年の瀬 の 挨拶 文。 年の瀬の意味や語源とは?使い方や挨拶の例文。ビジネスは?

年末の挨拶、取引先にカレンダーを渡すタイミングはいつがいい?

年の瀬 の 挨拶 文

年の瀬の挨拶はいつから? 意外と悩んでしまうのが、この 「年の瀬の挨拶はいつからするのか」ということだと思います。 年の瀬という言葉は12月の季語でもあるので、12月に入れば挨拶に使うことができるのですが、 12月上旬~中旬にかけての時期に使用するのには少々違和感があります。 ですから、 時期としては12月20日~31日までの12月下旬(仕事関係であれば仕事納めまで)に使用するのが望ましいと言えます。 こんな言葉が使える 年の瀬の挨拶には、このような言葉を使うことができます。 書き出し部分に当たる「時候の挨拶」と「安否の挨拶」、そして締めの部分に当たる「結びの言葉」の例をご紹介します。 時候の挨拶の例 ・よいお年をお迎えください。 ・来年も素晴らしい年でありますように。 ・今年も一年お世話になりました。 良いお年をお迎えください。 ・もうすぐ一年も終ろうとしています。 良いお年をお迎えください。 ・忙しい年末ですが、体に気をつけてお過ごしください。 ・来る年が、幸多き一年でありますようお祈りいたしております。 ・本年はいろいろとお世話になり、ありがとうございました。 また新年もどうぞよろしくお願いいたします。 ・今年一年お世話になりありがとうございました。 良い年末年始をお過ごしください。 また来年もどうぞよろしくお願いいたします。 ・今年はひとかたならぬご愛顧にあずかり、ありがとうございました。 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

次の

年の瀬の意味や語源とは?使い方や挨拶の例文。ビジネスは?

年の瀬 の 挨拶 文

1.年末の挨拶状(年末のご挨拶) ここでは年末のご挨拶の例文をご紹介しています。 相手先によって言葉遣い(敬語など)や内容が少しずつ異なります。 このページでは取引先やお客様に対するものと、社内文書用の2タイプ用意しました。 下の方に実際の例文もご紹介しています。 [取引先やお客様あての場合に良く使われる文例] 例)従業員一同、心より御礼申し上げます。 例)来る年も変わらぬ御愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。 [社内文書の場合に良く使われる文例] 例)お疲れ様です。 ・社内への年末の挨拶文書は、最近は電子メールやFAXで送信する場合がほとんどです。 メールの場合には様式は比較的自由です。 下記の見本にとらわれず、自由にアレンジしてください。 次に続く「貴社に( 皆様に)おかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 」というフレーズは良く使われる常套句(定番文章。 決まり文句)です。 「ますますご清栄のことと」という箇所は「ご清栄」の代わりに「ご清祥」という書き方も良く使われます。 【その他に定番として良く使われる文章】 ・本年中は 格別のお引き立てを賜り、まことに有り難く厚く御礼申し上げます。 ・来年も より一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。 ・来年も 変わらぬお引立てのほど、宜しくお願い申し上げます。 ・来る年の 皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 3.年始の挨拶状(年始のご挨拶・新年の挨拶) ビジネス文例 ・取引先やお客様に対する新年の挨拶と、社内文書用の2タイプ用意しました。 ・ちなみに、後者の社内への年始の挨拶は、文書や書面によらず、新年会や社員総会、TV会議などの席で口頭で述べるケース(新年のご挨拶や年頭の挨拶という形式)が多いようです。 【年始の挨拶とマナー・新年の挨拶とマナー】 ・年始の挨拶状はいつまでに出せばよいのでしょうか? …業界によっても異なるようで「いつまで」という決まりはないのですが、ビジネスの取引先への年始の挨拶状はできれば松の内(7日まで)に出すようにします。 特に松の内を過ぎると「あけましておめでとうございます」という言葉は使いづらくなります。 仕事始めから数日以内に相手に届くよう、遅くとも10日までには先方に届くという前提で出すようにしましょう。 ・年始の挨拶はいつまで? …新年になって初めて合う相手には15日くらいまで年始の挨拶の言葉を使うのが慣例です(かつては年明けにはカレンダーや手帳などを持参して新年の挨拶に行く営業マンが数多く見られたものです。 良く会う相手なら10日頃までに挨拶を済ませましょう。 取引先の数が多かったり、先方が遠方であったりするとなかなか難しくなりますが、遅くとも15日頃までに済ませます。 ) …営業や、接客、会議などで、年明けに取引先や顧客・お客様に会う機会や電話をする機会があれば、年始の挨拶をします。 基本的には「相手に最初に会う機会」に挨拶をするのがビジネスマナーです。 ・年賀状の時期(いつから?いつまで?) …いつから?郵便局が年賀状・年賀はがきの受付・取扱いを始めるのは12月15日からで、12月25日までに出せば(ポストに投函すれば)元旦に届くとされています(令和2年の年賀はがきについては、令和1年12月15日より受付開始。 2019年12月更新済み)。 …いつまで?基本的に松の内に届くように1月5〜6日までに投函します。 この期間をすぎると年賀状はむしろマナー違反。 年賀状の時期を過ぎたら「」を出しましょう。 4.英語の年末年始挨拶文(新年の挨拶 英文) ・海外では、年末にクリスマスを祝う言葉と新年を祝う言葉が一緒に綴られたメッセージを交わすことが多いようです。 例文をご紹介しますので自由にアレンジしてお使い下さい。 なお、"Season's Greetings and A Happy New Year! "の部分は、 "Merry Christmas and A Happy New Year! " "I Wish You A Merry Christmas and A Happy New Year! " "A merry christmas to you! " といった表現の代わりに、相手の宗教宗派を問わずに使える言い回しです。 This is meaningful time, as we celebrate the end of one year and the beginning of another. We must look back this year "2015", believing that there is the bright future. In the new year, although our challenges are great, each of us has the courage, wisdom, and decision which conquer difficulty. Let's believe each of us and continue a challenge together.

次の

【年末の挨拶】社内や取引先に使えるビジネスメールや手紙の文例

年の瀬 の 挨拶 文

時候の挨拶とは、 「拝啓」などの頭語の後に続く言葉で、 漢語調のもの 「例文:早春の候、早春のみぎり」と、 口語調のもの 「例文:桜がきれいな季節になりました」 とがあります。 お礼状を出す相手に応じて、 使い分けるとよいでしょう。 例文では「候」で統一させていただきます。 それでは、 以下に代表的な時候のあいさつ 季節の挨拶文 の 例文をご紹介しますので、参考にしていただければと思います。 1月の時候のあいさつ 季節の挨拶文 の例文 【漢語調:例文】 小寒の候・厳寒の候・甚寒の候 正月の候・極寒の候・新春の候 芳春の候・酷寒の候・初春の候 厳寒の候・降雪の候・孟春の候 大寒の候・寒風の候・酷寒の候 厳冬の候・謹賀新年の候 【口語調:例文】 ・寒中とはいいながら、暖かい日の続くこのごろです。 ・厳しい冷え込みが体にこたえる季節となりましたが、いかがお過ごしですか。 ・寒さひとしおのこのごろ、春の訪れを待ちわびております。 ・厳しい寒波が到来していますが、ご無事にお暮らしでしょうか。 ・寒さにわかに厳しく、暖かい部屋から出るのがおっくうでなりません。 ・空気の乾いた日が続いていますが、お風邪などは召していませんか。 ・しだいに頼もしさを増す日差しに春の訪れを感じております。 ・寒さの中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。 ・寒さもさすがに和らぎ、どことなく春の気配が漂う今日このごろです。 ・春が後戻りをしたかのように、厳しい寒さがぶり返しております。 ・寒かったり暖かかったりの毎日ですが、お元気にお過ごしのことと存じます。 ・日差しのうららかさに春の到来の喜びを感じております。 ・寒さもさすがにゆるみ、ようやく過ごしやすい季節となりました。 ・暑さ寒さも彼岸までと申すとおり、ここのところすっかり暖かくなりました。 ・今年も桜前線の北上が話題にのぼる時節がやってまいりました。 ・思わぬ寒さに見舞われ、咲き誇っていた花々も驚いているに違いありません。 ・咲き始めたばかりの桜に無情の雨が降り注いでおります。 ・花曇の日が続いていますが、ご壮健にお過ごしのことと存じます。 ・ゴールデンウィークを目の前に気もそぞろなる昨今、いかがお過ごしですか。 ・新入社員の若い熱気に日々刺激を受けているこのごろです。 ・晴れ渡った青空に鯉のぼりが鮮やかにひるがえっています。 ・万葉の候、自然の美しさを改めて感じているこのごろです。 ・陽光を受けた新緑が美しいきらめきを見せる季節です。 ・街行く人々の装いがいつの間にか軽やかになっています。 ・青葉目にしみる候、気分爽快の毎日を送られていることと存じます。 ・梅雨の季節を迎え、ぐずついたお天気が続いております。 ・入梅の頃となり、うっとうしい雨の日が続いておりますが、お元気でいらっしゃいますか。 ・長雨のみぎり、お変わりはございませんでしょうか。 ・水の張られた田んぼに若苗が整然と並ぶ季節となりました。 ・吹く風にもいよいよな夏めいた気配を感じるころとなりました。 ・街行く人に日焼けした肌が目立つ夏真っ盛りの候となりました。 ・炎暑の日が続き、いささかバテ気味の毎日です。 ・酷暑の候、日盛りには外出がためらわれてしまうこのごろです。 ・炎天下にひまわりの花がたくましく咲いています。 ・熱帯夜続きで熟睡ができずにまいっている昨今です。 ・盛夏の時節ですが、台風の到来以来、今ひとつはっきりしない天候が続いています。 ・しのぎがたい暑さの続く毎日、ひたすら秋の涼しさが待ち望まれます。 ・はや涼しさを感じるこのごろ、今年の夏はどうやら短くて終わりそうです。 ・朝夕は少しは涼しくなったものの、日中の日差しはいぜん強烈です。 ・立秋とは名ばかりで、相変わらず暑さが身にこたえております。 ・海の家も閉鎖され、夏場のにぎわいが嘘のように、静かな浜辺を眺めています。 ・先週は子供の運動会がありまして、応援や父兄のパン食い競争に奮闘いたしました。 ・スポーツの秋に誘われて、フィットネスクラブの会員になりました。 ・夏の夜の寝苦しさから解放され、気持ちよく眠りにつける季節を迎えました。 ・日が沈みますと、待っていたかのように虫たちの声が聞こえてまいります。 ・朝夕だけでなく、日中も一枚はおりたくなる気候となりました。 ・ぽかぽかと小春日和の続くこのごろ、つい居眠りがでます。 ・寒さが次第につのり、そろそろ紅葉の季節を迎えます。 ・スポーツの秋、小学校の校庭からは運動会の練習の声が聞こえてまいります。 ・秋の月にうっとりと見とれ、虫の音を聞きながら秋の夜の風情を楽しんでおります。 ・暦の上では冬を迎え、さすがに吹く風の冷たさも鋭さを増しております。 ・紅葉が散りつもり、木々の根本はまるで綿のじゅうたんを敷いたようです。 ・台風がわずかに残った紅葉を吹き飛ばし、すっかり冬木立になりました。 ・はや向寒の候となり、日脚もずいぶん短くなってまいりました。 ・今日は七五三の日、近くの神社ではかわいい晴れ姿がはしゃいでいました。 ・今年は暖冬ということで、年の瀬とは思えない暖かい日が続いております。 ・冬来たりなば春遠からじと申しますが、このところの寒さはひとしおでございます。 ・冬も半ばにかかり、寒ブリの美味しい季節を迎えております。 ・鉢植えのポインセチアが美しい紅色を見せるころとなりました。 ・壁に掛けたカレンダーも最後の一枚となり、何か心急ぐ気分です。 ・梅雨に入り、花のように色とりどりの傘が街に開きました。 ・梅雨晴れの一日、夏本番を思わせる強い日ざしとなりました。 ・今年は空梅雨で晴天が続いており、今は嬉しい限りですが、夏場の水不足が心配です。 ・うっとうしい梅雨が明ければ、いよいよ夏本番です。 ・梅雨明けがひたすら待たれる頃、お変わりなくお過ごしでしょうか。

次の