蘭 寿 とむ ブログ。 蘭寿とむの本名はMayu Sakamoto?結婚した夫の画像や子供を妊娠中という噂について

蘭寿とむの夫の勤務先は三菱商事で再婚の噂は本当?画像と年齢も調査!

蘭 寿 とむ ブログ

プロフィール 芸名:蘭寿とむ らんじゅ とむ 本名:阪本真由(さかもとまゆ) 出身:兵庫県西宮市出身 生年月日:1975年8月12日生 身長:170cm。 花組に配属。 2006年に宙組へ異動。 2011年花組へ異動しトップスターに就任。 お披露目公演は『ファントム』。 蘭寿とむさんが在籍した82期生の受験倍率は過去最高の48. 2倍! そんな高倍率にも関わらず首席で入学し、卒業までずーっと首席の座を譲らなかったそうです。 当時は花組に配属されましたが2006年に宙組に異動となり、 2011年に花組に戻って男役のトップスターになりました。 3年後の2014年に宝塚を退団後の 現在は舞台やテレビドラマなどに出演。 CDなどのアルバムも出しています。 テレビドラマでは2016年放送で中谷美紀さんが主人公の「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」 で中谷さんの友人で独身グルメ女子会のメンバーの山本望海 役を演じました。 第3話で一番左端に座っているのが蘭寿とむさんですね。 雰囲気あるなー。 宝塚在団中は 男役の中の男という感じで、もう男性としかみれないくらいでしたが退団後は髪の毛も伸ばしてご自身が持つ本来の女性としての美しさが現れ、 それは神々しいくらいです。 う、う、美しい!! Sponsored Links 結婚した夫の年齢と顔画像は? こんな美しく才能にあふれた蘭寿とむさんのハートを射止めた男性がいます! う、う、うらやましい・・・。 蘭寿とむさんは 2016年9月に一般人の男性と結婚しました。 発表は公式サイトとご自身のブログでした。 この度、私事ではございますが、昨日、一般の方と入籍しましたことをご報告致します。 どのような時も、私を受け止めて包んでくれる彼と、この先の人生もずっと一緒に歩んでいきたいと思うようになりました。 これからもお互いを思いやる心を大切に、笑顔の絶えない明るい家庭を築いていきたいと思います。 今までのご支援に感謝致しますとともに、今後も宜しくお願い申し上げます。 2016年9月28日 蘭寿とむ 引用:蘭寿とむオフィシャルブログ どんな男性が蘭寿とむさんのハートを射止めたのか気になりますね~ 夫さんのプロフィールを簡単に作ってみました 名前:一般人のため不明 年齢:たぶん40代後半~50代 現在 職業:商社勤務 一般人の方なので情報がほとんどありません。 年齢が40代後半と判明したのは理由があって、 旦那さんの妹さんである田中里依さんが宝塚出身で年齢を公表しており、1971年生まれとわかったからです。 蘭寿とむさんが結婚されたのは2016年でした。 当時、妹さんの年齢は44歳。 となると旦那さんの年齢は40代の半ば以上と考えられます。 職業は、 商社勤務のエリートサラリーマンとのこと。 宝塚で蘭寿とむさんはトップで男役をずっとやってきました。 そして旦那さんも、おそらく海外赴任をするなどバリバリ仕事をこなす人でしょう。 こういったところに、共通する部分があるのではないでしょうか。 一般人ということで、旦那さんの名前は不明とのこと。 顔写真や画像なども、プライパシーの問題があるので公開されていませんが、宝塚出身の妹さんの画像は公開されています。 きれいな方ですね~。 お兄さんである蘭寿とむさんの旦那さんに似ているのでしょうか? 旦那さんも蘭寿とむさんと同様に高身長の方かもしれないですね 美男美女のカップルの予感! ちなみに旦那さんの妹さんの田中里依さんは宝塚の76期生で1990年に入団し、1996年11月に退団しました。 蘭寿とむさんと同じ男役だったそうです。 蘭寿とむさんの入団は1996年3月で同じ花組に所属していたので、 先輩後輩の間柄だったんですね。 田中里依さんは現在は芸能事務所に所属し、舞台やドラマに映画など女優として活躍しています。 そして 旦那さんのお母さんも伯母さん二人も宝塚出身なんですねー。 そしてこちらもまた 男役でした。 さらに驚きなのが、 松岡修造さんと旦那さんは従兄同士! 松岡修造さんのその娘の 松岡恵さんも、確か宝塚音楽学校に在学中でしたよね。 入学式ではばっちりリーゼントで決めていたところから男役を目指しているそうです。 ここまで宝塚出身が家族に揃っているのも珍しいかも! 蘭寿とむさんもお姑さんに義理の妹さんも男役を演じられていたといった共通点に驚きです。 そして海外勤務を経て、現在は東京本社に勤めているそうです。 大手商社というと、三菱商事・住友商事・伊藤忠商事などがあげられます。 その中でも、 三菱商事ではないのでは?という噂があります。 三菱商事にお勤めという噂に加えて再婚ではないか?とも言われてます。 それは海外勤務が噂の元と考えられます。 商社の海外勤務は日本の会社の風潮と違い、部下がいないんだとか。 なので仕事をはじめ、他の雑務など全部自分一人でやらなければなりません。 一人でこなすのは、かなり大変だそうです。 そのため 手伝ってもらえるパートナーの方がいたのでは?と思われています。 その他にも蘭寿とむさんと結婚された時の年齢が、40代または50代ということからも再婚なのでは? という噂です。 もちろん、再婚か初婚かについては公表されていません。 初婚だろうが再婚だろうがお二人が幸せならあまり関係ないと思いますが、こういうのが知りたい人もいるんですね。 Sponsored Links まとめ 元宝塚歌劇団の蘭寿とむさん、そして旦那さんについて気になることを調べてみました。 旦那さんには宝塚出身の家族がいたことに驚きました。 それだけでも驚きなのに、松岡修造さんと従兄で、その松岡修造さんの娘の恵さんも 宝塚音楽学校に入学していて、すごい繋がりがあるのだなと感じました。 まさに運命ですね。 旦那さんは商社勤務ということですので、頭が良い人といったイメージがあります。 長く海外勤務もされていたでしょうから、英語も堪能な方なんでしょうね。 蘭寿とむさんは宝塚音楽学校の時も宝塚入団時において、どちらとも 首席でした。 誰もが、首席をとれるわけではありません。 当時はかなり、優秀であり努力家だったということがわかります。 2018年の現在は宝塚を退団されて4年の月日がたちました。 宝塚時代にはできなかったことを、今謳歌していることでしょう。 仕事もプライベートも充実されていて、何よりだと思います。 でもファンの人たちはきっとまた舞台やテレビで活躍する姿を見たい! と思っているでしょう。

次の

蘭寿とむの夫の勤務先は三菱商事で再婚の噂は本当?画像と年齢も調査!

蘭 寿 とむ ブログ

「くらわんか」2005年花組・バウ公演 スカステで放送されてて、久しぶりに 蘭寿とむ を観ました。 この公演は配役がA・B・C・D・Eと5パターン 宝塚バウホール開場当時の理念に立ち返り、中堅男役を中心とした公演、そして新人男役への続演というスタイルで公演を行う。 蘭寿とむ主演ABCパターン、愛音羽麗主演DEパターン。 公演解説 「くらわんか船」の船頭・ 八五郎(蘭寿とむ)は根っからの怠け者だが、したたかに生きる術を心得ていた。 女房に愛想を尽かされ、逃げ出され、やもめになっても、船宿の主人・ 甚兵衛(汝鳥 伶)に取り入り、船宿に居候していた。 日々の生活はと言うと、貸すのは断りづらく、返せと催促するのは憚れる単位の小銭を、知り合いに借りて生業としていた。 そんな八五郎を見かねた甚兵衛が、縁談話を持ち掛けてきた。 相手は公家奉公をしていた 延陽伯(桜乃彩音)で、言葉遣いが丁寧過ぎるのが唯一の欠点という。 丁寧過ぎる何処が欠点だと、八五郎は喜んで承知した。 嫁が来ると喜ぶ八五郎の前に、 貧乏神(望海風斗)が現れた。 金持ちの家に取り憑いて貧乏にするのが貧乏神の仕事だが、気の弱いその貧乏神は、縄張を仲間に取られ、八五郎の所しか行く場所がなかったのだ。 貧乏な八五郎に取り憑いても仕事にはならず、逆に八五郎から小銭をせびられ、身の回りの世話をするはめになってしまったのだ。 そして、甚兵衛と貧乏神を仲人にして延陽伯との婚礼の夜、もうひとりの嫁が現れた。 幽霊の 小糸(桜 一花 )…。 人々が花見に興じているのを見た八五郎は、人と同じことをしても面白くないと、ひとり墓見に興じた。 その時、倒れた卒塔婆を直し、小糸の霊を弔ったのだ。 その恩を返そうと、小糸の幽霊が、八五郎の嫁にして貰いたいと現れたのだ。 昼の女房・言葉が丁寧過ぎる延陽伯と、夜の女房・幽霊の小糸、そして女中代わりの貧乏神。 八五郎の奇妙な新生活が始まった…。 古典落語を題材にした人情噺で、上方落語と、近松心中物語の登場人物が交差しながら、人情喜劇を繰り広げる。 谷正純先生の作・演出。 最近の作品 『CAPTAIN NEMO …ネモ船長と神秘の島…』(2017年・雪組日本青年館、梅田芸術劇場)のイメージが強いので、この作品はとても新鮮に見えました。 1幕2幕の構成で、幕間は、「25分の休憩をしましょう」「どこの場所かちゃんと覚えておいて」と言って1幕が終わります。 これも新鮮というか、上手いと思いました。 出演者 ABCパターン 八五郎 蘭寿とむ 梅川 城火呂絵 甚兵衛 汝鳥 伶 貧乏神 華形ひかる 朝夏まなと 望海風斗 徳兵衛 朝夏まなと 天宮菜生 華形ひかる お初 桜 一花 姿央みやび 華城季帆 小糸 梅咲衣舞 華城季帆 桜 一花 延陽伯 桜乃彩音 初姫さあや 桜乃彩音 安兵衛 嶺輝あやと 紫峰七海 祐澄しゅん 卯之助 紫峰七海 浦輝ひろと 嶺輝あやと 源助 紫陽レネ 日向 燦 夕霧らい 喜六 日向 燦 初輝よしや 煌雅あさひ 杢兵衛 悠南はやき 紫陽レネ 嶺乃一真 お咲 七星きら 聖花まい 芽吹幸奈 お里 花咲りりか 七星きら 澪乃せいら 出演者 DEパターン 八五郎 愛音羽麗 梅川 城火呂絵 甚兵衛 汝鳥 伶 貧乏神 華形ひかる 祐澄しゅん 徳兵衛 望海風斗 朝夏まなと お初 初姫さあや 桜乃彩音 小糸 姿央みやび 梅咲衣舞 延陽伯 桜 一花 華城季帆 安兵衛 嶺輝あやと 浦輝ひろと 卯之助 紫峰七海 天宮菜生 源助 紫陽レネ 日向 燦 喜六 嶺乃一真 悠南はやき 杢兵衛 夕霧らい 初輝よしや お咲 七星きら 花咲りりか お里 遼かぐら 聖花まい この時期の花組のトップは 春野寿美礼。 蘭寿とむ、宙組へ行く前の作品ですね。 (宙組 大空祐飛との並びも素敵だった)。 酔っぱらいのお芝居、お顔の表情の変化や動きがすごく上手でした。 華形ひかる、この時すでに役替わりで貧乏神に。 お芝居の冒頭、獅子舞の場面での獅子頭の扱いはとても上手。 望海風斗の貧乏神、声のトーンは高め。 今ほどの歌唱力は無いものの、研2(3になるちょっと前)で、とても楽しそうに歌っていました。 貧乏神なので、裸足。 細くて可愛い足。 朝夏まなと、まぁ様も貧乏神になっていたんですね。 新たな発見もありで、久しぶりに過去作品をガッツリ観ました。 本日も訪問ありがとうございます。 motimoti00.

次の

蘭寿とむ 主演『長い春の果てに/カノン』/広島ALSOKホール

蘭 寿 とむ ブログ

宝塚歌劇団年度賞の2018年度新人賞を受賞。 ダンスの先生に勧められて小3の頃からヅカを観劇するようになった。 音楽が好きだったので、音楽を専門的に学ぶことのできる学校に通っていた。 憧れの上級生は桜一花と 蘭 寿 とむ。 blog... fc2. 寿さん大劇場ラストデーより 2014年3月18 花組「「ラストタイクーン~」初日の様子より 2014年2月 8日 花組「タイクーン」マイラスト行ってきました。 2014年5月 2日 花組「ラスト・タイクーンを観て 2015年4月19日 蘭 寿さんのラスト映像を観ました。 2014年5月12日 蘭 寿 とむサヨナラ特別番組を... blog. していたし、話題性はあるにしても、演じる側の心境を思うと何とも複雑な気持ちになるな・・・ それでもポスターはまさおがオスカルでみりおがアンドレだし、まさおオスカルの方が公演回数も多かったようなので、公式にはこのパターンがメインですよ! ということなんでしょうね。 それだけでもすごいのに、大劇場公演ではアンドレ役でラントム 蘭 寿 とむ 、えりたん... livedoor. の'10年宙組・大空祐飛さん主演「シャングリラ-水之城-」東特公演の感想です。 シャングリラ- 水之城を観てきました。 2010年3月29日 宙組「シャングリラ~」初日の映像 2010年3月13日 宙組「シャングリラ~」ナウオンは 2010年4月 1日 番組紹介は 大空祐飛、野々すみ花、 蘭 寿 とむ 他... blog. さんなど 有名どころのメインクラスが多く出ている。 ・武庫川女子大学付属中学校・高等学校 西宮市 併立型中高一貫校。 中・高・大学一貫教育が校是で昭和の頃は他の大学への 進路指導を行っていなかったとか。 主なOGは宝塚の人が多く 蘭 寿 とむさんや鈴奈沙也... livedoor. の男役さんが見当たらなくなったのと、演出もそろそろ変えた方がいいのでは? [] 画像. stat100. ameba. に、この月組ベルサイユのばらは満員御礼だったんですよ さすが腐ってもなんちゃらというやつですね ただ、この公演は、みりおちゃんがあの時頑張れたから乗り越えられたと話していた、史上稀に見る過酷な役替わりの1つでした まず開幕してすぐはオスカルは当時トップスター龍真咲さん、アンドレを明日海りおさん 1週間後に花組トップスター 蘭 寿 とむさんを迎え、... ばら 蘭トムさんアンドレ版 小公子朝美絢 可愛い 美弥るりかさんジェローデル美しすぎる ジェローデルと結婚したくなるわ 衛兵にちなつ様に珠城りょうさんまで チラチラ画面にうつる姿たまらん 後ろが気になりガン見。 カッコいい~ 脚長い やっぱ月組べるばら 楽しい 龍真咲さんやっぱオスカル似合う 今も昔も綺麗な方です。 蘭 寿 とむさんアンドレも黒髪似合いカッコいい 明日海り... 4日 宙組「雨に唄えば」のプロダクション・ノート 2008年7月11日 宙組「雨に唄えば」のナウオンを観て 2008年7月 7日 宙組「雨に唄えば」の制作発表は 2008年6月 9日 宙組「雨に唄えば」の制作発表でリナ役の北翔さんは 、2008年6月 6日 番組詳細 大和悠河、 蘭 寿 とむ、北翔海... blog.

次の