第18作 1997年 Love is you 第19作 1998年 第20作 1999年 第21作 2000年 この星のどこかで 第22作 2001年 第23作 2002年 いっしょに歩こう 〜Walking Into Sunshine〜 第24作 2003年 第25作 2004年 通番 公開年 題名 主題歌 第26作 2006年 第27作 2007年 第28作 2008年 第29作 2009年 第30作 2010年 第31作 2011年 第32作 2012年 第33作 2013年 第34作 2014年 番外 2014年 第35作 2015年 第36作 2016年 第37作 2017年 第38作 2018年 第39作 2019年 第40作 2020年 番外 2020年.

次の

【楽天市場】ようこそ!アニマル連邦[本/雑誌] (単行本・ムック) / あべまん/著:CD&DVD NEOWING

アニマル 連邦

100• 101• 102• 103• 104• 105• 106• 107• 108• 109• 110• 111• 112• 113• 114• 115• 116• 117• 118• 119• 120• 121• 122• 123• 124• 125• 126• 127• 128• 129• 130• 131• 132• 133• 134• 135• 136• 137• 138• 139• 140• 141• 142• 143• 144• 145• 146• 147• 148• 149• 150• 151• 152• 153• 154• 155• 156• 157• 158• 159• 160• 161• 162• 163• 164•

次の